潜在意識の力で早く叶える方法はないの?

白い花

 

潜在意識に「早く叶えるのは難しい」と伝えていないか?

 

今回は、願いを早く叶えるには?についてのお話です。

潜在意識の力で叶った、ただし別に叶っても叶わなくてもどうでもいいようなものが!

肝心の早く叶ってほしいことは叶わないままだ!

という方も多いですので、その願いを早く叶えるにはどうすればよいのかについてです。

 

 

逆説的だが、早く叶えるには早く叶えようとしないこと

 

早く叶える一つ目の方法は、

「早く叶えたいと思わないこと」

です。

 

 

早く叶えたいと思うのはなぜかというと、「早く叶えるのは難しい」と思っているから、ですよね。

その「早く叶えるのが難しい」という思考が現実化して早く叶わなくなるわけですので、

では早く叶えたいと思うのをやめればいいじゃない、となります。

よく「執着をなくせ」と言われることがありますが、まさにそれです。

叶っても叶わなくてもどっちでもいいと思ってるようなもののほうが叶うのはこの執着がないからです。

なので、執着をなくせというのは本当のこと。

 

 

ただ私は、うう~ん…いきなり執着をなくそうとするのは難しいんじゃないかな?って思います。

「じゃあ今日から、願望を早く叶えるには…とか考えるのやーめた」

とすっぱり切り替えられる方はそれでよいのですが、どっちかっていうと、

「願望に執着しちゃいけないんだ、早く叶えるには?なんて思っちゃいけない…!!

うぐぐぐぐぐ…どどど、どどうしてもできねぇええええ!!」

となる方のほうが多いかと思います。

早く叶えたいのに早く叶えたいと思うなって、すっごい相反してるしね(;^ω^)

この状態ですとどうにもこうにも、

「執着してはならない」

ということに執着してしまいがちになるんじゃないかなって思います。

執着心のある状態で執着を無理に消そうとすると、

執着が消えるのではなく執着の矛先が変わるだけになりやすいです。

なので、書いたはいいけどやりやすい方法ではない気がするかな…。

でも中にはこれでうまくいく方もいるかもしれないし、書いておきます。

 

 

結果的に「早く叶えるには?」と思わなくなる方法もある

 

ただ、ダイレクトに「早く叶えるにはと思うのをやめよう!」としなくても、

結果的にそういう思いを消す方法もあります。

その方法はなにかというと、

「早く叶えられて当然だと思うこと」

です。

 

 

早く叶うのが当然だと思っているのであれば、その思考が現実化するので早く叶いますよね。

これが潜在意識の話になるとよ~く出てくるアファメーションという方法です。

この方法だとガンガン願望について考えます、むしろ一日中でも考えていていいです、願望に執着しまくればいい。

ただし、「叶えたい、叶えたい」と執着するのではなく、

「叶って当然、叶って当然」に執着しましょう、ということです。

さきほど、執着心のある状態で執着を消そうとしても難しく、矛先が変わるだけになりやすいと言いました。

そう、消すよりは矛先を変えるほうが簡単なんです。

ならば消さなくていいから矛先を「できる」へと変えましょうよというのがアファメーションです。

 

 

これも最初のうちは慣れないので、

「ぐぐぐ、どうせ叶えられないんじゃないかと思ってしまう…」

と、うまく矛先の変換ができなくて戸惑うと思いますが、

これってしょせんは慣れなので、やっているうちにだんだんできて当然、と思えてきます。

そうすると、早く叶えるには…とか考えないようになってきます。

早く叶えたいと思うのは叶えるのが難しいと思っているから、でしたよね。

叶えるのは簡単、できて当然と思っているものに対して早く叶えたい!とは思えないので、叶えられる、できる、と思えるようになっていくとの比例して、

早く叶えるにはどうすれば?という思いは消そうと思わなくても消えます。

 

 

そもそも「早く叶えるには?」という思考が生まれる余地のない方法

 

今度は、早く叶えるには?という思考が結果的に消えるというわけではなく、

そもそも生まれないようにする方法です。

どういう方法かというと、

「もう叶っていると思うこと」

です。

 

 

早く叶えたいのは「まだ叶っていないと思っているから」ですよね。

もう叶ったあとなのに、早く叶えるにはどうすれば…なんて考えないですから、

ならばもう叶っていると思うことにすればいいじゃない、という方法です。

この方法を初めて聞いたときに真っ先に思うのは、

「もう叶ってるってどういう意味なの?」

ということかなと思いますが、どういう意味かについては自由に解釈していただいて構わないと思います。

たとえば、

「願った時点で叶う未来は決定しているので、もう叶っていると言っても過言ではないという意味だ」

とか、

「叶っていない世界と叶っている世界は同時に存在している。

願うことで叶っている世界に移動することができたので、もう叶った世界にいるという意味だ」

とか。

 

 

この方法は、

「うぐぐ…もう叶っていると思えない…」

という葛藤が出てきがちにはなるかな、と思います。

ただこれも慣れですので、早く叶えるには…という考えが頭をよぎるたびに、

「あ、もう叶ってるんだった。

早く叶えるには?なんて叶ってるのに考える必要ないな」

と思いなおすようにしていってください。

もう叶っていると思考しているのですから潜在意識は、

「では叶えないと。もう叶ってるはずなのに現実で叶ってないのは変だ」

ということで、現実を思考に追い付かせてくれます。

そもそもの「もう叶っている」という前提が受け入れがたいという方もいるかもしれませんが、

そこさえ受け入れられれば、早く叶えるにはどうすればいい?という疑問が出る余地がハナからないので、わかりやすいとも思います。

 

 

最初に言った通り、願いを早く叶えるには「早く叶えたいと思わないこと」です。

 

①そのものズバリ「早く叶えたい」と思考するのをやめる

②「早く叶って当然」という考えに変えることで、早く叶えたいという思考が消える

③「もう叶っている」という前提に立つことで、そもそも早く叶えたいという思考が出てくる余地をなくす

 

の、どれをとっても「早く叶えたい!」という思いは消えますので、早く叶いやすくなります。

他にもあるけど今回は3つ紹介しました。

どの方法をやるかはお好みですが、私は②→③→①の順にやりやすかったかな、

なので②のアファメーションをおすすめしておきます(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ