「意識が先で現実は後」って、どういうことなの?

チューリップ

 

引き寄せの基本「意識が先で現実は後」とは?

 

今回は「意識が先、現実は後」についてです。

これはもう引き寄せでは、基本中の基本!という考え方ですよね。

いたるところでよ~~く言われています。

とはいえ、よく言われているわりにいまいちわからん…という方もいらっしゃると思いますので、改めて、

「意識が先で現実は後とは、どういうことなのか?」

についてお話していきます。

 

 

実は「意識が先で現実は後」なのは、当たり前である

 

私のなんとなくの感覚なのですが、

「どうも『意識が先で現実は後』という言葉を聞いて、何かの超常現象みたいに思う方が多いようだぞ?」

と感じます。

でもこれって実は、みなさんが普段からごくごく普通にやっていることです。

 

 

たとえばあなたが、

「今日はカレーを食べようっと」

と思ったとします。

まずは「カレーを食べよう」と意識した、ということです。

そうするとそこから自然に「カレーを食べよう」という意識にそった行動…カレー屋さんに行って食べる、などの行動を、現実で取り始めます。

これって、

「意識(カレーを食べよう)が先で、現実(実際にカレーを食べる)は後」

になっていますよね。

特に不思議でもなんでもありません。

仮に「現実が先で意識が後」だとするならば、現実でカレーを食べ終わった後になってから、

「あ、そうだ。私、カレーを食べよう!」

と思いつく、という順番になりますが、こちらのほうがむしろ超常的です(;^ω^)

 

 

カレーを食べるときだけではなくて、他のどんなことでもそうです。

歯を磨く、という行動を現実に取った後になって「そうだ歯を磨こう」と意識する人はいませんし、

夢を叶える、という行動を現実に取った後になって「そうだ夢を叶えよう」と意識する人もいません。

意識が先で現実は後、というのは至極もっともな順番で、実はものすご~~く当たり前のことしか言っていません。

あなたがいつも当然のごとくやっていることですから、普段の生活と切り離して考えないほうがわかりやすいですよ(*´ω`*)

 

 

意識が先で現実は後なら、八つ当たりされるのも私のせい?

 

ちなみに、このように意識が先で現実は後なのですよーと聞くと、以下のような疑問を抱く方が多いようです。

たとえば、

「私の職場に、すぐ八つ当たりしてくる先輩がいる。

現実は後だというならば、私のほうがまず先に『先輩に八つ当たりされたい』と意識していたってことになるの?

そんなこと意識してないんですけど…」

という感じの疑問です。

 

 

いえいえ、もちろんあなたは八つ当たりされたいなんて意識していませんよ~(;´・ω・)

「人に八つ当たりする」という行動を取ったのは、あなたではなくてその先輩ですよね。

ならばこの場合、

「その先輩のほうに『人に八つ当たりするという行動を取ってしまうような意識』があった」

のであって、あなたのほうに「八つ当たりされたい」という意識があったわけではありません。

これはする側の問題であって、される側の問題ではありませんから、

あなたが「私の意識が呼び寄せた現実では…」と気に病む必要はまったくありませんよ(*^^)v

 

 

ただ、八つ当たりを受けたあとに、

「あなたが何を意識するのか?」

ということは、あなたの側の選択です。

「この人がイラついてるのなんて私に関係ないわ。気にせず仕事しようっと」

という意識を持つことで、その意識が自然と「毅然とした表情や態度」につながり、

八つ当たりされなくなり、実際に気にせずに仕事ができるという現実につながるかもしれませんよね。

 

 

相手がよほど頑なに「絶対に態度を変えるものか」という意識を持っている場合は別ですが、そうではないのならば、

「こちらがどのような意識を持つのか?」

の影響を受けて、相手の態度も変わるものです。

ここは、

「そっちが悪いんだから、そっちが先に意識を変えやがれー」

という意識を持ったりするよりは、

「ま、こっちから先に意識を変えてやるか」

と、先に意識を変えてみるほうが早いと思います。

そうすれば、現実は後からその意識にそったものに変わっていきますよ(*´ω`*)

 

 

「意識が先で、現実は後」

なんとなく不思議に思える言葉ですが、実はごくごく自然なことです。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しくは下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

引き寄せって謎めいた言葉が多いので、読んでいるうちに「む、難しい…!」と考え込んでしまいがちですよね。

そうして考えこんじゃっている方は、ぜひ以下の記事も参考になさってください↓

潜在意識の話が難しいと感じる方へ

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識は、なぜ嫌なことばかり起こしてくるの?

露

 

潜在意識が、嫌なことばかり引き寄せる理由

 

今回は、みなさんからよくいただく質問の回答です。

 

引き寄せではよく「ワクワクしていましょう」と言われます。

なのでワクワクしようとしているはずなのに、嫌なことばかり起きてしまいます。

なぜ潜在意識は嫌なことを引き寄せてしまうのでしょうか?

厳密には「嫌なことばかり起きる」ということはありません。

「嫌な解釈をする癖」が、潜在意識にまで染みついているのでそう感じるだけです。

物事に対して「ワクワクする解釈」を心がけてみてください。

 

 

「嫌なことばかり見る癖」が、潜在意識にある

 

それでは、詳しくお話していきます。

まず、起きた出来事に「良い・悪い」というものは、本来ならばありません。

たとえば、食べようと思ったケーキの賞味期限が過ぎちゃってた、とします。

ここで、

「うわ、最悪!食べたかったのに、私ってばついてないなぁ…」

と解釈する人にとってはそれは嫌なことです。

しかし、

「わー、食べる前に気づいてよかった。お腹壊さずにすんでラッキー!」

と解釈する人にとっては、良いことです。

あなたが「なぜこんな嫌なことがぁぁああ」と思ったことも、他の誰かならば「ツイてる」と思うかもしれませんよね。

絶対的に良いこと・嫌なことというものが存在しているわけではなくて、

「プラスでもマイナスでもない出来事を、自分が良いほうに解釈しているか、嫌なほうに解釈しているか」

の違いでしかありません。

ということは、

「私には、嫌なことばかり起こる」

というのは正確には、

「私は、起きた出来事を嫌なほうにばかり解釈している」

ということです。

よく、

 

①潜在意識の特殊なパワーによって

②どこかから「絶対的に嫌なこと」がびゅーんと引き寄せられてきて

③自分の身に嫌なことが起こっている

 

というふうに考える方がいらっしゃるのですが、実際にはそうではなく、

 

①潜在意識に「物事を嫌なほうに解釈する癖」がついているので

②何かしらの(本来ならば良くも悪くもない)出来事が起きたとき

③即座にその出来事を「嫌だ!」と解釈している

 

です。

 

 

嫌なことばかり見る癖があれば、それは行動に反映される

 

そして、出来事を「これは嫌なことなのだ」と解釈すると、人は当然嫌な気持ちになりますよね。

嫌な気持ちになれば、自然とそれが行動に現れます。

ケーキを食べたかったのに…というイライラからついつい「家族に八つ当たりをする」という行動を取ってしまい、ケンカになって、

「さらに気分悪い、ほんと嫌なことばかり!!」

となるかもしれません。

では、こうなってしまうもともとの原因はなにかといえば、

 

①潜在意識に「物事を嫌なほうに解釈する癖」がついているので

 

↑ここですよね。

ならばここを改めればいいじゃないか、解釈をより良いものに変更すればいいじゃないか、となります。

「解釈を変更」よりは「認識の変更」という言葉のほうが、引き寄せでは馴染み深いかな?

 

 

とはいえ、

「じゃ、今日から良い解釈しましょうや!」

と言われても、悪い解釈をする癖が潜在意識についてしまっているのだから、そう急に何もかもを良く解釈できるようになったりはしませんよね。

なのでなるべく早く良い解釈ができるようになるために、アファメーションなどがあります。

「すべてはうまくいっている」

「この状況は私にとって素晴らしい」

などのフレーズが有名ですが、こういう言葉を口にすることで、潜在意識がより早く良い解釈をしてくれやすくなります。

上記の言葉でなければならぬというわけではありませんので、自分で好きな文章を作って試してみてもいいですよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識に良い引き寄せをしてもらうため、無理にワクワクする?

 

「ワクワクしようとしているのに、嫌なことばかり…」

という方のお話を聞いていると、無理にワクワクしようとしている方が多いです。

「ワクワク」と言われるとついつい、ものすごく心が躍る!幸せ!ひゃっほー!!みたいな状態を想像しがちですので、

「いつでもウキウキでひゃっほーと感じてなきゃならんのか…。

うぐぐ、何にそんなに喜べっていうねん…でもそうしないと潜在意識が良いことを起こしてくれないんだから、仕方ない…」

みたいに必死でワクワクしようとして、でもうまくいかずに辛くなってしまっていませんか?

ここはひとつ、「ワクワクしていましょう」という言葉を、

「常にノリノリの状態でいましょう」

といった意味に解釈するのではなくて、

「起きた出来事を、これまでより少しでも良いほうに(ワクワクするほうに)解釈してみましょう」

という意味に解釈してみてはいかがでしょうか?

「常に心が上向いていなければならぬ」なんて義務感を抱えているときよりも、少しは心が上向くのではないかと思います。

 

 

このようにして、自分の心が上向くような解釈を日々の中でしていってください(ワクワクしていてください)

そうすれば徐々に潜在意識から「とっさに悪い解釈をする癖」が抜けていきますし、

嫌なことばかりだー!なんて苦しくなることもなくなりますよ(*^^)v

 

 

厳密には「嫌なことばかり起きる」ということはありません。

「嫌な解釈をする癖」が、潜在意識にまで染みついているのでそう感じるだけです。

物事に対して「ワクワクする解釈」を心がけてみてください。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しくは下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

認識の変更に「きっかけ」は必要ない

花

 

認識の変更って、どういうきっかけで起きるの?

 

今回は、みなさんからよくいただくご質問の回答です。

 

引き寄せの法則を信じているはずなのに、「認識の変更」がなかなか起こりません。

認識の変更が起きるきっかけって、どのようなものなのでしょうか?

このまま待っていれば、そのきっかけが訪れるのでしょうか?

認識の変更は起きるのを待つものではなく、自分で起こすものです。

きっかけが何かはその人によりますので、一概に「こういうもの」と言うことはできません。

 

 

認識の変更とは、文字通り「自分の認識を変えること」

 

ではでは、詳しくお話していきます。

たしかに引き寄せのお話だと、

「認識の変更が起きればうまくいく」

というふうによく言われますよね。

そうなると、

「では、その認識の変更とやらは私の身にいつ起こるのだろう?

なにをきっかけにして起きるものなのかしら?」

と思いがちになるのも、なんとなくわかります。

ただ、こういう質問をいただくと私、

「認識の変更というものを、突然に自分の身に起きる神秘体験か何かだと思っているのかな?」

という気持ちになります、そ、そ、そうではありませんよ~(;´・ω・)

 

 

「認識の変更」の「認識」とは何か?

 

まず「認識」とはなんぞや?についてですが、以下の写真をご覧になってください↓

 

仮に今あなたが、

「恋人に振られて泣いてるのかな?かわいそう」

と感じたとしますね。

だとするとあなたはいま、

「『この人はかわいそう』という認識を持っている」

ということです。

 

 

で、ここで私が、

「実はこの男性は、待望の赤ちゃんが生まれたという知らせを聞いて涙しているところなんですよ」

とか言ったりすると、急にあなたは、

「そうだったのか!じゃあすごく幸せなんだな」

と思いますよね。

私の言葉をきっかけにして、あなたの認識が「この人はかわいそう」から「この人は幸せ」へと変更されたということです。

これが「認識の変更」です。

 

 

もっとわかりやすい表現をするならば、

「ちょっとものの見方が変わった」

というだけのことなので、特に神秘的なことを言っているわけでもなんでもありません。

 

 

きっかけがなくとも、認識の変更はできる

 

ということは、引き寄せでよく言われる「認識の変更をしましょう」というのは単に、

「ものの見方を変えてみましょう」

と言っているだけです。

「私には認識の変更が起こりません、何がきっかけで起きるのですか?」

↑この質問は言い方を変えると、

「私のものの見方が変わりません、何がきっかけで変わるのですか?」

と聞いている、ということです。

 

 

しかし「自分のものの見方を変える」というのは、外部からきっかけがやってこないとできないことでしょうか?

というと、そうとも限りませんよね。

さきほどの写真を見たとき、もしあなたが、

「いや、悲しくて泣いているとは限らないぞ?別の可能性も考えてみよう」

と意識していたとするならば、私が何も言わなくても、自分の力で何かしら別の見方を思いついたはずですよね。

 

 

認識の変更というのは、自分に「物事を違う視点から見てみよう」という意識さえあれば、いつでも自分でやれることです。

「なにか、認識の変更が起きるような(自分のものの見方が変わるような)出来事を待とうっと。いつ来るのかな?」

ときっかけを待っているよりは、自分から取り組んだほうが早いと思います。

 

 

そうして自分から見方を変えようと心がけていると、あるときほんのちょっとしたことをきっかけに、ガッと一気に自分の考え方が大きく変わる場合もあります。

(誰しもが必ずそうなるとは限りません。そういう場合もある、というだけです)

そうして「格別大きな」認識の変更が起きたときの感動などを、ネットで書く方もいらっしゃいますので、それを読むとついつい、

「引き寄せを信じていると、なにかをきっかけにして自分もそのような感動体験ができるんだ…!

認識の変更って、なんだかものすごく神秘的なものなんだ!」

と誤解してしまい、その素敵な体験はいつやってくるの?と待ってしまうのかなーと思います。

 

 

ふとしたきっかけで、大きな認識の変更はあまり起こらない

 

少なくとも私の経験から言うと、「ふとしたきっかけ」でそこまで大きな認識の変更が起きるという方は、

そのふとしたことが起きる前から、日常で小さな認識の変更を心がけている方だと思います。

 

 

なにも心がけていないにも関わらず、突然にして大きな認識の変更が起きたとしたならば、それはよほど外部からの強い影響があったということではないでしょうか。

たとえば、災害に遭う・愛する人との別離・宝くじの高額当選…などなど、

「ふとした」とは言えないような大きなきっかけがあれば、いきなり大きく認識が変更することもあります。

 

 

ただ、そのようにいつ起きるかもわからない「大きなきっかけ」を待つよりはやはり、自主的に小さな認識の変更を起こして行ったほうが早いです。

その結果ふとしたことがきっかけとなり、大きな認識の変更につながることは考えられますが、最初から、

「ふとしたきっかけで、私に大きな認識の変更が起きますように」

と思って待っていても、なかなか起きるものではありません。

意識的に「ものの見方を変えよう」としていってくださいね(*´ω`*)

 

 

「認識の変更」のことを、何かの神秘体験だと思っていませんか?

認識の変更とは「ものの見方を変える」ことです。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しく下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:質問コーナー 

あなたの可能性を、極限まで広める

脳

 

理想を「超える」未来を、実現する

 

今回はちょっと毛色を変えて、私が先日体験したことのお話です。

いろいろと素敵な体験をしてきました、どうぞお付き合いください(*^人^*)

 

 

私は先日、三宅裕之さんという方の動画をおすすめしていました。

こちらです、画像クリックで詳細を見られます↓

 

※動画の配信は終了いたしましたが、現在は無料オンラインセミナーへの参加者を募集中です。

 

みなさん、「こうなりたい」と望むものはあっても、

そういうときって「でも、どうせ無理だ」という思いが邪魔をしてきますよね。

そういう気持ちを取り払って、自分の望む未来…いや、自分がいま望んでいる以上の素敵な未来を実現するにはどうすればいいのか?という趣旨の動画でした。

動画に出てくるのは主にお二人で、

 

左がナビゲーターの柳田厚志さん、右が三宅裕之さんです。

お二人ともとても有名な方なので、ご存知の方も多いと思います。

おそらくみなさん、

「自分には関係のないなんかすごい人たち」

みたいな印象をお持ちではないでしょうか?

かくいう私もそうです、普通に生活していたら会うことなんてない方たちですから。

そう、私なんかが会うことなんて…会うことなんて…。

 

 

 

 

あった(゚∀゚)

うわああああああああーー!!

ほ、ほ、本にサインまでしていただいたぜーーーー!!。゜゜(´□`。)°゜。

 

 

とはいえ、もちろん個人的にお会いしたわけではなく、東京で行われたセミナーに参加して会いましたって意味です。

あとは、わざわざ東京まで行けないよーという方のために、無料でのオンラインセミナーもやっています。

おそらく、すでに動画を見ていま、

「私もセミナーに参加しようかな…。でもなー、やめとこうかな…」

と迷っている方もいらっしゃると思います。

なので、

「私が実際に体験してみてどうだったのか?何を感じたのか?」

ということを詳しくお話していきます、ぜひ参考になさってください。

 

 

見るのと体験するのは、違う

 

私は最初、三宅さんが動画内で、

「動画を見ているのと実際に経験するのは、全然違う」

と言っているのを聞いたとき、正直なところ、

「でもなー。動画でも学べるんなら、別にわざわざ実際に体験しなくたって…」

みたいに思う気持ちもありました。

でもそう思う自分に対して、

「動画でいいから、体験しなくていいと思ってる」

のではなく、

「体験したくないから、動画でいいと思ってる」

んだろうなーとも思いました。

これぞまさに、新しいことを避けて現状維持をしたがる潜在意識の働きだぞ、と。

ここで「動画でいいよね」のほうを選んでしまったら、私はこの先変われないんだろうなーと思い、とりあえずZOOMでのオンラインセッションに参加してみました。

 

 

そこで実際に、参加している方とお話をしたりワークをやったりしてみたら、

動画を見ていただけのときには気づきもしなかったことに、いろいろと気づいたんですね。

「私はこの部分で頑なになっていたんだな。

でも、もうそうじゃなくていいんだな」

と気づいてものすごく楽になれたりとか…。

ここで三宅さんの「見るのと体験するのは全然違う」という言葉に「本当にそうなんだな」と思えて、

「オンラインのセッションでもここまで違うなら、実際にセミナー参加すれば絶対にもっと違う」

とセミナー参加を決めました。

 

 

で、やっぱり実際に経験してみると段違いでした、想像していた以上に違う。

ワークをやったりしているうちに、

「えっ、私ってここでこう感じるんだ…!」

「こういうことをすると、自分の気持ちってこういうふうに変わるものなのかー!」

と、自分で自分にびっくりするんです。

「この点に関しては、わかった気になってただけで何もわかってなかったなー」

という反省点が出てきたりもしましたし、その場で会った方たちのお話を聞いて、

「そういう考えもあるのか、自分ひとりじゃ思いもつかなかっただろうな」

とすごく新鮮な気分になったり、励まされたり、とかとかとか…。

 

 

詳細に書くとあまりに長すぎるんでさすがにやめときますが、結局何を一番強く感じたのかというと、

「今の自分を見て『これが自分という人間なんだ』と決めつけたり、

『私は自分のことを知っている』なんて思うのは、あまりにもったいないことなんだな」

ということ。

「私もみんなも、自分で全然気づいていないことがたくさんあって、

それにこうして気づいていけば、いま自分が想像もしていないほどに変わることだってできるんだろうな」

と、強くそう思いました。

THE LIVEのコンセプトって、「自分の理想の未来を実現する」ではなく「自分の理想を超えた未来を実現する」なんですよね。

その違いを、動画の説明を聞いて「頭で理解する」のではなく、実際に「感じる」ことができたように思います。

 

 

引き寄せの本などに、

「あなたにならできる、信じましょう!」

と書いてある文字を読んでも、

「そう言うならそうなのかな…。理想を叶えたいなら、そう思わなきゃいけないのかな…」

と頭で思うだけで、心ではまったくそうは思えない…という方も多いと思います。

そういう方は、ぜひ思い切って体験してみてほしいです。

きっと自分でも知らなかった自分の可能性に気づいて、心から、

「そうだ、自分にだってできるんだ…!」

って、感じられますよ(*´ω`*)

 

 

現在は、東京・大阪・名古屋・福岡で開催されていたセミナーは終了し、オンラインセミナーのみになっています。

自宅でパソコン・スマホから無料参加できますよ(*^^)v

詳細は、以下からご覧になれますのでご確認ください↓

 

終わると見せかけて、まだ続くぞ!

なんと、会場で河野香紀さんにもお会いすることができました!

 

動画を見た方はいま、「あ、この方は…!」と思ったのではないでしょうか?

 

そう、もともとは「幸せになってはいけない」という強い思いを抱えて苦しんでいたけれど、今では生き方がガラリと変わった…とお話していた彼女です。

(現在は合同会社Irisの代表・日本NLPコーチング協会認定コーチ・超脳トレ新インストラクターなどをなさっています)

 

動画を見ながら、

「きれいで優しそうな方だなー、淑やかだなー…」

とホワワンとしていたのですが、会場に行ったら河野さんもいらっしゃって、一緒にお写真を撮らせていただきました。

嬉しい。本当に優しい方だった、めちゃ優しくしてもらった…(´;ω;`)

 

 

そして最後に、私に「いつもブログなどを見ています」とお声をかけてくださったSさん、本当にありがとうございます。

先日メルマガでみなさんに、

「もし会場で私を見かけたらお声をかけてください」

とは言ったのですが、

「よもやそんなに都合良くどなたかにお会いできるはずもないか…」

と思う気持ちもありました。

けれど、本当にお声をかけてくださる方がいらっしゃって、私はすごくすごくすごく嬉しかったです。

一緒にワークもできて、光栄でした。

ありがとうございました!(*^人^*)

 

 

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

潜在意識を信じられない方が、よくしてしまいがちな誤解

花

 

どうしても、潜在意識を信じられない…

 

今回は「潜在意識のことを信じられない」と思っている方へ向けてのお話です。

引き寄せではよ~~~く、

「潜在意識の力ですべてうまくいきます、信じましょう」

と言われますよね。

とはいえ、

「目に見えもしないものが全部うまくやってくれるなんて言われても、どうしても信じられないよ…」

という方もいるかと思います。

実際にそのようなメールをいただくこともあるのですが、メールを読んでみると、

「あれっ?ちょっと誤解なさっているようだぞ?」

と思うことが多いので、その誤解とは何か?についてです。

 

 

潜在意識を信じられないなら、信じなくてもいい

 

「どうしても潜在意識を信じられない…。

でも私がこうやって疑っているから、潜在意識がうまく働いてくれないんだよね…」

↑このように考える方が多いのですが、潜在意識は信じても信じていなくても、いつでもどこでもちゃんと働いています。

うまくいくようになるための流れをすごく簡単に説明すると、

 

①私はうまくいくと信じることができるようになれば

②いつでもどこでも協力してくれている潜在意識の力により

③私はうまくいくようになる

 

です。

けれど、潜在意識を信じられない…と悩んでいる方は、以下の順序になっている場合が多いように感じます。

 

①潜在意識の力を信じることができるようになれば

②「信じたなら協力してあげるよ」と潜在意識が手を貸してくれるようになるので

うまくいく力のない私でもうまくいくようになる

 

↑これだと前提が「私はうまくいく力を持っていない」ですね。

そしてその前提のもと、

「でも、こんなダメな私でも潜在意識が協力してくれればなんとかなるんじゃないか?

では協力してもらうためには、ちゃんと潜在意識のことを信じないといけないな」

という感じです。

 

 

潜在意識は「信じられないなら味方しない」とは言わない

 

しかし潜在意識は決して、

「俺のことをちゃんと信じられないなら協力してやらないぞ、信じたら手を貸すぞ」

などと言ったりはしません。

この場合には、

「俺のこと信じられない?オッケー、そんなのぜんぜん構わないよ!

俺、ちゃんとあなたが『私はうまくいかないと信じていられる現実』を作ってあげるよ!」

というふうにちゃんと協力してくれます。

そんな協力いらねーよと突っ込みたくはなりますが、潜在意識はこうして働いてしまう意識なのでうまくいかなくなります。

 

 

ということはうまくいかない原因は、

「潜在意識を信じられないから」

というより、

「私はうまくいかないという前提を捨てないから」

ですよね。

裏を返せば、私はうまくいくという前提さえあれば、潜在意識なんてあるわけねーじゃんバッカじゃねーのと思っていてもうまくいきます。

 

 

潜在意識を信じるか信じられないかより、前提に注目を

 

潜在意識を信じましょうとよく言われるのは、あくまでも、

「そう信じたほうが『私はうまくいく』という前提に変えやすくなる場合が多いから」

にすぎません。

目的は前提を変えることです。

決して、

「信じると、前提を変えなくても潜在意識がうまくやってくれるようになるから」

ではありませんし、この状態ですと前提を変えていない以上、仮に潜在意識を信じていたとしても現実が変わることはありません。

 

 

この点に誤解があると、「潜在意識を信じること」が目的になってしまい「前提を変えること」がおろそかになってしまいます。

ひいては現実も変わらず、するとついここで、

潜在意識を信じられないせいで現実が変わらないんだ」

と思いがちです。

ますます「潜在意識を信じること」に注目してしまい、「前提を変えること」がおそろかになっていきがちです。

これを繰り返すほどに前提を変えることがそっちのけになっていきますので、どんどん現実が変わりづらくなっていってしまいます。

 

 

もっとも大切なのは、

「どうすれば潜在意識を信じられるようになるの?」

ということではなく、

「私はうまくいくと信じるのか、信じないのか?」

ということです、こちらに意識を向けてみてくださいね(*´ω`*)

 

 

重要なのは「潜在意識を信じるか否か」よりも「私はうまくいくと信じるか否か」です。

 

最後にお知らせです。

引き寄せでは「認識の変更がすべてである」と言われますが、

その認識の変更に役立つ無料オンラインセミナーを開催中です。

自宅のパソコンやスマホから見るセミナーなので、セミナー会場まで出向く必要はありません。

詳しくは下記からどうぞ、詳細を書いた記事へと移動します↓

 

 

引き寄せでは「前提を変える」ではなく「設定を変える」という表現を使うこともあります。

関連記事がありますので、ぜひこちらもご覧になってみてください↓

設定を変えるとうまくいくはずが、いかないんですけど…?

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ