時間差があるのは本当。引き寄せで夢の実現まで時間がかかる理由。

砂時計

 

引き寄せで時間差があるのはごく自然なこと

 

本日は、

「引き寄せでは時間差があるというのは本当か?」

についてです。

よく言いますよね、

「願ってから実現するまでには時間差があります、信じて待ちましょう」

みたいに。

これについてお話していきます。

 

 

時間差なく出現することはこの世界では不可能

 

時間差はもちろんあります。

だって、もし思考が現実になるまでにタイムラグがないとしたら、

 

  • お金がほしいと思った瞬間目の前にパッと出てくる
  • 恋人がほしいと思った瞬間目の前にパッと出てくる
  • 会社を建てたいと思ったら目の前にパツと出てくる

 

ってなりますもの。

うーん、そりゃそんな都合のいいファンタジー映画の中のようなことがあれば最高ですが、ないですよね、残念ながら。

しかも上に書いたようなことが起これば最高なように思えるかもしれないけど実はそうでもなくて、これ同じように、

 

  • いま持ってるお金がなくなったらどうしようと思った瞬間パッと全部消えてなくなる
  • 家が火事になったらどうしようと思った瞬間パッと家が炎に包まれる
  • あの人が死んじゃったらどうしようと思った瞬間パッとその人が死ぬ

 

とか起こることにもなりますよね。

あれ別に最高じゃねぇ!すげぇ困る!

潜在意識は確かにすごい力を持っていますけど、いくらなんでもこんなことができたりはしない。

この世界には時間が存在しているし、私たちはその時間の中を生きるしかないです。

時間を超越してどうのこうの、なんてことはさすがに無理です。

 

 

時間差というものをごく普通に考えてみて

 

たとえば私が新しい服がほしいとします。

 

①「洋服ほしいなぁ」という思考が生まれる

②じゃ、買いに行くかな~と思って出かける

③服屋で服を選ぶ

④お買い上げ、服がほしいという思考が実現する

 

↑これをするのに1時間かかったとしたら、

「願ってから実現するまでに1時間の時間差があった」

ということですよね。

引き寄せの時間差って、実はただこれだけのことを言っています。

なんだろう、なんていうか…。

「あなたが願ったものは…あなたのもとへと与えられるまでに、時間差があるのです…。

求めているものが手に入ると信じて待ちなさ~い…」

と厳かに言われると、

「は、ははぁ…!時間差があるのでございますね…!」

みたいな無駄に厳かな気持ちになりますが、

「服ほしいと思ってから買うまでって時間かかるよね?」

と言われれば、

「そりゃそうだ」

と納得できるのではないでしょうか。

なので、なんかすごいことを言われたかのような気にならずに普通に考えてみてほしいと思います。

 

 

「待つ」という言葉が誤解を招いているのでは?

 

私思うんですが「信じて待ちなさい」っていう、

この「待つ」っていう言葉が誤解を招いているのかな?と思います。

待つっていうと、なんか自分ではなにもせずに何かがやってくるのをぼーっと待つみたいなイメージありませんか?

そうなると、

「自分ではなにもせずにじーっと待ってればいいのか…」

みたいに誤解しちゃう。

 

 

でも私が服がほしいなぁと思ってから、

「待ってればいいんだ…」

ってじーっと家の中で待ってて服がどっかからくるか?というとどうだろう?

誰かが訪ねてきて、

「いらなくなった服もらってくれない?」

とか言う可能性もあるけど、私の家はそんなに人訪ねてこないからな~、

しかも訪ねてくる相手が都合よくいらない服を人にあげたいと思って持ってる可能性ってどんだけだよってなりますね。

まぁ数年か数十年待ってればなくはないかも…って感じですが、下手すりゃ一生ない。

そんな日がきっと来ると信じて待ち続けなさ~いっていうことではない。

普通に買いに行った方が早いし、それなら1時間しか待たなくていい。

 

 

で、これ話が「服」だから読んでる側もそりゃそうだ、

私だって家の中で待ってないで買いに行くわいと思えると思うんですが、

これが、「お金持ちになる」とかだと急に家の中で信じて待ち続ける人が増える。

なんか急に話が別次元の高度なところにいったみたいな感覚になっちゃうからそうしちゃうんだと思うんですが、服を手に入れるのと要領は同じです。

 

 

お金が来るのをじっと待て、という意味ではない

 

あなたがお金持ちになりたいとして、

 

①金持ちになりたいなぁ

②それができると信じよう(アファメーションで潜在意識にできると学ばせる)

③学ばせ終わると潜在意識は金持ちになるための行動をあなたに取らせる

④潜在意識の力で、あなたはお金を手に入れるための行動を取ってしまう

⑤お金が手に入るような行動をすれば当然お金が手に入る

 

となります。

絶対この流れになる。

ただ、①~⑤をやるまでの間、時間はかかる。

上で説明したようにここはファンタジーの世界じゃないんだから、何をするにも時間の経過は必要。

どうやったって一瞬でパッと終わらせられないから①から⑤までの間に時間差はある。

でも一瞬で変わりたいと思ってる人は、この①~⑤までをするのに時間がかかるって事実を受け入れられないので、

「うわーん、早く変わりたいのに変われないよう!金持ちになれないよう!どうせ私には無理なんだ!」

みたいに一瞬で諦める。

すると私はこう言いたくなる。

「ウワァァアアア待て!待ってくれぇ!そんなはよ諦めんでくれ!

そんなんいくら認めたくなくても時間かかるのはしょうがないでしょうに!

自分が変わって金を手に入れられるようになるまでの間もうちょっとくらい待て!諦め早ァ!!」

と。

この私のね、

「諦め早いだろ!もうちょっと待てよ、そうすりゃ信じたものは手に入るのにバカバカうわーん。゚(゚´Д`゚)゜。」

というのを、

「引き寄せには時間差があるのです…待ちなさい…。さすればあなたの求めたものが与えられるでしょう…」

と厳かにカッコよく表現してる人がいるんだと思うんですよなんだちくしょうカッコよく言いやがって私なんて泣くぞ。

 

 

引き寄せのいう時間差というのは決して、

「ただ待ってれば誰かお金持ちにしてくれるから待ちなさい」

「どっかから勝手にお金がやってくるんだから待ちなさい」

ってことではなく、

「あなたの思考や行動が変わるのには時間がかかるんだから待ちなさい」

ってことです。

 

 

無理なのは「自分を変える」ことではなく「時間差を消す」こと

 

「うわーん、早く変わりたいのに変われないよう!金持ちになれないよう!どうせ私には無理なんだ!」

↑こういう人がひとつ大きく勘違いしてるのは、

「どうせ私には無理なんだ!」

ってとこ。

そんなわけない、あなたにはできないなんてことはない。

変わることはできるし、お金持ちになることもできる。無理じゃない。

無理なのは、

「時間差を消すこと」

のほう。

変わることはできるしお金持ちになることもできるけど、

それができるようになるまで時間がかかるという絶対的事実を消すことはできない。

「どうせ私には変わるなんて無理なんだ!」じゃない。

「どうせ私には金持ちになるなんて無理なんだ!」じゃない。

「どうせ私には時間差を消すなんて無理なんだ!」が正解。

そう、それは無理。

 

 

一瞬で変わりたい。一瞬で望んだものがほしい。

この気持ち自体はわかるんです、だって私も昔は同じこと思ってたし…。

魔法の呪文を唱えて理想の自分にパッと変身できるならそうしたい。

でも、どうしたってそんな方法はこの世にはない。

時間差を消すことなんてできない。

「そればかりは、無理なんだな」

ということを認めた人だけが、地に足をつけて時間をかけて変わりはじめる。

結果、一瞬で変わりたいと望み続けて何もしない人より圧倒的に早く変わる。

「時間がかかる」って言葉を聞くとどんだけ長い間かかるんだよ!嫌だ!みたいに思っちゃうんだろうけど、

しっかり地に足つけて着実にやる人は、本当にかかる時間が短い。

時間を短縮しようとしている人ほど途方もない時間がかかってる。

でも時間がかかってると思うとよけいに時間を短縮しようとしてさらに時間をかけるの悪循環。

ここから抜け出すには、「時間差を消せない」という事実を受け入れるしかない。

そしたらね、嘘みたいに早く変わることもあるよ。

ということで、まとめ。

 

 

時間差は確実にある。それを受け入れた人間ほど早く変わる。

 

 

で、

「じゃあその時間差ってどのくらいなんだろう?」

と気になった方はこちらの記事も読んでみてください↓

引き寄せの時間差はどのくらいか?について。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ