自愛について、語りなおしてみた。

愛

 

自愛の効果と、実践の際に覚えておいてほしいこと

 

今回は「自愛」についてです。

以前に自愛について書いた記事を自分で読み直してみたところ、

「わぁーーーい、びっくりするほどわかりにく~~~い!!(;´∀`)」

と感じたので、書き直してみました。

「確か、自愛について書かれた記事ならもう読んだことあるな…」

という方も、ぜひもう一度読んでみてください。

最初から最後まで全部書き直したので、初めて読むときのような気持ちで読めると思います(*´ω`)

下記の画像をクリックすると、書き直した記事に飛びます↓

 

 

自愛について伝えたい重要な点などは変わっていませんので、

「言っていることは前と同じ」

というところもありますが、表現などは変わっています。

「前の記事だとよくわからなかったけど、これならわかる!」

などなど、新しい発見があれば幸いです(*^人^*)

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せは「当たり前」を変えるとうまくいく

花

 

引き寄せたいあなたは、何を当たり前だと思ってる?

 

今回は「当たり前」についてです。

「引き寄せをやってるのに、全然うまくいかん…」

と行き詰っている方もいるかと思いますが、行き詰ったときにはまず、

「自分が当たり前だと思っていること」

を疑うと、うまくいきやすくなります。

ではでは「当たり前だと思っていることを疑う」とは具体的にどういうことなのか?について、詳しくお話していきます。

 

 

引き寄せは「①当たり前」が叶う法則

 

人間は、まず何かしら「これは当たり前のことだ」という前提を持っていて、

その「当たり前のこと(前提)」をもとにして思考します。

 

①「ルールを守らないのは悪いことだ、そんなの当たり前だ」という前提のもと、

②「だから私はルールを守ろう」と思考する。

 

という感じです。

突如「②思考」のみが湧いてくることはありません。

そして、引き寄せで現実になるのは「②思考」ではなく「①当たり前だと思っていること」です。

ということは、自分にとっての「当たり前」を変えなければ、現実化するものも変わらない、となります。

 

 

引き寄せられないのは「②思考」に集中するから

 

日々引き寄せについてのご質問をいただきますが、みなさん「②思考」の部分に意識が集中してしまっていて、

「①自分が何を当たり前のこととしているのか?」

の部分については、あまり意識をしていないようです。

 

 

たとえばよくあるご質問の内容として、

「私はすぐに怒ってしまうのですが、怒りなんて良くないですよね?

怒らないようにするためにはどうすればいいでしょうか?」

というものがあります。

これは、

「①怒るのは良くないこと、そんなの当たり前だ」

という前提があり、それをもとにして、

「②怒らないためにはどうすればいいのだろう?」

と思考している、ということですね。

 

 

この場合、

「②怒らないためにはどうすればいいんだろう?」

を考えるのではなく、

「①そもそもなぜ、私は怒るのは良くないことだと思っているのだろう?」

と、自分の中の当たり前を疑ってみてほしいと思います。

「自分が当たり前だと思っていることは何か?」

に気づいてそこを変えることができると、引き寄せるもの(現実化されるもの)も変わっていきますよ(*^^)v

 

 

引き寄せに支障のない「当たり前」もある

 

もちろん中には、引き寄せに支障がない「当たり前」もあります。

たとえば、

「人を殴ってはいけない、そんなの当たり前のことだ」

↑これをわざわざ疑って、

「いや、別に殴ってもいいんじゃない?よしそうしよう!」

とか思えるようになっちゃっても困りますよね(;´・ω・)

「当たり前だと思っておいたほうがいいこと」

もたくさんありますし、いくら「当たり前を疑えば良い引き寄せができる」と言っても、何から何まで疑って変えようとする必要はありません。

 

 

引き寄せたいけど、当たり前に気づくのは難しい?

 

ここまで聞いて、

「でも、当たり前だと思ってることに気づくなんて難しくない?」

とか、

「自分の持っている『当たり前』が、引き寄せるうえで変えたほうがいいものなのか、変える必要のないものなのかをどうやって判断するねん…」

と思った方もいるかもしれません。

これは全然難しくなんてありません、誰にでもできますよ(*´ω`)

 

 

まず、引き寄せるうえで変えなくてもいい「当たり前」については、疑問に思うことさえありません。

一度でも、

「あぁ、私は人を殴ってはいけないと考えてしまう…。

殴ろうと思えるようになるには、どうすればいいのだろう…?」

なんて悩んだことはあるかというと、ないですよね。

そもそも「どうすればいいの?」という思考が出てきませんので大丈夫です。

 

 

ということは裏を返せば、「どうすればいいの?」という思考が出てきて悩むということは、それは引き寄せるうえで変えたほうがいい「当たり前」である可能性が高い、ということです。

なので「どうすれば?」と思考したときにはまずそこで、

「お、なにか引き寄せることを邪魔するものがあるようだぞ?」

と気づき、次に、

「そもそもどうして私は『どうすれば?』と思っているのだろう?」

と考えてみてください。

そうすると、

「だって、〇〇だからだよ」

となり、

「あぁ、自分は〇〇が当たり前だと思っているのだな」

とわかります。

 

 

たとえば、

「人から好かれるためにはどうすれば…」

「あ、でも、どうして私はそもそも『人から好かれるためにはどうすれば?』と思っているのだろう?」

「だって、嫌われるのは悪いことだからだよ」

という感じです。

これで自分の中に、「人から嫌われるのは悪いことである」という当たり前があることがわかりますね。

そうして自分が何を当たり前だと思っているかがわかったら、

「それって本当かなぁ?」

と反証していってくださいね(*´ω`)

 

 

①「〇〇するためにはどうすれば?」

②「え、でもどうしてそもそも『〇〇するためには…』って思うの?」

③「だって、□□だからだよ!」

④「そうか、私は□□なのが当たり前だと思ってるんだな」

⑤「でも、□□って本当に当たり前のことなのかなぁ?」

↑基本の流れはこれですが、お好きにアレンジを加えてももちろんOKです。

 

 

ちなみに、

「いやいやいや途中の、

『①そもそもなぜ、私は怒るのは良くないことだと思っているのだろう?』

って…良くないに決まっとろーが!!」

と思った方は、こちらをどうぞ↓

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は「小さな変化」のほうが好き

コーヒー

 

「小さな変化」を取り入れると、潜在意識は…?

 

今回は「小さな変化」についてです。

「潜在意識の力で人生を変えたいと思って引き寄せを始めたのに、なぜかな~んの変化もない…」

という方は、

「日常に大きな変化を求めるのではなく、小さな変化を取り入れてみる」

ことをおすすめします。

そうすると結果的に大きな変化が起きやすくなるのですが、それはなぜなのか?について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識が、変化を嫌う理由とは?

 

ではまず、

「潜在意識は、変化を嫌う」

ということからです。

人間は顕在意識上で、

「お金持ちになるのが良いこと、貧乏なのは悪いこと。

だからお金持ちになりたい(変化したい)よ~」

というふうに思いますよね。

 

 

しかし潜在意識のほうは、顕在意識とはまた違った解釈をします。

潜在意識にとっては、

「安定しているのが良いこと、変化するのは悪いこと」

です。

なので、仮にあなたが貧乏な状態を長く続けているのだとすると、

「貧乏の状態で安定している。安定しているというのは良いことだ。

せっかくいま良い状態なんだから、わざわざお金持ちになりたくない(変化したくない)よ~」

と、潜在意識は解釈します。

 

 

潜在意識にとっては「変化=危険」である

 

「な、なぜにそんなバカな解釈を…」

と思うかもしれませんが、潜在意識にとって何よりも重要なのは、

「その人の生活の安全を守ること」

です。

長い間生活が安定している状態、ということは、

「今後もそのままでいれば危険な目に遭う可能性は低い」

ということ。

安全確保のために、変化(危険)を嫌っているんですね。

 

 

顕在意識上で、

「早く人生を変えたい、大きな変化がほしい!」

と思うほどに潜在意識は、

「お、大きな危険(変化)なんていらんがなー!」

と強く嫌がります。

顕在意識が変化を求める力より、潜在意識が変化を嫌う力のほうが大きいため、

「大きな変化を求めるほどに変化できない」

となってしまいます。

 

 

小さな変化(危険)であれば、潜在意識も受け入れる

 

ではどうすればいいのか?というと、

「小さな変化しかしなければいい」

です。

いくら潜在意識が変化を嫌うといっても、変化の内容が小さなものであれば、

「まぁ、その程度のことなら危険もないだろう」

ということで、そこまで嫌がりません。

たとえば、

「世界一周するんじゃ!」

とかどでかい変化をしようとするととんでもない抵抗を感じますが、

「今日は、いつもとは違うお店でご飯を食べてみようかな」

といった小さなことで、そこまでの抵抗は感じませんよね。

せいぜい、

「いつもと違うからなんかちょっと落ち着かないな」

くらいだと思いますが、この「ちょっと落ち着かない程度」の小さな変化を、日常に取り入れるようにしてみてください。

 

 

小さな変化であろうと、潜在意識が取り入れる情報は膨大

 

一見、

「そんな小さな変化を取り入れることに何の意味が?

そんなことで人生が大きく変わったりするわけもないのに…」

と思うかもしれませんが、それはあくまでも顕在意識上の解釈にすぎません。

さきほどの「いつもと違う店でご飯」をしたとき、顕在意識上では、

「いつもの店より狭いなー、でも内装はきれいだな~」

くらいしか気づかないかもしれませんが、潜在意識はこのとき、顕在意識の約8万倍の情報を取り入れて処理しています。

日常の中に小さな変化をいくつか取り入れるだけで、潜在意識はこれまでとは違う情報をものすっっっごいたくさん仕入れることになります。

そうして仕入れた情報をもとに、

「これこれこうするとお金持ちになれるのでは?」

と判断し、導いてくれますよ(*^^)v

 

 

いきなり「大きく変化しよう!」だと潜在意識は、

「そんなん嫌やねん!こいつに不安と恐怖を感じさせたれ、やる気奪ったるわ!」

となりますので、

「でも私なんか無理、怖い、不安…あぁー、何もする気が起きない…」

となってしまい、小さな変化を取り入れようという気力すらなくなってしまうこともあります。

なので、最初から開き直って小さな変化しかしない。

こちらのほうが結果的に、大きな変化へとつながりやすいです。

 

 

「小さな変化」をしても、潜在意識は働かない場合とは?

 

ひとつ、小さな変化を取り入れる際に気をつけておいてほしいことがあります。

それは、

「ちゃんと『私はお金持ちだ』という前提を持った状態で行うこと」

です。

「どうせお金持ちなんかになれるはずない、私は貧乏だ」

という前提を持ってして小さな変化を取り入れても、潜在意識は、

「いつもと違う情報いろいろ仕入れてみたけど…。

本人は今後も変わるつもりないみたいだし、この情報って別に使う必要ないよね」

となってしまいます。

せっかくの情報が活かされなくなってしまいますので、あくまでも「お金持ちだという前提の上で」取り組んでみてくださいね。

あ、もちろん「お金持ち」はただの例えですから、望むものがお金に関することでなくても同じですよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識は大きな変化を嫌いますので、

「望むものになれる」

あるいは、

「望むものになった」

という前提を持ってして、小さな変化を取り入れてみてください。

 

 

ちなみに、

「よく、すでに望むものになったという前提で…とか言われるけど、『なった』って…過去形に違和感があるんだよなぁ…」

と思った方は、以下の記事も読んでみてください↓

過去形で言うのって、なんか違和感があるんだけど…?

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

叶った証拠もないのに、叶ってると言われても…

花

 

叶った証拠がないと、信じられない…

 

今回は「叶った証拠」についてです。

先日の記事で、

 

叶うと決めた時点で、潜在意識は叶うまでの筋道を立ててくれる。

そうして筋道が立っている状態を「叶った状態」と言う。

叶った状態になっているかどうかを確認しようとすると、叶っていない状態になる。

 

と書きました。

しかし、

「うーん、でもでもでもなぁ…やっぱりどうしても確認したいよ!

いくら言葉だけで『叶った状態になってるよ』って言われたってさ~…。

叶った状態になっているというちゃんとした証拠もないのに、どうやってそんな言葉を信じろと?」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

そう感じている方へ向けて、証拠について詳しくお話していきます。

 

 

①叶った証拠があるから②叶うと信じる、ではない

 

「ちゃんと、叶った状態になっているという証拠がほしい。

そういう証拠があるなら信じられるけど、証拠がないなら信じられない」

↑当初は私もこう思いましたし、お気持ちはよーーーーーくわかります。

しかし残念ながら、叶った状態になっているという証拠は、叶うと信じたあとにしか出てくることはありません。

「①叶ったという証拠があるから②信じる」

のではなく、

「①信じるから②叶ったという証拠が出てくる」

です。

 

 

しかしこれを聞くと今度は、

「あー…うん、なんかその言葉もよく聞くわ…。

でも正直、なんで①信じるから②叶ったという証拠が出る、の順番なのかがわからないんだよなあ…。

どう考えても証拠が先じゃないの?」

と感じる方もまた、多いのではないかと思います。

ではではなぜ、「①信じたあとに②叶った証拠が出る」の順なのか?について説明していきますね。

 

 

同じものを見ても、Bくんにだけ「叶った証拠」に見える

 

ここに、舞台役者を目指しているAくんとBくんがいます。

Aくんは、

「叶ったという証拠があるなら、叶うと信じよう。

まだ証拠はないから、自分が役者になれるとは信じられないぞ」

と思っています。

Bくんは、

「叶った証拠って、なんか知らんが信じたあとからついてくるらしいべ。

ほんならとりあえず、自分は役者になれる!と信じてみるとするか」

と思っています。

 

 

この状態ですとAくんの潜在意識は、

「自分が役者になれるとは信じてないんだね。

ではちゃんと『役者になれないような発想』をさせてあげないとね。

役者になれるようなこと思いついちゃったら、なれちゃうものね」

と働きます。

Bくんの潜在意識は逆に、

「役者になるならば、ちゃんと『役者になれるような発想』をさせてあげないとね」

と働きます。

 

 

ある日、AくんとBくんは一緒に演劇を見に行きました。

その演劇に出ていたCさんという役者の演技は、とても素晴らしいものでした。

AくんはCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

やっぱり俺なんて、役者になれるはずもない…。

Cさんみたいな人が目の前に立ちはだかっているということが、俺が役者になれない証拠だ…」

と。

 

 

BくんもCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

ラッキー!これからはここに通えば、Cさんを見てたっぷり勉強して実力をつけられる!!

Cさんみたいな人が目の前に立ってくれているということが、俺が役者になれる証拠だ!

本当に叶った証拠ってあとから出てくるんだな~!」

と。

 

 

Aくんはそれから、家の中でふさぎ込むようになってしまいました。

Bくんは足しげく劇場に通い、めきめき実力をつけて役者になりましたとさ。

 

 

叶った証拠が出る=叶った証拠だと思い込む

 

さてさて、AくんとBくんの見ているものは同じ、Cさんでしたね。

そして、CさんはただのCさんです。

別にAくんの夢が叶わない証拠でもなければ、Bくんの夢が叶った証拠でもありません。

AくんとBくんのほうが勝手に、証拠でもないものを見て証拠だと思い込んでいるだけですよね。

 

 

このお話のBくんのように、

「①叶うと信じると②証拠でもないものを見て叶った証拠だと思い込むようになる」

ことを、

「①信じたあとに②叶った証拠が出てくる」

と言っています。

 

 

叶わないんだと思っている状態ですと、潜在意識はAくんのような発想しかさせてくれません。

何を見ても「叶わない証拠だ」と思い込むことしかできなくなりますので、

「信じていない状態では、叶った証拠は出てこない(叶った証拠だと思い込むことはできない)」

と言われます。

 

 

決して、「叶ったという物的証拠」がある、というわけではありません。

なにかしらの物体や人物、出来事などを見て、勝手に本人が叶った証拠だと思うようになる、というだけのことですから、

確固たる物的証拠のようなものがあると思って探しても、見つかることはありませんよ~(;´・ω・)

 

 

あるものを見たとき、叶うと信じていない人にとってはそれが「叶っていない証拠」に見えます。

叶うと信じている人にとってはそれが「叶った証拠」に見えます。

 

 

関連記事です↓

叶った状態になっているかどうかを、確認する方法はあるの?

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

「今叶ってる」と言うけれど、それを確認することはできるの?

チューリップ

 

今叶ってると言われても、叶ってるかわからない…

 

今回は「今叶ってる」についてのお話です。

先日の記事では、

 

①今叶ってる(見えなくても叶ってる)とはどういうことなのか?

②今叶ってると思えない場合は、どうすればいい?

 

についてお話したのですが、今回はそれを踏まえたうえで、

 

①本当に今叶ってるのかどうか、確認することはできるか?

②叶ってる状態から叶っていない状態になってしまったとき、気づくことはできるのか?

 

について、詳しくお話していきます。

 

 

今叶ってるか否かの確認は、簡単

 

ではまず、

「①本当に今叶ってるのかどうか、確認することはできるか?」

についてです。

これを確認するのはとっても簡単、今すぐできます。

見分け方は、

 

〇今叶ってるのか確認したいと思っているなら、今は叶っていない

〇今叶ってるのか確認したいと思わないなら、今叶ってる

 

です。

 

 

「今叶ってるのかどうか、確認する方法はあるのかな?」

と思うのがなぜかというと、

「叶うと信じていないから」

ですよね。

叶うのが確実であると思っているのならば、わざわざ叶うかどうかの確認をしようとは思わないはずですから。

 

 

潜在意識が叶うまでの道筋を立ててくれるのは(「今叶ってる状態」にしてくれるのは)

「その本人が、叶うと信じたとき」

です。

叶うと信じていないのであれば、潜在意識は叶えるための道筋は作らないので、今は叶ってる状態ではないということになります。

 

 

今叶ってる状態から、そうじゃなくなったとき気づける?

 

では次に、

「②叶ってる状態から叶っていない状態になってしまったとき、気づくことはできるのか?」

についてです。

これは主に、

 

①本当に叶うのか?と疑っているとき

②なんだかモヤモヤするとき

 

に、叶ってる状態から外れたと思って良いと思います。

 

 

①「今叶ってる状態」に戻るには、気づくだけでOK

 

まず、

「①本当に叶うのか?と疑っているとき」

についてです。

 

 

これは上に書いたことの繰り返しになっちゃうのですが、「今叶ってる状態」になるのは、本人が「叶うと信じているとき」です。

叶わないのでは?と疑うことで潜在意識が、

「お、叶わないほうに軌道修正すればいいのね」

となってしまい、叶っていない状態へと移行してしまいます。

 

 

でもこれは、

「おお、今『叶わないんじゃね?』と疑っていたなぁ」

と気づいて、もう一度叶うと決め直せばいいだけです。

潜在意識は再び「叶うほうに行けばいいのね」と軌道修正してくれますよ(*^^)v

 

 

②今叶ってる状態でも、少し障害があるときはモヤモヤする

 

次に、

「②なんだかモヤモヤするとき」

についてです。

 

 

たとえばですが、潜在意識が、

「叶えるためには映画館に行ってみるといいぞ」

と判断して、あなたを映画館に行かせようとしたとします。

するとあなたはなんとなく「映画を見に行こうかな?」という気になるのですが、しかし、

「でもなぁ、カップルとかもいる中、一人で行ったら寂しい奴と思われるに違いない…」

という固定観念があって、行くのをためらったとします。

「いやいや、映画に行ってほしいんだよー、気づいてー」

と思った潜在意識は、あなたに「モヤモヤ」を感じさせてきます。

行かないときにあなたをモヤモヤさせれば、あなたが、

「うぅ、なんか行かないとモヤモヤするから、やっぱり行こう」

となってくれるかもしれないからです。

 

 

これは、

「叶ってる状態から叶っていない状態になってしまった」

というよりは、

「今ちゃんと叶ってる状態ではあるんだけど、ちょっとだけ現実化が遅くなるようなことしちゃってるよー、気づいてね~」

というお知らせがきている、という感じですね。

こういうモヤモヤは無視せずに、

「何にモヤモヤしてるのかな?どうすればモヤモヤしなくなるのかな?」

と考えてみてください、そちらのほうが叶うのが早まりますよ(*´ω`*)

 

 

「今、叶ってる状態か確認したい」

と思ったのならば、今は叶っていない状態です。

叶うのだと信じることで、叶ってる状態に変わります。

何か現実化が遅れそうな要素がある際には「モヤモヤ」することがあります。

 

 

関連記事です↓

今叶ってるとは、思えないんだけど…

モヤモヤは、潜在意識からの警告

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

1 2 3 70

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ