潜在意識は、家計簿をつけないほうがお金持ちにしてくれる?

家計簿

 

今回は、いただいた質問への回答です。

 

引き寄せでお金持ちになりたいと思っていますが、お金持ちになりたいのなら家計簿はつけないほうがいいでしょうか?

前にどこかで、

「お金持ちはいちいち収支を気にしない。

家計簿をつけることで潜在意識下の『私は貧乏』という思考が強まってしまう。

そのせいでよけいに貧乏になってしまう」

と聞いたことがあります。

でも家計簿でちゃんと収支を把握しておかないと、そのほうが貧乏になるような気がしてなりません。

それでもやっぱり、家計簿ってつけないほうがいいのでしょうか?

つけてもつけなくてもどちらでも構いません、お好みでどうぞ(*´ω`*)

 

 

家計簿をつけてもつけなくても、潜在意識は働く

 

ではでは、なぜ家計簿をつけてもつけなくてもいいのか?について、詳しくお話してきますね。

仮にここに、お金持ちになりたいよーと思っているAさんとBさんがいたとします。

Aさんは、

「金持ちはちまちま家計簿なんてつけないはずだし、俺はやらないぞー!

そんなことしない俺こそが!金持ちになれるんだぜヒャッハー!!」

と思って家計簿をつけなかったとします。

Aさんは家計簿をつけないでいるほどに、

「俺こそが金持ちになれるぜ!」

という観念が強まりますので、潜在意識はその観念を現実化し、実際にお金持ちになれます。

 

 

Bさんは、

「お金持ちがお金を持ってるのは、お金の管理が上手だからに決まってる!

家計簿をつけることで私もお金の管理がうまくなれるし、これでどんどんお金が増えていくぞ~♪」

と思って家計簿をつけています。

Bさんは家計簿をつけるたびに、

「お金がどんどん増えていく」

という観念が強まっていきますので、潜在意識はその観念を現実化、実際にお金持ちになれます。

 

 

家計簿をつけなかったAさんも、つけたBさんもお金持ちになれましたね。

なので、

「つけてもつけなくても、どっちでもいい」

です。

 

 

家計簿に対し、潜在意識下でどんな観念を持っている?

 

質問者さまは、

「これから『家計簿をつける』という行為をしようか、しないでおこうか」

というふうに迷っていらっしゃるようなのですが、大事なのはそこではなく、

「これから『家計簿をつける』という行為に対し、どのような観念を持つことにするのか」

です。

 

 

いま現在、質問者さまが「家計簿をつける」ということに対して持っている観念はどのようなものなのか?というと…、

「家計簿をつければ、潜在意識下の貧乏という観念が強まり貧乏になる」

という観念と、

「家計簿をつけないと、収支の管理がずさんになって貧乏になる」

という観念が半々…といったところかな?と思います。

でもこの観念を持ったままの状態ですと、どちらを選ぼうと貧乏になりますよね。

少し貧乏に焦点が当たりすぎているように思いますので、もうちょっと明るい観念に変えてみましょう。

 

 

Aさんのように、

「家計簿をつけないからこそ、お金持ちになれる」

と思うことにしてつけるのをやめてもいいですし、Bさんのように、

「家計簿をつけるからこそ、お金持ちになれる」

と思うことにしてつけてもOK。

あるいは、家計簿とお金持ちになることを関連付けるのをやめて、

「家計簿とお金持ち、この2つには関連がないので気にしない」

としてもOKです。

 

ここに関しては、私が「これを選びなさい」と指示するのもおかしいですので、

「自分は、どれを選びたいだろう?」

と考え、ご自分の選びたいものを選んでください。

どれを選ぼうともあなたの潜在意識は、選んだとおりの現実をちゃんと作りますよ(*´ω`*)

 

 

家計簿にこう書いてしまうと、潜在意識はそれも現実化する

 

最後に、

「よし、では私はBさんみたいに、

『家計簿をつけるからこそ、お金持ちになれる』

という考え方で家計簿をつけよう」

と思った場合、ひとつだけ注意点があります。

それはなにかというと、

「家計簿に『来月の収入と出費』を事前に書かないこと」

です。

たとえば、

「来月の収入は30万、この中で上手にやりくりするぞ!」

という目標を書いたりとか、

「来月のローンやらなんやらの支払い額は〇〇円、お給料が入ったらすぐに払うこと」

というふうにメモしておいたり…などなどです。

 

 

事前にそのようにしっかりと決めてしまうと、潜在意識が、

「ほう、来月は30万…。ほんとは50万入ってくるようにもできるけど、あなたがそう言うなら30万にしておくね」

とか、

「来月の支払い額、もっと安く抑える方法知ってるんだけどな~。でも多く支払いたいみたいだから、教えないでおこうっと」

というふうに働き、本当に事前に書いたとおりになってしまう可能性もありますので、避けたほうがよいと思います(*´ω`*)

 

 

家計簿をつけてもつけなくても、

「私はお金持ちだ(またはお金持ちになれる)」

という観念を持っていれば、潜在意識がそうしてくれます。

 

 

関連記事です↓

潜在意識にあるお金のブロックを外す方法について

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

結果だけに集中、あとは潜在意識がうまくやる。

ダーツ

 

結果だけ見ていれば…それで潜在意識が働くの?

 

今回は「結果だけ」についてです。

よく潜在意識のお話では、

「望む結果だけにフォーカスしなさい」

というふうに言われますよね。

この記事では、

 

①なぜ、結果だけにフォーカスするといいのか?

②結果だけにフォーカスすれば、あとは潜在意識がやってくれる

③「結果だけにフォーカスする」は、誰でもやったことがある

 

この3点について、詳しくお話していきます。

 

 

結果だけを見たほうが、潜在意識は働きやすくなる

 

ではまず、

「①なぜ、結果だけにフォーカスするといいのか?」

についてです。

 

 

これは、

「結果だけにフォーカスしたほうが、潜在意識が働きやすいから」

です。

こう聞くと「本当かなぁ…」と思うかもしれませんが、これは別に難しいお話ではありません。

たとえば、テストの点数が50点のAくんとBくんがいたとします。

Aくんは、

「次のテストでは、できれば今よりも良い点が取れたらと思います…」

と言い、Bくんは、

「次のテストでは、絶対に80点以上を取ります!!」

と言ったとします。

どっちのほうが結果を出せそうか?というと、Bくんだと感じませんか?

Bくんのほうが目標がはっきりしている…つまり、自分の望む結果にフォーカスしているので、そういう子のほうが意欲的に勉強して、良い点を取りそうですよね。

 

 

①結果だけにフォーカスするから②強い意欲が潜在意識から湧く

 

このときの「意欲」というのは、潜在意識から湧いて出てきているものです。

目標がしっかりしていると、その目標を達成するために必要な意欲というものは、自然と潜在意識から湧くようにできています。

Bくんが、

「いや、80点じゃなくて60点でいいかも…」

と、望む結果へのフォーカスをぶれさせると、潜在意識もそれに合わせて、

「60点でいいのか。それなら、それほど強い意欲がなくても達成できそうだ」

と意欲を失わせます。

「①意欲があるから②結果にフォーカスできる」

と考える方もいますが、実際には逆。

「①結果にフォーカスするから②意欲が湧く」

です。

結果へのフォーカスが強ければ強いほど、その結果へつなげるための意欲も潜在意識から強く湧くようになるので、

結果「だけ」にフォーカスし、その他のことに気を散らせていないのであれば、相当の意欲が湧いてきますね(*´ω`*)

 

 

これは勉強に限らず仕事でもスポーツでも、願いを叶えるときでもそうです。

「とりあえず、今よりもいい生活がしたい。どうせ無理だろうけど、できれば…」

という人よりも、

「私は絶対にこれこれこういう生活をするんだ!」

というふうに、望む結果だけに強くフォーカスしている人ほど、潜在意識から自然と意欲が湧いてきて、その結果につなげていけます。

 

 

うーん、でも「結果だけにフォーカスする」という表現よりは、

「目標をしっかりと持つ」

という表現のほうが、一般的でわかりやすいかもしれませんね。

 

 

結果だけにフォーカスしたなら、あとは潜在意識にお任せ

 

では次に、

「②結果だけにフォーカスすれば、あとは潜在意識がやってくれる」

についてです。

 

 

いま、

「テストの点を上げたきゃ勉強すりゃいいだけだろうけど、

『億万長者になりたい』とかだったら、具体的に何をすればいいかわからないじゃん…」

と思った方もいるかもしれませんが、大丈夫。

よく言われることですが、潜在意識は顕在意識よりもずっと視野が広く、発想も豊かです。

自分で気づいていなくても、自分の潜在意識のほうはちゃんと何をすればいいのかわかっているので、必要な行動は取らせてくれます。

 

 

みなさんこの、

「潜在意識が必要な行動を取らせてくれる」

という点がなかなか信じがたいようで、

「必要な行動を取らせてくれるということが本当なら、結果だけにフォーカスしてみよう」

というふうに考える方もいらっしゃるのですが、これだと順序が逆になってしまっています。

潜在意識が必要な行動を取らせてくれるのは、結果だけにフォーカスした後のお話です。

「本当だとわかったあとに、フォーカスする」

と言っても、

「フォーカスしたあとにしか、本当だとわかることはない」

ので、ここで止まってしまいます。

まず、結果にフォーカスすることのほうが先ですよ~(*´ω`*)

 

 

「結果だけにフォーカスなんて、やったことがない」?

 

それでは最後に、

「③『結果だけにフォーカスする』は、誰でもやったことがある」

についてです。

 

 

中には、

「うう…でも私は結果だけにフォーカスするだなんて、そんなことやったことがないし…」

と不安になる方もいるかと思うのですが、いえいえ、絶対に誰でもやったことがあるはずです。

たとえば、

「明日どこに遊びに行く?」

「お昼、何食べる?」

と聞かれて、

「そうだなー、遊園地がいい!」

「うどんがいいな~」

というふうに答えることはありませんか?

これは、自分が得たい結果だけにまずフォーカスした、ということです。

そしてそのあとに、その結果につなげるための過程(着替えて出かけるetc.)を取りますよね。

なんの苦もなく「着替える」などの過程が取れるのは、潜在意識が「これが結果につながるために必要な行動だぞ」と判断し、自然とあなたに取らせているからです。

 

 

「①まず結果だけにフォーカスし②その結果に至るまでの過程を、潜在意識の力で自然と取る」

というのは、誰もがごくごく当たり前に、日常的にやっていることです。

やったことがないのではなく、息をするかのように自然にやっているので、やっていることに気づいていないだけ。

できない人はいません。

すでに自分にはできていたということに気づき、いつもどおりにやってくださいね(*´ω`*)

 

 

「まず結果だけにフォーカスする。

すると、その結果に至るまでの過程を、潜在意識が自然と取らせてくれる」

これをやったことのない人はいません、あなたにも必ずできます。

 

 

「本当に、過程については考えなくていいの?」という方は、以下の記事もどうぞ↓

潜在意識は、考えるのをやめると働きだす

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

怒りの浄化をしてるのに、潜在意識がうまく働かないのはなぜ?

ガーベラ

 

怒りを浄化しないと、潜在意識がさらなる怒りを引き寄せる?

 

今回は「怒りの浄化」についてです。

よく引き寄せでは、

「怒りなどのネガティブな感情を抱くと、潜在意識が、
『さらに怒りを抱くような事態』
を引き寄せてしまいます」

と言われますよね。
それで、
「そうか、じゃあ自分が持っている怒りの浄化をしよう…」
と浄化に取り組む方もいると思います。
しかし、怒りの浄化に取り組んでいる方の中には、

「ずっと浄化をしているわりに、何も変わらないんだけど…」
「まだ浄化が足りないってことなの?だから潜在意識が良いことを引き寄せてくれないのかな…?」
というふうに思っている方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、

 

①怒りの浄化自体は、しないよりはしたほうがいい

②かといって、怒りを浄化することにこだわりすぎると、かえって潜在意識は働かない

③なかなか怒りの浄化ができないのは、なぜ?

 

の3つについて、詳しくお話していきます。

 

 

怒りの浄化をしたほうが、確かに潜在意識は働きやすい

 

ではまず、

「①怒りの浄化自体は、しないよりはしたほうがいい」

についてです。

 

 

これはなぜかというと、よく言われているとおり、

「潜在意識が、より怒りを抱くような事態を引き寄せてしまう場合があるから」

です。

(いついかなるときにも例外なく引き寄せてしまう、というわけではありません)

 

 

たとえば誰かに対して怒りを感じ、そこから、

「くそー、あいつなんて消えてしまえばいい!」
と悶々と考えだしたとします。

すると潜在意識は、

「お、あいつなんて消えればいい?じゃあ、消してあげる!」
というふうに働くかというと、そういうわけではなく、
「お、あいつなんて消えればいい?OK!
では『より、あいつなんて消えればいいと思わずにはいられない現実』を作るね!」
というふうに働きます。

なんでそうなるんだよ!という感じですが、潜在意識は基本的に頭は悪いですから、こういう変な解釈をします(;^ω^)

なのでのちのち、

「くっそー!!あいつなんて本当に本当に消えればいいんだー!!」

と、さらに怒り心頭するようなことが起こったりします。

 

 

けれど怒りを浄化すれば、潜在意識がそのように「さらに怒りを感じずにはいられない状況」を引き寄せることはなくなるわけですので、

「浄化をしたほうがいいですか?しないほうがいいですか?」

と言われれば、しないよりはしたほうがいいのではないかな、と思います。

 

 

怒りの浄化に熱心になりすぎると、潜在意識は「待機」しだす

 

では次に、

「②かといって、怒りを浄化することにこだわりすぎると、かえって潜在意識は働かない」

についてです。

 

 

最初は、

「そっか、潜在意識が嫌な事態を引き寄せちゃうと困るし、怒りの浄化をしてみよう!」

くらいの気持ちで浄化に取り組み始めても、取り組んでいるうちにだんだん、自分でも気づかないうちに強迫的になってくることがあります。

「あ、怒りだ。浄化してみよう」

「ああ、さっきとは別の怒りだ、これも浄化だ…」

「ああぁ、またまた別の怒りが!…も、もっと浄化しなきゃ…しなきゃいけない…!!

そうしないと、潜在意識が良いことを引き寄せてくれるようにならない…!!」

みたいになっていき、自分でも気づかぬうちに、

「怒りの浄化をしっかりと終えるまでは、潜在意識はうまく働かない、まだまだダメだ!」

という観念にとらわれるようになってしまう方もいらっしゃいます。

 

 

そのような観念を抱くと、潜在意識はこう働きます。

「ほう、しっかり浄化をし終えるまでは、俺がうまく働かない、まだダメだと思ってるのか…。

よーし、ではそのとおりにしよう!

本当はもう良い引き寄せができる状態なんだけど、あなたが『しっかり浄化し終わったぞ!』と納得するまでは、引き寄せしないで待っててあげるね!」

と。

 

 

しかし、

「しっかり怒りの浄化をし終わったと納得する」

って、どうなるとそのように納得できるのでしょうか?

まったく怒りを感じないようになれたならば、納得できる?

でも、怒りは人間が生まれ持った感情、もともと兼ね備えているものです。

それを感じなくなる日など来ませんし、ではずっと納得できる日が来ず、潜在意識が良い引き寄せをしようと動き始める日もずっと来ない、となってしまいます。

こうして、怒りの浄化に熱心になるあまり、かえって引き寄せがうまくいかなくなる方もいます。

 

 

怒りの浄化は、しないよりはしたほうがいいとは思いますが、しかし、

「一切合切の怒りを浄化したほうがいい」

かというと、さすがにそこまですることはないかな?と思います。

 

 

怒りの浄化ができないのは、潜在意識下の「観念」の放置

 

中には、

「別に私はあらゆる怒りを浄化しようだなんて、そこまで思ってないよー。

ある程度でいいと思ってるんだけど、でも、そのある程度の浄化すらもなかなかできないんだよ…なぜだー…」

と苦しんでいる方もいると思います。

このようになかなか浄化ができない場合、

「湧いてきた怒り」

には対処(浄化)しようとしているのですが、

「そもそも、なぜその怒りが湧くのか?」

ということには無頓着になっているのかもしれません。

 

 

その怒りが湧くのは、潜在意識下に、

「その怒りが湧いてしまうような観念」

があるから、です。

なので、

「その観念って何かな?」

と考えてみて、

「あぁ、この観念が怒りのもとか」

と気づくと、気づくと同時に勝手に浄化が始まりますので、その後同じことで怒りは感じなくなります。

怒りを生み出す観念のほうを放っておいて、湧いてきた怒りにだけ対処しようとする…というのは、

浴槽の蛇口を開けっ放しで放っておいて、浴槽からあふれてきたお湯にだけ対処しようとしているような感じだなー、と思うことがあります。

これだと、根本の問題が放置されてしまっているので、いつまでもお湯が溢れちゃう(怒りが溢れちゃう)んですね。

 

 

「でも、怒りを生み出している観念が何かなんて、よくわからないよ…」

という方のために、それが何かを突き止めて、新たな(怒りを感じないですむような)観念に変えていくPDFも作ってあるので、ぜひ読んでみてください(*´ω`*)

こちらです↓

 

 

怒りを抱いていると、潜在意識が良くないものを引き寄せてしまう場合もあります。
かといって、
「あらゆる怒りを浄化しない限り、潜在意識が良い引き寄せをしてくれることはない」
という条件付けまで行わないようにしてください。
今度は潜在意識が、その条件付けのとおりに働いてしまいます。

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?

たんぽぽ

 

よく「決めるとそうなる」と言うけれど…?

 

今回は「決めるとそうなる」についてです。

これは引き寄せではよく使われる言葉なので、聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

この記事では、

 

①決めるとそうなるのは、なぜ?

②決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?

③決めるとそうなる、がピンとこないときには?

 

の3つについて、詳しくお話していきます。

 

 

で、なんで決めるとそうなるの?

 

まずは、

「決めるとそうなるなんて、初めて聞いたけど…なんでそうなるの?」

という方のために、

「①決めるとそうなるのは、なぜ?」

についてです。

もう知ってるよーという方も、おさらいのつもりで読んでみてください(*´ω`*)

 

 

なぜ決めるとそうなるのか?というと、

「決めると、そうなるように無意識に行動してしまうから」

です。

これは全然難しいお話ではなく、たとえばあなたが、

「ラーメンを食べよう」

と決めたとします。

そうすると自然に、キッチンへ行ってカップラーメンを手に取る、お湯を沸かす…など、

「自分がやると決めたことを、実現させるための行動」

を取りますよね、なのでラーメンを食べることができます。

 

 

これはラーメンだけではなくて、その他のどのようなことでもそうです。

「どうせ私は人から嫌われる」

と決めるとそうなるように無意識のうちに行動してしまうので、そうなる。

「私はみんなの人気者だぜヘッヘーイ」

と決めるとそうなるように無意識に行動してしまうので、そうなる。

 

 

「決めるとそうなる」と聞くと、

「私が〇〇するぞ!と決めると、不思議なパワーが働いて、そのパワーがそうなるようにしてくれるってことかな?」

と思う方もいるかもしれませんが、実際には自分以外の不可思議なパワーがそうしてくれているわけではなくて、自分でやっています。

ただ、自分でやっていると言ってもあくまでも「無意識に」やっている場合が多いので、

「私はこうすると決めて、そしてそれが実現するように行動しています!」

という感覚ではなく、

「私がこうするって決めると、なぜか知らないけどそうなる」

という感覚なことが多いです。

 

 

決めるとそうなる…でも、なりませんけど?

 

では次に、

「②決めるとそうなるはずが、ならないのはなぜ?」

についてですが、原因は主に2つです。

 

 

そうならない、と決めるとそうなる

 

ひとつめの原因は、

「『決めるとそうなるなどということはない』と決めるとそうなるように行動してしまうから」

です。

 

 

「決めてもそうなるわけがないじゃない」

と最初に決めているため、その後無自覚のうちに、

「自分の決めたことが実現しないような行動」

を、取ってしまっているんですね。

そして、

「ほら、決めるとそうなるなんて嘘じゃないか」

となるのですが、これはある意味、ちゃんと自分が決めたとおりになっています。

 

 

昔どこかで見かけた言葉に、

「思いどおりにならないと思っていて、そして思いどおりにならなかったのなら、それは思いどおりになっている」

というものがあったのですが、まさにそうだなーと思った覚えがあります。

一度、

「私が決めてもそうならなかったことって、どんなことだったっけ?」

と振り返ってみてください。

おそらくそれは、あなたが事前に「決めてもそうなることはないだろう」と思っていたこと、のはずですよ。

 

 

決めるとそうなると言えど、さすがにこれは無理

 

2つめの決めてもそうならない原因は、

「自分の無意識の行動ではどうにもできないことだから」

です。

 

 

たとえばあなたが、

「よし、明日の天気は晴れにすると決めた!決めるとそうなるんなら、明日は晴れだよね?」

といっても、さすがにこれは晴れるとは限りません。

天候は、自分の行動によって変えられるものではないためです。

このように、

「さすがに、それは人間の行動でどうこうできるものではないよー」

ということを決めて「そうならない」と言っていなかったか?という点も、確認なさってみてくださいね(*´ω`*)

 

 

決めてもそうなるなんて、やっぱり納得がいかない…

 

最後に、

「③決めるとそうなる、がピンとこないときには?」

についてです。

 

 

ピンとこない一番の理由はやはり、

「自分でそうなるようにしているという自覚がないから」

だと思います。

裏を返せば、

「自覚ができればピンとくる・納得がいく」

わけですので、これからは「決めるとそうなる」を意識して過ごしてみてください。

 

 

「決めるとそうなるを意識して過ごせって、具体的に何をすればいいの?」

というと、とっても単純です。

「私は、〇〇すると決めている」と意識して行動する。

これだけです。

たとえばカレーを食べたいと思ったなら、食べる前に、

「よし、私はカレーを食べると決める。いま、そう決めているぞ」

と意識します。

そしてそのあとの行動(カレー屋さんに行くなど)も意識します。

「私はいま、自分で決めたことを実現すべく行動しているぞ」

というふうにです。

普段は無意識でやっていることを、こうして意識の上にあげていきます。

(1日中やっていると疲れるでしょうから、気が向いたときにちょこちょことやってみてください)

 

 

こうして、

「私は、何を決めているのか?」

「私は、どのように行動しているのか?」

ということを自分でよく見ていくと、

「あぁ、今まで気づかなかったけど、私って本当に自分の決めたとおりになるように行動してるんだな」

という実感が伴ってきて「決めるとそうなる」が腑に落ちるかと思います(*´ω`*)

 

 

「決めるとそうなる」のは、そうなるように無意識に行動してしまうから。

 

 

「決める」についての関連記事です↓

潜在意識は、決めるだけで本当に願いを叶えてくれるの?

 

 

潜在意識の力で、あなたに「革命」を起こす↓

引き寄せRevolution、販売中です

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

モヤモヤするのは、潜在意識からの良いサイン

花

 

モヤモヤするのは、潜在意識の状態が悪いから?

 

今回は「モヤモヤするとき」についてのお話です。

引き寄せを実践しはじめると、

「なんか、良いことが起きるようになるどころか、最近妙にモヤモヤするようになってきた…」

というふうに、モヤモヤを感じるようになることがあります。

これに対して、

「潜在意識がちゃんと働いてくれてないの?悪い方向に行っちゃってるの?」

と不安になってしまう方も多いのではないかと思いますが、ご安心ください。

モヤモヤするのは、むしろ良いことですよ(*^^)v

どういうことなのか、詳しくご説明していきますね。

 

 

潜在意識が弱いときには、モヤモヤすることはない

 

モヤモヤするのがどういうときか、というと、

「潜在意識と顕在意識が、もうすぐ一致しそうなとき」

です。

 

 

人間には、顕在意識と潜在意識の2つがあります。

この2つの意識は、いつも一致しているとは限りません。

たとえば、

 

〇顕在意識⇒人間は清貧であるべきだ!お金なんてたくさん持つべきではない!

〇潜在意識⇒お金がたくさんほしいよ、そしたらやりたいことができて楽しいよ。

 

というふうに、2つの意識の考えていることが、それぞれ別々の場合もあります。

(お金はあくまで例なので、お金以外のことでも2つの意識が分かれることはあります)

 

 

こうして顕在意識と潜在意識の考えていることが別々になっていて、かつ、顕在意識の考え(お金を持つべきじゃない)がとても強いときには、人はモヤモヤすることはありません。

仮に誰かに「お金を持つべきじゃないよ」と言われたりしても、

 

〇顕在意識⇒そのとおりだ!!!

〇潜在意識⇒い、いや、そうは思わない…思ってないのに~…顕在意識強すぎィ!!(;´Д`)

 

という感じで、本音(潜在意識の考え)が顕在意識にがっつりと抑えられてしまい、自分でも自分の本音に気づかなかったりします。

このように潜在意識が強く抑え込まれ、

「自分が納得できていないということに、自分で気づいていない」

という状態のときには、モヤモヤすることさえありません。

 

 

潜在意識が目覚め始めると、モヤモヤする

 

しかし、もっと幸せになりたいな…と引き寄せを実践していくうちに、潜在意識のほうが力を持ち始めてきます。

徐々に潜在意識が強くなってきたときに、誰かに「お金を持つべきじゃないよ」と言われると…、

 

〇顕在意識⇒そのとおりだ!!

〇潜在意識⇒そうかなぁ!?(☼ Д ☼)クワッ!! 

 

と、これまで黙っていた潜在意識が出てきます。

自分の本音が出だしている、自分が納得できないということに自分で気づきかけている…という状態で、こういうときに、

「…あれ、なんでだろう…?なぜか、なぜかモヤモヤする…」

となります。

 

 

「モヤモヤするのは良くない」と、潜在意識を抑えつけないで

 

引き寄せではよく「良い気分でいましょう」と言われることがあります。

そのように頻繁に言われているとなんとなく、

「じゃあ、モヤモヤするなんて良い気分とは言えないし、ダメなんだ…」

「私の潜在意識が、なにか間違った方向に行っちゃってるってことなのかも…」

と思ってしまうかもしれません。

けれど実際には、

「潜在意識が間違った方向に行っている」

のではなく、逆に、

「潜在意識が、間違った方向に行くのを止めようとしてくれている」

ので、安心してください(*´ω`*)

 

 

一番良くないのは、

「いつも良い気分でいなきゃいけないんだ!

モヤモヤするなんて、ダメなことなんだ!」

と無理にモヤモヤを抑えつけ、感じないようにしてしまうことです。

それは自身の本音(潜在意識)を抑えつけようとしてしまっている、ということですので、そうはせず、むしろそのモヤモヤする感覚と向き合ってみてくださいね。

 

 

潜在意識下の本音に気づくと、モヤモヤすることはなくなる

 

モヤモヤするのを拒否してしまわず、

「私って、何にモヤモヤするのかな?

どういうことに納得がいってないのかしら?」

とちゃんと考えてみると、

「そ、そうだ!私は本当はお金がほしいんだ!」

と、自分の本音にハッと気づくことがあります。

こうして顕在意識上で自分の本音に気づくと、

 

〇顕在意識⇒お金なんていらない

〇潜在意識⇒お金がほしい

 

↑このように2つの意識が別々だった状態が、

 

〇顕在意識⇒お金がほしい

〇潜在意識⇒お金がほしい

 

と、一致します。

こうして一致すると、モヤモヤする感覚は解消されてスッキリしますよ(*^^)v

 

 

「モヤモヤする」のは、潜在意識が正しい方向へ導こうとしてくれているから。

 

 

モヤモヤする感覚を解消したい場合には、こんな方法もあります↓

潜在意識下の、本音に気づく方法について

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ