引き寄せで、良い気分になれない原因はなに?

薔薇

 

引き寄せたいけど、良い気分になれない?

 

今回は「良い気分になれないとき」についてです。

引き寄せではよく、

「いつでも良い気分でいましょう。

そうすれば、さらに良い気分になれるようなことが引き寄せられてきます」

と言われています。

しかし、なかなか良い気分になれないと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

この記事では、良い気分になれない原因についてお話していきます。

 

 

良い気分になれない原因は、ごく単純

 

良い気分になれない原因は何か?

これって実はものすっご~~~~~~く単純で、

「良い気分になれないようなことをしているから」

です。

 

 

たとえば、AさんはBさんのことが好きで、Cさんのことは嫌いだとします。

当然、好きなBさんと一緒にいるほうが良い気分になれますよね。

しかしここで、

「人を嫌うのは良くないことだから…」

「お付き合いを大事にせねばならないから…」

といった理由で、嫌いなCさんと一緒にいることのほうを選んで「良い気分になれない」となることがあります。

 

 

似たような経験、あなたにもありませんか?

疲れていて本当は休みたい、休めば良い気分になれるはず。

しかし「怠けるのは良くないことだから」とつい頑張ってしまい、

「辛い、良い気分になれないよ…」と思ったりしたことがあるかもしれません。

 

 

このようにして人ってついつい、

「わざわざ良い気分になれないほうを選んでおきながら、良い気分になれないと悩む」

ことがあります。

良い気分になれないほうを選んでいるのだから、良い気分になれないのは当たり前。

しかし、案外とこの当たり前のことに気づかずにやってしまっている場合が多いように思います。

 

 

引き寄せでありがちな「悲しんではいけない」という誤解

 

中でも特に多いのが、

「悲しいときや苦しいときに、無理やり良い気分になろうと頑張ってしまう」

というものです。

 

 

良い気分でいましょうという言葉を聞いて、

「引き寄せをやるなら悲しんではいけないんだ、辛いと思ってはいけないんだ」

と思い、自分の悲しみをグッと抑え込んでしまう方もいます。

しかし、そうして抑え込むことで悲しみはなくなるのか?

ちゃんと良い気分になれるのか?

というと、むしろそうして抑え込んだほうがよけいに悲しく辛くなってしまわないでしょうか?

素直に悲しいときは悲しいと泣ける状態と、それさえもできない状態。

どちらが気分がマシかと言えば前者はなず。

それなのに、より気分が悪くなる後者を選び「良い気分になれない…」とやってしまっています。

本人は引き寄せをうまくやるために良かれと思ってやっているのですが、

残念ながらそれが仇となってしまい、引き寄せがうまくいかなくなっています。

 

 

引き寄せの「良い気分でいましょう」とは、

「あえて気分が悪くなるほうを選び、その中で気分良くあろうと努力しましょう」

という意味ではありません。

「気分が悪くなるほうなど選ぶのはやめましょう。

嫌いなCさんより好きなBさんと一緒にいましょう。

休みたいなら休みましょう。

悲しみたいなら悲しみましょう」

ということです。

 

 

これを読んで、

「うわぁぁ、あえて嫌なほうを選んで良い気分になれないって言ってたわ…!」

と思った方は、これからはそれをやめるように心がけてみてください。

少しずつで構いませんから、単純に、純粋に「自分の気分が良くなるほう」を選んでくださいね(*´ω`*)

 

 

良い気分になれないのは、良い気分になれないようなことをしているから。

わざわざ辛い状況を選んで気分良くあろうと努力する必要はありません。

そうして辛い状況を選ぶのをやめることが「良い気分でいる」ということです。

 

 

「良い気分でいる・ポジティブでいる」についての関連記事です。

こちらも読んでいただけると嬉しいです↓

自分軸に戻るほど、引き寄せる力は強くなる

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画です。

とてもわかりやすく引き寄せについて説明してくださっています。

全4話すべて無料ですので、こちらもご覧になってみてください。

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ