潜在意識の話に出てくる「認定」って、何?

花

 

潜在意識と「認定」について

 

今回は「認定」についてです。

潜在意識のお話を読んでいると、

「すべては完璧なのだと認定しなさい」

「望むものはあるのだと認定しよう」

というふうに、認定という言葉が出てくることがあります。

とはいえ、

「認定しなさい…って、つまり何?何をすればいいの?」

と不思議に思う方もいるかもしれませんので、認定とは何ぞや?について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識が「認定」どおりにしてくれる

 

「〇〇だと認定する」という言葉は、

「〇〇だと決めつける」

に言いかえると、わかりやすいかもしれません。

こうだと決めつけて、違うと言う人の意見には耳を貸さない。

「誰になんと言われようがそうなものはそうなんですー!」

という感じです。

こう言われると、

「それって…単に意地になってるだけじゃね?」

と思う方もいるかもしれませんが、そうですね、

「意地になる」

という表現でもいいかもしれません。

 

 

まず認定があり、潜在意識がそれをバックアップする

 

人って、

「根拠に基づいて→『こうだ』と決めている(こうだと認定している)

ようでいて、実際には逆です。

「『こうだ』と決めてから→根拠を持ってきている」

です。

 

 

たとえば、

「学歴がなければ人生はうまくいかない」

と決めつけている(認定している)人の潜在意識は、

「ほうほう、あなたがそう思うなら『学歴がなければ人生はうまくいかないと思えそうなもの』を探してきてあげるよー!」

と働くので、学歴がなくて失敗した人の情報などがたくさん耳に入ってきます。

そして、

「ほらね、やっぱり学歴がないとダメじゃん!」

となります。

 

 

反対に、

「学歴がなくとも人生はうまくいく」

と決めつけている人の潜在意識は、

「ほんなら、『学歴がなくても人生はうまくいくと思えそうなもの』を探してきてあげるよ!」

となるので、学歴がなくても成功した人の話などが豊富に入ってきて、

「ほらね、やっぱり学歴がなくてもいいじゃん!」

となります。

まず結論ありき、認定ありき、決めつけありきで、潜在意識がその結論に行きつくようにバックアップしているんですね。

 

 

強く認定するほど、潜在意識も強く働く

 

こういった決めつけが激しいほど…自分の考えが正しいのだと意地になるほどに、

潜在意識も活発に働いて「決めたとおりになるように」と強くバックアップしてくれます。

当然、

「私はダメな人間だ」

などと強く決めつけたときには、潜在意識が全力で「自分をダメな人間だと思えそうなほう」に導いてくれるので、辛い現実となります。

が、同じ要領で、

「私はできる人間だ」

「私の人生は完璧だ」

と強く決めつけたらば?

この場合もやはり潜在意識は全力で、

「自分をできる人間だと思えそうなほう・人生は完璧だと思えそうなほう」

に導いてくれるので、そのとおりの現実となります。

 

 

言葉としては「決めるつける・意地になる」よりも「認定する」のほうが響きがいいですが、それだと分かりにくい場合には、

「できるったらできるんですー!!

私のことをダメだとか、叶えられないとかいう意見は意地でも受け付けませーん!

聞こえませーん!あーあーあーー!!( ゚Д゚)」

みたいな感じ…と思うと、分かりやすくはなるかもしれません。

引き寄せを実践しはじめの頃は「本当に叶うのだろうか」という不安も出てきやすいですし、

こういう状態のときに人から「無理だよ」と言われると、すぐに心が折れてしまう…という方もいるかと思います。

いっそ「めちゃくちゃ頑なになってやる~!」くらいに思ったほうが周りに振り回されずにすみ、

潜在意識も叶う方向へと動きやすくなるかもしれませんよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識は、認定どおりになるようにあなたを導きます。

「認定」という言葉がわかりにくい場合には、

「決めつける・意地になる」

などに言いかえてみてください。

 

 

☆おすすめ動画のご紹介☆

「私、このままでいいのかな…?」

「過去の辛い経験を癒したい…」

「ありのままの自分でいいと言われても、ありのままの自分が何かわからない…」

そんな思いを解消し、自分らしく生きていけるようになるための動画です。

無料でどなたでもご覧になれますので、以下からどうぞ↓

 

※期間限定での無料公開ですので、お早めにご覧ください。

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

叶った私になって、叶った世界へ行こう

世界

 

「叶った私」になることで、あなたの願いは叶う

 

みなさんこんにちは、管理人の岡野真です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

今回は、新コンテンツ発売のお知らせです!。.:*◝(*ˊᗜˋ*)◜*:.。

こちらです↓

 

以前に私が、

「なる式についてのコンテンツを作りたいので、アンケートにご協力を」

と言っていたのを覚えている方もいるかもしれません。

そのときにアンケートに答えてくださった方、本当にありがとうございます。

みなさんのご協力もあり、ついに完成いたしました、嬉しいです…(´;人;`)

 

 

改めて、コンテンツの内容を簡単にご説明いたしますね。

願いを叶える引き寄せのメソッドのひとつに、

「なる式」

と呼ばれるものがあります。

なる式は、4つのステップからなります。

 

①なりたい自分を決める。

②決めた瞬間に、なりたい自分になれた。

③なりたい自分になったので、目の前のことすべてが「なった世界」の出来事になる。

④あとは普通に生活する。

 

初めて聞いた方は、なんだか意味がよくわからないかもしれません。

あるいは、

「なる式のことは前から知ってはいるんだけど…。

ちゃんと理解したくて調べていくうちに、余計にわからなくなっていくんだよね…」

とか、

「理屈は理解しているつもりなんだけど、なぜかうまくいかない…なんで?」

と困っている方も、多いのではないかなと思います。

 

 

そこで、なる式の4ステップの解説や、行き詰まりやすい箇所の改善方法、

上手に「叶った私」になるためのワーク…などなどを、たくさんご用意いたしました。

アンケートでいただいたご質問の回答集もあります。

もしわからない箇所があれば、メールをいただければ個別に回答いたします。

より詳しい内容については、以下からぜひご覧になってみてください↓

 

これで「なる式」をマスターして、ばっちり願いを叶えてください!

応援しております!(*´ω`*)

 

 

 

私は、潜在意識に謝る必要があるの?

植物

 

潜在意識が怒ってる?謝るほうがいい?

 

今回は、読者の方からいただいたご質問への回答です。

潜在意識が、怒って主人の願いを却下することはありますか?
以前に、

「潜在意識は、主人が有言不実行(三日坊主や中途半端な諦めetc.)を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる。

このような場合は潜在意識が許してくれるまで、

時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

と聞いたことがあります。

なんだか怖く感じるのですが、本当にこのようなことがあるのでしょうか?

「願いを却下する・謝る必要がある」などは、

「潜在意識を変化させないと願いは叶わない」

ということを、少し違う言い方で表現しているだけかと思います。

実際に潜在意識が意思を持っているわけではありません。

 

ではでは、詳しくお話していきますね(*´ω`*)

 

 

実際に潜在意識が「謝るまで許さない」と思うことはない

 

まず、潜在意識には知性は備わっていません。

そのため、

「こいつは許せーん、謝るまでは願いを叶えてやらん!」

などと考えることはありません。

よく引き寄せでは、

「潜在意識が願いを叶えてくれる・叶えてくれない」

というふうに、まるで潜在意識が独立してものを考え動いているかのような表現が使われますが、これは単なる擬人化(人間以外のものを人間に例える比喩の方法)です。

ただの「ものの例え」だと思ってください。

 

 

「潜在意識が怒る・謝る」を言いかえると?

 

「潜在意識は、主人が有言不実行を繰り返すと、
主人に不信感と抵抗、怒りを持ち、願いの実現の邪魔をするようになる」

これを私なりの別の言葉に言いかえると、

「有言不実行を繰り返すうち、

『私はダメだ、私に願いなんて叶えられるわけがない』

といった、自分に対する否定的な観念が潜在意識下に刷り込まれていく。

その『自分はダメだ』という観念が現実になるように、無意識のうちに自分で行動してしまい、願いの実現ができなくなる」

でしょうか。

 

 

どちらも言っていることは同じですし、どちらの表現が好きかは人によります。

質問者さまの場合、

「潜在意識が怒って邪魔をする」

といった表現がなんだか怖く感じる…とのことなので、このような表現はあまり適していないのかもしれませんね。

 

 

次に、

「潜在意識が許してくれるまで、時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

こちらも私なりの言葉に置きかえてみると、

「潜在意識下の『私はダメだ』という観念を消すために、

時間をかけて潜在意識メソッドをする必要がある」

となります。

表現は違えど言いたいことは、

「ワークやメソッドを通じ、今の潜在意識の状態を変えましょうね」

ということです。

 

 

「謝る」は潜在意識を変化させるのに有効

 

ご質問に出てくる「謝るワーク」が具体的にどのようなものかはわかりませんが、

自分に「ごめんね」と声をかけるようなワークでしょうか?

だとすると、そのように自分に謝るというのは、たしかに効果があるかもしれません。

 

 

人は、ついつい自分に厳しくなってしまうもの。

「なんてダメな人間なんだ」

「どうせ何もできやしない」

こういう言葉を自分にかけてしまいがちですよね。

人にこうした言葉をかけられると自信を失ってしまうのと同じく、

自分で自分にこのような言葉をかけても、自信は失われてしまいます。

 

 

もしこのようなことを言われていた相手に、

「ごめんね、本当はそんなことないよ」

と真摯に謝りつづけられたら、徐々に心がほぐれていくと思います。

同様に、自分で自分に「ひどいことを言ってごめんね」と謝ることで、心がほぐれていきます。

そうして自分に謝ることで、潜在意識下の「私はダメな人間」という観念が消えていけば、それに伴って願いも現実化していきます。

これを、

「潜在意識が怒っているから、許してもらうために謝る」

と表現してもいいですし、

「潜在意識下の良くない観念を消すために、自分に謝るという方法を使う」

と表現してもいいですね。

 

 

不要な観念を消すための方法は、謝る以外にもいろいろとありますが、

「ほう、謝るというのはやったことがなかったなぁ」

と興味が湧いたのであれば、やってみるのも良いと思います(*´ω`*)

 

 

自分(の潜在意識)にどのくらい謝るといいの?

 

それと、

「時間をかけて謝るワークをし続ける必要がある」

という部分を読んで、

「じ、時間をかけるって…どのくらい謝る必要があるの?あんまり長期間は嫌だなぁ…」

と思った方もいるかもしれません。

かかる時間は人それぞれなので「万人共通で〇時間です!」とは言えないのですが、

本気で謝るほどに、時間は短くてすむと思います。

 

 

これは謝る以外の方法でもそうなのですが、

「こんなことやって意味あるの?」という疑いを持っていたり、

自分を変える決心がついていないままにやると、効果が出るのは遅くなります。

反対に、

「絶対に自分を変えてやる、必ず効果はあるんだ!」

と強く心に決めてやるほどに、効果は早く出ます。

謝るのであれば、

「ごめんね…とか言って、ほんとにこんなんで潜在意識が変わるのかよ~」

と思いながらやるのではなく、

「これまでひどい言葉をかけてきた相手(自分)に対して、心の底から非礼を詫びよう」

くらいの気持ちを持ってやるといいかな、と思います。

そのくらい真剣に行えば、それほど時間はかからず効果が出てくると思います。

 

 

それと、謝る端から有言不実行(自信を失うような行為)を繰り返さないことも大切かと思います。

これだと謝ってはそれを打ち消し、謝ってはそれを打ち消し…の繰り返しになりますので、

「日々の中で、やると決めたことはきちんとやるようにしよう」

という意識も持っていると良いですね。

完璧にできなくても全然かまいません。

少しずつでいい・簡単なことでいいですから、

やると言ったことはやるように心がけてみてください(*´ω`*)

 

 

「潜在意識が怒る、謝る必要がある」

というのは、潜在意識を擬人化した表現です。

謝るというのは、潜在意識を変えるための効果が見込めるものですので、興味があれば試してみてください。

 

 

✶noteで「感謝する・与える」についての記事を公開中です✶

 

「謝る」以外の潜在意識を変える方法について知りたい方は、以下の記事をどうぞ↓

アファメーションについて

自己観察について

なる式について

完璧採用について

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:質問コーナー 

「感謝する・与えるとうまくいく」について

ガーベラ

 

noteで有料記事を公開しました

 

いつもサイトを見てくださっているみなさん、こんにちは。

管理人の岡野真です(*^人^*)

 

今回は「noteで記事を書いたよ」というお知らせです。

引き寄せではよく、

「感謝すると良いことが引き寄せられてくる」

「与えると返ってくる」

というふうに言われますよね。

noteの記事では、

 

  • なぜ、感謝する・与えるとうまくいくようになるのか?
  • 感謝する・与える前に捨てるべきものとは?
  • 感謝できない理由2つについて
  • 与えてもうまくいかない理由4つについて
  • 感謝しない・与えないほうがいい場合もある
  • 「感謝する・与える」の具体例
  • 「与える」についてのワーク
  • 私の信条について
  • 感謝しない・与えない際の注意点について

 

以上の9点について書きました。

記事へは以下から移動できます↓

 

「与えろと言われても、どうすればいいのかわからない」

「すでに与えているつもりなのに、なぜかうまくいかない」

と思っている方のお役に立てば幸いです。

みなさんに、素敵な引き寄せが起こりますように!(*´人`*)

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

引き寄せは「意図」が必要?それとも不要?

 

引き寄せって、意図するの?しなくていいの?

 

今回は、読者の方からいただいたご質問への回答です。

ご質問の内容はこちらです↓

 

引き寄せの法則では、

「意図するとそれが叶う、意図が重要だ」

と言われることがある反面、

「わざわざ意図する必要はない、意図しなくても叶う」

と言っている方もいます。

どちらが正しいのでしょうか?

意図することは必要ですが、力みや自覚は不要です。

 

ではでは、どういうことなのか詳しくお話していきますね(*´ω`*)

 

 

引き寄せでは、意図は必要である

 

引き寄せの法則は、その人の「〇〇しよう」という意図が現実になっていく法則です。

(ただし、潜在意識下に「〇〇ができない」という認識を持っている場合は現実化しません)

意図がまったく存在していないのであれば、何かが現実になることもありません。

何かを現実にしたい以上、それを現実にするぞという意図は持っている必要があると私は考えています。

 

 

しかしそうなると、

「わざわざ意図しなくていい」

と言われているのは、一体なぜなのでしょうか?

私はこれは、「わざわざ意図しなくていいよ」と言うことによって、

「かえって意図がしやすくなり、引き寄せがうまくいきやすくなるから」

ではないか?と思います。

 

 

「意図するぞ!」と力まないほうが、かえって引き寄せやすい

 

なにか物事をうまくいかせたいとき、

「さぁ、うまくやるぞ!やるんだ!失敗は許されない!」

そんなふうに力むと緊張のあまり、普段ならできることでも失敗してしまう…ということがありますよね。

逆に、

「別にうまくできなくてもいいや、失敗したっていいや」

そういう気持ちでいるほうがリラックスできて、かえって物事がうまくいきやすくなります。

うまくいってほしいと思っている相手には、だからこそあえて、

「うまくできなくたっていいんだよ」

と、声をかけた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

引き寄せの意図も、これと同じです。

いくら意図が必要と言っても、

「さぁ、意図するんだ!失敗せずにしっかり意図するんだ!」

そんなふうに力むと、かえってうまく意図できなくなってしまいます。

なのであえて、

「わざわざ意図しなくていいよ」

ということで、相手がリラックスするよう、意図しやすくなるように促しているのではないかと思います。

文字通り本当に「意図は不要」という意味で言われているわけではないのでは?と感じます。

 

 

 

意図しなくなったら、引き寄せられなくなるのでは?

 

中には、

「え、でも意図しなくていいなんて言われたら、本当に『意図は不要なんだ!』という意味に受け取って、全然意図しようとしなくなる人だっているんじゃない?

そうして意図しなくなったら、引き寄せがうまくいかなくなるんじゃ…」

と思った方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

意図というのは「しなくていい」と言われたところで、自覚なく自然としてしまうようにできているからです。

 

 

たとえばあなたが喉が渇いて、

「あー、水が飲みたいな」

と思ったとき。

これは「水を飲もうと意図している状態」ですが、このときあなたには、

「私はいま!水を飲もうと意図しているッ!!」

なんて自覚はありませんよね。

仮に誰かに「意図しなくていい」と言われても、水を飲みたくなれば自然と「飲みたいな」と思ってしまうもの(望むことを意図してしまうもの)です。

文字通り「意図は不要なんだ!」という意味に受け取った人がいたとしても、

そこで本当に「一切の意図をしなくなる」などということはなく、なんらかの意図を自然に、無自覚にします。

そして、そういう「自然な意図」というのは、一番無駄な緊張がなくうまくいきやすいものです。

 

 

…ということで、

「引き寄せって、意図が大事なんだ!ちゃんと意図しないと望むものを引き寄せられない!」

と気持ちが張り詰めて苦しくなっていた方は、

「そんなふうに力んで意図しようとしなくても、勝手に意図しちゃって、勝手に現実化するものなんだな~」

と力を抜いてくださいね。

 

 

それと、

「自覚していなくても意図はするもの」

とは言いましたが、これは、

「意図を自覚してはならない」

などという意味ではありませんので、苦しくないのであれば、意識的に意図してももちろん構いませんよ(*^^)v

 

 

☆おすすめ動画のご紹介☆

「私、このままでいいのかな…?」

「過去の辛い経験を癒したい…」

「ありのままの自分でいいと言われても、ありのままの自分が何かわからない…」

そんな思いを解消し、自分らしく生きていけるようになるための動画です。

無料でどなたでもご覧になれますので、以下からどうぞ↓

 

※期間限定での無料公開ですので、お早めにご覧ください。

 

引き寄せでは「意図」は必要です。

しかし、意図する際に「力み」や「自覚」は不要です。

 

 

関連記事です↓

引き寄せは、意図する「だけ」で叶うのか否か?

引き寄せの「意図」と「願望」って、どう違うの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:質問コーナー 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ