引き寄せメソッドをしても、効果がないのはなぜ?

花

 

引き寄せメソッドをすれば願いが叶うんじゃないの?

 

今回は、引き寄せメソッドをしても効果がないという方へのお話です。

引き寄せの法則の本やサイトでは、アファメーションやなる式、自愛…などなど、さまざまな引き寄せメソッドが紹介されています。

しかし、

「願いが叶うはずの引き寄せメソッドをいくら試しても叶わない、なんで?」

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、引き寄せメソッドで効果が出ない原因を2つお話していきます。

 

 

引き寄せメソッドに効果がない原因①

 

効果が出ない原因その1は、

「引き寄せメソッドを『現実』を変えるための方法だと思っている」

というものです。

 

 

まず、引き寄せの法則とは「信じていることが現実になる」という法則です。

そのため、「私はお金持ちにはなれない」と信じている状態では「お金持ちになれない現実」しか訪れることはありません。

逆に「私はお金持ちになれる」と信じていれば、自然と「お金持ちになれる現実」が訪れます。

(例として「お金持ち」を挙げましたが、お金以外でも同様です)

 

 

そして引き寄せメソッドとは、

「望むものになれない・望むことはできないという信念を、なれる・できるという信念へと変える方法」

のことです。

そうして信念をより良いものに変えれば、ひいては現実もより良く変わりますというもの。

決して、

「信念を変えないままで、現実だけをより良く変える方法」

ではありません。

後者のように誤解をしていると、メソッドをしてもしても、

「どうだ?これでお金がやってくるのか?いつ現実は変わるんだ?」

ということばかりに意識が行ってしまい、肝心の、

「自分の信念を変える」

という点がおろそかになったまま…ひいては現実も変わらないままとなります。

 

 

この誤解は非常に多くの方がしているように思いますので、まずは、

「私は、引き寄せメソッドで『自分の信念』ではなく『現実』を変えようとしていなかったか?」

について確認なさってみてください。

 

 

引き寄せメソッドに効果がない原因②

 

効果が出ない原因その2は、

「叶えたい願いが他人軸である」

というものです。

 

 

引き寄せメソッドとは「なれない・できない」という信念を、「なれる・できる」という信念と変えるためのものでしたよね。

言い換えるならば、

「これまでよりも自信を持つためもの」

「自分軸になるためのもの」

です。

しかし人はときに、

「これまでどおり自信がないままでいたい」

「他人軸のままでいたい」

という願いを持っていることもあります。

たとえば、

「自分の代わりに、誰かに自分のことを決めてもらいたい」

「素敵な人と出会って、その人に私の面倒を見てもらいたい」

などの願いがそうですが、引き寄せメソッドの目的は「自分軸になること」なのですから、そのメソッドに「他人軸でいたい」という目的で取り組んでも、「自分軸VS他人軸」の対立が起きてうまくいきません。

 

 

引き寄せとは、

「自分軸になればうまくいきます」

という法則であり、

「他人軸のままでもうまくいきます」

という法則ではないため、「他人軸のままでいたい、自分軸になりたくない」が願いの場合には、引き寄せに取り組む必要はありません。

たとえば「山に登りたくない」と思っている人が「登山をしよう!」というコミュニティに入る必要はありませんし、入っても自分の目的と相反していてうまくいかなくなってしまいますよね。

それと同じようなものだと思います。

 

 

原因その②に当てはまった場合は?

 

叶えたい願いが他人軸のものであるため、引き寄せメソッドの効果が出ない。

この場合の対処法は2つです。

 

 

ひとつめは、

「願いを自分軸のものに変える」

ということ。

「自分の代わりに、誰かに自分のことを決めてもらいたい」

「素敵な人と出会って、その人に私の面倒を見てもらいたい」

この願いを、

「自分のことは自分で決められるようになろう(これは「人に頼らない」ということではありません)

「素敵な人と出会って、その人と共に協力し合って生きていきたい」

などに変更します。

こういった願いならば、引き寄せで叶えることができます。

 

 

そしてもうひとつの対処法は、

「うまく他人軸のままでいられる方法を見つける」

というものですが、この場合は自分軸を推奨している引き寄せからは離れたほうが、その方法を見つけやすくなるのではないかと思います。

 

 

どちらの対処法を選ぶのが良い・悪いというものではありませんので、どちらを選んでも構いません。

一度、

「私の願いは自分軸のものだっただろうか?それとも他人軸のものだっただろうか?」

ということ、そして他人軸のものであった場合、

「今後も他人軸を目指して生きていきたいだろうか?それともやめたいだろうか?」

ということについて、よく考えてみることをおすすめします。

その答えがどちらであろうと、少なくとも、

「引き寄せメソッドをやっているのに効果がない」

という停滞した状況からは抜けられると思います(*^^)v

 

 

引き寄せメソッドの効果が出ない原因

①引き寄せメソッドを「現実」を変えるためのものだと思っている

②叶えたい願いが「他人軸」である

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

水を飲むように引き寄せるって、どういうこと?

花

 

引き寄せだと、叶えるのと水を飲むのは同じ?

 

今回は引き寄せの「水を飲む」についてです。

みなさんの中で、

「願いを叶えるのも水を飲むのも同じこと」

といった言葉を聞いたことのある方もいるかと思います。

しかしこれを聞いても、

「いやいや…普通に考えて、願いを叶えることと水を飲むことは全然違うだろ」

と思うのではないでしょうか?

これについて詳しくお話していきます。

 

 

「気負わずにやりなさい」ということ

 

「願いを叶えるのも水を飲むのも同じこと」

↑こう言われると「違う!」と突っ込みたくなりますが、

「本番も練習と同じような気持ちでやろう」

↑これならば、

「まぁ…確かに、練習のときのようなリラックスした気持ちで臨んだほうが本番でうまくいきやすいよな」

と思えるのではないでしょうか?

要するに、

「いつもどおり気負わずにやりなよ」

ということを言いたいだけです。

 

 

人間は緊張したり不安になったりすると、普段なら何気なくできているようなことでも失敗してしまったりしますよね。

「あ、あれ?これっていつもはどうしてたっけ…?」

「なんでこんな簡単な順番を間違えちゃったんだーー!!」

とかとか…。

こういったことが願いを叶えるときにも起こります。

人の願いが現実になるまでには、

 

①願い

②観念

③感情

④思考

⑤行動

⑥現実化

 

必ずこの順序を辿ります。

この順序を「水を飲む」に当てはめるのであれば、

 

①願い(水が飲みたい)

②観念(私は水が飲める)

③感情(特に感情は湧かない)

④思考(そうだ、冷蔵庫にミネラルウォーターがあったわ)

⑤行動(冷蔵庫のところまで行く)

⑥現実化(水を飲む)

 

です。

水を飲む程度のことならば、意識することさえなくこうしているはず。

 

 

しかし、

「さぁ、願いを叶えるんだ!!」

と緊張して力むことで、普段は意識しなくても辿れている順序が辿れなくなり、なかなか叶わなくなります。

叶わないことに対して、

「私は才能がないから」

「叶わない運命だから」

というふうに思う方も多いのですが、才能や運命が原因なのではなく、

「適切な順序を踏んでいない」

ことが原因です。

 

 

本番で、

「練習とは違うんだ!絶対に成功させたい!!」

と力めば力むほど、余計な不安や混乱を招いて失敗しやすくなります。

同様に、

「水を飲むのとは違う!絶対に叶えたい!!」

と力めば力むほどに、余計な不安や混乱を招いて叶いにくくなります。

気負わずに引き寄せに取り組んでみてください。

 

 

どうしても気負いが消えないのはなぜ?

 

「そうは言っても、どうしたって気負ってしまう」

という方もいるかもしれませんが、その場合は「②観念」の部分に原因があることがほとんどです。

 

 

願いに対して「私にはできる」という観念があるとき、人は気負うことはありません。

水を飲むことに対しては、きっとみなさん確固たる「そのくらいできて当然」という観念を持っているはず。

なのでわざわざ「失敗したらどうしよう」と不安になったり「うまくやらなきゃ」と緊張することもありません。

反対に、「できない」という観念が強いほどに気負いが強くなり、その後の順序を踏みづらくなります。

ぜひ観念を「できる」に変える作業(引き寄せメソッド)を行ってみてください。

 

 

かくいう私もまだまだ気負ってしまうことがありますが、引き寄せがとても上手な方だと、本当に水を飲むときのような自然さで叶える方もいらっしゃいます。

それは別にその方が選ばれし者だから…とかいうわけではなく、「できる」という観念がしっかりしており、順序を踏むのが上手だというだけ。

上に書いた順序は、誰しもが普段の生活で自然に踏んでいます。

いつも当然のようにやっていることなのですから、願いを叶えるときにもできるようになりますよ(*^^)v

 

 

願いが叶わないのは、適切な順序を踏んでいないから。

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せる人の、意外な特徴とは?

花

 

引き寄せる人の特徴って…ポジティブとか?

 

今回は「引き寄せる人の特徴」についてです。

みなさん、望むものを上手に引き寄せる人の特徴…というと、何が思い浮かぶでしょうか?

きっと「ポジティブ」などが思い浮かぶかな?と思いますし、それも確かに特徴のうちのひとつです。

でも、

「それと同じくらい大事なわりに、あまり語られていないような…?」

と思う特徴がありますので、今回はそれについてお話していきます。

 

 

引き寄せる人の特徴は「そのままにしておける」こと

 

引き寄せる人の、あまり語られていない特徴…それは、

 

 

「曖昧なものを曖昧なままにしておける」

 

 

ということです。

ちなみについ最近知ったのですが、これって「ネガティブ・ケイパビリティ」って言うそうです。

 

【ネガティブ・ケイパビリティ】

詩人ジョン・キーツが不確実なものや未解決のものを受容する能力を記述した言葉。

日本語訳は定まっておらず、「消極的能力」「消極的受容力」「否定的能力」など数多くの訳語が存在する

(Wikipediaより引用)

 

たとえば、自分でも自分が何をしたいのかよくわからないときってありますよね。

引き寄せる人はそういうときに、

「私は、何がしたいかよくわからないな~」

と、わからないままに放っておきます。

 

 

昨日は明るい気分だった、でも今日はなんだか気分が沈んでいる。

そういうときにも、

「昨日は明るい気分で、今日は沈んだ気分だな~」

とそのままに受け止めます。

 

 

対して、うまく引き寄せられない人はどうかというと、

「自分が何をしたいのかわからないなんて、これじゃあダメだ!

早く何がしたいのか答えを出さなきゃ!」

とか、

「昨日は明るい気分で今日は沈んだ気分…いったいどっちが本当の私なの?」

というふうに、何が正しいのか、どちらが本当なのかを早く結論づけようとします。

 

 

引き寄せる人の特徴は、答えが出なくてもいいと思っているところ。

引き寄せられない人の特徴は、答えが出ないと気が済まないところ。

 

 

このような違いがあると感じます。

 

 

引き寄せる人と、引き寄せられない人

 

では引き寄せられない人は、なぜ早く答えを出したがるのでしょうか?

もともと白黒思考が強い…というのもあるかもしれませんが、一番の理由は、

「安心したいから」

ではないでしょうか。

「これが答えだ!こっちが正しい!」

ときっぱりはっきり白黒ついていたほうが、わかりやすいし、迷うこともないし、間違えることもないし、安心できますよね。

なので、安心したい一心で答えを欲しがるのかなと思います。

 

 

しかし、そうして答えを欲しがることでかえって不安になったり、落ち込んだり、物事がうまくいかなくなっているようにも思います。

どういうことかというと…まず引き寄せる人は、

 

①何かしたいかよくわからないまま放置

②そのうちふとしたときに「あ、私がしたいのはCなんだな」と気づく

③その後は迷うことなくちゃんとCを引き寄せる

 

↑こんな感じです。

対して引き寄せられない人は、

 

①何がしたいか早く答えを出さなきゃ!

②そうだ、きっとAが答えだ!

(実はCが答えだが、焦ってAだと結論づけてしまう)

③うまくいかない

(本当はAを望んでいないため)

④ダメだ…じゃあ何が答えなの!?そうだ、きっとBだ!

(と、また焦って結論づけてしまう)

⑤ダメだ…。

(本当はBを望んでいないため)

⑥じゃあCかも!

(ついに答えにたどり着いたか!?)

⑦でも不安になる、不安になるってことはCでもないんだ!

(本当に望んでいるのがCだとしても、不安になることはある。

しかしその不安を「それでもいい」と受け入れられず「間違っている」と結論づけてしまう)

⑧もう一体どうすればいいの、答えがわからない…。

(①に戻って無限ループ)

 

↑このような感じで、早く答えを出そうとするほど答えにたどり着けなくなっているように見えます。

実は、

「わからないものはわからないままにしておく」

「気持ちが移ろうのなら移ろわせておく」

そのほうが結果的に迷うことなく、早く引き寄せることができます。

いま、うまく引き寄せられずに悩んでいる人は、

「答えを出せないからうまくいかないのではなく、答えを出そうとするからうまくいかないのでは?」

と考えてみてほしいなと思います。

 

 

引き寄せる人の特徴を身に着けるには?

 

ここまでを聞いて、

「そうか、引き寄せる人の特徴は曖昧さを受け入れているということなのね…。

…で!?どうやればそれができるのよ!?

不安で不安で、答えが出ないまま放っておくなんてできないわ!」

と思った人もいるのではないかと思います。

 

 

どうすればいいかなのですが、

「曖昧さを受け入れなきゃ!」

「白黒はっきりつけようとしちゃダメ!」

というふうに考えるよりは、

「自信を持とう」

と考えてほしいです。

 

 

そもそも、

「不安で不安で、答えが出ないまま放っておくなんてできないわ!」

↑なんでそこまで不安で不安でしょうがないのか?というと、

「自信がないから」

ではないでしょうか。

自分に自信がなく、

「間違ったらどうしよう、うまくいかなかったらどうしよう。

うまくいかなくて傷つくなんて耐えられそうにない」

といった気持ちが強い。

「私は別に間違えてもいいし、そんなことでは挫けない。

うまくいかなくてもそれは一時的なもので、結果的にはうまくいく」

そのように思えないので、傷つかない保証や正しい答えを求めずにはいられないのだと思います。

そのような自信がない状態のままに、

「さぁ、曖昧さを受け入れるぞ!」

と思っても、どうしても不安が出てきますし、その不安を解消すべく白黒はっきりつけたくなります。

 

・根本の問題…自信のなさ

・その根本の問題が表面化したもの…曖昧さを受け入れられない

 

表面ではなく、根本を見てください。

勘違いしやすいですが、

「引き寄せることができれば自信がつく」

ではなく、

「自信がつけば引き寄せられる」

です。

まずは根幹の「自信をつける」という点に注目してほしいです。

自信がついてくると、わざわざ意識せずとも曖昧なものに対して「まぁいいか」と思えるようになります。

 

 

こう言うと次に、

「じゃあ、自信をつけるにはどうすればいいの?」

という疑問が浮かぶかもしれませんが、巷で言われている「引き寄せメソッド」はすべて自信をつけるためのメソッドです。

お好みで好きなメソッドを選んで試してみてください。

私は引き寄せメソッドの教材も出していますので、手に取っていただけると嬉しいです。

 

とにもかくにも、

「何よりも大事なことは、自信をつけること」

これを忘れないようにしてほしいです。

この根幹を忘れなければ、あとは自然と「引き寄せる人」の特徴が身についてきてうまくいくようになりますよ(*^^)v

 

 

引き寄せる人の特徴は「曖昧なものを曖昧なままにしておける」

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

思い通りの人生を歩んでいくために

花

 

心の「ノイズ」を取り除こう

 

こんにちは、岡野真です(*^人^*)

本日は、みなさんにぜひ見ていただきたい動画のご紹介です!

画像クリックで動画に移動します↓

 

メンタルノイズカウンセラー・山根洋士さんの動画です。

全4話、すべて無料でご覧になれます。

 

 

以前からこのサイトに来てくださっている方の中には、

「あれっ、山根さんの動画…?

それって前にも紹介してたじゃん、同じものを再び紹介してるの?」

と思った方もいるかもしれませんが、

 

 

内容が全部リニューアルされています~!!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

 

動画が4つともすべて、以前よりもさらにわかりやすいように1から撮り直しされています。

なので、前の動画を見たという方ももう一度楽しめるはず!(*´ω`*)

「いや、以前からサイトに来てたわけじゃないから知らない…」

という方のために詳しくご説明すると、山根洋士さんは、たくさん本を出したり雑誌に掲載されたりしているカウンセラーです。

↑これを見て「ああぁっ!知ってる!!」と思った方もいるのではないでしょうか?

そうそう、とっても有名な方なのです!

自慢じゃありませんが…いや自慢ですが、嬉しいことに以前YouTubeでコラボさせていただいたことがあります。

 

どうだ、いいだろう!えへんえへん(`・ω・´)

 

 

…という私の自慢はここまでにしておいて、山根さんは、

「人生がうまくいかないのは、潜在意識にある『メンタルノイズ』が原因である」

とし、そのメンタルノイズがどういう仕組みで作られているのか、この先どうやって取り除いていけばいいのかなどを動画で解説しています。

メンタルノイズ…これは引き寄せ風に言い換えるならば、

「害のある観念」

でしょうか。

たとえば、

「私なんてどうせうまくいくわけがない」

という観念があると、その観念が潜在意識の力によって現実化し、実際に「どうせうまくいかない現実」が作られてしまいます。

そういった「人生に害を及ぼしている観念」を取り除くための方法などについて、とてもわかりやすく解説している動画です。

 

ただただカメラに向かって解説をしているだけの動画ではなく、具体的な例がちゃんと出てきます。

相談者の方が、

 

☆彼氏に構ってほしくてほしくてしょうがなくて、依存がやめられない。

☆旦那と離婚したいけど、したほうがいいのかしないほうがいいのか…。

☆収入を増やすためにちゃんと努力もしているのに、結果が伴ってこない。

☆引き寄せの法則について調べて実践しているのに、何も変化がない。

 

こうした相談をしているのに対し、きちんとその原因と対策をお話しているシーンなどもありますので、具体的に想像しやすいですし、自分に当てはめて考えやすいです。

 

ちなみに動画の途中で、

「恋愛の悩みの原因は(メンタルノイズによって低くなった)自己肯定感が9~10割。

つまりノイズを解消して自己肯定感を取り戻しさえすれば、恋愛は9~10割うまくいく」

とお話しているシーンもありましたので、恋愛でお悩みの方は必見ですよ~(*´ω`*)

 

個人的に印象に残ったのは、

「自己啓発はエンターテインメント」

という言葉でした。

みなさん、

「自己啓発や引き寄せの本を読んだり、動画を見たり、セミナーなどに参加すると、その時は気分が高揚して前向きになる。

でもしばらく経つと元通り。

だからまた自己啓発書を読み、また気分を上げる。

でもしばらく経てばまた元通り、だからまた…」

を繰り返していませんか?

これは私自身にも経験があるのですが、メンタルノイズ(害のある観念)が取り除かれていないときの典型的な状態です。

「繰り返していれば、いつか今の状態から抜け出せるのではないか…」

そう思うかもしれませんが(私もその時はそう思っていましたが)実際には繰り返すほどにその状態にはまりこみ、抜け出しにくくなっていきます。

なので、今後も同じことを繰り返していこう…というよりもまず、

「自分にどのようなメンタルノイズがあり、どうやってそれを取り除けばいいのか」

というところに焦点を当ててほしいなと思います。

それを知り、メンタルノイズを取り除いたうえで自己啓発書を読んだならば、そのときには何か素敵な変化があるかもしれませんよ(*^^)v

 

 

4本の無料動画とは別に、特典もついてきます。

 

☆現在のあなたのメンタルノイズがどの程度のものかチェックできる

☆よくあるメンタルノイズはどのようなものかを紹介したノイズ集

☆現実想像に効果抜群!強力なアファメーションフレーズを20個

 

こちらの特典もぜひ受け取ってください。

それでは、以下からリニューアルされた動画をご覧くださいませ!

 

あなたの人生が、思い通りの素敵なものへと変化していきますように…(*^人^*)

 

 

引き寄せで、いい気分でいると願いが叶うのはなぜ?

花

 

引き寄せで頻繁に出てくる「いい気分でいましょう」

 

今回は「いい気分でいる」ということについてです。

これは引き寄せでとてもよく言われていることですよね。

しかし中には、

「なんでそんなにいい気分でいるってことが大事なの?」

とか、

「いい気分でいると願いが叶うって言うけど、なんでいい気分でいたからといって願いが叶うようになるのかわからない…」

とお悩みの方もいるかと思いますので、詳しくお話していきます。

 

 

いい気分でいることは「手段」ではない

 

まず、

「いい気分でいると私の願いが叶う」

というよりは、

「いい気分でいることが私の願いである」

と考えてみてほしいです。

 

 

仮にあなたの願いが、億万長者になることだとします。

ではなぜその願いを叶えたいのかというと、

「叶えば今よりもいい気分でいられるようになるから」

ではないでしょうか。

億万長者になるというのは、一見すると願いのように思えるのですが実は願いではありません。

本当の願いとは「いい気分でいたい」ということ。

そしてその願いを叶えるために、億万長者になるという「手段」を使おうとしています。

ついつい、

 

☆願い…億万長者になる

☆それを叶える手段…いい気分でいる

 

というふうに考えがちですが、実際には、

 

☆願い…いい気分でいる

☆それを叶える手段…億万長者になる

 

です。

 

 

億万長者にならなくても、いい気分でいることはできる

 

ではここで、

「いい気分でいるという願いを叶える手段は、億万長者になる以外に何もないのだろうか?」

と考えてみてほしいです。

そう考えてみたとき、他にもいろいろな手段があることに気づくと思います。

何でもいいのですが、たとえばゆっくり好きなことをして過ごすとか、大好きな友達と遊んでみるとか…いろいろといい気分になれることはありますよね。

願い(いい気分でいること)は億万長者にならずとも、今の生活の中でも叶えることはできるはずです。

 

 

ただこう言うと、

「でも…今の生活で感じられるいい気分と、億万長者になったときのいい気分は違うじゃないか」

「今の生活の中にも喜びはあるのだから、億万長者になることは諦めろというの?」

と感じる方が多いようです。

 

 

もちろん、今の生活の中で感じられるいい気分と、億万長者になったときのいい気分は別のものだとは思います。

しかしだからといって、

「億万長者になったときのいい気分だけをいい気分として認めよう。

今の生活で感じられるいい気分など、いい気分だとは認めないぞ」

というふうに、今の生活の中にある喜びを否定し、わざわざ日々を気分悪く生きる必要はないのではないか、と思います。

 

 

また、今の生活の中でもいい気分でいることはできるからといって、

「だから億万長者になったときのいい気分を諦めなければいけない」

ということにはなりません。

日々のいい気分も味わえばいいし、億万長者になったときのいい気分も味わえばいいし、両方を味わえばいいのではないでしょうか。

自分の心の中に、

「望むものを複数手にしてはいけない、一つしか選べない」

「大きなものを手にするのは無理、分不相応」

といった観念がないかをチェックなさってみてください。

おそらくそういった観念があるために「億万長者のほうは諦めなきゃいけない」という考えが出るのではないかと思います。

 

 

いい気分でいることは「願い」である

 

もう一度書きますが、

 

☆願い…億万長者になる

☆それを叶える手段…いい気分でいる

 

このように考えていると、

「なぜいい気分でいたからって願いが叶うの?」

「億万長者になったとき以外のいい気分なんて、いい気分じゃない」

「叶えるためにいい気分でいなきゃ…でもできない、どうしよう…」

などの疑問や悩みが出がちです。

 

☆願い…いい気分でいる

☆それを叶える手段…億万長者になる以外にもたくさんある

 

このように考えれば悩むこともなくなるのではないかと思いますので、まずは引き寄せでよく言われているとおり、

「日々をいい気分で過ごす」

ということを心がけてみてください。

 

 

潜在意識にはもともと、

「日々の生活の中で、強く意識していたり、頻繁に感じているものと同種のものを集めよう(引き寄せよう)とする」

という性質があります。

いい気分でいることで、

「もっといい気分になれるようなことを探そう、増やそう」

と潜在意識が働きはじめますので、さらにいい気分になれることが増え、いずれ億万長者も実現するはずですよ(*^^)v

 

 

☆願い…いい気分でいる

☆それを叶える手段…億万長者になる以外にもたくさんある

 

 

ちなみに、

「いい気分でいるほうがいいというのはわかった。

でも、なかなかそう簡単にはいい気分になれないんだよ…」

と思った方には、以下の記事が参考になるかもしれませんのでご覧になってみてください↓

☆引き寄せで、良い気分になれない原因はなに?☆

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せの法則は「引き寄せない法則」である

水滴

 

引き寄せない法則なのに…引き寄せ?

 

今回は、

「引き寄せの法則は引き寄せる法則なわけではない」

というお話です。

 

 

「引き寄せ」という言葉を聞くとほとんどの方は、

「遠くから近くへと何かを近づける」

「外から内へと引っ張ってくる」

というようなイメージをすると思います。

そのイメージを持ちながら、

「自分にないものをどこか遠くから引っ張ってこよう」

と懸命になる方は多いです。

 

 

しかし、引き寄せの法則とは言い換えれば、

「自分の思考が現実へ反映される法則」

です。

つまり自分にないものが外から引っ張られてくるどころか、むしろ真逆に、自分にあるものが外へと出ていく法則です。

やだー!押して開けるドアに「引く」と書いてあるみたいなまぎらわしさー!( ゚Д゚)

 

 

「引き寄せない」「出す法則だ」と意識する

 

実は私も引き寄せに取り組み始めたとき、この点に違和感を覚えました。

「引き寄せ」と言われると何かを引く感じがするけれど、

「思考が現実化」と言われると何かを出すような感じがする。

ひとつの話の中で「引け」と「出せ」を同時に言われているような気がして、

「どっちよ?同時にはできませんけど?」

というような感覚になったものですが、同じような感覚を味わっている方も多いかもしれません。

 

 

引き寄せがうまくいかないという方を見ていると、どうも「出す」よりも「引く」ほうのイメージに強くとらわれすぎているように思います。

(引き寄せと言われて引くイメージをするのは当然なので、無理もないことなのですが…)

引き寄せではよく、

「自分の思考を変えましょう、それが現実に反映されます」

というふうに、自分にあるものが外に出るのだという話もされています。

しかしそういった「出す」話を聞いても、

「そうか、じゃあ思考を変えよう(出すものを変えよう)

というよりは、

「思考を変えればそれで本当に良いことが引っ張られてくるの?

いつ引っ張られてくるの?どんなふうに引っ張られてくるの?」

と「引く」ことばかりに意識がいってしまい、そのぶん思考を変える作業がおろそかになっています。

そして思考が変わらないのであれば、外に出るものも変わらないため現実も変わらず、

「引き寄せがうまくいかない」となってしまいます。

 

 

「引くと言ったかと思えば出すとも言うし、どっちなのか混乱していた」

「引き寄せの法則という名前なのだから、引くに決まっていると思っていた」

という方は、ここで一旦引くイメージを捨て「出す」ことを意識してみてほしいです。

「自分にあるものが外の世界へと押し出されていく法則なのだ」

そう考えれば、自分を変えることのほうに意識が向きやすいのではないかと思います。

 

 

「ないものを引き寄せた」のではない

 

自分から出たものが現実に反映されるとはいえ、自分から何かが出ていることを目視で確認できるわけでもありません。

そのため、目に見える形で現実がより良く変わったときに、

「わっ、なんだか急に良いことがやってきた!(引っ張られてきた!)

というような感覚にはなります。

ただしこれはあくまでも、

「自分の出したものが現実に反映された際、まるで引っ張られてやってきたかのような感覚がする」

というだけであり、

「自分にないものをどこか遠くから引っ張ってこられた」

というわけではありません。

この点を混同しないようにすればうまくいきやすいと思います(*^^)v

 

 

引き寄せの法則は、引き寄せない法則。

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

自分を大切にしてくれる人を引き寄せるために

薔薇

 

大切にしてくれる人を引き寄せる方法とは?

 

今回は、

「自分を大切にしてくれる人を引き寄せるために、まずしてほしいこと」

についてです。

友達にせよ恋人にせよ会社の同僚にせよなんにせよ、

付き合うならば当然、自分を大切にしてくれる人のほうがいいに決まってますよね!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ではでは、そういう人を引き寄せるためにはどうすればいいのかについてお話していきます。

 

 

引き寄せるためには、まずは自分を大切にする

 

自分を大切にしてくれる人を引き寄せるために、もっとも大切なこと。

それは、

「自分で自分を大切にすること」

だと私は思っています。

 

 

おそらく「大切にしてくれる人を引き寄せたい」と願っている方の中には、

「そうして私のことを大切にしてくれる人がいたならば、私は自分に自信が持てる。

自分にも価値があると思えるようになる」

というふうに考えている方も多いのではないかと思います。

しかし実際には、

「自分を大切にしてくれる人を引き寄せることができたら→自信が持てる」

という順ではなく、

「自信を持つことができたら→自分を大切にしてくれる人を引き寄せることができる」

の順です。

 

 

自信がない人、自分に価値がないと思っている人は、どうしても自分の扱いが雑になります。

ついつい「どうせ私なんか」と自分を貶めるような言葉を言ったり、

嫌なことを嫌と言えず、自分に我慢を強いることを選んでしまったり…などなど。

そうして自分を雑に扱っているさまを見た周りの人たちは、

「あぁ、この人は雑に扱っていい人なんだ。

だって本人が自分を大切にしていないんだもの、私だってこの人を大切にしなくていいよね」

と思うようになり、周りからも雑に扱われるようになってしまいます。

世の中には、

「自分より弱くて、雑に扱っても文句を言わない人と付き合いたいなぁ。

そういう自信のない人って、こっちの思い通りになってくれて便利だもん」

と思っているような人もいますので、そういう人の格好の餌食になってしまうことも…。

このようにして、自信のなさが「自分を大切にしてくれない人」を引き寄せてしまっているんです。

 

 

自分を大切にするほど、周りからも大切にされる

 

その状態を解消するために、まずは自分で自分を大切にするようにしてみてください。

たとえば、「どうせ私なんか」と口にするのをやめてみるとか。

たとえば、好きなことは我慢せずに思い切ってやってみるとか。

たとえば、疲れたときには無理をせずに休んでみるとか。

些細なことで構いませんから、やりたいことをやって、やりたくないことをやめてみてください。

 

 

そうして自分のことを丁寧に・大切に扱っていると、わざわざ「自信を持たなきゃ!」なんて思わなくても、自然と自信が湧いてくるようになるはずす。

だんだんと、

「私はダメな人間なんかじゃないぞ」

「もっと自分の意思で生きていいんだ、嫌なことは嫌と言っていいんだ」

そんな思考に変わっていき、言葉や態度も毅然としてくるはず。

それを見れば今度は周りも、

「この人に対しては丁寧に接しよう」

というふうに思いだしますので接し方が変わります。

「自分の思い通りになるような自信のない人と付き合いたい」という人は、また別のところに自信のない人を探しに行くので自然といなくなります。

これで今度は、自分を大切にしてくれる人を引き寄せることに成功しましたね(*^^)v

 

 

最初のほうに書きましたが、大事なことなのでもう一度。

「自分を大切にしてくれる人を引き寄せることができたら→自信が持てる」

ではなく、

「自信を持つことができたら→自分を大切にしてくれる人を引き寄せることができる」

の順番です。

そして自信を持つために、まずは自分で自分を大切にする。

自分を大切にすればするほど、のちのち自分を大切にしてくれる人もたくさん引き寄せられてくるはずですよ(*´ω`*)

 

 

そういえば以前「自分を満たす」という記事を書いたことがあります。

今回の「自分を大切にする」と似ていますので、こちらの記事もよければ読んでみてください↓

☆まず自分を満たすと言われても、何をすればいいの?☆

 

 

自分を大切にしてくれる人を引き寄せたいなら、まずは自分で自分を大切にする。

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

引き寄せで、良い気分になれない原因はなに?

薔薇

 

引き寄せたいけど、良い気分になれない?

 

今回は「良い気分になれないとき」についてです。

引き寄せではよく、

「いつでも良い気分でいましょう。

そうすれば、さらに良い気分になれるようなことが引き寄せられてきます」

と言われています。

しかし、なかなか良い気分になれないと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では、良い気分になれない原因についてお話していきます。

 

 

良い気分になれない原因は、ごく単純

 

良い気分になれない原因は何か?

これって実はものすっご~~~~~~く単純で、

「良い気分になれないようなことをしているから」

です。

 

 

たとえば、AさんはBさんのことが好きで、Cさんのことは嫌いだとします。

当然、好きなBさんと一緒にいるほうが良い気分になれますよね。

しかしここで、

「人を嫌うのは良くないことだから…」

「お付き合いを大事にせねばならないから…」

といった理由で、嫌いなCさんと一緒にいることのほうを選んで「良い気分になれない」となることがあります。

 

 

似たような経験、あなたにもありませんか?

疲れていて本当は休みたい、休めば良い気分になれるはず。

しかし「怠けるのは良くないことだから」とつい頑張ってしまい、

「辛い、良い気分になれないよ…」と思ったりしたことがあるかもしれません。

 

 

このようにして人ってついつい、

「わざわざ良い気分になれないほうを選んでおきながら、良い気分になれないと悩む」

ことがあります。

良い気分になれないほうを選んでいるのだから、良い気分になれないのは当たり前。

しかし、案外とこの当たり前のことに気づかずにやってしまっている場合が多いように思います。

 

 

引き寄せでありがちな「悲しんではいけない」という誤解

 

中でも特に多いのが、

「悲しいときや苦しいときに、無理やり良い気分になろうと頑張ってしまう」

というものです。

 

 

良い気分でいましょうという言葉を聞いて、

「引き寄せをやるなら悲しんではいけないんだ、辛いと思ってはいけないんだ」

と思い、自分の悲しみをグッと抑え込んでしまう方もいます。

しかし、そうして抑え込むことで悲しみはなくなるのか?

ちゃんと良い気分になれるのか?

というと、むしろそうして抑え込んだほうがよけいに悲しく辛くなってしまわないでしょうか?

素直に悲しいときは悲しいと泣ける状態と、それさえもできない状態。

どちらが気分がマシかと言えば前者はなず。

それなのに、より気分が悪くなる後者を選び「良い気分になれない…」とやってしまっています。

本人は引き寄せをうまくやるために良かれと思ってやっているのですが、

残念ながらそれが仇となってしまい、引き寄せがうまくいかなくなっています。

 

 

引き寄せの「良い気分でいましょう」とは、

「あえて気分が悪くなるほうを選び、その中で気分良くあろうと努力しましょう」

という意味ではありません。

「気分が悪くなるほうなど選ぶのはやめましょう。

嫌いなCさんより好きなBさんと一緒にいましょう。

休みたいなら休みましょう。

悲しみたいなら悲しみましょう」

ということです。

 

 

これを読んで、

「うわぁぁ、あえて嫌なほうを選んで良い気分になれないって言ってたわ…!」

と思った方は、これからはそれをやめるように心がけてみてください。

少しずつで構いませんから、単純に、純粋に「自分の気分が良くなるほう」を選んでくださいね(*´ω`*)

 

 

良い気分になれないのは、良い気分になれないようなことをしているから。

わざわざ辛い状況を選んで気分良くあろうと努力する必要はありません。

そうして辛い状況を選ぶのをやめることが「良い気分でいる」ということです。

 

 

「良い気分でいる・ポジティブでいる」についての関連記事です。

こちらも読んでいただけると嬉しいです↓

自分軸に戻るほど、引き寄せる力は強くなる

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

自分軸に戻るほど、引き寄せる力は強くなる

花

 

引き寄せで、自分軸ではなく他人軸に?

 

今回は、前回の記事に引き続き「自分軸と他人軸」についてです。

引き寄せに取り組んでいる方を見ていると、

「引き寄せで自分軸に戻っていくどころか、むしろ以前より他人軸になってしまって苦しんでいる方もいるようだな」

と思うことがあるので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

自分軸を失うほど、引き寄せられなくなる

 

これを見ているあなたは、何のために引き寄せに取り組んでいるのでしょうか?

お金持ちになるため?

素敵な恋人を見つけるため?

もちろん、そういったものを望むのはぜんぜん悪いことじゃありません。

ほしいものはどんどん望んでほしいです(*´ω`*)

しかし、何か叶えたいものがあるのならばだからこそ、

「叶えるために引き寄せに取り組むぞ!」

というよりも、

「自分軸になるために取り組もう」

と思ったほうが、結果的に叶うのは早いと思います。

 

 

そもそもお金持ちになれないのは、素敵な恋人がいないのは、人生で望むことが叶わないのはなぜなのでしょうか?

というとその原因は、

「他人軸になっているから」

だと思います。

たとえば、自分の「これをやってみたい」という本音より、他人の「そんなことできるわけないよ」という意見を優先して従ってしまったり。

本音では「あれはやりたくない」と思っていても「でも、やらないと周りからなんて思われちゃうか…」ということが気になって渋々やってしまったり…。

こうして他人のことを優先すればするほどに自分の本音は後回しになってしまい、望む人生とは違うものになっていってしまいます。

 

 

引き寄せでは、そうして他人軸になってしまい苦しい思いをしている方が、自分軸に戻れるようになるためのことを色々と伝えています。

引き寄せメソッドと呼ばれるものも色々ありますが、これらも全て自分軸を取り戻すためのもの。

引き寄せに取り組むことで、徐々に他人よりも自分の本音を大事にできるようになり、その結果として望み(お金や恋人etc.)を実現していけるようになります。

(※「他人より自分の気持ちを大事にする」というのは「わがままになる」こととは違います)

 

 

引き寄せようとして、かえって自分軸がぶれていく

 

しかし冒頭に書いたように、自分軸を取り戻すための引き寄せで、逆にさらに他人軸になってしまう方もいらっしゃいます。

たとえば、引き寄せでよく言われる「ポジティブでいましょう」という言葉。

これを聞いて、

「叶えるためにはポジティブでいなきゃいけない、本当は悲しいけど悲しんじゃいけない…。

引き寄せで願いを叶えた人がそう言ってるんだから、言われたとおりにポジティブでいなきゃいけない…!」

となってしまうことがあります。

これって「本当は悲しい」という自分の本音を無視してまで、人から言われたことを優先しそれに従おうとしていますよね。

こうなっていることに気づかないと、

「人生を楽しくしたくて引き寄せを始めたのに、なぜか始めてからのほうが辛い気がする…」

と感じたりします。

 

 

引き寄せで「自分の本音を無視してでも教えに従いなさい」と言われることはありません。

何かしら解釈違いをしてそう言われていると受け止めてしまったのだと思いますが、

自分軸になるための引き寄せで、自分軸を捨てるように勧めることなどありえません。

もしあなたがいま、「叶えるために…」と自分の本音を抑えているのであれば、まずはそれをやめてみてください。

やめたほうが、きっとうまくいきますよ(*´ω`*)

 

 

★お知らせ★

 

先日「自愛」についてのnote記事を発売しました。

「そりゃ私だって本音を抑え込むのをやめたいけど、できない…」

「自分軸になろうとか自分を大切にしようとかって、具体的にどうすればいいの?」

「自分の気持ちを優先するって、わがままってことじゃないの?」

という方の参考になると思います。

興味のある方はぜひご覧ください。

 

 

引き寄せで「他人軸になれ」と言われることはありません。

「引き寄せるために…」と本音を抑え込んでいるのならば、それをやめてみましょう。

 

 

ちなみにこの記事を読んで、

「えっ、ポジティブでいましょうってネガティブになっちゃいけないって意味じゃないの!?」

と思った方は、以下の記事をどうぞ。

ネガティブは、潜在意識からの大切なサイン

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

自愛のやり方がよくわからない方へ

愛

 

こんにちは、岡野真です(*^人^*)

本日は、note記事の販売開始のお知らせです。

 

引き寄せではよく、

「自分を許しましょう、自分を許せばうまくいく」

「自分を愛せない人に他人は愛せません、まずは自分を愛しましょう」

というふうに言われます。

これを聞くと、なんとなく「そうなのかな…」という気がしつつも、

「でも自分を許すって、愛するって…何なのかわからないんだけど…」

「自愛しましょうって言うから自分なりにしてみたけど、全然引き寄せなんて起きなかった」

という方も多いのではないかと思います。

今回のnote記事では、

 

☆そもそも、いま現実がうまくいっていない理由

☆自分を許す・愛するとはつまりどういうことなのか

☆自愛に関する誤解や、うまくいかないときに気づかずにしてしまっていること8点

☆自愛のやり方2種類と、それをやるときのポイント
☆自愛に関するQ&A

 

これらについて解説しました。

 

本来、自愛にはスポーツのルールのように、

「全員がこのやり方に従ってやってください」

というようなハッキリした決まりはありません。

そのため基本的にはどのようにしても自由なのですが、

「自由に自分を愛してね」

ではあまりに漠然としていて、何をしていいのかわからず困ってしまうと思います。

そこで、私が以前にやっていたやり方と、いま現在やっているやり方の2種類をご紹介しました。

どちらでもお好みのほうを試してみてください。

やっている途中で、

「あ、ここをこうしたほうがもっとやりやすいかも!」

と思うことがありましたら、自由にアレンジしてくださって構いません。

 

自愛をしている最中に、

「なんだかうまくいかないな?」

「なぜか、自愛をする前より苦しい感じがしてきた…」

と思ったときには、記事に書いた8点をご確認ください。

その8点のうちのどれかに当てはまっているため、うまくいかなくなっている可能性が高いです。

改善すればスムーズに進むようになると思います。

 

Q&Aでは、以前にアンケートフォームから送っていただいた自愛についてのご質問にお答えしています。

(ご質問というよりは、感想や近況報告が書かれているものもありましたので、そちらは省略させていただきました)

ちなみに圧倒的に多かったご質問が、

「自愛することと自分を甘やかすことの違いがよくわからない」

「自分を許したらわがままになるのでは?自堕落になるのでは?」

というもの。

「そうそう、私もそこが引っかかってるんだよ!」

という方はぜひ回答を参考になさってください。

 

あなたが自分を愛せるようになり、より良い現実を作れますように( ⁎ᵕ人ᵕ⁎ )♡

 

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

1 2 3 38

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ