幸せになるために必要なものは、これだけ

 

人生の贈り物 あなたの探し物はなんですか?

 

 

本日は、私のおすすめの本のご紹介です。

「人生の贈り物 あなたの探し物は何ですか?」

スペンサー・ジョンソン著。

本は77ページと薄く、

 

 

中身もこんな感じで文字が少ないのは、昨日紹介した「自己嫌悪」と似てる。

これより先に「人生の贈り物」という本が出てて、それを改変したのがこの本。

私はもとの本より改変されたこっちのほうが好きなのでこっちをご紹介。

 

 

あらすじ(ネタバレ含みますので注意)

 

あらすじをざっと話すと、主人公は小さな男の子。

ある日仲良くしていた老人から、

「この世には、手に入れるといつでもどこでも必ず幸せでいられるプレゼントがあるんだよ」

という話を聞きます。

少年は成長するにつれ、人生はうまくいかないものだ、不幸だ、と思うようになり、

不幸になるほどにそのプレゼントがほしくなる。

しかし老人はそれがどこにあるのか、なんなのかは教えてくれない。

老人はそのうち亡くなってしまい、自分にはもうなんの手掛かりもない。

でも、どうしても、そのプレゼントがほしい…幸せになりたい…。

 

 

そんな彼、なんだかんだでやっとそのプレゼントが何かがわかります。

必ず幸せになれるプレゼントとは、プレゼントのこと。

英語で「いま」はプレゼント。

つまり探し求めた最高のプレゼントとは、自分が生きている「今この瞬間」のことだった。

過去を思い悩んだり未来を心配するのではなく、「いま、ここ」に心を尽くして生きていれば、人はどこにいようとも幸せなのだ。

それに気づいた彼は、瞬間瞬間を大切にすることで成功していき、幸せに生きられるようになりましたとさ。

 

 

というお話です。

平たく言うと、「いまを生きよう!」ということを伝えたい本ですな。

 

 

思考のパワーをいまに集中させることが大事

 

いきなりですが、人間って、1日に約6万回思考していると言います。

引き寄せって思考が現実を変える法則だから、私たちが現実を変えるパワーの源は、1日に6万個あるという言い方もできる。

過去はああだった…とか、未来にこうなったらどうしよう…と考えるのは、

その現実を変えるパワーを「いまここ」ではないところに散らせてしまうこと。

でも、私たちにはいまここしかない。

過去は過ぎちゃってて変えられないし、未来もまだ来てないしどうにもできないし、

私たちがどうにかできるのは、いまここ以外にはありえない。

思考のパワーを過去や未来に散らせないようにしてほしいなと思います。

パワーの源をいまここに集中させられる人ほど、そのパワーで現実を変えていけます。

引き寄せは、いまここの大切さを知っている人ほどうまく使えるものだと思う。

 

 

本のあらすじ話しちゃったけど、でもだいぶんはしょってますし、やっぱり一度読んでみてほしいな~と思います。

短いんだけど、一行一行が考えさせられるって感じで…、

実際に本に目を通してみると、上のあらすじだけでは感じられないものを感じると思います(*´ω`*)

画像クリックで詳細に飛びます。

 

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:管理人のおすすめ本 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ