潜在意識は「どうありたいか」をはっきりさせると動き出す

コスモス

 

潜在意識が働かないのは、どうありたいかが不明確だから?

 

今回は「どうありたいか」のお話です。

潜在意識の力で現実を変えたいというとき、

「どうなりたいか」

を明確にするのはとても大切なことです。

しかし、それよりももっと大切なのは、

「どうありたいか」

ということではないかな?と思いますので、これについて詳しくお話していきます。

 

 

「どうありたいか」の前に「どうなりたいか」について

 

まずは「どうありたいか」の前に「どうなりたいか」からお話しますね。

引き寄せではよく、

「現実を変えたいときにはどうなりたいかを明確にしましょう」

と言われますが、これがなぜかというと、

「どうなりたいかがわかっていなければ、潜在意識がそこへ向かえないから」

です。

 

 

潜在意識はよく車のナビに例えられるので、この例えはすでにどこかで読んだことがあるかもしれませんが、

「自分がどうなりたいかがわかっていない」

というのは、

「ナビに目的地を設定していない」

ようなもの。

これでは車は、目的地に向かおうにも迎えませんよね。

 

 

目的地を(どうなりたいかを)知らされないままですと潜在意識は、

「どこに向かえばいいかもわからんし、とりあえず今のままでいるか~(´・ω・`)」

となってしまいます。

なので、

「自分はどうなりたいか?」

ということを、よく考えてみてくださいね。

 

 

潜在意識にとっての原動力は「どうありたいか」のほう

 

中には、

「いや、私はどうなりたいかということは明確にしているつもりなんだけど…。

それなのにずっとそれが叶わないのはなんで?」

と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

このような場合、「どうなりたいか」ということは明確になっていても「どうありたいか」ということがあやふやなままなのかもしれません。

 

 

どうなりたいかとどうありたいかの違いは何かというと、

「物理的にどのような状態であるのか?」が「どうなりたいか」で、

「心理的にどのような状態であるのか?」が「どうありたいか」です。

たとえば、

「年収1億円になって、幸せに暮らしたい」

という場合、「年収1億(物理的なこと)」の部分が「どうなりたいか」で、

「幸せ(心理的なこと)」の部分が「どうありたいか」にあたります。

 

 

潜在意識に願いを叶えてもらいたいというとき、

「年収1億で、家はこんなふうで、車が2台あって…」

というふうに、物理的なことを(どうなりたいかを)いろいろと細かく思い描く方はわりと多いです。

しかし、

「そうなれば、こんなふうに安らぎが心から湧いてくるだろう」

「喜びで手が震えそうになっちゃうかも」

「誇らしさで、笑顔にならずにはいられないだろうなぁ~」

…というふうに、心理的なことを(どうありたいかを)想像して感じようとする方は、あまりいなかったりします。

 

 

これが、

「どうなりたいかははっきりしているが、どうありたいかはあやふや」

という状態で、これはナビに例えるならば、

「ナビに目的地は入力しているが、車のガソリンはからっぽに近い」

ような状態です。

高性能のナビがあっても、さすがにガソリンがなければ車は動かないのと同じく、

潜在意識も動きだすための原動力(どうありたいか)が足りないと、なかなか動き出せなくなります。

 

 

なぜ潜在意識は、「どうありたいか」で動くの?

 

人の潜在意識を動かす原動力となるのは、物理的な状態(どうなりたいか)ではなく心理的な状態(どうありたいか)。

これがどういうことかというと、たとえば、

「年収1億にしてあげるけど、その代わり一家は離散するわ友人をすべて失うわなんやらかんやらでめっちゃ不幸になります。

どうなりたいか(年収1億という物理的な状態)は叶ったんだし、

どうありたいか(幸せという心理的な状態)はどうでもいいですよね?」

とか言われたりしても…どうでもいいわけがないですよね(;^ω^)

 

 

幸せでありたいから年収1億になりたいわけで、幸せになれないのならば1億を目指す動機がなくなってしまいます。

つまり、人にとってはどうありたいかということが、どうなりたいかを目指す動機、意味、理由、原動力です。

しかしこの原動力が不明確で弱いため、潜在意識があまり動かなくなってしまい、

「どうなりたいかは明確にしているはずなのに、なぜ叶わないんだ…」

となることがあります。

 

 

「そ、そういえば物理的にどうなりたいかは細かく思い描いていたけど、

叶ったときの感情とかを想像したりして、どうありたいかを心で感じようとしたことないや…」

という方は、ぜひそこを明確にしてみてくださいね(*^^)v

 

 

☆どうなりたいか…物理的にどのような状態になりたいか。

☆どうありたいか…心理的にどのような状態でありたいか。


人にとってより大切なのは「どうありたいか」のほうです。

どうありたいかを明確にすることで、潜在意識が動きやすくなります。

 

 

ちなみに、

「私はどうありたいかじゃなくて、どうなりたいかもわからない…」

という方は、以下の記事も参考になさってみてください↓

自分がどうなりたいのかわからないのは、なぜ?

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ