「認識」のみが、願望実現を左右する

クロッカス

 

認識こそが、願望実現のために大切なもの

 

今回は、

「願望実現のために、もっとも大切なことは何か?」

についてです。

最初に結論を言ってしまうと、願望実現にもっとも大切なものは「認識」です。

これは引き寄せでは基本中の基本、と言えることかと思いますが、

基本点というのはつい忘れがちになりますので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

願望実現の決め手は、思考でも感情でもなく、認識

 

引き寄せでは、「思考」や「感情」が現実になると言われることもありますが、実際に現実になっているのは、

「潜在意識下にある認識」

です。

もともと人間の脳は、認識にもとづいて動くようにできています。

認識にそった言動や行動しかしないため、認識どおりの現実になります。

 

 

あなたが「願望実現できない」という認識を持っていれば、

願望実現できないような言動や行動しかしないため、願望実現しない。

あなたが「願望実現できる」という認識を持っていれば、

願望実現できるような言動や行動しかしないため、願望実現する。

仮にいまの認識が「できない」であろうとも、「できる」に変えてしまえば願望実現できるようになるので、認識を変えましょう。

というのが、引き寄せの法則です。

やることはただひとつ、「認識を変えること」のみ。

このたった一つのみです、非常にシンプルです。

 

 

では願望実現のため、認識を変える方法とは?

 

では、認識を変えるためにはどうすればいいのか?

というと、潜在意識のメソッドをやってみるのが良いと思います。

代表的なのはアファメーションかな?と思いますが、その他にもなる式や自己観察などなど、さまざまな潜在意識メソッドがあります。

これらすべて、認識を変えるための方法です。

どれかお好みのものを選んで、行ってみてください。

 

 

認識ではないところに意識がいって、願望実現できない

 

…という、わりとシンプルなお話なのですが、なかなか願望実現できない方もいます。

願望実現できない方によくある勘違いが、

「潜在意識のことを、自分ではない何かだと思っている」

というものです。

よく、

「潜在意識が〇〇してくれる」

という例えが使われますので、

「潜在意識と自分は違うもの。

自分ではないものが、自分のために願望実現してくれるのだな」

という錯覚に陥りやすいのかもしれませんが、潜在意識とは自分自身のことです。

 

 

自分とは別のものだ、という意識が強い方は、

「○○すると、潜在意識が願望実現してくれなくなっちゃうのかな?」

「○○と◇◇なら、どっちをしたほうが願望実現してもらいやすいのかな?」

というような疑問を抱くことが多いように感じます。

「自分の代わりに願望実現してくれるもののご機嫌を損ねて、実現してもらえなくなってしまっては大変だ」

と思うため、「認識を変えること」よりも「潜在意識に気に入られること」に意識がいってしまう。

そのため、このような疑問につながるのではないか?と思います。

 

 

「潜在意識は自分」という認識を持つと、願望実現しやすい

 

しかし実際には、潜在意識とは自分以外の何かではなく、自分自身のことでしたよね。

「私が○○すると、私は潜在意識に願望実現してもらえなくなっちゃうの?」

というのは、

「私が○○すると、私は私に願望実現してもらえなくなっちゃうの?」

と疑問に思っているのと同じことです。

例えるならば、

「私がご飯を食べると、私は私にパンを食べさせてもらえなくなっちゃうの?」

というような感じで、なんだかおかしな疑問です。

ご飯を食べても食べなくても、パンが食べたいなら食べればいいですよね。

同様に、○○してもしなくても、願望実現したいならすればいいです。

「○○をしてもしなくても、願望実現する」

という認識を持てば、その認識が現実となりますよ、というのが引き寄せです。

 

 

引き寄せは、認識がすべての決め手です。

自分の認識に注目なさってくださいね(*´ω`)

 

 

願望実現に必要なのは「認識を変えること」のみ。

それ以外のことにとらわれないように、気をつけて。

 

 

今回の記事では、

「潜在意識と自分を別物と思っている」

というお話をしましたが、他によくある勘違いとして、

「潜在意識メソッドを、現実を変えるためのものだと思っている」

というものもあります。

それについては、以下の記事をどうぞ↓

現実が変わる人と変わらない人の、決定的な違い

 

 

また、引き寄せを実践している方の中には、

「自分や家族の体の不調を治したい」

という方もいらっしゃいます。

そのような方に、ぜひ見ていただきたい動画があります。

動画についての説明記事へは、以下からどうぞ↓

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

ネガティブは、潜在意識からの大切なサイン

方位磁石

 

潜在意識の力を使いたいなら、ネガティブになってはいけない?

 

今回は、「ネガティブ」についてのお話です。

潜在意識のお話ではよく、ポジティブでいましょうと言われます。

そのため、

「うわ、私いまネガティブになっちゃった、どうしよ…あわわ」

と焦ってしまう方も多くいます。

けれど、そうして慌てる必要はないんだよ~、ということについて詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識の話では「一切ネガティブになるな」とは言っていない

 

まず「ポジティブでいましょう」ということ自体は、その通りではあると思います。

ポジティブでいれば、潜在意識はポジティブな現実を作り、

ネガティブでいれば、潜在意識はネガティブな現実を作る。

のであれば、そりゃあネガティブでいるよりはポジティブでいたほうがいいですよね。

 

 

とはいえこれを聞いて、

「いついかなるときにもポジティブでいなくてはならぬのだ!

…なのにネガティブになっちゃった、あわわ」

とまで思う必要はありません。

それってなんだか、

「魚を食べないより食べるほうが、健康にいいですよ」

と聞いて、

「いついかなるときにも魚しか食べてはならぬのだ!

…なのにお肉が食べたいと思っちゃった、あわわ」

くらいに極端かと思います。

「魚を食べましょう」というのと、「魚以外を食べてはいけません」というのは違いますよね。

別にお肉を食べたっていいんです、お肉だって大事です。

同様に、「ポジティブでいましょう」というのと、「ポジティブ以外を感じてはいけません」というのは違います。

別にネガティブを感じたっていいんです、ネガティブだって大事です。

 

 

ネガティブは、潜在意識からの「そっちじゃない」という知らせ

 

「なぜ、ネガティブだって大事なのか?」

というと、望まない方向に行ってしまうことを防ぐための、重要なサインだからです。

 

 

当たり前のことですが、人は自分の望んだとおりになっているときにはポジティブな気持ちになりますし、望んだとおりでなければ、ネガティブな気持ちになります。

つまり、ネガティブになるかならないかで、自分がいま望んでいる状態にあるのかないのかがわかりますよね。

顕在意識上で良かれと思ってやっていることでも、それをやっていてなんだかネガティブになる…というような場合、あなたは潜在意識下では、

「これは望んでいることとは違う、これをやっても望んだ方向には行けない」

とわかっているので、そうなっています。

 

 

では、そうしてネガティブになったときに、

「ネガティブはダメ!!ポジティブ、ポジティブ!!」

とネガティブを抑え込んで感じないようにするとは、どういうことでしょうか?

せっかく潜在意識から、「こっちは望むほうじゃないよ~」とお知らせが来ているのに、そのお知らせを無視する、ということですね。

そのまま望まない方向へと進んでしまうことになりますので、かえってうまくいかなくなってしまうこともよくあります。

 

 

潜在意識がネガティブにしてくれるおかげで、良い方向に行ける

 

ネガティブになったときには、

「ネガティブになっちゃった、これじゃあ潜在意識がいい現実を作ってくれない!ポジティブポジティブ!!」

ではなくて、

「あ、ちゃんと潜在意識がお知らせをくれた。

よかった、ネガティブになったおかげで良いほうへと方向転換できる」

ととらえてみてください。

そしてちゃんと、

「では、私はなぜいま、ネガティブな気分なのだろう?

何がどうなれば、よりポジティブな気分になれる(望む方向に行ける)のだろう?」

と考えてみてください。

 

 

ネガティブになったときに、ただただ「ウキウキ☆ハッピー!!」と思い込もうとしても、それではネガティブから抜け出したとは言えません。

火災の警報機が鳴っているのに、「ここは安全、安全!」と思い込もうとするようなもので、それでは危険な状態から抜け出したことにはなりませんよね。

そうして危険な状態(ネガティブな状態)にとどまるせいで、潜在意識が嫌な現実を作るのであり、

すぐに警報機(ネガティブな気分)に反応し、安全なほう(気分が良くなるほう)へと向かえば大丈夫です。

自身がネガティブになったということをちゃんと受け止め、

「思い込もうとするのではなく、実際に『ウキウキ☆ハッピー!』という気分になるためには、私はどうすればいいのか?」

ということを、ちゃんと考えてみてくださいね(*´ω`)

 

 

ネガティブを無視するのは、潜在意識からの、

「そちらは望む方向ではない」

というアラームを無視するようなもの。

アラームが鳴ったらなら(ネガティブになったなら)ちゃんとそのアラームに耳を傾けてください。

 

 

今日の記事との関連記事です↓

ポジティブなほう・ワクワクするほうを選んでも、うまくいかないのはなぜ?

 

 

また、引き寄せを実践している方の中には、

「自分や家族の体の不調を治したい」

という方もいらっしゃいます。

そのような方に、ぜひ見ていただきたい動画があります。

動画についての説明記事へは、以下からどうぞ↓

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は、本来の自分に戻るほど目覚めだす

手

 

潜在意識をうまく使うためには、何を得ればいい?

 

今回は、

「上手に潜在意識を使えないけど、何が足りないんだろう…」

「まだ知識不足だからいけないのかな?でも、もっと何を知ればいいんだろう?」

と思っている方へ向けてのお話です。

「こういうふうに考えれば、うまくいきやすいんじゃないかな?」

と私が思うことについて、詳しくお話していきます(*´ω`*)

 

 

潜在意識の中の不要な認識を捨て、本来の自分に戻る

 

私は、

「いまの自分が持っていないものを得て、別の自分になる」

という感覚よりも、

「いまの自分が持っているものを捨て、本来の自分に戻る」

という感覚でいたほうが、よりうまくいきやすいのではないか、と思います。

 

 

「本来の姿に戻る?…本来の姿、とはなんぞや?」

と思った方は、「赤子の姿」だと思ってください。

人の潜在意識は、生まれたときにはまっさらの状態です。

そのまっさらな状態から成長していくにつれ、

「赤信号では止まる」

「人には挨拶する」

「お金は大事」

「どうせ私はダメな人間」

「成功なんて、一部の特殊な人間しかできない」

…などなどの、膨大な数の認識を身に着けていきます。

日常でよく使う認識ほど、潜在意識下に深く刷り込まれ、しっかりその認識を持って生活するようになります。

 

 

そして、みなさんはいま、この生まれたあとに持った認識(私はダメな人間etc.)に苦しんでいるのですよね。

つまり、「持っている」から辛いのであって「足りていない」から辛いわけではありません。

足りないことに困っているのであれば、持つ必要があるとは思いますが、

持っていることに困っているのであれば、持つのではなく「捨てる」必要があります。

持つのではなく、捨てるほうに意識を向けてください。

 

 

潜在意識の中に、「得るのは良きこと」という認識がある

 

みなさんの意識が「得る」ことのほうに向きがちになるのは、

「得るのは良いこと、捨てるのは悪いこと」

といった認識が、潜在意識下にあるためだと思います。

「栄光をつかみ取る」

「名誉を手に入れる」

など、「得る」ことについては華々しく語られる反面、「捨てる」ことについては、

「捨てるなんてもったいない!ダメ!」

というふうに、否定的に言われることが多かったのではないでしょうか。

こういったことを幼いころから繰り返しているうちに、

「得るほうが大事」と潜在意識下に刷り込まれてしまったのだと思います。

 

 

この「得るほうが大事」という認識を持ったままでいるために、

楽になるほう(捨てるほう)とは真逆の方向(得るほう)へと向かってしまうのですから、

その認識を疑い、捨てるように心がけてみてください。

「得るのが大事なんて、本当か?」

「実はこれはいらないのでは?あれもいらないのでは?」

という意識で日常を過ごしていると、これまでよりもずっと、

「自分が潜在意識下に、どんな不要な認識を持っているのか?」

ということに気づきやすく、捨てやすくなります。

 

 

自分を苦しめている認識を捨てたとき、

「あぁ、本来の自分に戻ることができた」

と楽になれると同時に、

「これから先、どんな認識を持つかは自分で選べる」

ということもわかると思います。

そうしたら新たに、自分の好きな認識を持ってください。

潜在意識は、その新しい認識のとおりの現実を作りはじめます。

 

 

潜在意識のすべての認識を捨て、完璧に本来の自分に戻る?

 

あ、あと「本来の自分に戻る」と言うと、中には、

「よーーーし、完全に本来の自分に戻るんだー!」

ととても頑張っちゃう方もいますが、そこまで目指す必要はないと思います。

「完全に本来の自分に戻る」

というのは、

「潜在意識下にある一切の認識を捨て、生まれたての赤子の状態に戻る」

ということですが、赤子の状態になってしまっては生活できなくなりますよね(;^ω^)

あなたがいま潜在意識下に持っている認識の中には、持ったままでいたほうが役に立つ認識もあります。

たとえば、

「赤信号では止まる」

「人と会ったら挨拶をする」

などの認識は、あったほうがいいですよね。

捨てるのは、持っていて自分が困ってしまう認識だけでいいですし、

「戻りたいぶんだけ、本来の自分に戻る」

といった程度に考えればいいかな、と思います(*´ω`*)

 

 

「いまの自分に持っていないものを得て、別の自分になる」

ではなく、

「いまの自分が持っているものを捨て、本来の自分に戻る」

という感覚のほうが、潜在意識下の不要な認識に気づきやすく、捨てやすくなります。

 

 

今回の記事では「認識」という言葉がよく出てきました。

他にも認識について書いた記事がありますので、よければ読んでみてください↓

「既にある認識」って、つまり何のこと?

 

 

また、引き寄せを実践している方の中には、

「自分や家族の体の不調を治したい」

という方もいらっしゃいます。

そのような方に、ぜひ見ていただきたい動画があります。

動画についての説明記事へは、以下からどうぞ↓

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

 

60秒で、すべてを癒す

手

 

治癒力は、コントロールできる

 

今回は、無料動画のご紹介です。

画像クリックで詳細へと移動します↓

 

日々いろいろな方からメールをいただきますが、中には、

「自分(または家族や友人など)の体の不調を治したい」

というお声もあります。

そのような方に、ぜひ見ていただきたい動画です。

 

 

簡単に、動画の内容をご説明しますね。

まず、講師は豊田竜大(とよだりょうた)さんという方です。

 

↑本を書いていらっしゃいますし、雑誌掲載やテレビ出演などもなさっている方なので、

「あ、知ってる!」と思った方もいるかもしれませんね(*´ω`)

こちらの豊田さん曰く、

 

「60秒ですべての症状を改善できる、素人でもできるようになる」

と。

失礼ながら、初めにこれを聞いたときには、

「いや、さすがにそれは、いくらなんでも無理では…」

と思う気持ちがまず出てきたのですが、よくよく動画を見てみて、とても興味深いと感じました。

なぜそんな短時間で治せるのかというと…。

まず、人間には治癒力がありますよね。

ここでいう治癒力というのは、

「宇宙と繋がることで得られる、神秘の治癒のパワー!」

とかそういう不可思議な力のことではなくて、

「切り傷ができても自然と治る」

「風邪を引いても自然と治る」

みたいな、ごくごく普通の治癒力のことです。

こうして傷や病気を治そうとする力は、もともと誰でも持っていますよね。

で、この治癒力なのですが、

 

持っていきたいところに持っていける、と。

腰が悪いなら腰に、心臓が悪いなら心臓に、骨が悪いなら骨に…というふうに、

治したい箇所に治癒力を集中させることができるため、

治癒力が分散している状態に比べると、ぐんと治るのが早くなる(わずか1分!)とのこと。

こう聞くと当然、

「持っていきたいところに治癒力を持っていく方法って、どんなのよ?」

と思うと思いますが、それがどんなものなのかを教えているのが、今回の動画です。

前述したように、

「宇宙のパワーと繋がって治癒力を使う」

とかではなくて、

「医学的に、ここをこうすればこうなる」

という論理的、物理的な方法ですので、その論理さえ学んでしまえば誰にでもできることです。

しかも、

 

あれやこれやとたくさんのことを習得する必要はなく、やることはひとつのみしかない。

なので「素人でも、60秒で治せる」なんですね。

どんな方法なのか知りたいという方は、ぜひ動画をご覧になってみてください(*^-^*)

 

 

動画には「腕があまり上がらない」という男性が二人出てきます。

私は単純に、

「腕が上がらないなら、肩こりが原因?それとも肩の関節が悪いとかかな?」

と思ったんですが、

 

肺と、膝上の骨( ゚д゚)

 

え、じゃあ肩まわりをなんとかしようとしたって、全くの見当違いってことですね…。

「ずっと改善されない症状があって、困っている」

というときは、全然違うところに潜んでいる原因を見逃してしまっているのかもしれません。

自分や家族がそうして、なかなか治らない症状に困っている…という場合はもちろんのこと、

「治療院をやっていて、もっと多くの人を治したい、役に立ちたいと思っている」

など、治療する側の立場に立っている方の参考にもなるのではと思います。

 

 

あと、なにか疑問があれば、動画の下にあるコメント欄に書き込んでみてください。

豊田さんが一人一人に、直接お返事をくださいますよ(*´ω`*)

 

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識の話の「未来を決める」ができないんですけど…?

花

 

未来を決めると、潜在意識が実現する

 

今回は「未来を決める」についてです。

よく潜在意識のお話では、

「私はこうなるのだ、と未来を決めてしまいましょう」

「そうすると、潜在意識がその未来を実現しようとします」

と言われます。

これを聞いて、

「いや…でも、私はその『未来を決める』というのができないんだよ…。

どうすればできるようになるの?」

とか、

「先に未来を決めるなんて、なんだか変なの。

普通は現在があって、そのあとに未来じゃないの?」

と思う方へ向けて、詳しくお話していきます。

 

 

「未来を決める」ができない人はいない

 

まず、

「どうすれば、未来を決めることができるようになるの?」

という疑問についてですが、今もうすでにできているはずです。

仮に本当に、あなたが未来を決めることができない人間だとしたならば、

あなたには「予定を入れる」という行為ができないはずですが、そんなことはありませんよね。

「明日は7時に起きよう」

「週末に映画に行こう」

「来月は旅行に行こう」

これらすべて、未来のことについて「こうする」と決めていますし、

こうして先の予定を入れることができているのであれば、

あなたは未来を決めることができている、ということです。

 

 

あなたの潜在意識は、勝手に働いてくれている

 

ではあなたが、

「週末はデートだー!

よーし、デートのために今から、可愛い服を買いに行こうっと♪」

と洋服を買いに出かけたとします。

これは、

「決めた未来(デートをする)から逆算して、現在で取る行動(デート用の服を買う)を決めた」

ということですので、順序としては未来が先、現在が後ですね。

「普通は現在が先で、未来は後じゃないの?」

という方も、実は日常生活でごくごく自然に、未来を先に、現在を後にして考え行動しています。

 

 

もちろん行動しているときに、

「私は今ッ!!未来を先に決め、そこから逆算した行動を現在で取っているのだァッ!!」

とか意識したりはしないと思います。

自然に、無意識にやっていることですよね。

それはつまり、あなたの潜在意識が勝手にやっているということです。

 

 

いつもどおりに未来を決める、いつもどおりに潜在意識を使う

 

…という感じで、

「先に未来を決める。未来が先で現在は後なんだ」

ということを、人はごくごく自然に理解し、すでに実行しているはずです。

願いを叶えるときでも、いつもと要領は全く同じです。

先に「こうなる」と未来を決め、その未来から逆算して、現在何をするかを決める。

そのときに「やるぞォォオ!!」と意識せずとも、無意識(潜在意識)のほうが勝手にやる。

ただそれだけのこと、誰でもできるはずのことです。

 

 

誰にでもできるはずのことができなくなるのは、

「デートをするのと願いを叶えるということが、同じ要領なはずがない」

「願いを叶えるには、何か特別なことをしなければならないはずだ」

という思い込みがあるためだと思います。

あまりにも「願いを叶える」ということを、特別視してしまっているんですね。

ただいつもどおりにやればいいだけなのに、「何か特別なことをしなければいけない」と強く身構えて、

いつもどおりにやらなくなってしまうために、叶わなくなります。

 

 

「特別なことをできるようになる」

ことが大切なのではなくて、

「特別なことなどする必要はないと気づく」

ことが、大切ですよ(*´ω`*)

 

 

「先に未来を決める」ができない人はいません。

願いを叶えるということを特別視せず、いつもと同じ要領だと思ってください。

 

 

関連記事です↓

決めると言うけれど、決められたかどうかはどうすればわかるの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

「既にある」の現象化まで、どのくらいかかるの?

クロッカス

 

既にあると信じれば、現象化すると言われるが…?

 

今回は「既にあるの現象化」についてです。

引き寄せでは、

「あなたの望むものは既にある」

「既にあるのだと信じていると、いずれそれ(望むもの)が現象化して現実に現われてくる」

と言われます。

こう言われると気になるのは、

「既にある『望むもの』が現象化してくるまでは、どのくらいかかるの?」

「現象化って、早まったり遅くなっちゃったりするものなのかな?」

ということではないでしょうか?

ではでは、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

望むものは、既に現象化している

 

まずは「現象化する」についてです。

現象化する、という表現だとなんだかまるで、

「今はまだ何もないところから、何かが出現してくる」

というような印象を受けるかもしれません。

が、実際にはこれから出現するのではなく、もう出現しおわっています。

 

 

先日の記事では「部屋の中の赤色のもの」を例えに出したので、それをもう一度思い出してみてください。

「部屋の中には赤色のものが既にあるが、そのことに気づかなければあっても『ない』と感じる。

しかし、『赤色のものがあるんだ』というつもりになってもう一度部屋に入り直せば、既にある赤色に気づける」

でしたよね。

赤色のものがあるんだ、というつもりになったあとに、部屋に赤色のものが現象化して現われてくるわけではありません。

赤色の現象化は、既に終わったあとです

 

 

「既にあるものが現象化するまでは?」という疑問は、不要

 

…ということは冒頭の、

「既にある『望むもの』が現象化してくるまでは、どのくらいかかるの?」

「現象化って、早まったり遅くなっちゃったりするものなのかな?」

という疑問は、抱く必要のない疑問ですよね。

もう現象化が終わっているのに「現象化までは早い?遅い?」と気にする必要はありません。

 

 

「今はまだ現象化していないのではなく、既に現象化が終わっていることに気づいていないだけ」

と意識してください。

「今はまだ現象化していない」

だと、「今はまだない」という前提に立っていることになります。

今はまだないという前提にいながら、既にあるものを見ることはできません。

(赤色はないと信じ込んでいる状態で、赤色は見つけられません)

「既にある、既に現象化している」という前提に立ってくださいね。

 

 

では「既にある・現象化している」と気づくまでの時間は?

 

ここまでを聞いて、

「じゃあ、既に現象化している『望むもの』に気づけるようになるまでには、見つけられるようになるまでには、どのくらいかかるの?」

と思った方もいるかもしれません。

が、こればっかりは残念ながら、やってみないとわからないことです。

強いて言うならば、

「既にある・既に現象化していると真剣に信じている人のほうが、半信半疑の人よりかかる時間は短い」

ということくらいです。

 

 

さきほどの「部屋の中の赤いもの」の例に戻りますが、

「そうか、部屋には赤いものが既にあったんだな。よし、見つけるぞ!!」

と真剣に思っているAさんと、

「赤色があったなんて嘘だ、どうせそんなものあるわけないし…。

そんなことより、ああで、こうで…」

と気もそぞろなBさんと、どちらのほうが赤色のものを早く見つけられるか?というと、Aさんですよね。

 

 

しかしAさんが、

「赤色のものを見つけるまで、どのくらいかかるか?」

となると、こればかりは実際にやってみないとわからないこと。

事前に、

「Aさんがこれから部屋に入り、赤色のものを見つけるまで13秒です」

とか、わかったりしませんよね。

同様に、

「あなたがこれから『既にある・既に現象化しているという前提』に立ち、望むものを見つけるまで3日です」

とか事前にわかったりはしませんので、具体的な日数までは答えることができません。

 

 

ただ、具体的な日数が何日にせよ、既にある以上は必ず見つけられる日が来ます。

具体的にかかる秒数が何秒にせよ、部屋に赤色がある以上は必ずそのうち「見つけた!」となるのと同じですよ(*^^)v

 

 

望むものはこれから現象化するのではなく、既に現象化している(既にある)

 

 

「先日の記事とやらを読んでないから、部屋の赤色の例えがよくわからん…」

という方は、以下をどうぞ↓

既にある認識とは、何なのか?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

「既にあるという認識」って、つまり何なの?

 

「既にあるという認識を持ちましょう」って、どうやるの?

 

今回は「既にある」についてです。

引き寄せではよく、

「望むものは既にあるという認識を持て」

「既にあるは、大前提」

と言われますが、

「望むものは既にある…という…認識?って何?

何をどうすればその認識を持てるわけ?」

と戸惑う方もいるかと思いますので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

「既にある認識を持つ=既にあるつもりになる」

 

「既にあるという認識を持つ」というのは、

「既にあるつもりになる」

と言いかえたほうが、わかりやすいかもしれません。

 

 

たとえば私が、あなたを部屋に招いたとします。

帰り際に玄関で、

「ところで、私の部屋には赤色のものがいくつありましたか?」

とか聞かれても、

「ハァ?知らんがな( ゚Д゚)」

となりますよね。

そんなこといちいち気にしていないし、見ても覚えていないはずです。

 

 

でも部屋に入る前に、

「これから入る部屋には、赤色のものが何個あるでしょう?

数を当てたら賞金10万円ですよ!」

とか言われたらそこで、

「よっしゃ、赤色のものがあるんやな!探すぞ!」

となりますよね。

部屋に入る前から既に、

「赤色があるつもり(赤色がある認識)」

になります。

そうしてハナから「赤色があるんだ!というつもり」で部屋に入れば、

そうではないときには見向きもしなかったであろう赤色のものも、見つけられるはずです。

 

 

既にある認識で見ると、望むものが見える

 

…というのと同じ要領で、ハナから「望むものが既にあるつもり(既にある認識)」で日々を過ごせば、

そうではないときには見向きもしなかったであろう「望むもの」が、見つけられるようになります。

「『望むもの』って、具体的に何のこと?」

と思った方は、

「夢を叶えるために必要な何かのこと」

だと思っておけばいいかな?と思います。

実際のところ、自分の夢を叶えるために必要なものって、わりと身近にゴロゴロしているものです。

既にあるはずなんですね、身の回りに。

 

 

こう言われると、

「いや、そんなものないよ!」

と反射的に言いたくなるかもしれません。

が、それってこれまでにしっかりとあるかないかを調査したうえで、「ない」と言っているわけではありませんよね。

いま思い返してみても思い出せないので、ないと言っているだけだと思います。

「赤色のものがあったんですよ」と言われてから思い返してみても思い出せないので、「いや、赤色なんてない!」と言っているのと同じです。

「あるけど見逃していて思い出せない」のと、「ない」のは違います。

 

 

もしもう一度、

「え、部屋には赤色のものがあったんだ!」

と「赤があるつもり(赤がある認識)」で部屋に入れば、今度は赤を見つけられるはずです。

同様に、

「え、望んでいるものは実はあったのか!」

と「既にあるつもり(既にある認識)」で日々を過ごせば、今度は望むものが見つけられるはずです。

 

 

望むものを見てから、既にあるという認識を持つのではない

 

よく、

「望むものが見つかったら、望むものは既にあるという認識を持とう」

という方がいますが、これは、

「赤色のものが見つかったら、赤色のものは既にあるという認識を持とう」

ということですね。

でも、最初に「赤はあるんだ」という認識をもってして部屋に入らなかった場合には、赤は見逃してしまいましたね。

 

 

人間、認識を持っていない場合には、かなり大きなものが目の前にあっても見逃します。

たとえば車好きの友達に、

「いま通り過ぎた車のタイヤのホイール、かっこよかったね」

とか言われて、

「はっ!?ほほほ、ホイール!?そもそも車が通ったことも覚えとらんわ!(;゚Д゚)」

となったりすること、ありませんか?

「車好き」という認識がない場合、車なんていう大きな物体が自分の横を通り過ぎても気づかないわけです。

これと同じく、「既にある」という認識がない場合、目の前に相当大きな「望むもの」があっても気づくことができません。

逆に、車好きという認識を持っている友達ならば「一瞬通った車のタイヤのホイールのデザイン」なんて細かなことまで見逃すことはありません。

これと同じように、既にあるという認識だと、相当小さなことにまで気づけるようになります。

 

 

「あるものを見てから、あるという認識を持つ」

のではなく、

「あるという認識を持つから、あるものが見える」

ですよ(*^^)v

 

 

「既にある認識を持つ」という言い方がピンとこない場合は、

「既にあるつもりになる」と言いかえてみてください。

あるつもりで見るから、あるものに気づけます。

あるものに気づいたあとに、あるつもりになるわけではありません。

 

 

関連記事です↓

「既にある」ということが体感できない方へ

 

 

また、引き寄せを実践している方の中には、

「自分や家族の体の不調を治したい」

という方もいらっしゃいます。

そのような方に、ぜひ見ていただきたい動画があります。

動画についての説明記事へは、以下からどうぞ↓

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識がシンクロを起こすって、本当なの?

花

 

潜在意識がシンクロを起こす、と言うけれど…?

 

今回は「シンクロ」に関してです。

潜在意識のお話ではよく、

「夢を叶えるぞ!と決めると、なぜかその夢に関連することをよく目にしたり、耳にするようになる」

「そういうシンクロが起きてきたら、夢が叶う証拠」

というふうに言われます。

はてさて、本当に潜在意識はそんなシンクロを起こすのか?

シンクロが起きると、本当にその後に夢は叶うのか?

ここについて、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識がシンクロを起こすのは、普通のこと

 

まず、潜在意識がシンクロを起こすというのは本当のことです。

ただ個人的には、これって「すげー!」とか感動するほどのことでもないかな?と思います。

 

 

潜在意識の、

「意識していることに関連した情報を取り入れようとする」

という働きは、誰もがすでに体験したことがあるはず。

たとえばですが、「鞄がほしいな」と思っている状態でショッピングモールに行くと、やたらと鞄が目についたりしますよね。

「夢を叶えると決めると、その夢に関連する情報が目につくようになる」

というのは、

「鞄を買おうと決めると、鞄が目につくようになる」

というのとまったく同じ仕組みです。

「シンクロ」という言葉を使うと特別なことのように思えるかもしれませんが、

実は誰でも経験したことがあるような、ごく普通のことです(*´ω`*)

 

 

潜在意識がシンクロを起こせば、その後は…?

 

では、

「そのようなシンクロが起きると、その後に夢が叶う」

というのも本当なのか?というと、こちらに関しては「その人次第」という感じで、叶う人もいれば叶わない人もいます。

 

 

潜在意識は確かにシンクロを起こしますが、これはさきほども言ったとおり特別なことではなく、言ってしまえば単に、

「気にしていることが目につくようになる」

というだけのこと。

この時点では、まだ情報を手に入れただけにすぎません。

仮に「もっと良い会社に転職する!」と思ったなら、そこから転職に関することが目につくようになりますが、

「転職に関する情報を手に入れた」

というだけでは、まだ転職できませんよね。

そこから、

「よし、せっかくシンクロが起きた(情報を手に入れた)んだし、この会社に面接の電話をかけてみよう!」

というふうに、そのシンクロを活かすべく何かしらの行動を起こすのであれば、転職できると思います。

けれど、

「わー、シンクロだー。

こういうシンクロが起きたってことは、きっとこの後、この会社の社長さんが私のところに来て『君を雇わせてくれ!』と言ってくれるはず。

潜在意識がそうしてくれるだろうし、家で寝ながら待ってよう」

何の行動もしないのであれば、なかなか難しいだろうと思います。

よく言われることですが、潜在意識には他人のコントロールまではできません。

「社長さんに家に来させる、君を雇わせてくれと言わせる」

というふうに、自分以外の人間の行動・言動を操ることまではできませんので、この場合にはシンクロが起きても転職はできない、となります。

 

 

叶うと決めていれば、潜在意識が勝手にシンクロを起こし、叶う

 

「夢を叶えるなんてできない」と信じている場合、

「あなたの夢を叶えることに関する情報や人脈を、どっさり集めてきましたよ!」

と誰かがたんまり提供してくれたとしても、潜在意識はそれを活かさないほうへ、行動しないほうへと向かってしまいますので、叶うことはありません。

ときに「シンクロが起きたら叶う」という言葉を聞き、「できると信じていない状態で」シンクロを探す方もいますが、探して何かしらのシンクロを見つけたとしても、そのシンクロを活かせる状態にないのであまり意味がありません。

シンクロを探す時間と労力を、できると信じる・叶うと決めることに使ったほうが効果的思います。

 

 

できる・叶うとしっかり決めていれば、

「シンクロはいつ起きる?どこで起きる?」

とわざわざ頑張って探さなくても、潜在意識が勝手に起こしてくれます。

そして、自然とそのシンクロを活かすほうへと行動もできますので、叶いますよ(*^^)

 

 

潜在意識がシンクロを起こすというのは、本当。

しかし、できないと信じている状態のまま無理にシンクロを探しても、そのシンクロを活かすことはできない。

 

 

「叶うと決めると叶う、とよく言うけど…。

でも、自分がちゃんと決められているかどうかって、どうやればわかるの?」

と思った方は、こちらの記事もどうぞ↓

決めると叶うのはわかったけど、決められたかがわからない方へ

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

強く願うと叶わないのは、なぜ?

花

 

普通、強く願うと叶わないんじゃなくて、叶うんじゃないの?

 

今回は、「強く願うと叶わない理由」についてです。

引き寄せではよく、

「執着すると叶わない」

「強く願うと、願っていることとは逆のことが起こる」

と言われますよね。

一見、強く願うと叶いやすくなりそうなものですが、なぜ叶わなくなってしまうのか?

ここについて詳しくお話していきます。

 

 

強く願うと叶わないのは、叶わない行動に出てしまうから

 

強く願うと叶わなくなってしまう理由は、

「強く願うことで、これまで以上に『叶わなくなるような行動』を取り始めてしまうから」

です。

 

 

仮にAさんが、

「私はみんなから嫌われるに違いない」

という認識を持っていたとします。

Aさんはその認識を元にして、

「だから、好かれるようにみんなに優しくしなきゃ…」

と思い、いろんな人に、心にもないお世辞ばかりを言っていたとします。

Aさんは良かれと思ってやっていることですが、しかし実際には、おべっかを使ってまわる人が好かれることは、あまりありませんよね。

周りはついつい、「なんか、やだな…」とAさんを敬遠したくなります。

 

 

周りに敬遠されれば、Aさんはますます強く「好かれたい!」と願うようになります。

そうするとますます、

「もっともっと、気に入られるようにみんなに優しくするぞ!」

となり、周りは「うわー!なんかますます嫌だ!」となります。

Aさんにとっては、

「強く好かれたいと願うほどに、なぜか好かれなくなるよ~…」

ですよね。

 

 

強く願うほど取ってしまう「叶わない行動」とは?

 

願いが叶わないという方はAさんのように、無意識のうちに何かしらの、

「願いが叶わなくなるような行動(Aさんの場合は「おべっかを使う」)

を取っています。

「願いが叶わなくなるような行動って、具体的にどんな行動なのか?」

というと、それは人によって違うのですが、

「本人は良かれと思ってやっている行動」

「叶えるためには外せないと思ってやっている行動」

なことが多いです。

「これは、叶えるためには外せない大事な行動なんだ!」

そう思っていれば当然、叶えようと強く願ったとき、ますますその行動を取ってしまうようになります。

 

 

強く願うほど叶わないなら、どうすればいいの?

 

…というのが強く願うと叶わない理由で、引き寄せではこのようになってしまうのを防ぐために、または既にそうなっているならそこから抜け出すために、

「叶えたいなら、叶えるために取っている行動をやめろ」

と言われることがあります。

何も知らない状態でいきなり、

「叶えるための行動をやめろ」

とだけ聞くと、

「え!?叶えたいのに、叶えるための行動をやめたら叶わないじゃん!!」

と感じるかと思います。

しかし、本人が「叶えるための行動だ」と思い込んでいるだけで、実際には「叶わなくなってしまう行動」なのですから、その行動をやめれば、叶いやすくなるのはごく自然なことですよね。

いま、願いを叶えるために良かれと思って取っている行動があるなら、思い切ってそれをやめてみるのもひとつの方法ですよ(*´ω`*)

 

 

強く願うと叶わないのは、無意識のうちに「叶わなくなる行動」を多く取ってしまうようになるから。

 

 

「叶えるための行動をやめる」についての関連記事です↓

何も行動しない?それで本当に叶うの?

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

エゴの願望は、実現するのかしないのか、どっち?

葉

 

「エゴの願望は叶いませんVS叶います」本当はどちら?

 

今回は「エゴ」についてです。

引き寄せでは、

「エゴの願望は叶いにくい」

と言われることがありますが、その反面、

「エゴの願望でも叶います」

と言われることもあります。

一体どっちなの?と戸惑う方もいらっしゃるかと思いますので、ここについて詳しくお話していきますね。

 

 

そもそも「エゴの願望」って、なんのこと?

 

ではまず、

「『エゴの願望』なんて言葉、初めて聞いた。それって何?」

という方のために、エゴの願望とは何か?についてです。

…とはいっても、

「エゴの願望とは、これこれこのようなものであると定義する!」

とか事前にはっきり定義づけがされているわけではないので、この言葉は各々が自由に「こういうもの」と解釈している言葉です。

当然、Aさんの言う「エゴの願望」と、Bさんの言う「エゴの願望」が、違うものを指していることもあります。

 

 

一応、私の場合は「エゴの願望」という言葉をどう解釈しているか?というと…。

まずは先日の記事でも書いたのですが、潜在意識によって現実化が起きていく過程をもう一度書いてみますね。

仮に「お金持ちになりたいな」と意図した場合には、このようになります↓

 

①意図

(あ~、お金持ちになりたいな)

②認識

(でもそんなことは、無理に決まっている)

③感情

(不安・恐怖・悲しみ・落ち込み・焦りetc.)

④思考

(でもでも、お金持ちになりたいんだよ!どうしよう…うぐぐ、なりたい、なりたいよう…!)

⑤行動

(どうすればいいかわからず、部屋の中でふさぎこむ)

⑥取った行動にふさわしい現実

(何も変わらない)

 

 

上の流れのうち、赤字で書いた、

 

④思考

(でもでも、お金持ちになりたいんだよ!どうしよう…うぐぐ、なりたい、なりたいよう…!)

 

というところ、この部分を私は「エゴの願望」と呼んでいます。

 

 

この解釈ならば、エゴの願望は叶いにくい

 

では次に、

「なぜ、エゴの願望(お金持ちになりたいよ~!という思考)は叶いにくいと言われるのか?」

についてです。

これまた先日の記事でも書いたことなのでかぶっちゃうのですが、このようなエゴの願望は、

 

「お金持ちになれないに決まっている」

という認識をもとにして、生まれた願望です。

認識(お金持ちになれないに決まってる)と願望(お金持ちになりたいよ~!)ならば、認識のほうが強いです。

そのため、願望を持ってもお金持ちになることはできません。

 

…ということで、エゴの願望が叶いにくいと言われる理由は、

「認識のほうが強い力を持っているので、エゴの願望のほうは負けてしまうから」

です。

「認識のほうが、エゴの願望より強い…?うーむ、なんだかわかりにくい表現だな…」

と感じる方は、

「どうせできないと決めたあとに何をしても、できるようにはなりにくい」

という表現に言いかえると、わかりやすくなるかな?と思います。

 

 

しかし違う解釈ならば、エゴの願望も叶う

 

ここまで聞いて、

「ふむ、確かにどうせ無理だと決めたあとに(どうせ無理だという認識のもとに)何かしても、成果は上がりにくそう(エゴの願望は叶いにくそう)だ。

…でもじゃあ、『エゴの願望でも叶う』と言っている人はなんなの?」

と不思議に感じる方もいるかもしれません。

 

 

おそらくですが、「エゴの願望でも叶う」と言っている方はそもそも私のように、

「なりたい、なりたいよー!!という思考のことをエゴの願望と呼ぶ」

という解釈をしていないんじゃないかな?と思います。

そうではなく、

「自分のことばかり考えている願望のことを、エゴの願望と呼ぶ」

みたいな解釈をなさっているんじゃないでしょうか。

 

 

世の中には、

「お金持ちになりたいだの、自由に遊びたいだの、そんなふうに自分のことばかりを願うのは傲慢で悪いことある」

「そんな自分中心の願望など叶うはずがない、叶えようとしてはならない」

そのように思っている方もいらっしゃいます。

そのように自己犠牲の精神が強すぎる方へ向けて、

「エゴの願望(自分のことを考えている願望)を持ってもいいんですよ、もっと好きなように望んでもいいんですよ」

という意味で、叶うと言っているのではないでしょうか。

私ももし目の前に、

「自分のことを考えるなんて、傲慢ですよね、エゴですよね。

もっと世のため人のためを思った清い願望じゃないと、叶いませんよね」

と言う方がいれば、その場合にはその方に合わせて、

「エゴの願望(自分のための願望)でも叶いますよ」

と言うと思います。

 

 

つまり「エゴの願望」という言葉に対して、

「どうせ無理だという認識のもと、叶えたい、叶えたい!と思考すること」

という解釈をするならば「叶いにくい」となりますし、

「自分のための願望のこと」

という解釈をするならば「叶う」となりますね。

 

 

「エゴの願望」という言葉に限らず、解釈はさまざま

 

「エゴの願望」という言葉に限らず、

「え?Aさんは『〇〇は正しい』って言ってるのに、Bさんは『〇〇は間違いだ』って言ってる!言ってることが違う!」

というふうに混乱した場合には、

「どっちの言っていることが本当なの!?」

と考えるよりも先に、

「そもそもAさんとBさんでは、『〇〇』という言葉についての、解釈の仕方が違うのでは?」

と考えてみてください。

そうすると、混乱することも減るかと思います(*´ω`*)

 

 

「エゴの願望」以外にも、言葉の解釈は人によってさまざまです。

みんなが同じ解釈をしていると思うと、混乱が生じやすくなります。

 

 

昨日の記事です↓

叶うのは「願望」なのか「意図」なのか、どっちなの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

1 2 3 34

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ