引き寄せでは、ときに思考停止してみる

花

 

引き寄せの「前提」については、思考停止してしまう?

 

今回は、

「もう思考停止しちゃってはどうでしょう?」

というお話です。

引き寄せのお話だと、よく「設定」や「前提」という言葉が出てきます。

たとえば、

「すべては完璧であるという設定にしましょう」

「望むものは既にあるという前提にしましょう」

というふうに。

これに対して、

「いや、全然完璧なんかじゃないよ?なんで完璧だってことになるの?」

「いやいや、望むものはまだないよ!既にあるってどういうこと?」

という疑問が浮かび、もんもんと考えてしまう方に読んでいただきたいです(*´ω`*)

 

 

「だって引き寄せはそういうもの」と、思考停止

 

「引き寄せの『前提』とかって…なんでそうなのか、どんなに考えてもどうしてもわからない」

そういう場合にはつい、

「もっと考えよう、ちゃんと理解しよう!」

と思いがちですが、むしろ正反対に、

「そういうものなんだ」

以外のことを考えないようにしてみてはどうかな?と思います。

「なんでって言われても、だってそう決まってますから~。そうなものはそうですから~」

と、思考停止してしまう。

こう言われると、

「いやいやいや、そうやって思考停止しちゃえれば苦労しないよ、それができないから困ってるのに…!」

と思うかもしれませんが、

「前提について、思考停止してただ『そうなんだ』と受け入れる」

ということは、実は誰しもが既にやったことがあるはずだと思います。

 

 

引き寄せではないことでは、人はわりと思考停止している

 

たとえば、サッカーだとボールを手で持ってはいけないのに、バスケだと持ってもいいというルール(前提)がありますよね。

それに対しては「なんでどうして」ではなく、

「そりゃスポーツが違うんだもん。競技が違えばルールも違うでしょ、そういうものだよ」

と受け入れていると思います。

 

 

たとえば、日本だと箸を使うのに、アメリカでは箸は使わない。

それに対しても「なんでどうして」ではなく、

「そりゃ国が違うんだもん。場所が違えば文化も違うでしょ、そういうものだよ」

と受け入れていると思います。

人はわりと、物事の前提となるような重要な部分については、こうしてただ「そういうものだ」と受け入れ、なぜなぜどうして?とは思考しないものです。

 

 

なので、それと同じような感じで思考は停止させ「引き寄せではそういうもの」と思ってみてはいかがでしょうか。

あなたが今まで生きてきたところは、

「望むものはまだない」

「物事は不完全だ」

といった考え方をするところだったのかもしれません。

しかし、引き寄せでは「既にある」とか「もう完璧」と考える。

それに対しては「なんでどうして」ではなく、

「だって畑が違うんだもん。分野が違えば考え方も違うでしょ、そういうものだよ」

というだけ。

 

 

人は「信念」においても、思考停止している

 

「いや、スポーツやらなんやらと引き寄せは全然別でしょ…。

引き寄せで言われている前提っていうのは、その人の信念みたいなものでしょ?

信念なんていうすごく大事なこと、そんな簡単に思考停止して『そういうもの』と受け入れられないよ」

と思うかもしれませんが、ううーむ、そうでしょうか?

 

 

ではでは、

「望むものはまだない」

「物事は不完全だ」

これが今のあなたの信念だとして、あなたがそう信じている根拠はなんでしょうか?

なんでしょうかと問われれば、なにか根拠らしきものは出てくると思います。

しかしその根拠がどんなものであったとしても、

「でも、そうとは限らないですよね?それなのになんでそう信じているんですか?」

と返せてしまうんですね。

「だって、〇〇だし…」

とまた別の根拠らしきものが出てきますが、それもまた、

「でも〇〇だと限らないですよね、それなのになんでそう信じているんですか?」

と返せてしまう。

 

 

時間があれば実際に、論理で突き詰めていってみてください。

繰り返して突き詰めていくと最終的には、

「だって、そうなものはそうなんだもん!そういうものなの!」

というところに行きつきます。

信念も「そういうもの」なんです。

 

 

であれば、新しい信念(前提)も、これまでと同じように「だってそういうものなんだもん」というだけで良いのではないでしょうか。

できないということはないはずです、これまで色々なところでずっとやってきたことなのですから。

 

 

理屈に効果がないのならば、思考停止してしまうのも手

 

もちろん、なんでもかんでも思考停止して「そういうものなんだ~」と受け入れるのが効果的とは思いません。

しかし同様に、なんでもかんでも「なんで?どうして?」と理屈で考えるのが効果的とも限りません。

時と場合によって、両者を使い分けるものだと思います。

今、どんなに「なぜ?」と考えてもうまくいないということは、理屈で攻めているけれど効果が出ていない状態ということですよね。

それならば、効果のないやり方を今後も続けようとするよりも、

「思考停止してしまう」

「そういうものだとまるまる受け入れてしまう」

という方法を試してみるのも、アリだと思いますよ(*´ω`*)

 

 

引き寄せの「前提」に関しては、「だってそういうものなんだもん」と思考停止してしまうのも手です。

 

 

関連記事です↓

思考を止める効果なんて、本当にあるの?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ