潜在意識のこと、もっとシンプルに考えてみて

薔薇

 

シンプルに考えると、潜在意識の力を使いやすくなる

 

今回は、

「潜在意識の力をうまく使うには、どうすればいいんだろう?」

と思っている方へ向けてのお話です。

そう思っている方には、まずはこれをしてほしいと思います。

 

「物事がシンプルであるはずがない」

という自身の固定観念に気づき、それを手放すこと。

 

これです。

これをすると、潜在意識の力をうまく使えるようになります。

ではでは、もっと詳しくご説明していきますね。

 

 

思考が潜在意識によって現実になるなら、やることはシンプル

 

まず引き寄せの法則とは、

「自分の思考が、潜在意識の力によって現実になる」

という法則でしたよね。

では、

「現実にしたいことを、思考すればいいだけ」

です、とてもシンプルです。

お金持ちな現実を作りたいならば、「お金持ちになるわ」と思考する。

結婚したいならば、「結婚するわ」と思考する。

友達100人作りたいならば、「友達100人作るわ」と思考する。

あなたがやることはたったひとつ、「そうだと思う」ことのみ。

いやはや~、なんともシンプルですねぇ~(*´▽`*)

 

 

しかし潜在意識下に「シンプルなはずがない」という観念があると?

 

しかしこれ、あまりにもシンプルすぎて逆に誰も受け入れないんですよね…(;´・ω・)

みなさん、

「そんなにシンプルなはずがあるかいな、もっと何かしなければいけないはずだ!」

と考えます。

潜在意識下に、

「物事がシンプルであるはずがない」

という固定観念が強くあるんですね。

 

 

この固定観念があると潜在意識は、

「ほう、物事がシンプルであるはずがないと思っているのか…。

ではその観念どおり、『物事はシンプルではない現実』を作らないとなあ。

もしこの人がシンプルな方向に行きそうになったら、ちゃんとそれを止めて、事態を複雑にしてあげよう!」

と働きますので、事態はシンプルではなくなっていきます。

 

 

潜在意識下で「シンプルなはずない」と思っていると出る疑問

 

潜在意識がそのように働いている方から、よくこのような質問を受けることがあります。

 

私はいまこれこれこのような問題を抱えていて、辛いです。

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

という感じの内容です。

一見自然な感じに思えるのですが、これって私からすると、

「のわー、潜在意識にしてやられとるがなー(;´Д`)」

と、思います。

どういうことかというと、さきほど、

 

「現実にしたいことを、思考すればいいだけ」

です、とてもシンプルです。

あなたがやることはたったひとつ、「そうだと思う」ことのみ。

いやはや~、なんともシンプルですねぇ~(*´▽`*)

 

と書きましたよね。

これに則るならば、

 

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

 

これだけでOKです。

望む現実に変えたいならば、

「望む現実に変わると思考すればいいだけ」

ですし、ちゃんとそれをやっているのですからもう何の問題もありません。

この時点で、問題解決のために必要なことはしおわっています。

いやはや、やっぱりシンプルですなぁ~(*´ω`*)

 

 

潜在意識が「シンプルから離れよう」としはじめる

 

しかし、

「物事がシンプルであるはずがない」

という観念を持っている場合、ここで潜在意識が働きはじめます。

「いやいや、そんなにシンプルに解決していいわけないがな。

この人は『シンプルであるはずがない』という観念を持ってるんやで?そのとおりにしてあげなアカン。

なんかシンプルな方向に向かっちゃってるから、止めてあげないと…」

と。

すると、

 

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

という疑問が出てきます。

「望む現実に変わると思うことにした」

↑本当はここで問題は解決しているのですが、潜在意識からするとそんなにシンプルに話が終わっては困りますので、すぐさまそのあとに、

「しかしそれだけでいいはずがないし、もっと他に何かしなければいけないはずだ。

うーむ、望む現実に変えるためには他にどうすればいいのだろう?」

という発想をその人にさせて、まだ問題は解決していないことにしてしまいます。

 

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

(↑ここですでに解決している)

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

(↑しかし次の瞬間、潜在意識にまだ解決していないことにさせられている)

 

となっているため私は、

「のわー、潜在意識にしてやられとるがなー(;´Д`)」

と、思います。

 

 

「ほら、やっぱり私が思った通り、シンプルではない」

 

「どうすればいいのか?」という発想は、物事を複雑化したい潜在意識が仕掛けてきた罠のようなものです。

しかし顕在意識上では、

「こうしてどうすればいいかを考えることで、解決に近づくはずだ」

と感じますので、罠にはまって「どうすれば?」をこんこんと考え始めてしまう方も多いです。

そうして、

「望む現実に変えるためにはどうすればいいのか?」

を考えれば考えるほど、

「まだ問題は解決していない、まだ望むようにはなっていない」

という前提が強まるので、潜在意識がその前提を叶えようとしてどんどん問題は解決できなくなり、望むようにはならなくなり、事態は複雑化していきます。

 

 

そのように事態が複雑になって解決できないと、こう思いますよね、

「ほら、やっぱり私が思ったとおり事態は複雑だ。シンプルなどではない」

と。

こうして「物事はシンプルはなずがない」という観念が、きちんと現実化してしまいます。

 

 

潜在意識が、シンプルではない現実を作るのに必要だったのは?

 

そしてこれは、とてもシンプルであると言えます。

ここまで事態を複雑にするため、自分がやったこととはなにか?

必要だったこととは?

というと…、

「シンプルはなずがないと思うだけ」

たったこれだけですよね。

この一つのこと以外は、特になにもしていないはずです。

やっぱり、シンプルです。

 

 

「物事がシンプルであるはずがない」

この自身の観念に気づき、その観念から距離を取り手放していってください。

そうすれば潜在意識が事態を複雑にしようとするのをやめますので、もっとシンプルに解決へと向かっていけますよ(*´ω`*)

 

 

物事は、あなたが思っているよりもずっとシンプルです。

「シンプルであるはずがない」

という観念から距離を取り、手放していってください。

あとは潜在意識が、物事をシンプルに動かしてくれるようになっていきます。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ