宇宙にお願いすれば叶うっていうけど、私は引き寄せで何も叶わない…という方は…?

昨日こちらの本を紹介しました。昨日の記事にはこちらから。

画像クリックで本の詳細を見られます。

 

 

今回はこの中にある寓話で、印象に残ったものをもうひとつ紹介したいなと思います。

 

 

狐と熊

 

ある男が、森の中を歩いていました。

そこでケガをして動けなくなっている狐を見つけました。

狐は飢えて、死にかけてしまっています。

そこに熊が現れました。

しかしその熊は狐を襲ったりせず、それどころか自分の持っていたエサを狐に分け与えたのです。

 

 

翌日、男はまた森へと出かけ狐のもとに行きました。

この日もまた、昨日の熊は狐にエサを分け与えていました。

そしてそのまた翌日も、熊は狐にエサを…。

もう3日、同じことが続いています。

 

 

男は思いました。

「神が狐のことを気にかけてくださっているのか。

もしそうならば、きっと私のこともお忘れにはならないだろう。

この狐のように、私も神の愛を信じつづけよう!」

そして森の中でひざまずいて祈りました。

「神よ、何があろうとあなたを信じるということを狐から教わりました。

私もあなたに心からおすがりいたします」

そうして男は、その場に身を横たえました。

神がお慈悲を、食べ物を与えてくれることを待つことにしたのです。

 

 

しかし、1日が過ぎても、2日が過ぎても、3日が過ぎても何も起こりません。

男は怒りを覚えて神に言いました。

「神よ、あなたは私よりあの狐を愛していらっしゃるのですか?

私はあなたを愛しているのに、信じているのに、私を省みてくださらない。

なぜ私に食料をくださらないのですか?」

 

 

腹を立てた男は森を出て街に戻りました。

通りを歩いていると、お腹を空かせている貧しい子供に出会いました。

これを見た男は、とうとう神をののしりはじめました。

「神よ、ひどいではありませんか!

なぜ、なぜあなたはこの哀れな子供になにもしてあげないのですか!?」

 

 

そのとき、神の声が響いてきました。

「私は、ちゃんとあなたに何かをしたのだよ。

あなたを人間として創造したのだ。

しかしいま、私はあなたに失望している。

あなたはあの熊を見習うこともできたのに、狐であり続けようとしているのだから」

 

 

他者貢献と他者依存

 

私がこの物語を読んで思ったのは、

「この男は、引き寄せで『宇宙のパワー』が何かをしてくれることを待っている人のようだ」

ということです。

宇宙のパワーが狐みたいな私に味方してくれるはずだ、と考えている。

宇宙のパワーが味方してくれているのだから、私は熊のようにもなれるのだ、とは考えない。

 

 

どこの研究だったか忘れてしまったのですが、大きな成功をおさめる人って2種類に分けられます。

  • 強く自分自身を信じている
  • 強く神(に限らず、人外の自分より大きなパワー)を信じている

このどちらかなんですね。

信じているのはどちらでも構わないです、

「自分にならできるんだ!」

でもいいし、

「神が見守っていてくださるから自分にはできるんだ!」

でもいい。

結局「私はやるのだ、できるのだ」と信じているのでそこは共通しています。

引き寄せで大切なのはそこなので、そこさえ満たしていればいいです。

宇宙のパワーを信じる、という方は後者、神を信じるタイプに属すると思うのですが、

しかし神を信じて結果を出した人の中で、寓話の男のように、

「強く神を信じていれば自分では何もしなくていい」

と考え家で寝転がっていた人がいるのかというと……。

引き寄せでは、宇宙のパワーを信じてうまくいく人といかない人に分かれるのですが、

偉大なものを信じることで、熊になろうとする人か狐であろうとする人かの違いなのかな、と思いました。

宇宙のパワーを信じているが何も変わらない、という方は、一度、

「私は狐であろうとしていないか?」

という点について考えてみるとよいかな、と思います。

 

 

で、偉そうにこう言っている私ですが、

「じゃあ自分には狐の部分ってないんだろうか?」

と思うと、わりとすぐ思い当たるところがあったっていう…(;^ω^)

私自身も気をつけていこうと思います。

これ、

「私は熊か、狐か?」

という短い問いかけをするだけで「あ、いけない狐さんになってたわ」とかわかるので便利ですな、

これからはこの問いかけを自分にしてみよう!なんてことも思いました。

 

 

あなたは熊ですか?それとも狐ですか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ