どうでもよくなるのは、願いが潜在意識に届いたサイン。

ダリア

 

潜在意識に願いが届いたらどうなるか?

 

今回は、

「願いが潜在意識に届いたかどうかってわかるの?」

についてです。

 

 

「潜在意識が書き換われば願いは叶います!」

というのは、引き寄せについて知っている方ならばもはや耳タコになってるんじゃないかというような言葉かと思います。

でもそうなると次に気になるのは、

「そんで、その書き換わるのはいつなのよ?」

ってことですよね。

「なんか書き換わりましたよ~ってサインでもあれば便利なのに…。

いつ潜在意識が書き換わるのかわかりもしないままアファメーションしつづけるとか辛い…」

と思っている方も多いかと思います。

なので、今回はその潜在意識が書き換わったとき(潜在意識に願いが届いたとき)に訪れるサインについてです。

 

 

基本的に、明確なサインは得られないものである

 

基本的には、

「ただいま潜在意識が書き換わりましたー!これで願いは叶いまっせ!」

というような、ハッキリとしたサインというのはありません。

アラームでも鳴ってお知らせしてくれればめっちゃ便利なんですけどね~、

なんせ潜在意識は潜在している(意識できない)から潜在意識なんで、

ハッキリ意識できたらもう潜在意識じゃないしね(;^ω^)

なので「そうか!」と目に見えてわかるような顕著なサインというものはないのですが、

もっと漠然とした感じのやつでしたら、

「願望のことがどうでもよくなる」

という感じになってくる場合が多いと思います。

 

 

「どうでもよくなる」は決して「投げやりになる」ではない

 

この場合の「どうでもよくなる」というのは決して、投げやりになってくるという意味ではありません。

うーんと、たとえばお金持ちになりたいとします。

このときに、

「もう私なんて…別に金持ちになれてもなれなくてもどうでもいいや…」

という感じでどうでもよくなるのでは決してない。

そうではなく、

「どうせなれるのに、そこまで必死に私は金持ちだ!とか思おうとする必要ある?」

みたいにどうでもよくなってきます。

 

 

最初のうちは、

「私は金持ちだ!私は金持ちだ!」

と懸命にアファメーションする感じのことが多いと思います。

している際には「でも本当にそうなれるのだろうか…」といった不安も感じます。

(この不安に負けてアファメーションを中止する方も多いですが、

アファメーション開始直後にそういった不安があるのは当たり前のことなので、気にせず継続してくださいね~)

が、潜在意識が書き換わってくると、このアファメーションに対して「良い意味で」やる気が出てこなくなります。

「やりたくないよう…辛いし面倒だしやる気ないよう…」

とかいうやる気のなさじゃなくて、わざわざそんな気負ってする必要ないよね?と肩の力が抜けてくる、みたいな感覚です。

「無駄な気負いをしなくなってくる」

と言ったほうがいいかも。

やるぞ!!みたいに思わなくなってきます。

 

 

どんなことでもそうですが、できないうちは力を込めたり意識して上手にやろうとするもの。

でもできるようになってきたらわざわざ「上手にやるぜぇ!」なんて思わないですよね。

潜在意識が「私は金持ちになれる」と学んでくると、

できるとわかっていることにいちいち力む必要性がなくなるため、

無駄な力みが消えて良い意味でどうでもよくなってきます。

 

 

言葉で説明するのがちょっと難しいのですが、体験すると、

「あぁ、どうでもよくなる感覚ってこれのことか」

とわかると思います。

一度体感してみればそのあと別の願いを潜在意識に届けるときにも、

「あぁ、この感覚が来るってことはもうだいぶん潜在意識は変わってきてるな」

とわかりますよ(*^^)v

 

 

サインにばかり気を取られないことも大切

 

ただ、この潜在意識に願いが届いたサインについては、

気をつけておいてほしいこともあります。

 

 

サインのやってきかたは人それぞれ

 

まずひとつめ。

最初に書いたとおりサインはハッキリわかるような明確なものではなく、

言葉で伝えるのが難しいような感覚的なものです。

で、感覚なんて人によって違いますよね。

強い怒りを感じたときに、

「はらわたが煮えくり返る感じ」

という感覚を味わう人もいれば、

「手足がバラバラになる感じ」

という感覚を味わう人もいます。

その他どんなことでもそうですが、感覚なんて個人差があるもの。

「願いが届いたサインは、どうでもよくなる感じ」

とは言いましたが、それはあくまでも、

「強いて言葉にするなら、そんな感じになる人が多いよ」

というだけで、いざやってきた感覚は、この話を聞いて想像しているものとは違う感覚かもしれません。

どうでもよくなる感覚っていうのも、いきなりバッ!!とやってくる人もいれば、

何日もかけて徐々に徐々にそういう感覚が強くなるという人もいるし、

あとから思い返してみてもサインと思えるようなものは何もなかったです、

という人だっていますし、さまざまです。

 

 

なので、

「サインというのは『どうでもよくなる感覚』で来るはずだぁ!」

「どうでもよくなる感覚というのは、こんな感じに違いない!」

とか強い固定観念を持って、

「さぁ、そのサインはいつ来るんだ!?今日か?明日か!?」

とか待ち構えてほしくないなと思うんですね。

待ち構える、というのは、

「まだ潜在意識は変わらないのか?変わらないのか?」

と意識しているということですから、変わらないということを意識するほど変わりづらくなります。

なのでこの話は、

「へぇ~、そういうサインがくる場合が多いのね~」

程度にサラッと受け止めて、あとはあまり意識せず過ごしてください。

そもそもサインは確認せねばならない、なんてものでもないですから、

一応、サインが気になってる方がずっと気にしてハラハラしつづけないためにと思いこの記事を書いておりますが、

がっつり覚えて意識しておいてほしいこと、とかではないです。

 

 

気は楽にしてほしいが、気は抜かないで

 

ふたつめ。

潜在意識の書き換えというのは、徐々に行われます。

上に書いたようなサインめいたものが来たからといって、

その時点では「完璧に潜在意識が書き換わりました!!」という状態ではなく、

「結構強く書き換わってきてますぜ~」

みたいな状態です。

ここであんまり気を抜いて、

「もう私はな~んにもしなくても大丈夫なんだ!」

とか思ってアファメーションをやめるのではなく、もうしばらくはそのまま続けてください。

 

 

中には、サインかな?と思えるものが来たときに、

「あ~、もうあとは勝手に潜在意識が何とかしてくれる~。

だから私はもう、どれだけ怠惰に適当なことしていてもいいんだ~」

と安心しきってしまい、今までしなかったような自堕落な行動に出る方もいます。

いくらなんでもそういうあからさまに願望とは真逆な行動に出ちゃうと、

その行動に合わせて潜在意識も元に戻っていってしまいます。

サインまで来ておきながらもとに戻ったらもったいないですし、

「ヘンな力みはないほうがいい・気を楽にはしてほしい」

んだけれど、それは決して、

「気を抜いていい・油断してもいい」

という意味でもない、ということを覚えておいてほしいです。

気は楽に、しかし気は抜かず、ですよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識に願いが届いたサインは「どうでもよくなる感覚」として訪れることが多い。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ