ビジョンボードで、あなたの潜在意識を活性化させる。

ボード

 

潜在意識に明確なビジョンを伝えるビジョンボード

 

本日はビジョンボードについてのお話です。

ビジョンボードとは、自分の叶えたい夢に関する写真やイラストをボードに貼ったもののこと。

これを作るとその夢が叶う!とよく言われますが、これは本当に効果あるのか?というと、確かに効果あるだろうなと思います。

 

 

ボードに写真やイラストを張り付けるということは、

「夢を視覚化する」

ということですね。

頭の中で漠然と思い描いているよりも明確に、具体的にビジョンをイメージできるようになりますし、

人間の潜在意識は、ビジョン(イメージ)が明確であるほどにその影響を受けて書き換わりやすいです。

なので引き寄せではよく、

「願望が叶ったところをありありとイメージしましょう」

と言われます。

 

 

でも、ただ「イメージしてね!」だとイメージが苦手な方も多いもの。

そういうときにうんうん唸って頑張ってイメージしようとするよりも、

ビジョンボードに自分の夢に近い写真やイラストを貼ってしまう。

こっちのほうが手っ取り早くて簡単にイメージしやすくなると思います(*´ω`*)

 

 

ビジョンボードに「正しい作り方」はあるの?

 

ではではその、潜在意識を変えるためのビジョンボード…、

「作り方とか決まってるのかな?」

と気になった方もいるかもしれませんが、特にこうしなさいといった決まりはありません。

 

 

ビジョンボードを作っている間、わくわくしているか?

 

ただ強いて言うならば、

「ワクワクする作り方をするのが正しい作り方」

でしょうか。

ビジョンボードって、作ったものを眺めることだけが大事なわけじゃなくて、作っている間の気持ちも大切です。

作りながら、

「私の夢が叶ったあとのイメージはこの写真に近いかな~?いやそれともこっちかな~♪」

とワクワクしているなら、そのワクワクも潜在意識に影響を与えています。

なるべく楽しく夢について思考したりイメージしながら作るということが、潜在意識にとって大切なこと。

「早く仕上げよう!」

と気が急いて適当にバーッと作っちゃって、

「さぁできた!これで潜在意識が夢を叶えてくれるのね!?」

なんてのよりは、じっくり時間をかけながら、

「こっちの写真もいいけどこっちもいいよね迷っちゃうなウフフ~(*´艸`*)」

とかムフムフしながら作ったほうが、潜在意識に良い影響を与えている時間は長く、

潜在意識が書き換わりやすくなります。

 

 

ビジョンボードって、この「完成までにいろいろと思考・イメージする時間」もかなり重要だと思います。

ついつい「仕上げること」に注意が向いちゃうかもしれませんが、(いや仕上げてもほしいのですが)

あまり急がず、むしろのんびり時間をかけて作るほうが潜在意識にとっては良いんじゃないかなって思います。

 

 

ボードを上手に作ることが目的ではないので気にしない

 

人によっては、

「人に見られても恥ずかしくないようなものを…」

と「上手に作ること」に注意が向く方もいると思うのですが、

ビジョンボードの趣旨は誰かに見せることとか上手なデザイン配置をすることではなく、あくまでも「自分の潜在意識に影響を与えること」です。

作りながら、

「あぁ、上手に写真が切れなかった…」

「この配置だと来た友達にセンス悪いって思われるかしら…」

とか気にして、肝心の夢について思考したりイメージしたりするっていうのをしていないなら、潜在意識に与える効果は薄れてしまいます。

「どんなふうに貼ろうかな?こう?それともこうかしらむふふ~❤」

と楽しくデザインについて迷えるならいいんですが、

あまり「上手にカッコよく」というのを気にしすぎて迷う必要はありません、

ごっちゃごちゃでも自分が楽しけりゃOK!です(*^^)v

(ごちゃごちゃじゃないとダメ、という意味ではないので、

「整然ときれいに写真が並んでるほうが好き!そっちのほうが見てて気分がいい♪」

というのであれば綺麗にキッチリ並べてもOKです)

 

 

ビジョンボードの大きさは大きいほうが望ましい

 

作り方と同じくボードの大きさについても、

明確にこのサイズにしなさいといった決まりはないのですが、

大きい方が潜在意識にとって良い影響があるように思えますね。

 

 

なんで大きいほうがいいの?というと、まずひとつめの理由として、

単純に小さいと見にくいからです。

当たり前のことなんですが、小さい写真がちまっ…とあるよりは、

デカデカと貼ってあったほうが目につきやすいですよね。

視覚から情報を入れることで潜在意識に影響を与えることが目的でやるのですから、

これは単純に大きなもののほうが、

 

視覚情報を得られやすくなる

潜在意識に影響を与えやすくなる

 

となると思います。

あと、さきほど「完成させるまでのワクワクしている間も重要」と言いました。

 

ビジョンボードが小さければ完成までの時間が短い

夢について思考やイメージをしている時間が少ない

潜在意識に影響を与える時間が少ない

 

ということですので、大きいものに時間をかけてワクワクしながら作ったほうが、

「潜在意識に影響を与えて書き変える」という目的を達成しやすくなります。

 

 

完成したらそのビジョンボードは、なるべく自分の目に触れやすいところにおいてください。

作るまでも大事とは言いましたが作ってからも大事です、

「はー、完成したー!」

と完成したことに満足してあとは意識しないで放っておくというよりは、

一日に何度か眺めて「これが私の夢、もうすぐ実現する」と意識してみてくださいね。

 

 

ビジョンボードは楽しく作るのが良い作り方。

なるべくワクワクしながら作って潜在意識に良い影響を与えてください。

 

 

引き寄せの無料メルマガ配信中です。

上手に願いを叶えるコツなどについてメールでお届けいたします。

メルマガ読者さま限定の記事もございます。

詳細は以下からどうぞ。

 

おすすめ動画のご紹介

山根洋士さんという方の動画で、とてもわかりやすく引き寄せについて解説をなさっています。

先日、動画がすべてリニューアルされてさらに理解しやすくなりました

初めて見る方はもちろんのこと、以前に一度見たことがあるという方も、一新された内容がお役に立つのではないかと思います。

4話ともすべて無料です。

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ