潜在意識のこと、もっとシンプルに考えてみて

薔薇

 

シンプルに考えると、潜在意識の力を使いやすくなる

 

今回は、

「潜在意識の力をうまく使うには、どうすればいいんだろう?」

と思っている方へ向けてのお話です。

そう思っている方には、まずはこれをしてほしいと思います。

 

「物事がシンプルであるはずがない」

という自身の固定観念に気づき、それを手放すこと。

 

これです。

これをすると、潜在意識の力をうまく使えるようになります。

ではでは、もっと詳しくご説明していきますね。

 

 

思考が潜在意識によって現実になるなら、やることはシンプル

 

まず引き寄せの法則とは、

「自分の思考が、潜在意識の力によって現実になる」

という法則でしたよね。

では、

「現実にしたいことを、思考すればいいだけ」

です、とてもシンプルです。

お金持ちな現実を作りたいならば、「お金持ちになるわ」と思考する。

結婚したいならば、「結婚するわ」と思考する。

友達100人作りたいならば、「友達100人作るわ」と思考する。

あなたがやることはたったひとつ、「そうだと思う」ことのみ。

いやはや~、なんともシンプルですねぇ~(*´▽`*)

 

 

しかし潜在意識下に「シンプルなはずがない」という観念があると?

 

しかしこれ、あまりにもシンプルすぎて逆に誰も受け入れないんですよね…(;´・ω・)

みなさん、

「そんなにシンプルなはずがあるかいな、もっと何かしなければいけないはずだ!」

と考えます。

潜在意識下に、

「物事がシンプルであるはずがない」

という固定観念が強くあるんですね。

 

 

この固定観念があると潜在意識は、

「ほう、物事がシンプルであるはずがないと思っているのか…。

ではその観念どおり、『物事はシンプルではない現実』を作らないとなあ。

もしこの人がシンプルな方向に行きそうになったら、ちゃんとそれを止めて、事態を複雑にしてあげよう!」

と働きますので、事態はシンプルではなくなっていきます。

 

 

潜在意識下で「シンプルなはずない」と思っていると出る疑問

 

潜在意識がそのように働いている方から、よくこのような質問を受けることがあります。

 

私はいまこれこれこのような問題を抱えていて、辛いです。

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

という感じの内容です。

一見自然な感じに思えるのですが、これって私からすると、

「のわー、潜在意識にしてやられとるがなー(;´Д`)」

と、思います。

どういうことかというと、さきほど、

 

「現実にしたいことを、思考すればいいだけ」

です、とてもシンプルです。

あなたがやることはたったひとつ、「そうだと思う」ことのみ。

いやはや~、なんともシンプルですねぇ~(*´▽`*)

 

と書きましたよね。

これに則るならば、

 

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

 

これだけでOKです。

望む現実に変えたいならば、

「望む現実に変わると思考すればいいだけ」

ですし、ちゃんとそれをやっているのですからもう何の問題もありません。

この時点で、問題解決のために必要なことはしおわっています。

いやはや、やっぱりシンプルですなぁ~(*´ω`*)

 

 

潜在意識が「シンプルから離れよう」としはじめる

 

しかし、

「物事がシンプルであるはずがない」

という観念を持っている場合、ここで潜在意識が働きはじめます。

「いやいや、そんなにシンプルに解決していいわけないがな。

この人は『シンプルであるはずがない』という観念を持ってるんやで?そのとおりにしてあげなアカン。

なんかシンプルな方向に向かっちゃってるから、止めてあげないと…」

と。

すると、

 

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

 

という疑問が出てきます。

「望む現実に変わると思うことにした」

↑本当はここで問題は解決しているのですが、潜在意識からするとそんなにシンプルに話が終わっては困りますので、すぐさまそのあとに、

「しかしそれだけでいいはずがないし、もっと他に何かしなければいけないはずだ。

うーむ、望む現実に変えるためには他にどうすればいいのだろう?」

という発想をその人にさせて、まだ問題は解決していないことにしてしまいます。

 

けれどこの状況を変えるために、「望む現実に変わるんだ!」と思うことにしています。

(↑ここですでに解決している)

それで、望む現実に変えるためにはどうすればいいのでしょうか?

(↑しかし次の瞬間、潜在意識にまだ解決していないことにさせられている)

 

となっているため私は、

「のわー、潜在意識にしてやられとるがなー(;´Д`)」

と、思います。

 

 

「ほら、やっぱり私が思った通り、シンプルではない」

 

「どうすればいいのか?」という発想は、物事を複雑化したい潜在意識が仕掛けてきた罠のようなものです。

しかし顕在意識上では、

「こうしてどうすればいいかを考えることで、解決に近づくはずだ」

と感じますので、罠にはまって「どうすれば?」をこんこんと考え始めてしまう方も多いです。

そうして、

「望む現実に変えるためにはどうすればいいのか?」

を考えれば考えるほど、

「まだ問題は解決していない、まだ望むようにはなっていない」

という前提が強まるので、潜在意識がその前提を叶えようとしてどんどん問題は解決できなくなり、望むようにはならなくなり、事態は複雑化していきます。

 

 

そのように事態が複雑になって解決できないと、こう思いますよね、

「ほら、やっぱり私が思ったとおり事態は複雑だ。シンプルなどではない」

と。

こうして「物事はシンプルはなずがない」という観念が、きちんと現実化してしまいます。

 

 

潜在意識が、シンプルではない現実を作るのに必要だったのは?

 

そしてこれは、とてもシンプルであると言えます。

ここまで事態を複雑にするため、自分がやったこととはなにか?

必要だったこととは?

というと…、

「シンプルはなずがないと思うだけ」

たったこれだけですよね。

この一つのこと以外は、特になにもしていないはずです。

やっぱり、シンプルです。

 

 

「物事がシンプルであるはずがない」

この自身の観念に気づき、その観念から距離を取り手放していってください。

そうすれば潜在意識が事態を複雑にしようとするのをやめますので、もっとシンプルに解決へと向かっていけますよ(*´ω`*)

 

 

物事は、あなたが思っているよりもずっとシンプルです。

「シンプルであるはずがない」

という観念から距離を取り、手放していってください。

あとは潜在意識が、物事をシンプルに動かしてくれるようになっていきます。

 

 

 

「仕事がうまくいかない」と思っているあなたへ。

7月限定の無料動画についてです、詳しくは以下をどうぞ↓

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せのせいで、病気になることはあるのか?

薬

 

病気になるのは、私の引き寄せ方が悪いせい…?

 

昨日の記事で健康について書きましたので、今日も健康に関連した記事を書こうかなと思います。

ときどき、

「病気になるのは、私が自分で引き寄せてしまったからなのでしょうか?

でも、私は『病気になるぞ!』なんて思考はしていないのに、なぜ『病気になる現実』が引き寄せられてしまうのでしょう?

というご質問をいただきますので、このことについて詳しくお話してゆきます。

 

 

引き寄せの力によって、病気になることは実際にある

 

病気になるとき、引き寄せの力が関係していることは確かにあります。

病気になる…といっても病気にはいろいろとありますが…、そうだな、よくある「風邪」を例に出してみますね。

 

 

Aさんが、

「今日は寒いな、でもまぁ薄着でも大丈夫でしょ」

と思って薄着で過ごした結果、風邪を引いたとします。

一見、

「『薄着でも大丈夫だろう』と思考したのだから『薄着でも大丈夫な現実』が引き寄せられてこないとおかしいのでは?」

と思うかもしれませんね。

しかし、そもそもなぜAさんが薄着でも大丈夫だろうと思考したのか?というと、その思考の前に、

「自分の健康は守れなくてもいい」

という観念があるためです。

 

 

もしAさんに可愛いわが子がいたとしたら、

「アンタ、どうせ薄着でも大丈夫でしょ?そのままでいなさいよ」

とは言わずに、暖かいものを着せてあげたのではないかと思います。

「病気になると大変。私はこの子の健康を守りたい、守ろう」

というわが子を思う気持ちがそうさせるわけですが、自分にはそうはしなかったということは、自分に対してはそこまでの「健康を守ろう」と思う気持ちはない、ということ。

 

①自分の健康はそこまで守れなくてもいいわ~という観念があり

②その観念から「どうせ薄着しても大丈夫でしょ」という思考が生まれ

③実際に薄着で過ごすという行動を取り

④風邪を引いた(健康を守れなかった)

 

という感じで、最初の「別にそこまで健康を守れなくていい」という観念どおりに、「そこまで健康を守れない現実」を引き寄せています。

 

 

「観念」が、病気になる現実を引き寄せる

 

引き寄せでは「思考が現実になる」と言いますが、引き寄せで言う「思考」とは、

「顕在意識上の思考(どうせ薄着でも大丈夫)」

のことではなく、

「潜在意識下の観念(私は別に、自分の健康をそこまで守る気はない)」

のほうです。

上に書いたような場合は、病気になる際に引き寄せが関係している、と言えますね。

 

 

基本的に、

「本人の怠慢や不摂生がたたり病気になる場合」

には、その本人の「健康をそこまで大事にする気はない」という観念が、病気になる原因のひとつであると思います。

でもこれは逆に言うならば、「健康でいよう」という観念を持つようにすれば、自然と不摂生もしなくなり、健康を引き寄せられるということでもあります。

自分で引き寄せた病気なのであれば、自分で引き寄せないようにすることだって可能ですよ(*^^)v

 

 

病気になるとき、引き寄せが関係ないこともある

 

ただ、

「病気になるとき、100%引き寄せの力のみによってなる」

ということはなくて、引き寄せ以外のことが関係していることもありますし、引き寄せがまったく関係ない場合もあります。

 

 

病気になるときに、必ずしも本人の不摂生だけが原因とも限りませんよね。

生まれつき体が強いか弱いか、という差もあります。

わりと強く「健康なんて守れなくていいや」という観念を持っていたとしても、

もともと体がとても丈夫ならば病気になることは少ないでしょうし、

逆にどれほど自分をいたわろうという観念があっても、

生まれつき病弱で体にトラブルが起きやすい方もいます。

自分がどんなDNAを持って生まれてくるかは本人にも選べませんので、この部分は引き寄せとは関係のないことです。

 

 

とはいえ、生まれつきどこかに問題があったとしても、生まれたあとに改善していくことが可能な場合もたくさんあります。

「生まれつきなんだからどうしようもない」

と諦めず、「健康でいよう」という観念を持つようにしてくださいね(*´ω`*)

 

 

病気になるのが「100%引き寄せのせい」ということは、なかなかない

 

あと、たとえば、

「今日一緒に仕事した人が、実はインフルエンザにかかっていてうつされてしまった」

「古くなっている食べ物だと知らずに食べてしまい、食中毒になった」

というふうに病気になることだってありますよね。

これはもう引き寄せは全然関係がなく、残念ですが運が悪かった、というだけのお話です。

こうして「偶然に」病気になることも、いくらでも考えられます。

 

 

私としては病気になる際に、本人のDNAやその時の運が一切絡んでいない、なんてことはなかなかないのではと思いますので、

「病気になるときは、100%引き寄せの力のみによってである」

ということはなくて、

「もともと生まれ持ったDNAと、生まれたあとの自分の観念と、そのときの運が混ざり合って病気になる」

だと思います。

 


 

最後に、昨日ご紹介した動画をもう一度ご紹介いたします。

現在、長谷澄夫さんという方が無料動画を配信しております。

「人間の自然治癒能力を上げ、不調を治し、健康でいるためにはどうすればいいのか?」

という内容で、動画を見ると、

「風邪、花粉症、偏頭痛、便秘、下痢、生理痛、生理不順」
この7つの症状を自分で治す方法について書かれたPDFも無料でいただけます。

画像クリックで詳細に飛びます↓

 

肩こり・腰痛といった軽度の不調から、癌や心臓病などの重い病気まで治し、

「天才治療家」と呼ばれている方の動画ですので、体の不調を感じている方はご覧になってみてください。

特に不調がない方も、より健康になるためにぜひ参考になさってほしいなと思います。

体が健康になると、引き寄せもうまくなりますからね(*´ω`*)

「なんで体が健康になったからって、引き寄せがうまくなるの?」

と思った方は、以下の記事をどうぞ↓

現実を変えるには思考を変える、思考を変えるには肉体を変える

 

 

病気になる際、引き寄せの力が関係していることもありますが、引き寄せ以外の要因がからむことも多くあります。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せで、悪いイメージを現実化させないためには?

あじさい

 

悪いイメージが、悪いことを引き寄せてしまう…

 

今回は、

「悪いイメージをしてしまう」

という方へ向けてのお話です。

よく引き寄せでは、

「願いが叶ったときのことをイメージしましょう」

と言われますよね。

しかし、

「叶ったときのことをイメージしようとしても、つい叶わなかったときの悪いイメージをしてしまいます。

でも、悪いイメージをするとそれが潜在意識に伝わってしまって、本当に悪いことを引き寄せてしまうんですよね?

こういう場合にはどうすればいいのでしょうか?」

というご質問をよくいただきますので、どうすればいいのか?について詳しくお話していきます。

 

 

悪いことを引き寄せているのは「悪いイメージ」ではない

 

まず、

「悪いイメージをすると、悪いことを引き寄せてしまう」

こう思っている方はよくいらっしゃるのですが、これは誤解ですよ~。

引き寄せでは、悪いイメージが現実化することはありません。

同様に、良いイメージが現実化するということもありません。

 

 

こう言うと、

「ウォォォォそんなあほなーーー!

そんならなんでここまで盛んに『良いイメージをしましょう!』って言われてんねん!!」

と思うかもしれませんが、引き寄せって、

「良いイメージ(または悪いイメージ)を、潜在意識が叶える」

わけではなくて、

「良いイメージ(または悪いイメージ)に対しての観念を、潜在意識が叶える」

です。

 

 

悪いことを引き寄せるのは、イメージではなく「観念」

 

たとえばAさんが、叶ったときのすごく良いイメージをしたとします。

しかしそのイメージをしながら、

「こんなこと、どうせ実現するわけないよなあ…」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「ほう、いま思い描いているこのイメージ、実現するわけないと思ってるのかぁ。

ほんならその観念どおり、ちゃんとこのイメージが実現しないようにしてあげなきゃ

と働きますので、良いイメージをしているにも関わらず、良いことが引き寄せられてくることはなくなります。

 

 

ではBさんが、叶わなかったときのめちゃくちゃ悪いイメージをしたとします。

そしてそのイメージをしながら、

「この私にこんなことなんて起きるはずない、こんなの絶対ありえな~い」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「そうか、今しているイメージは起こらないと思っているのか。

それならちゃんとその観念どおり、このイメージは実現しないでおこう

となりますので、悪いイメージをしていても、悪いことが引き寄せられてくることはありません。

 

 

ではでは、あなたが何かしらの悪いイメージをし、そしてそのイメージをしながら、

「このイメージが現実化しちゃう…。潜在意識が悪いことを引き寄せてくるんだ…」

という観念を抱いたとしたらば、潜在意識は、

「ほう、俺がこのイメージを現実化すると思っているのか…。

じゃあその観念どおりにしてあげなきゃね、実現してあげよう!

と働きますので、悪いことが引き寄せられてきて、

「ほら!私の思ったとおり、悪いイメージをしたら悪いことが引き寄せられてきた!」

となります。

 

 

これは望まない形とはいえ、ちゃんと思考(観念)が現実になっています。

「私が悪いイメージをすれば、そのイメージは現実化するはずであるという観念」

が、潜在意識によって現実化されていますね。

 

 

「悪いイメージが悪い引き寄せをする」という観念が原因

 

このような感じで潜在意識は、

「悪いイメージそのもの」

を叶えようとしているわけではなくて、悪いイメージをした際の、

「このイメージが実現してしまうのだという観念」

を、叶えようとしています。

 

 

引き寄せの話って、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

くらいにしか説明していないことも多いのですが、この言葉は厳密に言うならば、

「良いイメージを(して、そのイメージに対し『このイメージは叶って当然だ』という観念を持ち、潜在意識がその観念を実現しようと)すると良い引き寄せが起きます」

ですね。

 

 

しかし、カッコ内の文章を抜かして単に、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

とだけ聞けば、

「そうか、潜在意識はイメージそのものを実現しようとしているのか」

「つまり悪いことをイメージすると、悪いことが実現しちゃうということだ…。

あわわ…それなのに悪いイメージをしちゃうよ、この場合はどうすればいいんだろう…」

と思ってしまうのも無理はないかな、と思います。

 

 

悪いイメージをしても、悪い引き寄せは起きない

 

「悪い引き寄せが起きちゃうから、悪いイメージはしちゃいけない…。

しちゃいけないのに、それでもしてしまう私はダメなんだ…」

と自分を責めてしまう方は多いです。

もしあなたがいまその状態ならば、次回は自分を責めるのではなく、以下のことを試してみてください。

 

 

悪いイメージをしてしまったら、無理をしてそのイメージを打ち消そうとせずそのままイメージします。

そして、ひととおりイメージし終わったらこのように言ってください。

 

 

 

 

「はい、いまのイメージは実現しません」

 

 

 

と。

力強くそう断言してください。

悪いイメージが浮かぶたびに、何度でも繰り返しはっきりと断言してください。

そうすると潜在意識は、

「そうか、このイメージが実現しないと思ってるなら、そのとおり実現しないようにしようっと

となりますので、悪い引き寄せが起きることはありませんよ(*^^)v

 

 

潜在意識は「悪いイメージそのもの」を実現しようとしているのではなく、

「悪いイメージをしている際のあなたの観念」

を実現しようとしています。

悪いイメージをしようともそれに対し、

「これは実現しない」

という観念を持っているのであれば、問題ありません。

 

 

「仕事がうまくいかない」と思っているあなたへ。

7月限定の無料動画についてです、詳しくは以下をどうぞ↓

 

 

関連記事です、よければこちらも読んでみてください↓

引き寄せでは、イメージをリアルにできなくても願いは叶うの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せ実践中に、辛いことがあったときは?

ひまわり

 

引き寄せをやっているのに、なぜ辛いことが…?

 

今回は、

「引き寄せをやっていて、辛いことがあったとき」

についてです。

頂くご質問の中で、

「引き寄せをやっていると、良いことが起きるようになるはずですよね?

それなのにこんな辛いことが起きたのですが、なぜでしょうか?」

というものが多いので、この記事では、

 

①引き寄せ実践中に起きた辛いことが「偶発的なもの」だった場合

②引き寄せ実践中に起きた辛いことが「継続的なもの」だった場合

 

の二点について、詳しくお話していきます。

 

 

引き寄せ中に「偶発的に」辛いことが起きたとき

 

ではまず、

「①引き寄せ実践中に起きた辛いことが『偶発的なもの』だった場合」

についてです。

偶発的なものとはつまり、

「自分の思考の力とは関係なく、そのときたまたま偶然に起きたこと」

ですね。

ズバリ言いますが、

 

 

 

 

 

こりゃさすがにどうしようもない、諦めてください。

 

 

 

 

 

「えっ、そ、そ、そんな…!?」

と思うかもしれませんが、ううーむ、しかしさすがにこればっかりは…残念ながらどうしようもないです~…(;´・ω・)

 

 

引き寄せでは「偶然の辛いこと」は防げない

 

引き寄せに「万能」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

「自分の思考の力で、望む現実に変えられる」

というのが引き寄せの法則ですけれども、これって裏を返せば、

「自分の思考の力が及ばない場合には、望む現実に変えられない」

という法則だとも言えます。

 

 

「他人」に関しては自分の思考の力が及ばないため、よく引き寄せでは、

「他人のコントロールはできない」

と言われていますよね。

そして他人のコントロールはできないのと同様、

「確率のコントロールもできない」

です。

そのため、

「他人が偶然に、〇〇してきて辛い目に遭った」

といった場合には、引き寄せの力ではどうすることもできなくなります。

 

 

どれほど引き寄せが上手な人であろうとも、

「たまたま、嫌な人に会って絡まれて辛い目に遭った」

「偶然、運転を誤った車がこっちにやってきて事故に遭ってしまった」

というように、偶発的に辛い目に遭ってしまうことまでは避けられません。

がっかりしてしまうかもしれないけれど、一切合切に引き寄せの力(自分の思考の力)が働くわけではない以上、

「一切合切の辛いことがなくなる」

ということは、残念ながらないと思ってください。

 

 

いただいたご質問を拝見していると、「辛い目に遭った」というその内容が、上に書いたように偶発的なものの場合も多いです。

このような場合には、

「なぜ、引き寄せを実践してるのにこんな辛い目に遭うのかな?」

「どうすれば、これからはこんな辛い目に遭わずにすむのだろうか?」

と考えるよりは、そもそもの、

「引き寄せを実践していれば、『偶発的な辛い目』にさえも遭わなくなるはずである」

という観念のほうを、思い切って捨ててしまったほうがよいのではないかな、と思います。

 

 

引き寄せ中「継続的に」辛いことが起きているとき

 

次に

「②引き寄せ実践中に起きた辛いことが『継続的なもの』だった場合」

です。

たまたま起こった一回こっきりの出来事ではなく、たとえば、

「なぜか引き寄せを実践しはじめたら、前々から付き合いがあったAさんとの仲が悪くなってしまって辛い」

とか、

「なぜか引き寄せを実践しはじめたら、お金が入ってくるどころか出ていくようになって辛い」

など、辛いと感じることが継続する場合です。

 

 

これは一見悪いことが起きているかのように思えますが、潜在意識が事態の好転のために必要とみなし、そうなっている可能性が高いです。

もうしばらくすると、

「あのときは辛いなと思ったけど、結果的にこんなふうに良いことにつながるなんて!」

となると思います(*´ω`*)

 

 

この場合、

「辛いんですが…でも辛いなんて思うと、その思考がもっと辛いことを引き寄せてしまい、良いことにはつながらなくなってしまうんですよね?

でも、どうしても辛いと思ってしまって…どうしましょう…」

というふうに不安になる方が多いようなのですが、いえいえ、辛いなら辛いと思っていいですよ~。

「辛いと思っちゃいけない」って、辛いと思うよりももっと辛くないですか?(;´・ω・)

 

 

この点は誤解なさっている方も多いのですが、

『辛いと思う気持ち』が、より辛いことを引き寄せる」

わけではなくて、

『辛いと思う気持ちが、より辛いことを引き寄せるはずであるという観念』が、より辛いことを引き寄せる」

です。

なので、

「私がどれほどまでに辛いと感じようが、より辛いことなど引き寄せられてくるはずがない」

という観念を持っていれば、より辛いことが引き寄せられてくるということはありません。

どうせ結局はうまくいくと決まっているのですから、安心して辛いと感じてほしいと思います。

 

 

安心と期待とともに、辛いと感じる

 

「え、ちょっと…『安心して辛いと感じろ』ってなんやねん!」

って思われそうなのですが、えーと…たとえるなら、

「ハッピーエンドだとわかっている映画の途中で、泣くときのような感じ」

です。

途中で辛いシーンがあったとき「辛いと思っちゃいけない」なんてことはなくて、泣いていいですよね。

けれど、辛いよーと泣いているときでも心の底では、

「まぁ、どうせハッピーに終わるって知ってるけど」

という安心感や、

「はて、ここからどう幸せな結末につながるのかしら?」

という期待感がありますよね。

 

 

そんな感じで、

「引き寄せの実践中に辛いと思っちゃいけない」

なんてことはないので、泣いたり落ち込んだりしてももちろんOKなのですが、

「ま、でもどうせうまくいくんだけどね~。

はてさて、ここからどう良い方向につながるのかしら?」

という、安心感と期待感を持っていてほしいなと思います(*´ω`*)

 

 

昨日の記事についてのお知らせ

 

最後にお知らせです。

昨日の記事で木多さんという方のPDFをご紹介し、

「私の作ったPDFもつけます」

と書いたのですが、

「岡野さんのPDFはどういう手続きをすればもらえるのですか?」

というお問い合わせを何件かいただきました。

手続きは必要ありません、木多さんのPDFとセットでダウンロードできるようにしてあります。

最初にこの説明を入れればよかったですね、わかりにくくて申し訳ありませんでした(;´・ω・)

昨日の記事↓

潜在意識を書き換えるワークで、自信を手に入れて

 

 

引き寄せ実践中に辛いことが起きたとき、

①それが偶発的なものである場合には避けられない

②継続的なものである場合、のちに望む現実へとつながる最中である

 

 

中には、

「いや、辛いのに安心しろとか…無理そう…。辛いもんは辛いやん…」

と感じた方もいるかと思います。

このような場合には、

「実は、そもそも辛いことや悪いことは起きていない」

というふうに考えることもできます。

詳しくは以下の記事をどうぞ↓

辛いことや悪いことは、本当は起きていない?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識を書き換えるワークで、自信を手に入れて

風船

 

潜在意識をより良く書き換えるには、どうすればいい?

 

今回は、「自分に自信を持ちたい」と思っている方へ向けてのお話です。

潜在意識の話だと、

「自分にはできると信じなさい」

「潜在意識を書き換えることが大切です」

とよく言われますよね。

けれど、

「私にはそんなふうに、自分に自信なんて持てない」

「書き換え、書き換えって言うけど…その書き換えってどうやればできるんだよ…」

と思っている方もいるのではないでしょうか?

先日、

「このワークをすれば簡単に自信をつけていくことができて、潜在意識の状態をより良く書き換えられそうだな」

と思うワークを見つけましたので、ご紹介します。

 

 

誰でもできる、自分に自信がついていくワーク

 

ご紹介したいのは木多崇将さんという方が制作した、

「精神的な弱さを改善する方法」

というPDFです。

PDFデータで読むのではなく、冊子を自宅まで送ってもらって読むこともできます。

主に、

 

〇すぐに緊張してしまい人前で話すことができない(あがり症)

〇自分に自信を持つことができない

〇物事に対してのやる気が出ない、いったん出ても続かない

 

この3つについて詳しく解説し、改善していくための簡単なワークも用意されています。

(とはいえ、「あがり症か否か」というのはあまり関係ない内容だった気がします。理由は後述します)

 

 

「潜在意識」という言葉が出ないからこそわかりやすい

 

このPDF内には「潜在意識」とか「引き寄せ」といった言葉は出てきません。

ただ、そういった言葉そのものは出てこないとはいえ、潜在意識のことについていろいろと書かれています。

ワークも、

「潜在意識の書き換えワークです!!」

とは書かれてないため、一見そうだと思わない方も多いかもしれませんが、ちゃんと潜在意識の状態を書き換えていくのに効果的なワークです。

 

 

中には、

「なーんだ、潜在意識って言葉は出てこないのか…」

とがっかりした方もいるかもしれませんが、私はむしろそういう言葉が出てこないのがこのPDFの良いところだと感じました。

なぜかというと…だってね、なんか…潜在意識の話って無駄に難しい表現が多いと思いませんか…?(;^ω^)

「既にある」

「叶った世界に行く」

「他人はいない」

とか、どういう意味やねんというような言葉が多いので、そういうことについて普段話している私が言うのもなんなのですが、

「もっと普通の言葉を使って説明すればわかりやすいのに…」

と思うことが時々あります。

 

 

で、このPDFだとまさに「もっと普通の言葉を使って説明」がなされているので、これまで潜在意識の話を読んでいて、

「理解できない、結局私は自分を変えるために、何をどうすればいいんだよ…」

と思っていた方も、これならば理解できると思います。

 

 

潜在意識の書き換えに必要なのは、「3人の自分」の統合

 

PDF内で特にみなさんに注目してほしいと感じたのは、

「自分の中には、3人の自分がいる」

というお話です。

 

 

人間には大きく分けて3つの意識があり、うまくいかない原因は、この3つの意識(3人の自分)がバラバラなままでうまくやろうとしているから。

「〇〇になりたい、達成したい!」

と1つの意識が思っていても、もう1つの意識は、

「でも私は□□がいい」

と思っているし、あとのもう1つは、

「私は△△がいい!」

と思っているし…。

3人が、てんで別々の方向へと引っ張り合っているような状態です。

この状態を改善しないままに〇〇を目指しているので、なかなか達成できない…となってしまうのですが、PDFでは、

「バラバラになっている3人を統合するワーク」

について書かれています。

 

 

3人を統合させれば、無理をしなくても自然にやる気が出ますし、行動的にもなります。

「私にもできるんだ」

という自信がついてきて、潜在意識の状態をより良く書き換えられるはず。

他にもワークはあるのですが、私が一番良いと思ったのはこの「3人の統合」ワークでした。

 

 

ワークの内容は、あがり症か否かとは無関係

 

ただ少しだけ謎なのは、このワークを「あがり症を克服するためだ」と書いてあることかな…?

「3人の統合ワーク」というのは、いま私が勝手にそう名付けて言っているだけで、PDFでは「あがり症克服ワーク」となっています。

もちろん、このワークはあがり症克服のためにも使えるとは思うのですが、

どう考えてもあがり症以外にも使えるワークなのに、なぜあがり症のみに限定したのだ…?

せっかく誰にでも使えるワークなのだから、『誰にでも使える!』って書けば、もっと多くの方が実践するかもしれないのにな~…」

と、少しもったいないような気がしました(;´・ω・)

ワークに限らず「あがり症克服の章」で書かれていることは、

「これって全部、別の場合にも言えることばかりだよね?」

というものだったため、冒頭で「あがり症か否かは関係ないように思った」と書きました。

 

 

人がうまくいかないときというのはどのようなときであっても、

「3人の自分がバラバラになっているとき」

です。

あなたがいま何かに対して「うまくいかない」と感じているのなら、それがあがり症と関係のないことでも、3人が別々になってしまっているはず。

「あがり症克服ワーク(3人を統合させるワーク)」

は別のどんな場合であっても使えるワークなので、

「私、あがり症じゃないから関係ないわ」

と思わず、何かがうまくいかないと思っている方ならば、どなたでも試してみてほしいと思います。

 

 

PDFの内容はとてもわかりやすくシンプルですが、シンプルでありながらも、盲点になっていて気づいていない方が多いようなことについて書いてあったりするので、新しい発見があると思います。

お話の内容もワークの内容も、

「難しくて理解できない・実践できないなどということは、まず考えられない」

と感じるものでしたし、

「もし難しいことが書かれてたら…」

「実践できなくて挫折しちゃうかも…」

と不安に思っている方は、どうぞ安心してください(*´ω`*)

 

 

ワークをちゃんとやるなら、効果が出るまでは早い

 

木多さん曰く、内容を読んでワークを実践していけば、

 

〇あがり症は16週間で改善

〇自信は180日でつく

〇やる気は30日で出る

 

…とのことなのですが、個人的には、

「そんなにも長期間かかるかなぁ…?」

という印象です。

よっぽどダラダラダラダラ、やったりやらなかったり…という感じで実践しているならそこまで時間がかかってしまうのかもしれませんが…。

ちゃんと取り組むのであればもっと早く効果が出るはずですので、こんなに長い期間は必要ないと思ってよいと思います。

 

 

特典として、私からもワークを2つ

 

あと、読んでみたときに、

「良い内容だけど、ここにもう少しこういう説明を加えると、もっとわかりやすくなって良いんじゃないかな?」

「ここはもっとこうすれば、さらに結果が出るのが早くなるかも!」

と思う部分がいくつかありましたので、その点について私が解説・補足のPDFを作りました。

 

〇ネガティブな気持ちを早く解消するワーク

〇私流に少しアレンジを加えた「3人の自分の統合ワーク」

 

をはじめ、他にもいろいろと解説してありますので、木多さんのPDFに加え、私が作ったPDFも役立てていただければと思います。

 

 

内容にわからない点があった場合、木多さんにメールをすれば相談に乗ってくださいますが、

「木多さんだけじゃなくて、岡野さんの意見も聞きたい」

という場合には、遠慮なく私にもメールを送ってくださいね。

「精神的な弱さを改善する方法」について、詳しくは画像をクリックしてください↓

 

※上の画像をクリックして木多さんのPDFを購入すると、木多さんのPDFとセットになって私の特典PDFもついてきます。

画像クリックをせずに購入した場合には、私の特典PDFはつきませんのでご注意ください。

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ