潜在意識の「なったふり」と「なる」ってどう違うの?

蓮

 

なるとなったふりは違う、とよく言うけれど…。

 

今回は、

「『なる』と『なったふり』はどう違うのか?」

についてのお話です。

潜在意識の力で願望を達成する方法として、なる式と呼ばれるものがあります。

具体的にどのようなものかというと、

「もう私は叶った私になっている、すでに叶った世界にいる」

とすることで、本当にその願望は叶うという方法です。

この方法では、

「なるは、なったふりとは違う」

と言われることがよくありますが、

「なるとなったふりって具体的にどこがどう違うの?」

とよくわからない方もいるかもしれませんので、この違いについての説明です。

 

 

「なる」は認識を最初に変更してしまうやり方

 

なるとなったふりの違いを簡単に言うと、

 

なる→認識を最初に変えてしまうやり方

なったふり→認識を徐々に変えていくやり方

 

です。

 

 

潜在意識は、その人の持っている認識を現実化するのがお仕事です。

あなたが自分自身に対して、

「どうせ私はダメな人間、夢なんて叶わない」

という認識を持っているのであれば、潜在意識は、

「ほんじゃ、私はどうせダメな人間で夢なんて叶わないと思っていられそうな現実を作るぞ~」

となりますので、あなたの認識どおりの現実が作られますよね。

 

 

では、その認識を「夢は叶っている」へと変えましょうぞ、というのがなる式です。

夢は叶っている、という認識を持ったとするならば潜在意識は、

「やべぇ、叶ってるって認識なのに現実で叶ってない、矛盾してる。

早いこと認識と同じになるように、現実を作り変えないと」

と矛盾を埋めようとしはじめますので、現実が変化して願望が叶います。

 

 

「認識が現実になるなら、叶ってるって認識を持っちゃえばいいじゃない。

それさえすれば現実が後から変わってくれるんだから、

とにもかくにもまず叶ってるという認識を持つことにしましょうや」

ということで、まず最初に自分の認識を変更してしまうやり方ですね。

 

 

では、あなたが「叶っている」という認識を持つことに決めたならば(叶った私になったならば)これ以降は、

「叶わなかったらどうしよう?」

と考えるのはおかしいですよね、それは叶っていないという認識を持った人しかしないことです。

そのため、叶わなかったらどないしよ…と不安になりながらやっている人に対して、

「それは『なる』じゃないよ。

なっていない人がなったかのような演技をしてるだけだし、ただの『なったふり』だよ」

と言われることもあります。

 

 

「なったふり」は認識を徐々に変更するやり方

 

対してなったふりというのは、

「叶っていないという認識は持ったままでいいから、叶っているかのような演技をしてみましょう」

というものですが、潜在意識はこれでもちゃんと変化します。

 

 

たとえば、アクション映画の俳優の演技を見ているときって、

なんだか自分がその主人公になったみたいな気分になっちゃって、

映画館を出たあとに、なんとなくいつもより振る舞いが雄々しくなっちゃったりすることがあるかと思います。

これがなぜかというと、潜在意識が本気で自分が映画の主人公だと勘違いを起こしているために、その勘違いが行動に反映されてそうなってます。

通常このような潜在意識の勘違いは、しばらくすれば修正されますので元の自分に戻りますが、

自分で頻繁に夢が叶ったかのような演技を続けていると、潜在意識は勘違いを修正する暇がないため、勘違いを続けたままになります。

潜在意識は徐々に、演技をしている自分(叶っている自分)が本来の自分だ、

演技をしていないほうの自分(叶っていない)が間違ったものなのだ、という認識を持ち始めますので、

演技をしている自分(叶っている自分)に見合った現実を作ろうとしはじめ、よって現実で夢が叶う、となります。

 

 

「とにかく、最初に叶っているという認識を持ってしまいましょうね」

というなる式に対し、なったふりは、

「演技を通じ、徐々に叶っているという認識へと変更していきましょうね」

というやり方ですので、冒頭でお伝えした通り、

 

なる→認識を最初に変えてしまうやり方

なったふり→認識を徐々に変えていくやり方

 

というのがなるとなったふりとの違いだと思います。

 

 

なるとなったふりはどちらが良いの?

 

なるとなったふりは、どちらが良いとか悪いとかではありません。

認識を最初に変更してしまうか、徐々に変更していくかの違いであって、

どちらにしても認識を変更することには変わりありませんので、

単に自分がどっちのほうが好みか、やりやすいかの違いだと思います。

 

 

うーん…個人的には、取り組みやすいのはなったふりのほうかと思います。

「認識をいきなり変更する(なる)」ということは、生まれてから一度もやったことのない方がほとんどなので、

「なる」という感覚がどのようなものなのか全くわからずに戸惑う方も多いのですが、

「演技をする」という感覚がどのようなものかわからないという方はいないと思いますので、やりやすいのではないでしょうか。

なる式に挑戦して、

「どうしてもなったふりになってしまう」

と悩む方も多くいらっしゃるのですが、なったふりになるということはつまり、

「演技ならば問題なくできる」

ということですから、なったふりをやってみてもよいと思いますよ。

 

 

ただ、

「なったふりだとうまくいかなかったけど、なるだとしっくりきた!」

という方も中にはいらっしゃいますので、前からなったふりやってるけどうまくいかないよ~という方は逆に、なる式に挑戦してみるのも良いと思います(*´ω`*)

 

 

なる→認識を最初に変えてしまうやり方

なったふり→認識を徐々に変えていくやり方

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ