潜在意識下で、不幸を求めてしまっていないか?

花

 

あなたの潜在意識は、不幸でいたいのかも?

 

今回は、

「実はあなたは、不幸を求めているかもしれない」

というお話です。

潜在意識の力をうまく使えるようになりたいのは、なぜか?

もちろん、今よりも幸せになりたいからですよね。

しかし顕在意識上では「幸せになりたい」と望んでいても、

潜在意識下では真逆に「不幸なままでいたい」と望んでいることがあります。

これについて詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識下で、幸と不幸を秤にかけている

 

「不幸でいたい」と言っても、

「私、不幸が大好き!不幸ってた~のし~い!うふふ~ヾ(*´∀`*)ノ」

とかいうふうに不幸を望んでいるわけではなく、

「不幸でいたときと幸福になったとき、どっちがメリットがあるだろう?

うーん…不幸でいるほうがメリットが大きいよなぁ。

じゃあ、不幸でいるほうがいいかぁ~、そうしよっと」

という感じです。

そんな比較をしている自覚はなくとも、潜在意識下で気づかぬうちにしてしまっています。

 

 

たとえば私の場合ですと、

「幸せにはなりたい。

けれど幸せになってしまったら、親の育て方が正しかったと認めてしまうことになる。

自分が不幸でいることで、

『ほら、あんたたちが間違っていたせいで私はこんなふうになっちゃいましたよ~』

と暗に当てつけて非難しているのに、幸せになったらもう非難できなくなる」

という思いがありました。

幸せになったときには「親を非難できなくなる」というデメリットがある。

不幸でいたときには「親を非難できる」というメリットがある。

この2つを秤にかけ、

「幸せになったときのデメリットのほうが大きいな。

それならば、不幸でいたほうがまだマシだ」

となっていました。

 

 

しかしこれは、時間をかけてじっくり考えて出た答え…というわけではありません。

潜在意識下で、一瞬のうちにはじき出される答えです。

一瞬で判断されてしまうため、自分がそんな答えを出しているということにすら気づかないことも多いです。

潜在意識のほうは、

「よっしゃ不幸のほうがいいって答えが出たで、このままでいるで!(`・ω・´)」

となるので不幸なままですし、ある意味これはちゃんと望み通り(不幸のほうがいい)になっている、引き寄せがうまくいっている、と言えます。

けれど、それに気づいていないと顕在意識上では、

「こんなに幸福を願っているのに、なんで不幸なままなの?ぜんぜんうまくいかないよ…」

と感じてしまいますね。

 

 

潜在意識は、安全(不幸)が好き

 

人によって、不幸でいたい理由はそれぞれ異なります。

私のように親を非難したい人もいるでしょうし、

逆に、私には思いもつかない理由の人もいるかもしれません。

が、どの人にも大なり小なりあるのが、

「幸せって、経験したことがないからなんだか怖い。

でも、不幸はよく知ってるから怖くない。

別に不幸が好きなわけじゃないけど、不幸でいれば『未知の怖さに挑まずにすむ』というメリットがある。

このメリットを取って、不幸なままでいようかな…」

という思いなのではないか、と思います。

 

 

潜在意識は、新しいものはあまり好きではありません。

潜在意識の一番の目的は、幸せとか不幸とか、願いが叶うかとか叶わないとかではなく、

「身の安全を守ること」

だからです。

死んでしまっては終わりですから、安全に生きることは大事ですよね。

では、身の安全を守るためにはどうすればいいかというと、

「安全だとわかっていること(不幸でいること)だけやり続ければいい」

となります。

そのため、ついつい新しいもの(幸せ)を避け、不幸を選んでしまいがちになります。

 

 

とはいえ、何も未開のジャングルに入っていこうというわけでもあるまいし、

実際には幸せになることに危険などありません。

潜在意識は、

「未開のジャングルに入ることも幸せになることも、どっちも未知じゃん。未知なら危険じゃん!」

みたいな判断をしますが、同じ未知でも、ジャングルに入るのと幸せになることは大違いですよね(;^ω^)

ここで、

「そうだ危険だ!幸せは怖い!不幸は安全!」

と不幸を選択しないように意識してみてください。

「幸せになろうとしたときの恐怖は幻想だ。

幻想に怯えて不幸なままでいて、本当にいいのか?」

と、しっかり考えてみてください。

 

 

潜在意識ではなく顕在意識で、選択を

 

「他にも私が、不幸のほうがマシだと思っている理由が何かないだろうか?」

と、一度じっくり考えてみることをおすすめします。

いまは無自覚に不幸を選んでしまっているし、無自覚にやっていることはやめられません。

しかし、

「あー、私はこういう理由で不幸でいたいのかぁ…」

と自覚したときに、

「では、引き続きその理由で不幸でいるのか、いないのか?」

を意識的に、顕在意識上で選択できるようになります。

ここでぜひ、幸せを選んでくださいね。

だいじょうぶ、幸せは安全ですよ(*^^)v

 

 

引き寄せを実践しているがなかなかうまくいかない…という場合は、

潜在意識下で「不幸でいるほうがいい」と思っているのかもしれません。

一度、「不幸でいたい理由は何か?」とよく考えてみましょう。

 

 

「不幸」に関する関連記事です↓

同じような不幸が繰り返されるのはなぜか?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

傷を認めることで、潜在意識は良いほうへ向かう

蘭

 

潜在意識を上手に使うためには、傷ついてはいけない?

 

今回は、引き寄せでよくある誤解についてのお話です。

よくある誤解とは、

「傷ついてはならない」

というもの。

これについてはすでに多くの方が「それは違うよ~」と指摘してもいますので、

もう知っていることかもしれませんが、いま一度基本点を確認するつもりで読んでみてください(*´ω`*)

 

 

傷つくと、潜在意識が悪いほうへ向かうという誤解

 

潜在意識のお話ではよく、よく、よ~~~~~く、

「ワクワクしていましょう」

「前向きでいましょう」

と言われます。

こう言われることで、

「そうか、ネガティブになってはいけないんだ、傷ついてはいけないんだ」

「傷つくと、潜在意識がうまく働かなくなっちゃうんだ」

と思ってしまい、何か悲しいことが起きても、

「傷ついてはダメ!ポジティブポジティブ!!」

と空元気を出そうとする方もいらっしゃいます。

 

 

ただ、

「前向きでいましょうと言われて、傷ついてはいけないという意味だと解釈した」

というのは、ちょっと解釈が極端かもしれません。

これは前にも使ったことのある例えですが、

「野菜を食べましょうと言われて、肉と魚は一切口にしてはいけないという意味だと解釈した」

みたいな感じです。

そこまでは言っていませんよね(;^ω^)

「健康のため!」と頑なに肉も魚も拒否すると、かえって健康を害することもあります。

同様に、「潜在意識を上手に使うため!」と頑なに傷つくまいすると、かえって潜在意識がうまく働かなくなってしまいます。

 

 

むしろ、傷つくまいとすると潜在意識は悪いほうへ向かう

 

日々の生活の中で、些細なことをいつまでもねちねちグチグチ言わないとか、

人を妬んで足を引っ張ろうとしない、自分のしたことを人のせいにしない、

してもらったことを当たり前だと思わずにちゃんと感謝する…などなど、

そのように心がけるのは、「前向きでいましょう」をやっているし、良いことだと思います。

そうしてなるべく、悪いことではなく良いことに意識を向けるようにしていれば、

「意識している方向に向かう」という性質を持っている潜在意識は、自然と「もっと良いことのほうに向かおう」と動き始めます。

そうするとさらに良いことが増え…となっていきますので、これは問題ありませんね。

 

 

しかし、たとえば誰かから明らかに理不尽な仕打ちを受けた…といった場合、ここで、

「傷ついてはいけない!ポジティブ!感謝感謝!」

などと、その理不尽を好意的に受け入れてあげる必要はありません。

ここではちゃんと、傷ついたり怒ったりしたほうがいいです。

理不尽を受け入れれば相手は、

「あ、こいつは傷つけてもいい相手なんだ」

と学習して、さらに酷い態度を取るようになるかもしれません。

また、あなたの潜在意識も、

「なるほど、こういう目に遭ってもいいんだな。

次回同じような目に遭ったときにも受け入れよう」

と学習してしまいます。

 

 

いくら日々の生活の中で良いことに目を向けようとしていても、それと同時に悪いことを受け入れていては、

プラスに向かい始めてもマイナスに戻り、プラスに向かい始めてもマイナスに戻り…を繰り返してしまいます。

そうして、

「ちゃんと前向きでいようとしているのに、現実が良い方向に向かっていかない…なんで?」

となっている方も、いるのではないでしょうか。

 

 

反対に、

「こんな目に遭うのはおかしい、ひどい目に遭って傷ついた。私はこんなことは受け入れない」

とちゃんと認めるとどうなるでしょうか?

潜在意識は、

「そうか、これは受け入れないほうがいいんだな。

受け入れないためにはどうすればいいのかな?」

と、理不尽を受け入れない方向…つまり良い方向へと向かい始めます。

これで潜在意識は、プラスの方向にのみ向かっていけますね(*^^)v

 

 

傷は認めて、潜在意識をより良い方向へ向かわせよう

 

それではひとまず、これまでを思い返してみて、

「傷ついていないふりをしてきたことはないか?」

「前向きでいるべきだからと、無理やり受け入れたことはなかったか?」

と考えてみてください。

思い当たることがあれば、それに対して「私は悲しかった、傷ついた」と認めてください。

 

 

そして、その次が大事なのですが、

「相手が変わってくれますように…相手が変わってくれますように…」

とか、

「私は可哀相だ、あー、私って可哀相可哀相…うじうじうじ…」

とかではなく、

「私は、同じことを受け入れない強さを持つ」

と意識してください。

相手が変わることを期待して自分は何もしない、というのではなく、

相手が変わることへの期待は捨て、自分を変えようとしてください。

潜在意識には他人を変える力はありませんが、自分のことならいくらでも変えてくれます。

「私が変わるんだ」と意識することで、より良い方向へと向かいはじめますよ。

 

 

傷つくまいと悲しみを抑え込むと、潜在意識は良い方向へ行けなくなります。

傷ついたときには傷ついたと認め、

「今後は同じことを受け入れない強さを持つ」

と決心してください。

潜在意識が、同じことを繰り返さない方向へと向かいはじめます。

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識の話に出てくる「認定」って、何?

花

 

潜在意識と「認定」について

 

今回は「認定」についてです。

潜在意識のお話を読んでいると、

「すべては完璧なのだと認定しなさい」

「望むものはあるのだと認定しよう」

というふうに、認定という言葉が出てくることがあります。

とはいえ、

「認定しなさい…って、つまり何?何をすればいいの?」

と不思議に思う方もいるかもしれませんので、認定とは何ぞや?について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識が「認定」どおりにしてくれる

 

「〇〇だと認定する」という言葉は、

「〇〇だと決めつける」

に言いかえると、わかりやすいかもしれません。

こうだと決めつけて、違うと言う人の意見には耳を貸さない。

「誰になんと言われようがそうなものはそうなんですー!」

という感じです。

こう言われると、

「それって…単に意地になってるだけじゃね?」

と思う方もいるかもしれませんが、そうですね、

「意地になる」

という表現でもいいかもしれません。

 

 

まず認定があり、潜在意識がそれをバックアップする

 

人って、

「根拠に基づいて→『こうだ』と決めている(こうだと認定している)

ようでいて、実際には逆です。

「『こうだ』と決めてから→根拠を持ってきている」

です。

 

 

たとえば、

「学歴がなければ人生はうまくいかない」

と決めつけている(認定している)人の潜在意識は、

「ほうほう、あなたがそう思うなら『学歴がなければ人生はうまくいかないと思えそうなもの』を探してきてあげるよー!」

と働くので、学歴がなくて失敗した人の情報などがたくさん耳に入ってきます。

そして、

「ほらね、やっぱり学歴がないとダメじゃん!」

となります。

 

 

反対に、

「学歴がなくとも人生はうまくいく」

と決めつけている人の潜在意識は、

「ほんなら、『学歴がなくても人生はうまくいくと思えそうなもの』を探してきてあげるよ!」

となるので、学歴がなくても成功した人の話などが豊富に入ってきて、

「ほらね、やっぱり学歴がなくてもいいじゃん!」

となります。

まず結論ありき、認定ありき、決めつけありきで、潜在意識がその結論に行きつくようにバックアップしているんですね。

 

 

強く認定するほど、潜在意識も強く働く

 

こういった決めつけが激しいほど…自分の考えが正しいのだと意地になるほどに、

潜在意識も活発に働いて「決めたとおりになるように」と強くバックアップしてくれます。

当然、

「私はダメな人間だ」

などと強く決めつけたときには、潜在意識が全力で「自分をダメな人間だと思えそうなほう」に導いてくれるので、辛い現実となります。

が、同じ要領で、

「私はできる人間だ」

「私の人生は完璧だ」

と強く決めつけたらば?

この場合もやはり潜在意識は全力で、

「自分をできる人間だと思えそうなほう・人生は完璧だと思えそうなほう」

に導いてくれるので、そのとおりの現実となります。

 

 

言葉としては「決めるつける・意地になる」よりも「認定する」のほうが響きがいいですが、それだと分かりにくい場合には、

「できるったらできるんですー!!

私のことをダメだとか、叶えられないとかいう意見は意地でも受け付けませーん!

聞こえませーん!あーあーあーー!!( ゚Д゚)」

みたいな感じ…と思うと、分かりやすくはなるかもしれません。

引き寄せを実践しはじめの頃は「本当に叶うのだろうか」という不安も出てきやすいですし、

こういう状態のときに人から「無理だよ」と言われると、すぐに心が折れてしまう…という方もいるかと思います。

いっそ「めちゃくちゃ頑なになってやる~!」くらいに思ったほうが周りに振り回されずにすみ、

潜在意識も叶う方向へと動きやすくなるかもしれませんよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識は、認定どおりになるようにあなたを導きます。

「認定」という言葉がわかりにくい場合には、

「決めつける・意地になる」

などに言いかえてみてください。

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

叶った私になって、叶った世界へ行こう

世界

 

「叶った私」になることで、あなたの願いは叶う

 

みなさんこんにちは、管理人の岡野真です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、新コンテンツ発売のお知らせです!。.:*◝(*ˊᗜˋ*)◜*:.。

こちらです↓

 

以前に私が、

「なる式についてのコンテンツを作りたいので、アンケートにご協力を」

と言っていたのを覚えている方もいるかもしれません。

そのときにアンケートに答えてくださった方、本当にありがとうございます。

みなさんのご協力もあり、ついに完成いたしました、嬉しいです…(´;人;`)

 

 

改めて、コンテンツの内容を簡単にご説明いたしますね。

願いを叶える引き寄せのメソッドのひとつに、

「なる式」

と呼ばれるものがあります。

なる式は、4つのステップからなります。

 

①なりたい自分を決める。

②決めた瞬間に、なりたい自分になれた。

③なりたい自分になったので、目の前のことすべてが「なった世界」の出来事になる。

④あとは普通に生活する。

 

初めて聞いた方は、なんだか意味がよくわからないかもしれません。

あるいは、

「なる式のことは前から知ってはいるんだけど…。

ちゃんと理解したくて調べていくうちに、余計にわからなくなっていくんだよね…」

とか、

「理屈は理解しているつもりなんだけど、なぜかうまくいかない…なんで?」

と困っている方も、多いのではないかなと思います。

 

 

そこで、なる式の4ステップの解説や、行き詰まりやすい箇所の改善方法、

上手に「叶った私」になるためのワーク…などなどを、たくさんご用意いたしました。

アンケートでいただいたご質問の回答集もあります。

もしわからない箇所があれば、メールをいただければ個別に回答いたします。

より詳しい内容については、以下からぜひご覧になってみてください↓

 

これで「なる式」をマスターして、ばっちり願いを叶えてください!

応援しております!(*´ω`*)

 

 

 

私は、潜在意識に謝る必要があるの?

植物

 

潜在意識が怒ってる?謝るほうがいい?

 

今回は、読者の方からいただいたご質問への回答です。

潜在意識が、怒って主人の願いを却下することはありますか?
以前に、

「潜在意識は、主人が有言不実行(三日坊主や中途半端な諦めetc.)を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる。

このような場合は潜在意識が許してくれるまで、

時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

と聞いたことがあります。

なんだか怖く感じるのですが、本当にこのようなことがあるのでしょうか?

「願いを却下する・謝る必要がある」などは、

「潜在意識を変化させないと願いは叶わない」

ということを、少し違う言い方で表現しているだけかと思います。

実際に潜在意識が意思を持っているわけではありません。

 

ではでは、詳しくお話していきますね(*´ω`*)

 

 

実際に潜在意識が「謝るまで許さない」と思うことはない

 

まず、潜在意識には知性は備わっていません。

そのため、

「こいつは許せーん、謝るまでは願いを叶えてやらん!」

などと考えることはありません。

よく引き寄せでは、

「潜在意識が願いを叶えてくれる・叶えてくれない」

というふうに、まるで潜在意識が独立してものを考え動いているかのような表現が使われますが、これは単なる擬人化(人間以外のものを人間に例える比喩の方法)です。

ただの「ものの例え」だと思ってください。

 

 

「潜在意識が怒る・謝る」を言いかえると?

 

「潜在意識は、主人が有言不実行を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる」

これを私なりの別の言葉に言いかえると、

「有言不実行を繰り返すうち、

『私はダメだ、私に願いなんて叶えられるわけがない』

といった、自分に対する否定的な観念が潜在意識下に刷り込まれていく。

その『自分はダメだ』という観念が現実になるように、無意識のうちに自分で行動してしまい、願いの実現ができなくなる」

でしょうか。

 

 

どちらも言っていることは同じですし、どちらの表現が好きかは人によります。

質問者さまの場合、

「潜在意識が怒って邪魔をする」

といった表現がなんだか怖く感じる…とのことなので、このような表現はあまり適していないのかもしれませんね。

 

 

次に、

「潜在意識が許してくれるまで、時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

こちらも私なりの言葉に置きかえてみると、

「潜在意識下の『私はダメだ』という観念を消すために、

時間をかけて潜在意識メソッドをする必要がある」

となります。

表現は違えど言いたいことは、

「ワークやメソッドを通じ、今の潜在意識の状態を変えましょうね」

ということです。

 

 

「謝る」は潜在意識を変化させるのに有効

 

ご質問に出てくる「謝るワーク」が具体的にどのようなものかはわかりませんが、

自分に「ごめんね」と声をかけるようなワークでしょうか?

だとすると、そのように自分に謝るというのは、たしかに効果があるかもしれません。

 

 

人は、ついつい自分に厳しくなってしまうもの。

「なんてダメな人間なんだ」

「どうせ何もできやしない」

こういう言葉を自分にかけてしまいがちですよね。

人にこうした言葉をかけられると自信を失ってしまうのと同じく、

自分で自分にこのような言葉をかけても、自信は失われてしまいます。

 

 

もしこのようなことを言われていた相手に、

「ごめんね、本当はそんなことないよ」

と真摯に謝りつづけられたら、徐々に心がほぐれていくと思います。

同様に、自分で自分に「ひどいことを言ってごめんね」と謝ることで、心がほぐれていきます。

そうして自分に謝ることで、潜在意識下の「私はダメな人間」という観念が消えていけば、それに伴って願いも現実化していきます。

これを、

「潜在意識が怒っているから、許してもらうために謝る」

と表現してもいいですし、

「潜在意識下の良くない観念を消すために、自分に謝るという方法を使う」

と表現してもいいですね。

 

 

不要な観念を消すための方法は、謝る以外にもいろいろとありますが、

「ほう、謝るというのはやったことがなかったなぁ」

と興味が湧いたのであれば、やってみるのも良いと思います(*´ω`*)

 

 

自分(の潜在意識)にどのくらい謝るといいの?

 

それと、

「時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

という部分を読んで、

「じ、時間をかけるって…どのくらい謝る必要があるの?あんまり長期間は嫌だなぁ…」

と思った方もいるかもしれません。

かかる時間は人それぞれなので「万人共通で〇時間です!」とは言えないのですが、

本気で謝るほどに、時間は短くてすむと思います。

 

 

これは謝る以外の方法でもそうなのですが、

「こんなことやって意味あるの?」という疑いを持っていたり、

自分を変える決心がついていないままにやると、効果が出るのは遅くなります。

反対に、

「絶対に自分を変えてやる、必ず効果はあるんだ!」

と強く心に決めてやるほどに、効果は早く出ます。

謝るのであれば、

「ごめんね…とか言って、ほんとにこんなんで潜在意識が変わるのかよ~」

と思いながらやるのではなく、

「これまでひどい言葉をかけてきた相手(自分)に対して、心の底から非礼を詫びよう」

くらいの気持ちを持ってやるといいかな、と思います。

そのくらい真剣に行えば、それほど時間はかからず効果が出てくると思います。

 

 

それと、謝る端から有言不実行(自信を失うような行為)を繰り返さないことも大切かと思います。

これだと謝ってはそれを打ち消し、謝ってはそれを打ち消し…の繰り返しになりますので、

「日々の中で、やると決めたことはきちんとやるようにしよう」

という意識も持っていると良いですね。

完璧にできなくても全然かまいません。

少しずつでいい・簡単なことでいいですから、

やると言ったことはやるように心がけてみてください(*´ω`*)

 

 

「潜在意識が怒る、謝る必要がある」

というのは、潜在意識を擬人化した表現です。

謝るというのは、潜在意識を変えるための効果が見込めるものですので、興味があれば試してみてください。

 

 

✶noteで「感謝する・与える」についての記事を公開中です✶

 

「謝る」以外の潜在意識を変える方法について知りたい方は、以下の記事をどうぞ↓

アファメーションについて

自己観察について

なる式について

完璧採用について

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ