決め続けることで、潜在意識は変化する

花

 

潜在意識は「決める」と願いを叶えると言うけれど…

 

今回は「決め続ける」ことについてです。

潜在意識のお話だと、

「願いは叶うのだと決めると、叶う」

とよく言われます。

そう決めることで、潜在意識が叶える方向へと動き始めるからですね。

しかし、

「一旦叶うのだと決めても、その気持ちがすぐにブレてしまう。

これでは潜在意識が、叶える方向に行くのをやめてしまう…どうしよう…」

という方も多いのでは?と思います。

そのような方へ向けて、詳しくお話していきます。

 

 

「ブレるのは悪いこと」という前提を手放す

 

まず、

「一旦叶うのだと決めても、その気持ちがすぐにブレてしまう…」

↑これをさも悪いことのようにとらえて悩む方もいらっしゃいますが、私は、

「決めたあと、ブレるのなんて当然じゃない?

ブレない人がいたら、そっちのほうがなんかおかしい」

と思います。

よっっっっっっっっぽどのド根性でもある方ならば、

「一旦決めたら頑としてブレない」

などという芸当もできてしまうのかもしれませんが、少なくとも私はできません。

普通にブレますし、「そういうもんだ」と思っています。

なので、みなさんも「そういうもんだ~」と思ってみては、いかがでしょうか?

 

 

「叶うと決められずに諦めてしまう」

という方は多いのですが、私が見ている感じだと、

『叶うと決められずに』諦めてしまう」

というよりも、

『叶うと決めたあとはブレてはいけないというマイルールを作り、そのルールを守れなかったことにガックリきて』諦めてしまう」

というふうになってしまっている方も多いように思います。

「ブレてはいけない」などというルールを設けるから辛くなります。

「そもそも、そんなルールはない」

ということに気づき、「ブレて当然だ」という前提にしたほうがいいかな?と思います。

 

 

決め続けることで、潜在意識は「叶える方向」へ動く

 

しかしそうはいっても、一旦ブレたあとそのままにしてしまっては、

潜在意識が願いを叶える方向に行かないままになってしまいますよね。

なのでブレたら、もう一度叶うのだと決める。

その後にまたブレるかもしれませんが、

「わわわー、ブレた、どうしようー」

とか思わず、

「あ、ブレたな」

とだけ思い、また決める。

そうして、ブレるたびに決め続ける。

これを繰り返していってください。

決め続けるうちに潜在意識は、どんどんスムーズに叶える方向へと動くようになっていきます。

潜在意識が叶える方向に行けば行くほど、ブレる頻度も少なくなってきますよ(*^^)v

 

 

マラソンランナーのように、短く決め続ける

 

どこかで、

「マラソン選手はスタート時に、

『よし、あと42.195キロ走るぞ!』

とは思わない。

それだと嫌になるので、

『あの電柱のところまで頑張って走ろう』

と決め、実際にその電柱まで来たら、

『次はあの信号までは頑張って走ろう』

と決め…というふうに、小刻みに決め続ける」

と聞いたことがあります。

「長距離を走る」というよりも「短距離走を繰り返す」という感じですね。

 

 

なんとなくですが、このマラソンの話と似ているかな?と思います。

「よし、叶うと決めたら、この先一切ブレないぞ!」

なんて思うと、それだけで嫌になります。

やる前から「できるかな…」と息切れするような気持ちになりますよね。

それよりは最初から、

「私がブレるのは当然、それの何が悪い」

という前提で、

「だから、叶うと決めるのは短時間でもいいんだもんね~。

しばらくしてブレたって、またそこで決めればいいだけなんだもーん」

という気持ちで、小刻みに決め続けるほうが楽かと思います。

「長時間決める」わけではなく「短時間決めることを繰り返す」

この感じで取り組んでみてください、応援しています!(*´ω`*)

 

 

「ブレて当然」というつもりで、小刻みに決め続けるようにしてみてください。

決め続けるうちに、潜在意識はどんどん叶える方向へと動き始めていきます。

 

 

「決める」に関連する記事を載せておきますので、以下もご覧になっていただけると嬉しいです↓

決めると叶うはずが、叶わないんですけど…?

幸せになると決めると、潜在意識が願いを叶える

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

「今にいる」ことで、潜在意識は働きだす

花

 

今にいることと、潜在意識の関係について

 

今回は「今にいる」についてです。

潜在意識を使ううえで、あなたが「今にいること」はとても大切なことだと思いますので、今回は、

 

①「今にいる」とは、具体的にどういうこと?

②なぜ潜在意識を使うときに「今にいる」ことが大事なの?

③「今にいる」ためには、何をすればいいの?

 

の3点について、詳しくお話していきます。

 

 

「今にいる」とは「今に集中している」ということ

 

まずは、

「①『今にいる』とは、具体的にどういうこと?」

についてです。

 

 

これは、

「今ここ、目の前のことに集中している状態のこと」

と言いかえると、わかりやすいかなと思います。

当たり前のことですが、あなたの「体」は今ここにいますよね。

しかし体が今ここにいるとしても、

「あのとき、なんであんな失敗しちゃったんだろう…」

と過ぎたことを後悔しているのであれば、あなたの「心」は今にいるのではなく過去にいるということ。

「あー、明日はどうなるだろう、心配だな…」

と先のことを憂えているのであれば、あなたは今にいるのではなく未来にいるということ。

そうして過ぎたことを悔やんだり、まだ起きていないことを憂えるのではなく、今目の前のことに集中するように…という意味で、

「今にいるように」

と言われています。

 

 

今にいるときにしか、潜在意識は未来を良くできない

 

では次に、

「②なぜ潜在意識を使うときに『今にいる』ことが大事なの?」

についてです。

 

 

これは、

「潜在意識に変えられるのは『今』だけだから」

です。

ときに、

「潜在意識が未来を変えてくれる(または過去を変えてくれる)

と言われるので、まるで潜在意識には、未来や過去を変えるパワーがあるかのように思っている方もいるかもしれません。

たしかに未来・過去を変えることもできるのですが、これは、

「まず、今ここの状態をより良くする。

その結果として、未来(過去)を変えることができる」

という意味です。

さすがの潜在意識にも、未来・過去を「直接的に」どうこうはしようがないんですね。

 

 

潜在意識は、

「より強く意識を向けていること」

に反応して働きます。

あなたが未来・過去よりも、今にいる(今目の前のことに意識を向けている)のであれば、

「では、今目の前のことをもっと良くしてあげようぞ」

というふうに、潜在意識は働くことができます。

 

 

しかしあなたが今ではなく、未来・過去のほうに強く意識を向けていたら?

「いくらなんでも、目の前に存在してもいないものはどうにもできんで(´・ω・`)」

と、潜在意識はここでストップしてしまいます。

こうしてストップしている方はぜひ、未来や過去よりも今に意識を強く向ける…「今にいる」ようにしてみてください。

 

 

潜在意識は「今にいる」ならば、どうとでもしてくれる

 

では最後に

「③『今にいる』ためには、何をすればいいの?」

についてです。

これは、

 

①好きなことをする

②呼吸を整える

 

この2つを試してみてほしいと思います。

 

 

まず、

「①好きなことをする」

についてですが、人はわざわざ、

「今にいるんだ!今に集中するんだ!」

などと思わずとも、自分の好きなことをしているときには、勝手に目の前のことに集中してしまっているものです。

嫌なことを渋々やりながら、

「どうやれば今にいることができるの?」

と考えているよりは、好きなことをしたほうが手っ取り早く今にいられるようになると思います。

 

 

とはいえ、ときには嫌なこと・面倒なことをしなければならないことだってあるでしょう。

そういうときには、

「②呼吸を整える」

をやってみてください。

ゆーっくりと10回くらい、息を吸って吐くことだけに集中してみます。

やったことのない方は「そんなの嘘だー」と言いたくなるかもしれませんが、

しっかりと「吸って吐く」のみに集中すると、そこからぐんと目の前のことへの集中力が上がり「今にいる」ができるようになります。

呼吸にはそういう効果がありますので、引き寄せでは瞑想がすすめられることもよくありますね。

 

 

こうして、ぜひ「今」に戻ってきてください。

今のことならば、潜在意識は大概のことはどうとでもしてくれますから、うまくいくようになりますよ(*^^)v

 

 

潜在意識に変えられるのは「今」だけです。

なるべく今にいるようにしてください。

 

 

瞑想についてのコンテンツもありますので、よければご覧になってみてください↓

 

 

「今」に関連する記事はこちらです↓

引き寄せの「今を楽しむ」ができない方へ

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せの「自分を信じる」ができない方へ

雫

 

自分を信じると良い引き寄せが、と言われても…

 

今回は「自分を信じる」ということについてです。

自分を信じましょう、というのは引き寄せだとよーく出てくる言葉ですが、

「そうは言われても、その『自分を信じる』というのができないんですけど…」

と思う方もいるのではないでしょうか?

では、どうすれば自分を信じることができるようになるのか、詳しくお話していきます。

 

 

「自分を信じる」とは、わりと単純なこと

 

自分を信じるには、どうすればいいのか?

これはあまり難しく考えず、単純に、

「私だったら、どんな人のことなら信じるだろうか?

と考えてみてください。

 

 

ではでは、あなたはどんな人のことだと信じることができるでしょうか?

これは、

「言ってることとやってることが一致している人」

ではないでしょうか?

反対に、

「この人、言ってることとやっていることが違うんだよね…」

という人のことは、どうにも信用できないものだと思います。

ならばそれを自分にも当てはめて、

「自分でやると言ったことはちゃんとやる」

「やらないと決めたことはちゃんとやめる」

を心がけるといいですね。

「そんな単純なものか?」

と思われそうですが、実際にやってみると、

「あ、本当にそんな単純なものだった」

と気づくと思いますよ(*´ω`*)

 

 

小さなことでも、のちに大きな引き寄せにつながる

 

いま、

「ええ…やると言ったことはやる…やだな、大変そう…」

と思った方は、なにかよほど大きなことをやらなきゃいけないと考えたのかもしれません。

でも、大きなことではなくて構いません。

人に対して信じられる・信じられないを判断しているときにも、

そんなに大きなことではなく、日々の小さな行動を見て判断していませんか?

たとえば、

「この人は『明日返事するね』と言うけど、翌日に返事してこないんだよな~」

とか、そんなようなことですよね。

「どでかいことをやると言って、実際にそれを成し遂げているか否か」

で判断はしていないと思います。

そもそもそんなどでかいことって、日常でそうそう目にはしないですしね(;^ω^)

同様に、自分の言動と行動を一致させるというときにも、小さなことで構いません。

「靴を揃えて脱ぐと決めたから、揃えて脱ごう」

とか、そんなことでいいんです。

 

 

人に対して、

「この人は、言ったことをちゃんとやる人だ。だから信じることができる」

と思うのと同じく、自分でやると決めたことをやっていると、

「私は、言ったことはちゃんとできる人間だ」

と自己肯定感が上がっていく…つまり、自分を信じることができるようになっていきます。

そうして少しでも自分を信じることができるようになると、

「もっと大きなことでもできるかもしれない」

というさらなる自信にもつながっていきますし、

「もっと、自分を信じることができそうなこと」

も、引き寄せられて起きてくるようになってきますよ(*^^)v

そうして徐々に大きな引き寄せにつながり、最終的には、

「そんなの日常でそうそう目にはしないわ~」

というような大きなことまで、成し遂げられるようになるかもしれませんね(*´ω`*)

 

 

「引き寄せるために自分を信じるんだ」ではない

 

ちょっと気をつけてほしいのが、

「自分を信じると、良い引き寄せ(良い出来事)が起きる」

のであって、

「良い引き寄せをするために、自分を信じるんだ!」

ではあまりうまくいかない、ということです。

前者は自分を変える(自分を信じる)ことにフォーカスしているのに対し、後者は現実を変えることにフォーカスしていますね。

引き寄せは、

「現実が先に変わることはない、まず先に自分を変える必要がある」

というものですから、まずは自分を変えること・自分を信じることに意識を向けてください。

 

 

「現実を変えるという目的を達成するための手段として、自分を信じる」

ではなく、

「自分を信じるという目的を達成すれば、その副産物として現実が変わる」

です。

「自分を信じる」とは、手段ではなく目的ですよ(*´ω`*)

 

 

言動と行動を一致させるように心がけていくうち、自分に対して、

「この人は言ったことはやる人だ、信じられる人だ」

という思いが育っていき良い引き寄せが起きてきます。

「自分を信じることは、手段ではなく目的だ」

ということも意識しておくと、さらにうまくいきやすくなります。

 

 

ちなみに、

「うぐぐ、確かに引き寄せだと『現実は先に変えられない』ってよく言うけど…。

なんで先に変えられないの?変えたいんですけど…」

と思った方は、以下の記事をどうぞ↓

現実を変えられないのは、なぜ?

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せは「自分を認める」ことで起こりだす

花

 

「自分を認める」ことと「引き寄せ」の関係とは?

 

今回は「自分を認める」ということについてです。

ときに引き寄せでは、

「自分を認めると、良い引き寄せが起きる」

「ありのままの自分を認めましょう」

というふうに言われることがあります。

しかし、

「なんで自分を認めると、良い引き寄せが起きるの?どう関係してるの?」

とか、

「自分では自分を認めているつもりなのに、別に良い引き寄せなんて起きないんですが…」

という方もいらっしゃるかと思いますので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

そもそも、なぜ今は良い引き寄せが起きていないのか?

 

ではまず、

「そもそも、なぜ今は良い引き寄せが起きていないのか?」

についてお話します。

なぜかというと、

「自分というものを過小評価、または過大評価しているから」

です。

 

 

たとえばテストが98点だったときに、

「100点じゃないなんて、0点なのと同じだ…私はダメだ…」

と思ったとします。

実際にはかなりの高得点だというのに、これではちょっと自分を過小評価しすぎですね。

しかし、引き寄せはその人の「評価(思い)」が現実化するというもの。

実際にはダメじゃなくても、その人自身が「ダメだ」と評価しているのであれば、その評価が現実化し、

「もっと『私はダメだ』と思うことができる現実」

が作られてしまいます。

これではどれだけ頑張っても、ダメだという思いに苛まれて苦しむことになります。

 

 

逆に、テストが0点なのに、

「本当は私はもっとできる奴なんだぞ!今回こうなったのは、私のせいじゃないんだ!」

というふうに思う場合。

これは「実際には良い点を取る学力がない」という事実から目を逸らし、自分を過大評価(正当化と言ったほうがいいかな?)しすぎていますね。

こうした「私は悪くないもん!」という評価も現実化しますので、

「もっと『私は悪くないもん!』と思うことができるような現実」

が作られてしまいます。

こちらはこちらで問題(テストが0点)が改善されることがなくなり、

その問題をずっと人のせいにして生き、苦しむことになります。

このように、「自分に対する過小評価or過大評価」のせいでうまくいかなくなっているということは、とても多いものです。

 

 

そのままの自分を認めることで、良い引き寄せが起きる

 

なので、このような「過小評価or過大評価」をすることなく、そのままの自分を認めるようにしてみます。

「誰がダメだと言おうと、私は実際に98点を取った。それが私の実力なのだ」

とか、

「誰がダメじゃないと言ってくれたとしても、私は実際に0点を取った。それが私の実力なのだ」

というふうにです。

例としてテストの点を挙げていますが、その他のどのようなときにも、このような感じで自分を認めていってください。

 

 

過小評価をしていた場合、それをやめて自分を認めることで、自己肯定感が上がります。

「私はこれでいいんだ、価値があるのだ」

という思いが強くなりますので、その思いが現実化し、

「ほら、やっぱり私はこれでいいんだ!」

という現実につながります。

過大評価をしていた場合には、それをやめて自分を認めることで、依存心が克服されます。

「問題をちゃんと自分で解決しよう」

という思いが強くなりますので、その思いが現実化し、実際に問題を自分で解決できるようになります。

このようにして良い方向に行くようになるので、

「自分を認めるようにしましょう」

と、引き寄せではよく言われます。

 

 

「自分を認める=自分に都合の悪いことも認める」

 

自分を認める際、忘れないほうがいい大切なことは、

「自分にとって、都合の悪いことも認める必要がある」

ということです。

「自分を認めるようにしているけれど、良い引き寄せが起きない」

という方もいらっしゃるのですが、そのような方を見ていると、

「過小評価をやめようとはしているが、過大評価をやめようとはしていない」

という場合が多いです。

 

 

「誰がなんと言おうと、私はよくやったのだ」

そうして自分を認めること(過小評価をやめること)は、比較的容易です。

しかし、過大評価をやめるのはなかなか簡単なことではありません。

「私は、自分で思っているほど能力はない」

「私は、自分で思っているより傲慢だ、卑怯だ、身勝手だ」

そういったことを認めるのは気持ちの良いものではないですから、なんとかそれを認めずにすまそう、自分を正当化しようとしてしまいがちです。

そうすると上に書いたとおり、

「自分で問題を解決しよう(もっと謙虚になろう、公正であろう、人のことも考えようetc.)

という気持ちが育たず、物事がうまくいかないままになります。

 

 

自分を認めるようにしているのにうまくいかない、という方は一度、

「私は、都合の悪いことは認めまいとしているのではないか?」

と自分に問いかけてみると良いと思います。

そのような問いかけをすること自体、あまり気分の良いものではないでしょうが、やる価値は大いにあると思いますよ(*^^)v

 

 

自分を認めるとは、自分の過小評価or過大評価をやめるということ。

自分を認めるようにしているのに良い引き寄せが起きないという場合は、

「過大評価を続けてしまっているのでは?」

と確認なさってみてください。

 

 

「自分を認めるように」と似ていますが、ときに「自分を満たすように」と言われることもあります。

満たすことについて書いた記事もありますので、よければこちらもご覧になってみてください(*´ω`)

自分を満たせと言われても、具体的に何をすればいいの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せの「過去は関係ない」って、どういう意味?

ブルーローズ

 

引き寄せの「今と過去は関係ない」とは?

 

今回は「過去は関係ない」についてです。

引き寄せではときどき、

「過去に何が起こったかは、今とは関係がありません」

というふうに言われることもありますが、これを聞くと、

「いやいやいや、過去と今が無関係なわけないよね!?」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

はてさて、過去は関係ないだなんて一体どういうことなのか?

これについて、詳しくお話していきます。

 

 

引き寄せの「過去は関係ない」は考え方の話

 

私は、過去と今は関係していることも多いと思います。

たとえば、

「昨日台風が来たから、今日は庭の花が折れている」

というとき、これって過去に起きたこと(台風)が、今に影響を及ぼしていますよね。

なので、

「実際のところ、過去は関係あるでしょう?」

というと、その通りだと思います。

(ただし、本人が「関係ある」と思い込んでいるだけで、実際にはまったく関係ないケースもありますが)

 

 

ただ、引き寄せの「過去は関係ない」というのは、

「実際のところ、本当に過去は関係ないから関係ないと言っているのですよ」

ということではありません。

そうではなく、

「実際には関係あることもありますよ。

でも、『関係ある、関係ある!』と言ってその関係にとらわれていても、今後が良くなっていくわけではないですよね?

ならば『関係ない』と考えることにしましょうよ」

ということです。

「実際にどうか」の話ではなくて「考え方」の話です。

 

 

引き寄せは、「考え方」が「実際にどうか」に影響していくという法則です。

今の時点では今と過去に関係はあっても、あなたが「関係ない」と思うことで今後その関係は切れ、実際に本当に関係はなくなります。

 

 

「過去は関係ない」という心持ちが、現実になる

 

「過去は関係ないと思考すれば、のちに本当に関係なくなる」

これは簡単な例で言うと…そうですね、では昨日の台風でAさんとBさん、両方の庭の花が折れたとします。

Aさんは、

「あぁ、台風なんか来たから…大事な花が折れちゃった…台風のせいで…台風のせいで…」

と、過去に強くとらわれました。

Bさんは、

「あぁ、大事な花が…。

でもまぁ、もう終わったことだし仕方ない、過ぎたことは関係ないや」

と気持ちを切りかえました。

 

 

おそらくAさんは今後「ふさぎこむ」などの行動を取り始め、

Bさんのほうは「新しい花を育てる」などの行動を取り始めるでしょう。

そうして両者の行動に違いが出はじめます。

そのまましばらく経つと、どうでしょう?

Aさんの庭の花はなくなり、Bさんの庭には花が咲くようになりますね。

Aさんは自分の庭を見て思います、

「やっぱり過去は関係あるよ。

実際にこうして、過去の台風のせいで花がなくなったじゃないか…」

Bさんは自分の庭を見て思います、

「やっぱり過去は関係ないね。

実際にこうして、過去に台風が来たってまた花を咲かせられたじゃないか」

 

 

花の例はパッと思いついたものにすぎませんが、どんなことでもそうです。

「過去は関係ある」と思考している人は、

「過去とのつながりが消えないような行動(Aさんの場合は「ふさぎこむ」という行動)

を取り始めるので、過去とのつながりが消えません。

「過去は関係ない」と思考している人は、

「過去とのつながりを断ち切るような行動(Bさんの「新しい花を育てる」という行動)

を取り始めるので、過去とのつながりが消えます。

 

 

引き寄せは「過去は関係ない」と思考することが先

 

ただし、こういった行動を取っている最中、

「私は今まさに!過去とのつながりを解消する行動を取っているッ!!」

とか自覚していることは少ないです。

(さすがに例に出した「花を育てる」程度のことだと、自覚を持てると思いますが)

自覚がないため、

「私は何もしていないのに、まるで何かに引き寄せられるかのように、望んだ現実がやってきた」

というような感覚に陥ることも多いです。

なので「勝手に引き寄せられてくる」とよく言われるのですね。

 

 

つい、

「過去が関係なくなったら、関係ないと思おう」

と考えがちですが、これでは引き寄せとは逆になってしまっています。

引き寄せは思考が現実になる法則なのですから、

「過去は関係ないと思えば、関係なくなる」

です。

逆にしないように気をつけてみてくださいね(*´ω`*)

 

 

引き寄せの「過去は関係ない」とは、

「実際に過去は関係ないので、関係ないと言っています」

という意味ではなく、

「過去は関係ないと考えるようにすれば、これから関係なくなっていきますよ」

という意味です。

「いま、実際にどうか」ではなく「いま、したほうがいい考え方」について話しています。

 

 

他にも「過去」に関する記事がありますので、よかったらこちらも読んでみてください(*^-^*)

「現実は過去」って、どういう意味?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

一喜一憂しないほうが、引き寄せはうまくいく

水

 

引き寄せ実践中に、一喜一憂してしまう…

 

今回は「一喜一憂しないほうがいいよ」というお話です。

引き寄せがなかなかうまくいかないという方は、動揺しやすい傾向にあるように感じます。

動揺して「叶う」と信じていられなくなるので、叶わなくなってしまうんですね。

私は、引き寄せでついつい一喜一憂してしまう…という方は、大きく分けて二つのタイプに分かれているように思います。

一つ目は、

「目の前の現実に一喜一憂してしまう」

というタイプ。

そしてもう一つは、

「自分の気分の変化に一喜一憂してしまう」

というタイプです。

この二つのタイプについて、それぞれお話していきます。

 

 

①「現実に一喜一憂」でうまく引き寄せられない

 

まず一つ目の、

「目の前の現実に一喜一憂してしまう」

というタイプについてです。

彼から連絡があればウキウキだけど、連絡がなければどん底の気分、

仕事がうまくいけばウキウキだけど、ミスがあればどん底の気分…というふうに、

目の前で起きていることに感情が激しく振り回されてしまうタイプですね。

 

 

これは前にも言ったことがあるのですが、

このようなタイプの方は、厳密には「現実」に振り回されているわけではなく、

「現実に対する自分の認識」

に振り回されています。

「仕事でミスをした」という事実ではなく、仕事でミスをしたという事実に対する自分の認識…たとえば、

「ミスなんてダメ人間のすることだ」

「ミスしたので人から笑われるに違いない」

などの認識のほうに振り回され、動揺している状態です。

 

 

しかし、自分では「私は自分の認識に一喜一憂している」という自覚はなく、

「私は現実に一喜一憂している」

と勘違いしています。

そうなると、

「では、自分が落ち着くためには現実をなんとかしなければならない」

ということで、認識ではなく現実を変えようとしはじめます。

しかし引き寄せは、認識を変えない限り現実が変わることもない、というものです。

ここでどうすることもできなくなり、えんえんと一喜一憂…となってしまいます。

 

 

「区別」で一喜一憂しなくなり、引き寄せはうまくいく

 

解決策としては、現実と認識をちゃんと分けて考えられるようになるといいですね。

まずは1日か2日ほど、目の前の物事を見て、

「これは現実、こっちは認識」

と区別するように心がけてみてください。

やっているうちに、

「あぁ、確かに私は、現実ではなくて認識に振り回されているんだ!」

ということが身に沁みてわかると思います。

 

 

そしてそのことがわかれば、

「なんだ、じゃあ認識を変えればいいだけじゃないか。

わざわざ現実を変えようとする必要なんて全然ないじゃん」

ということもわかります。

これで認識を変えることにちゃんと意識を向けられるようになり、一喜一憂は終わります。

「叶う」という気持ちをブレずに持っていられるようになりますし、

その気持ちをブレずに持っているならばちゃんと、叶うために必要なものが引き寄せられてきます。

これでうまくいきますよ(*´ω`*)

 

 

②「気分に一喜一憂」でうまく引き寄せられない

 

次に二つ目の

「自分の気分の変化に一喜一憂してしまう」

というタイプについてです。

こちらは、

「昨日はちゃんと良い気分で過ごせたのに、今日は落ち込んでしまった…あわわ…」

「あ、ネガティブなこと考えちゃった。どうしよう、やばい…」

と、自分の気分が上がったり下がったりすることに動揺してしまうタイプです。

 

 

引き寄せの「ポジティブでいましょう」といったお話を聞いて、

「常に気分を高く、明るい状態に保たねばならない」

「気分が上がったり下がったりするのは悪いことだ」

というような認識を強く持ってしまった場合に、こうなりがちです。

こちらも、

「気分の上がり下がりそのもの」

ではなく、

「気分の上がり下がりに対して持っている自分の認識」

のほうに振り回されているので、やはり自分の認識の問題です。

 

 

しかしこちらもまた、本人は「自分の認識の問題だ」と自覚していないために、

「気分の上がり下がりそのものをなんとかしよう」

としはじめます。

しかし人間、感情がある以上は気分が上がったり下がったりするのが当然のこと。

「気分を常に一定にする」などということは不可能ですので、ここでどうすることもできなくなり、一喜一憂を続けるしかなくなってしまいます。

 

 

認識変更で一喜一憂は終わり、引き寄せがうまくいく

 

解決策としてはこちらもやはり、認識をなんとかしたほうがいいですね。

「気分の上がり下がりが問題なのではない。

気分の上がり下がりに対して私が持っている、『上がり下がりをするのは悪いことだ』という認識を変えればいいだけだ」

ということを自覚し、その認識を変えていきます。

気分の上がり下がりに対して、

「そんなの、人間なら普通じゃない?」

という認識を持ったとしたならば、上がっても下がっても「そういうものだ」と思うので、動揺しなくなります。

一喜一憂せず「叶う」という気持ちを持ち続けていられるようになるので、引き寄せがうまくいくようになりますよ(*´ω`*)

 

 

一喜一憂してしまうという方は、

「現実」や「気分の変化」に一喜一憂しているのではなく、「自分の認識」に一喜一憂しています。

そのことに気づき、自分の認識を変えれば動揺せずにすみます。

 

 

この記事を読んで、

「でも、引き寄せではポジティブでいろって言うじゃん!気分が下がるのは悪いことじゃないの?」

と思った方は、以下の記事をどうぞ↓

ネガティブは、引き寄せるうえでの大切なサイン

ネガティブな感情を抱いても、引き寄せに支障はない

 

 

今回の記事でたくさん出てきた「認識」について、さらに詳しくはこちらです↓

「認識」のみが、願望実現を左右する

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識さん、叶ったり叶わなかったりしてるんですが…?

花

 

潜在意識の力をもってしても、叶ったり叶わなかったり…

 

今回は「願いが叶ったり叶わなかったりする理由」についてです。

引き寄せを実践していると、

「このことに関してはうまくいくのに、こっちのことに関しては全然うまくいかない」

「同じようなことを望んでも、叶うときと叶わないときがある」

というふうに、叶う叶わないにバラつきが生まれる場合があります。

まんべんなく何でも叶えば嬉しいのに、どうして叶ったり叶わなかったりするのか?

これについて、詳しくお話していきます。

 

 

叶ったり叶わなかったりの理由は、ふたつ

 

叶ったり叶わなかったり…になる理由としては、主に二つあると思います。

一つ目の理由は、

「潜在意識下にある認識に、偏りがあるから」

そして二つ目の理由は、

「潜在意識とは関係ないことを、叶った・叶わないと言っている」

です。

 

 

理由1:潜在意識下の認識が原因

 

まずは一つ目の、

「潜在意識下にある認識に、偏りがあるから」

についてです。

引き寄せは、潜在意識下にある認識が現実化するという法則でしたよね。

なので仮にあなたが、

「すべてのことはうまくいく」

という認識を持っているとするならば、そのとおりすべてのことはうまくいきます。

 

 

しかし、まんべんなく偏りなく「すべて」がうまくいくという認識を持っている方は、あまり多くないように思います。

だいたいの方は、

「私はお金には困らない、でも恋愛ではうまくいかない人間だ」

「私はご近所の人間関係はうまくいくんだけど、仕事の人間関係はうまくいかないんだよなぁ」

というふうに、

「これはうまくいく、しかしこれはうまくいかない」

という認識を持っているようです。

その認識がそのまま現実になるため、

「お金のことは叶うのに、恋愛のことは叶わないぞ?

なんでこうして叶ったり叶わなかったりするのかな?」

となります。

 

 

理由2:そもそも、潜在意識とは関係がない

 

次に二つ目の理由、

「潜在意識とは関係ないことを、叶った・叶わないと言っている」

についてです。

潜在意識とは関係ないことというと…たとえばですが、

「明日の天気を晴れにする」

などがそうですね、それはさすがの潜在意識にもできないことです。

仮に晴れたとしても、それは潜在意識の力で晴れたわけではありません。

 

 

しかしここで、

「潜在意識の力で、晴れてほしいという願いが叶ったんだ!」

と勘違いしてしまうことがあります。

そして、

「今度は雨になってほしいな」

と願ったところで、それを潜在意識が叶えるわけではないので、雨ではなく晴れになることもあります。

そうすると、

「ちゃんと願い通りの天候になることもあれば、そうじゃないこともある…。

なんで叶ったり叶わなかったりするの?」

と感じてしまいますね。

 

 

叶ったり叶わなかったりを、改善するためには?

 

…という感じで理由を二つ書いたのですが、

二つ目のほうは本人が「潜在意識と関係がある」と勘違いしているだけで、

実際には関係がありませんので、引き寄せの話ではないと言っていいかなと思います。

ちゃんと潜在意識が関係しているのは、一つ目の理由ですね。

 

 

では、一つ目の理由で叶ったり叶わなかったりしている場合、どうすれば改善できるのでしょうか?

これはもちろん、

「お金のことはうまくいくが、恋愛のことはうまくいかない」

といった認識を、

「お金のことはうまくいくし、恋愛のこともうまくいく」

へと変えればいいですね、それだけでOKです。

 

 

基本でありながらつい忘れがちになりますが、

「お金のことは叶うが恋愛のことは叶わない現実がある。

だから私はそう思っている」

のではなく、

「私はお金のことは叶うが恋愛のことは叶わないと思っている。

だから現実がそうなる」

です。

叶ったり叶わなかったりする現実を改善したいのであれば、

「現実」を改善しようとするのではなく、「自分の認識」を改善することほうに目を向けてみてください(*´ω`*)

 

 

潜在意識の力を使っても、願いが叶ったり叶わなかったりとバラつきがある。

これは潜在意識下に、

「Aはうまくいくが、Bはうまくいかない」

といった認識があるためです。

 

 

今回の記事にも出てきた「認識」は、引き寄せでとても大切なものです。

以下の記事もぜひ参考になさってみてください↓

「認識」のみが、願望実現を左右する

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は「デフォルト設定」どおりに動く

コントローラー

デフォルト設定に、潜在意識は従う

 

今回は、潜在意識のことをゲームのデフォルト設定に例えてお話してみようかな?と思います。

私はよく、

「潜在意識はあなたの認識を現実化する」

「現実化されるものを変えたいなら、認識を変えればいい」

と言っているのですが、なんだかピンとこない…という方もいるかもしれません。

もっと身近なゲームに例えれば、ちょっとはわかりやすくなるかも?と思いますので、ぜひ読んでみてください(*´ω`*)

 

 

潜在意識は、何をデフォルトにして動いているの?

 

ゲームって、開始する前にどのような設定にするかを決められますよね。

「ハードモードでやるぞー」

「画面は明るめの設定にしておこう」

「効果音はなしのほうがいいな」

…というふうに自分の好みに設定すれば、ゲームはそのデフォルト設定に従って進んでいきます。

あなたが何か努力したりしなくても、ゲームの機械が勝手にそのデフォルト設定を守り、ゲームを進めてくれますよね。

途中で、

「ぐわああハードモード難しすぎる…やめておけばよかった…」

とかどんなに思っても、デフォルト設定をハードにしている以上、ゲームはどうしたってハードモードのまま進みます。

 

 

では、これをあなたの人生に当てはめてみると…。

あなたの中には、

「私は○○な人間である」

「世間とは◆◆である」

「△△はするべきではない」

などなど、いろいろと「こういうものだ」と思っているものがあると思います。

潜在意識は、その「あなたが『こういうものだ』と思っているもの」をデフォルトの設定とし、それに従って動いていきます。

あなたが「私はいつも辛い目に遭うのだ」と思っているのであれば、

(あなたが「私はいつも辛い目に遭う」ということをデフォルトに設定してあるのであれば)

あなたが何か努力したりしなくても、潜在意識が勝手にそのデフォルト設定を守り、人生で辛い目に遭う機会を多くしてくれます。

途中でどんなに嫌だよーと思っても、それをデフォルトの設定にしている以上、人生はどうしたって辛い目に遭うまま進みます。

 

 

デフォルト設定を変えれば、潜在意識の動きも変わる

 

では、どうすればいいのか?

これはもちろん、

「デフォルト設定を変えればいい」

ですよね。

ゲームのデフォルト設定をイージーモードに変えてしまえば、あとは勝手に、機械がイージー設定で進めてくれます。

同様に、人生のデフォルト設定ももっとイージーなものに変えてしまえば、

あとは勝手に、潜在意識がもっとイージーに進めてくれます。

 

 

一度、あなたが「こういうものだ」と思っているものは何なのか、紙に書き出してみてください。

書き出されたものが、いま、あなたの人生でデフォルトとして設定されているものです。

その設定を、より好ましいものへと変えてください。

「いつも辛い目に遭う」を「いつもうまくいく」などに変えるだけでいいんです。

 

 

こう言うと、

「変えるって…具体的にどうすればいいの?」

と思う方がいそうなのですが、

「変えると決めるだけ」

です。

潜在意識のお話だとよく言いますよね、「決めるだけでいい」と。

よく言われるとおり、

「私は今後は、新しいこちらのほうをデフォルトとして生きていく」

と決めるだけでOKです、それで設定は変わったことになります。

あとは潜在意識のほうで、その新しい設定通りにやってくれます。

 

 

「潜在意識の動きが変わったら、デフォルト設定を変える」ではない

 

ちなみに、

「人生がうまくいったら、私はうまくいくという考えに変える」

という方もいらっしゃいますが、これは、

「ゲームが簡単になったら、私はデフォルト設定をイージーモードに変える」

と言っているようなものです。

「私がデフォルト設定をイージーモードに変えれば、ゲームが簡単になる」

の順番ですよね。

設定を変えることが先ですよー!(`・ω・´)

 

 

あなたが人生で、デフォルトに設定しているものは何ですか?

潜在意識は必ず、そのデフォルト設定に従って人生を進めています。

 

 

途中でちらりと出てきた「決めるだけでいい」について、詳しく書いた記事はこちらです↓

潜在意識は、決めるだけで本当に願いを叶えてくれるの?

 

 

「うーむ、ゲームのデフォルト設定に例えられても…よくわからんかった…」

という方は、以下の記事もご覧になってみてください。

こちらの記事ではゲームに例えない説明をしています↓

潜在意識は、条件付けのとおりに働く

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せは「覚悟を決める」ことが大切

花

覚悟を決めることで、引き寄せは起きる

 

今回は「覚悟を決める」ことについてです。

引き寄せを実践しているのに、なかなか良い変化がない…。

そのような方は、ちょっとばかり覚悟が足りていないのかもしれません。

「なんの覚悟を決めるといいの?」

ということについて、詳しくお話していきます。

 

 

まずは「引き寄せとは何か?」について

 

まず、基本の「引き寄せとは何か?」についての確認ですが、引き寄せとは、

「自分が正しいと信じていることが現実になる」

という法則です。

この「自分が正しいと信じていること」は、認識とか、前提とか、観念、信念、メンタルブロック、思い込み…などなどといった言葉で表現されますが、

今回は「信念」という言葉でいきましょう(*´ω`*)

 

 

引き寄せを「難しい」と感じる方もいるかもしれませんが、

実はそんなに難しいことを言っているわけではありません。

「信念(自分が正しいと信じていること)が現実になるんだよー。

じゃあ、現実になるものを変えたいなら、信念を変えればいいよね?

ということで、信念を変えましょうや」

という、ただそれだけのことです。

なので、

「そっかー、じゃあいま私が持っている信念、変えようっと♪」

とすんなり思える方ならば、すんなり現実が変わります。

 

 

未練が邪魔をして、覚悟を決めることができない

 

けれど多くの方は、すんなりとはそう思うことができないようです。

これまでとは違う信念に変えるということは、

「これまで自分が正しいと信じて生きてきたことを捨てる」

ということでもありますので、ここで、

「私がこれまで信じてきたことが間違いだったなんて、思いたくない。

これが正しいのだと信じたまま、生きていきたい」

といった、いまの信念を捨てることへの未練が出てくるのですね。

 

 

信念が変わらないのであれば現実が変わることもありませんので、

「いまの信念を変えたくない」

というのは、ひいては、

「いまの現実を変えたくない」

ということでもあります。

「現実は変えたいが、信念は変えたくない」

これは言いかえると、

「現実は変えたいが、現実は変えたくない」

ということ。

これでは矛盾していて、どうすることもできなくなります。

こうして、矛盾したままどうすることもできなくなっている方が、

「引き寄せを実践しているが、なかなか変わらない」

という方なのではないでしょうか。

 

 

良し悪しではなく、望むほうへと覚悟を決める

 

この矛盾を解消するには、

「これまでの信念を捨てるという覚悟を決める」

か、あるいは、

「これまでの信念を捨てないという覚悟を決める」

しかありません。

新たな人生を歩むことにするのか、それとも、これまでと同じ人生を歩むことにするのか。

その選択をしっかりとする必要があります。

これは、どちらを選ぶほうが良いとか悪いではありません。

あなたの好きなほうを、望むほうを、死ぬときに「この人生で良かった」と思えそうなほうを選択してくださいね(*´ω`*)

 

 

引き寄せで変化が起きない人は、いまの信念を捨てることに未練がある人。

捨てるのか捨てないのか、どちらかに覚悟を決める。

 

 

「引き寄せは難しいことは言ってないとか言うけど、難しいよ…」

と感じる方は、以下の記事へどうぞ↓

(※以下の記事では「信念」ではなく「前提」という言葉を使っていますが、同じ意味です)

引き寄せの話が難しいと感じる方へ

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

分離をやめれば、潜在意識が望むものを引き寄せる

チューリップ

 

潜在意識の話に出てくる「分離をやめろ」とは?

 

今回は「分離」についてです。

潜在意識のお話ではときに、

「分離するのをやめればうまくいく」

と言われることがあります。

はてさて、分離とは何なのでしょうか?

なぜ分離をやめると、うまくいくのでしょうか?

やめろと言われても、どうすればやめられるのでしょうか?

これらについて詳しくお話していきます。

 

 

分離は潜在意識ではなく、顕在意識がやっている

 

まず分離とは何なのか?というと、これは文字通りそのま~んまの意味で、

「分けて離すこと」

です。

 

 

私たちは普段、何気なく分離を行っています。

たとえば「空と大地」とか「朝と夜」とか、「自分と他人」「善と悪」「上と下」「右と左」「テーブルと椅子」「ナイフとフォーク」などなどなどなど…。

数えきれないほど多くのものを、別々に分けて考えています(分離させています)よね。

「分離」という言葉だといまいちピンとこない…という方は、

「区別」と言いかえると、わかりやすいかもしれません(*´ω`*)

ちなみにこのような分離は(区別は)潜在意識ではなく顕在意識が行っています。

 

 

分離するのをやめましょうと言われて、

「分離は悪いものなんだ、とにかくしないほうがいいんだ」

と思う方もいるのですが、とにかく分離をしなくなっちゃったら大変です。

朝と夜の区別とか、赤信号と青信号の区別とかがつかなくなっちゃったら困りますよね。

分離したほうが便利なときもたくさんあるのですから、やたらと分離をやめようとする必要はありません(*^^)v

 

 

分離しすぎると、潜在意識が苦しみを引き寄せる

 

ただ、分離は「しすぎると」苦しくなってきます。

たとえば、自分のことを「良いところ」と「悪いところ」に分離してしまい、悪いところのほうだけを見て、

「私ってば、なんてダメなんだ…」

と苦しくなったり。

その「悪いところ」をもっともっと細かく分離して、

「完璧主義だし、引っ込み思案だし、怠け者だし…ああだしこうだし…うぐぐ…」

とさらに苦しくなったり。

自分と他人を細かく分離しすぎて、些細な違いがものすごく気になって、

「私のほうがこの点でも、あの点でも、その点でも劣っている!うわーん!!」

と苦しくなることもありますし…。

いま、

「お、お、おお…思い当たる…。

そうか、そうやって苦しいのは分離のしすぎのせいだったのか…」

と思った方もいるのではないでしょうか?

 

 

そう、分離は適度ならば便利ですが、行き過ぎると苦しいもの。

そうして苦しみを感じていると、潜在意識はさらなる苦しみを引き寄せてしまいます。

けれど行き過ぎた分離をやめたとき、あなたの中から苦しみが消えます。

そうすれば潜在意識も、苦しみを引き寄せようなんてことはしなくなるので、

「分離をやめれば、うまくいく」

と言われています。

 

 

分離に気づけば、潜在意識は望むほうに働く

 

では、分離をやめるためにはどうすればいいのでしょうか?

これは、

「分離していることに気づき、客観視する」

ようにしてみるとよいと思います。

潜在意識のお話では、

「エゴに気づけば、そのエゴは力を失う」

「エゴに呑み込まれていると苦しいけど、エゴを客観視しているときは苦しくない」

というふうに言われることがありますが、分離もエゴなので、エゴに対処するときと同じでいきましょう(*^^)v

 

 

苦しくなったときにはまず、

「私は、何と何を分離させているのだろう?」

と考えてみてください。

そうすると、

「どうも、AとBを分離させているようだな」

と気づくと思います。

 

 

それに気づいたら次は、

「AとBを同じだと思おう!」

…と頑張る方もいますが、そのように頑張る必要はありませんので、

「私はいま、AとBを分離させているな~。

ほうほう、確かに2つを別々にして考えているよなぁー。

ほっほーう、ここから苦しみが生まれるわけですなぁー」

みたいな感じで、分離を客観視してみてください。

こうしてその分離と距離を取れているのであれば、苦しくなることはないと思います(*´ω`*)

 

 

分離は適度ならば便利ですが、行き過ぎると苦しくなってしまいます。

行き過ぎた分離をやめたいときには、その分離を客観視してください。

 

 

「ちょっと待て、『エゴに気づけばそのエゴは力を失う』とか初めて聞いたんだけど…」

という方は、以下の記事をどうぞ↓

気づけばいいって?よくわからないんですけど…?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ