宇宙にお願いすれば叶うっていうけど、私は引き寄せで何も叶わない…という方は…?

昨日こちらの本を紹介しました。昨日の記事にはこちらから。

画像クリックで本の詳細を見られます。

 

 

今回はこの中にある寓話で、印象に残ったものをもうひとつ紹介したいなと思います。

 

 

狐と熊

 

ある男が、森の中を歩いていました。

そこでケガをして動けなくなっている狐を見つけました。

狐は飢えて、死にかけてしまっています。

そこに熊が現れました。

しかしその熊は狐を襲ったりせず、それどころか自分の持っていたエサを狐に分け与えたのです。

 

 

翌日、男はまた森へと出かけ狐のもとに行きました。

この日もまた、昨日の熊は狐にエサを分け与えていました。

そしてそのまた翌日も、熊は狐にエサを…。

もう3日、同じことが続いています。

 

 

男は思いました。

「神が狐のことを気にかけてくださっているのか。

もしそうならば、きっと私のこともお忘れにはならないだろう。

この狐のように、私も神の愛を信じつづけよう!」

そして森の中でひざまずいて祈りました。

「神よ、何があろうとあなたを信じるということを狐から教わりました。

私もあなたに心からおすがりいたします」

そうして男は、その場に身を横たえました。

神がお慈悲を、食べ物を与えてくれることを待つことにしたのです。

 

 

しかし、1日が過ぎても、2日が過ぎても、3日が過ぎても何も起こりません。

男は怒りを覚えて神に言いました。

「神よ、あなたは私よりあの狐を愛していらっしゃるのですか?

私はあなたを愛しているのに、信じているのに、私を省みてくださらない。

なぜ私に食料をくださらないのですか?」

 

 

腹を立てた男は森を出て街に戻りました。

通りを歩いていると、お腹を空かせている貧しい子供に出会いました。

これを見た男は、とうとう神をののしりはじめました。

「神よ、ひどいではありませんか!

なぜ、なぜあなたはこの哀れな子供になにもしてあげないのですか!?」

 

 

そのとき、神の声が響いてきました。

「私は、ちゃんとあなたに何かをしたのだよ。

あなたを人間として創造したのだ。

しかしいま、私はあなたに失望している。

あなたはあの熊を見習うこともできたのに、狐であり続けようとしているのだから」

 

 

他者貢献と他者依存

 

私がこの物語を読んで思ったのは、

「この男は、引き寄せで『宇宙のパワー』が何かをしてくれることを待っている人のようだ」

ということです。

宇宙のパワーが狐みたいな私に味方してくれるはずだ、と考えている。

宇宙のパワーが味方してくれているのだから、私は熊のようにもなれるのだ、とは考えない。

 

 

どこの研究だったか忘れてしまったのですが、大きな成功をおさめる人って2種類に分けられます。

  • 強く自分自身を信じている
  • 強く神(に限らず、人外の自分より大きなパワー)を信じている

このどちらかなんですね。

信じているのはどちらでも構わないです、

「自分にならできるんだ!」

でもいいし、

「神が見守っていてくださるから自分にはできるんだ!」

でもいい。

結局「私はやるのだ、できるのだ」と信じているのでそこは共通しています。

引き寄せで大切なのはそこなので、そこさえ満たしていればいいです。

宇宙のパワーを信じる、という方は後者、神を信じるタイプに属すると思うのですが、

しかし神を信じて結果を出した人の中で、寓話の男のように、

「強く神を信じていれば自分では何もしなくていい」

と考え家で寝転がっていた人がいるのかというと……。

引き寄せでは、宇宙のパワーを信じてうまくいく人といかない人に分かれるのですが、

偉大なものを信じることで、熊になろうとする人か狐であろうとする人かの違いなのかな、と思いました。

宇宙のパワーを信じているが何も変わらない、という方は、一度、

「私は狐であろうとしていないか?」

という点について考えてみるとよいかな、と思います。

 

 

で、偉そうにこう言っている私ですが、

「じゃあ自分には狐の部分ってないんだろうか?」

と思うと、わりとすぐ思い当たるところがあったっていう…(;^ω^)

私自身も気をつけていこうと思います。

これ、

「私は熊か、狐か?」

という短い問いかけをするだけで「あ、いけない狐さんになってたわ」とかわかるので便利ですな、

これからはこの問いかけを自分にしてみよう!なんてことも思いました。

 

 

あなたは熊ですか?それとも狐ですか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

宇宙のパワーを信じても夢が叶わない場合など、アファメーション効果について解説。

宇宙

 

潜在意識を変えるにはアファメーションを繰り返すこと

 

前回までの記事で、

 

  • 思考が現実になるという引き寄せの法則では、顕在意識ではなく潜在意識が考えていることが実現する
  • 潜在意識の考えていることは「繰り返しによる刷り込み」によって決定する

 

というお話をしました。

「自分の(潜在意識下で)思ってることって、結局『繰り返されること』で決まってるんだな~」

ということがわかったかな?と思います。

 

 

ただ、あなたにはいまこんな疑問があるはず。

「それで、その『潜在意識の考え』を変える方法ってないの?」

という疑問。

たとえば、彼氏がほしい!として、しかし潜在意識下で「どうせ無理」と考えていると、

その「無理」のほうが実現してしまい彼はできなくなっちゃいますよね。

じゃあ「彼ができる!」という考えに変える必要が出てきますし、

変える方法ってあるの?ないの?というとこが気になるはず。

 

 

 

で、もちろん変える方法はありますよ!

それがなにかというと、

 

 

 

「変えたい内容を繰り返す」

 

 

 

ということ。

今回の例だと、

「私は彼氏ができる、私は彼氏ができる」

というふうに、えんえん繰り返すことです。

潜在意識は繰り返しにより学習を行っているんですから、

ならば新しいことを学ばせたい場合、学ばせたい内容を繰り返せばOKです。

 

 

ここまでくれば気づいた方もいるはず。

「それってアファメーションするってこと?」

と。

そうそう、そうです!

こうしてなりたい姿やできるようになりたいことを口に出して繰り返すこと。

これを俗に「アファメーション」と呼びます。

要するに、

「潜在意識の考えていることを変えたいならアファメーションしましょう」

ってことです。

 

 

アファメーションは魔法の呪文ではない

 

ただ、私はちょっと普段から思ってるんですが。

アファメーションに対して、

「夢が叶う魔法の呪文」

という説明をなさってる方もいますが、実は私はこういう表現はあんまり好きじゃないです(;´・ω・)

だって、なんか魔法の呪文なんて言われると、

「唱えるだけで不可思議な力が働いて、その力が自分を変えてくれるのだ」

みたいなイメージがありませんか?

事実、

「唱えることによって宇宙のパワーが味方してくれるので、だから願いが叶います」

といった説明も見ることもよくあります。

 

 

昔は私も、引き寄せ関連の本にすっごくよくこういった表現が出てくるものですから、

「そうか…アファメーションすると私の言葉から不思議なパワーが出て、

それを宇宙が受け取ってくれて…それで叶えてもらえるんだ…」

と思ってたんですが、正直これは心の底で、

「…そんなこと本当にある…?宇宙のパワーとか見たことも感じたこともないけど…」

みたいな疑う気持ちが拭えなかったんです。

どうにもこうにも、見たこともないものがあると言われても、

それを信じろと言われても、心の奥深いところでは抵抗がありました。

 

 

でもそれと同時に、

「そんなふうに宇宙のパワーを疑っちゃいけない」

みたいにも思う気持ちもありました。

「本にそう書かれてるんだから、きっとそうなんだ。素直に信じないのはいけないことだ」

「宇宙のパワーっていうのを信じないと、きっと私の願いは叶わないんだ…。

じゃあ、宇宙を疑うような不信心な行いをするとヤバイ。

願いを叶えたい以上は、信じられない気持ちは捨てて、心から信じないといけないんだ」

とか、ね。

 

 

本当に心から宇宙や神とかを信じてるんじゃなくって、

「信じないと願いを叶えてもらえないんじゃないかという恐怖から、信じようと懸命になってる」

っていう状態です。

正直、私と同じくこういった、

「信じないと私は見捨てられる。だから信じるしかない」

という恐怖から、退路を断たれたような感じで切羽詰まって、

宇宙のパワーを信じようと躍起になっている人は多いと思うんです。

 

 

でもそうではなくって、こう考えてみてください。

「繰り返しによる刷り込みによって潜在意識の考えることが決まるのだから、

変えたい場合も同じように、繰り返しによる新たな刷り込みを行うだけなのだ」

と。

そう考えると、

「あー、そういうことね」

「宇宙のパワーを信じなきゃ、信じなきゃ…って必死になってたときより納得いった」

とスッキリするんじゃないでしょうか。

 

 

「宇宙を信じましょう」という繰り返しによる刷り込み

 

では、私を例にあげてもう少しお話してみましょう。

引き寄せの法則によって願いを叶えよう!と思い立ったときの、一番最初の私の状態は、

「今まで生きてきて『宇宙のパワー』といった言葉に触れる機会もなかったし、格別そういうものは信じてない」

という状態です。

 

 

多くの人はそうかと思います。

神とか幽霊とか不可思議な存在に対しては、漠然と、

「いるかもしれないなあ、幽霊とか本当にいたら怖いなぁ」

とは感じてたりするし、お墓参りに行ったり神社へお参りとかすることもあるけれど、

かといってそれらを心の底から本気で信じて行っているというわけではなく、

「まぁ、墓参りってするものだし…」

「新年はお参りに行ってお願いするもの」

程度の認識だと思います。

で、最初のこのような状態から、私は以下のようになっていきました(あなたも多分そうなってる)

 

  • 本に「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「え、宇宙のパワー…?そ、そうなの?そういうものがあるの?…ふーん…?」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「え…やっぱりそういうものがあるものなの?そうなのかなぁ?そうなのかも…」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「あ、やっぱりそうなの?ほんとにそうなの?これ、マジなのかも…」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「そうなんだろうな、きっとそうなんだ…!これ信じないとうまくいかないんだ、信じればうまくいくんだ!」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「やっぱりそうだよね、うんうん。宇宙にお願いするっていうのが大事な点だ、わかってきた!」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「うんうん、わかる。そこが重要ポイント!」

  • 次に読んだ本にまた「宇宙にお願いしましょう!」と書いてある。

「信じよう!信じよう!ここを疑っちゃダメだ!宇宙のパワーはあるんだ!!宇宙のパワーは偉大なんだ!」

 

このようにして、

「え、宇宙のパワー…?そ、そうなの?そういうものがあるの?…ふーん…?」

という状態から、

「宇宙のパワーはあるんだ!宇宙のパワーは偉大なんだ!」

へと変化。

これ思いっきり、

「宇宙のパワーはあります」

という言葉の繰り返しによって、それが潜在意識に刷り込まれて、私の考えは変わっていってますよね。

これを読んで、

「ヒッ…私も同じ一途をたどってた!」

と思ったあなた。

これがアファメーション(繰り返しを用いた、潜在意識への新たな学習)の力です。

 

 

で、私の場合はここから、

「水晶を身に着けると宇宙のパワーをより受けられるのか…買ってみよう…」

というふうに水晶を身に着けたりとか、いろいろしはじめました。

上のように思考が変化していけば、自然とそのあとは「水晶を買う」といった行動にもつながりやすいですね。

こうして無意識に、

「宇宙のパワーはある」

という思考に添った行動を、苦もなく取り始めます。

こうして自分の信じたことに添う行動を無意識に取り、自分の思考を自分の手で現実へと反映させていくんです。

 

 

宇宙のパワーを信じても彼氏はできない

 

私と同じくこういう流れになっている方は多いと思います。

でもじゃあ「彼氏がほしい!」と思って水晶を買ったりして実際に彼氏はできたのか?

というと、できてないと思います。

それはなぜか?

なぜならいつの間にか目的が、

「彼氏ができる」

というところから、

「宇宙のパワーを信じる」

ということへとすり替わっているから。

あなたは宇宙のパワーを信じたい。

そして信じるための行動を取り、その行動を取ることによって、

「よし、これで宇宙のパワーを得られた」

とさらに自分の思考を強化する。

流れとしては、

 

宇宙のパワーはある!と繰り返す

潜在意識がそう学習するので、自然とそのような気になってくる

無意識に「宇宙のパワーはある」ということに関する行動を取り始めていく

さらに宇宙のパワーを信じるようになる

 

ですが、でもちょっと待ってください。

本来の目的は彼氏を手に入れるということだったはず。

ならば本来の流れとしては、

 

彼氏ができる!ということを繰り返す

潜在意識がそう学習するので、自然とそのような気になってくる

無意識に「彼ができる」ということに関する行動を取り始めていく

彼ができる

 

こっちじゃないですか?

でもこっちを無視してませんか?

「宇宙のパワーを信じているけど彼ができません」

という方って、

「宇宙のパワーはあるんだ!」

ということに関するアファメーション(繰り返し)はしてるんですけど、

肝心かなめの、

「私には彼ができるんだ!」

というほうのアファメーションはしてないんです。

精力的に宇宙を信じたあと、頭の隅でちょこっと、

「これだけ宇宙を信じてるんだから、これで彼ができるはずだよね?」

と思うのみで、

「できる、できる、できる」

と真剣には唱えてない。

大概、宇宙を信じているのに願いが叶わないって方はこうなってます。

で、こうなる方が多いので、私はあんまり宇宙のパワーっていう表現を用いるのは好きじゃないです。

 

肝心なのは宇宙のパワーを糧にできているか否か

 

でもね、宇宙のパワーを信じたいなら信じればいいとも思うんです。

別にそんなものは絶対ない!とか、信じてるやつはバカだ!とか、そんなことが言いたいんじゃないです。

ないと証明できない以上あるのかもしれないですし、

「きっと宇宙も味方してくれてる、だから真剣に彼ができるんだって唱えよう!」

って糧にできるのであれば、私は何の問題もないと思います。

 

 

誰かが応援してくれていると思うとそれが励みになって力が出ることってありますよね。

その応援してくれているのが人間である必要はないし、宇宙であっても神であっても、水晶であってもなんでもいい。

でも、

「きっと宇宙が味方してくれる。だから真剣に彼ができるんだって唱えなくても大丈夫」

↑こっちになると、結局、肝心の「彼ができる」という願いを叶えるためのアファメーション(潜在意識への新たな学習)がおろそかになってるから叶わない。

 

 

宇宙を信じてうまくいく人もいます。

そういう人はちゃんと、宇宙という存在を自分の「糧」にしてる人。

糧にするのではなく「依存対象」にしている人が、うまくいってないんだと思います。

あなたにとって宇宙は「自分が願いを叶えるための糧」なのか?

それとも「自分の代わりに願いを叶えてくれそうな依存対象」なのか?

この点についてはチェックしてみてくださいね。

 

 

潜在意識を変えるためには、アファメーションをすること。

宇宙を信じている場合、それが自分の糧か依存対象かを確認してみて。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ