自分が嫌いなあなた、インナーチャイルドを癒してあげて。

本

 

自分が嫌いでしかたがない…という方へ

 

今回はおすすめの本の紹介です。

 

「 自分を好きになりたい。自己肯定感を上げるためにやってみたこと」

わたなべぽん著、111ページのコミックエッセイです。

もう私これ、最初から最後までぐずぐず泣きながら読んだよ…(´;ω;`)

 

 

わたなべさんが自分が嫌いになった原因とは?

 

わたなべさんが「自分が嫌い」と思うようになったのには、母親が深く関係しています。

母親とのエピソードがいくつか載せられているのですが、

そのうちのひとつにこのようなものがあります。

 

 

幼かった頃のわたなべさんはある日、小学校にお弁当箱を忘れてきてしまいました。

それに怒った母親に、さんざん暴言を浴びせられ叩かれたあげく、全裸にされて雪の降りしきる家の外へと連れていかれ、

「お前なんか生むんじゃなかった。いらないからどっか行け」

と締め出されたそうです。

そのとき、凍えながらこう思ったんですって。

「お母さんを怒らせてしまうダメな自分が嫌いだ」

と。

こういうとき、子供ってお母さんじゃなくて自分を責めちゃうよね。

 

 

自分が嫌いな気持ちはどんどん潜在意識へ埋め込まれていく

 

このような経験から、どんどん自分が嫌いになっていくわたなべさん。

大人になっても、店員に声をかけるのにもビクビク、

笑い声が聞こえると自分が笑われているのかとビクビク、

悪くもないのに口から飛び出てしまう「ごめん」の言葉、

褒められてもなにか裏があって褒めているのではないかと思ってしまって喜べない、

ほんの些細な失敗で、なぜ私はこうなのかと強く自分を責めてしまい、

一度こうなると元気を取り戻すまで長い時間がかかってしまう。

もはや潜在意識下に「自分が嫌い」が染みついている状態ですね

 

 

そんなわたなべさんですがあることをきっかけに、

「今からでも、小さかった頃の私が母にしてほしかったことを、自分で自分にしてあげよう」

と思い立ち、それをひとつひとつ実行に移していきます。

その実行していくさま、自分が嫌いという思いを手放していくさまを描いた漫画です。

 

 

潜在意識の中のインナーチャイルドを癒す

 

わたなべさんがやってるのは、インナーチャイルドを癒していく行為ですね。

インナーチャイルドというのは文字通り「内なる子供」という意味で、

自分の潜在意識の中にいる、子供時代の自分…という感じでしょうか。

無視や罵倒、暴力を受けて傷ついたまま、癒されずにいるそのインナーチャイルドを認め尊重していく。

インナーチャイルドが認められ癒されるほどに、

潜在意識内からは「私はダメ・自分が嫌い」という思いが昇華されて消えていきますので、少しずつ自信を取り戻していけます。

 

 

描かれてない部分もきっとたくさんあるし、この作品を仕上げる過程ですごくお辛い思いもしたと思います。

実際、巻末のあとがきで、

「これほど描くのが大変だったことはなかった」

「言葉や感情があふれてきてまとまらなかったり、逆にどうしても言葉に詰まったりもした」

というお話が出てくるんですが、もう…そりゃ…そりゃそうだよね…、

どんだけ辛かったか本人じゃないからわかんないけど、想像するだに泣けるわ(´;ω;`)

その四苦八苦の末、漫画は驚くほどに要所をおさえた伝わりやすいものに仕上がっていると感じます。

これはきっと、自分が嫌いという思いを手放したいという方の大きな助け、励みになるはず。

 

 

引き寄せってもう言うまでもなく、潜在意識の力を使うものですよね。

でも引き寄せで夢を叶えたいというとき、どうしてもその妨げになってくるのが、

既に潜在意識下に刷り込まれてしまっている「どうせ私なんて」という思いです。

インナーチャイルドを癒していけばそれとともに、

どうせ私なんてと自分を嫌う思考は消えていきますので、

こちらの本を参考に、あなたも自分のインナーチャイルドを癒してみてはいかがでしょうか。

画像クリックで本の詳細に飛びます↓

 


どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ