引き寄せの「過去は関係ない」って、どういう意味?

ブルーローズ

 

引き寄せの「今と過去は関係ない」とは?

 

今回は「過去は関係ない」についてです。

引き寄せではときどき、

「過去に何が起こったかは、今とは関係がありません」

というふうに言われることもありますが、これを聞くと、

「いやいやいや、過去と今が無関係なわけないよね!?」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

はてさて、過去は関係ないだなんて一体どういうことなのか?

これについて、詳しくお話していきます。

 

 

引き寄せの「過去は関係ない」は考え方の話

 

私は、過去と今は関係していることも多いと思います。

たとえば、

「昨日台風が来たから、今日は庭の花が折れている」

というとき、これって過去に起きたこと(台風)が、今に影響を及ぼしていますよね。

なので、

「実際のところ、過去は関係あるでしょう?」

というと、その通りだと思います。

(ただし、本人が「関係ある」と思い込んでいるだけで、実際にはまったく関係ないケースもありますが)

 

 

ただ、引き寄せの「過去は関係ない」というのは、

「実際のところ、本当に過去は関係ないから関係ないと言っているのですよ」

ということではありません。

そうではなく、

「実際には関係あることもありますよ。

でも、『関係ある、関係ある!』と言ってその関係にとらわれていても、今後が良くなっていくわけではないですよね?

ならば『関係ない』と考えることにしましょうよ」

ということです。

「実際にどうか」の話ではなくて「考え方」の話です。

 

 

引き寄せは、「考え方」が「実際にどうか」に影響していくという法則です。

今の時点では今と過去に関係はあっても、あなたが「関係ない」と思うことで今後その関係は切れ、実際に本当に関係はなくなります。

 

 

「過去は関係ない」という心持ちが、現実になる

 

「過去は関係ないと思考すれば、のちに本当に関係なくなる」

これは簡単な例で言うと…そうですね、では昨日の台風でAさんとBさん、両方の庭の花が折れたとします。

Aさんは、

「あぁ、台風なんか来たから…大事な花が折れちゃった…台風のせいで…台風のせいで…」

と、過去に強くとらわれました。

Bさんは、

「あぁ、大事な花が…。

でもまぁ、もう終わったことだし仕方ない、過ぎたことは関係ないや」

と気持ちを切りかえました。

 

 

おそらくAさんは今後「ふさぎこむ」などの行動を取り始め、

Bさんのほうは「新しい花を育てる」などの行動を取り始めるでしょう。

そうして両者の行動に違いが出はじめます。

そのまましばらく経つと、どうでしょう?

Aさんの庭の花はなくなり、Bさんの庭には花が咲くようになりますね。

Aさんは自分の庭を見て思います、

「やっぱり過去は関係あるよ。

実際にこうして、過去の台風のせいで花がなくなったじゃないか…」

Bさんは自分の庭を見て思います、

「やっぱり過去は関係ないね。

実際にこうして、過去に台風が来たってまた花を咲かせられたじゃないか」

 

 

花の例はパッと思いついたものにすぎませんが、どんなことでもそうです。

「過去は関係ある」と思考している人は、

「過去とのつながりが消えないような行動(Aさんの場合は「ふさぎこむ」という行動)

を取り始めるので、過去とのつながりが消えません。

「過去は関係ない」と思考している人は、

「過去とのつながりを断ち切るような行動(Bさんの「新しい花を育てる」という行動)

を取り始めるので、過去とのつながりが消えます。

 

 

引き寄せは「過去は関係ない」と思考することが先

 

ただし、こういった行動を取っている最中、

「私は今まさに!過去とのつながりを解消する行動を取っているッ!!」

とか自覚していることは少ないです。

(さすがに例に出した「花を育てる」程度のことだと、自覚を持てると思いますが)

自覚がないため、

「私は何もしていないのに、まるで何かに引き寄せられるかのように、望んだ現実がやってきた」

というような感覚に陥ることも多いです。

なので「勝手に引き寄せられてくる」とよく言われるのですね。

 

 

つい、

「過去が関係なくなったら、関係ないと思おう」

と考えがちですが、これでは引き寄せとは逆になってしまっています。

引き寄せは思考が現実になる法則なのですから、

「過去は関係ないと思えば、関係なくなる」

です。

逆にしないように気をつけてみてくださいね(*´ω`*)

 

 

引き寄せの「過去は関係ない」とは、

「実際に過去は関係ないので、関係ないと言っています」

という意味ではなく、

「過去は関係ないと考えるようにすれば、これから関係なくなっていきますよ」

という意味です。

「いま、実際にどうか」ではなく「いま、したほうがいい考え方」について話しています。

 

 

他にも「過去」に関する記事がありますので、よかったらこちらも読んでみてください(*^-^*)

「現実は過去」って、どういう意味?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ