似た者同士が引き寄せあう?…あんな人と私が似てるっていうの?

木

 

「アイツと私が似た者同士のはずがない」?

 

今回は「似た者同士が引き寄せあう」ということについてです。

これって簡単に言うと「類は友を呼ぶ」ってことですよね。

確かに人間って、自分と似た趣味の人と友達になったりなど、

価値観が似ている人に共感して仲良くなりやすいものです。

 

 

だけど、あなたはこんなふうに思っているかもしれません。

「私の近くにはすっごい嫌な奴がいる。

あんなのと私が同じレベルのはずないのに、

それでも引き寄せではあいつと私が似てるから引き寄せあったってことになるの?」

って。

この場合はまさにその通り、その人とあなたが似ているから引き寄せあっているということについてのお話です。

 

 

根本が似た者同士だと引き寄せあってしまう

 

私のことなのですが、私の過去の人間関係にはある特徴がありました。

どういうものかというと、

「私を支配しようとする嫌な奴が常にそばにいる。

思い切ってその人との縁を切っても、またすぐに似たような人が現れる」

というもの。

もちろん私はそんな人を引き寄せたいだなんて思ったことは一度もありませんし、

「こんな嫌な奴と私が似た者同士?そんなはずがない!」

と思っていました。

だけど今となってはやはり、

「私が自分と似た者を自分で引き寄せていたのだな」

と感じます。

 

 

劣等感を抱えた者同士とても似ていた

 

人を支配したいという人の潜在意識下には、劣等感があります。

自分はダメだ、価値がない…。

だけど、人を支配できるような強い人間になれれば、劣等感が解消されるかもしれない。

人の面倒をよく見て「あなたがいないと困るわ」と言われれば、

必要とされているんだと思えて劣等感から逃れられるかもしれない。

そういう人は支配的なタイプ。

人に対して威圧的だったり、妙に面倒見が良かったりします。

これが私の周りに常にいるタイプ。

 

 

その一方で、劣等感が強いと支配をされたがる人もいます。

自分はダメだ、価値がない。

けれど人に構ってもらえれば、人に面倒を見てもらえれば、

そんな私には価値があるんだと思えてこの劣等感は解消されるかもしれない。

そういう人は支配されたいタイプ。

自分で物事を決められなかったり、依存的だったりします。

こちらが私。

 

 

どちらも、心の底に抱えているものは劣等感。

「支配したい」と「支配されたい」で、需要と供給が一致している。

そのため、無意識に互いを必要として引き寄せあってしまいます。

 

 

根幹が似た者同士でも、表面的には正反対に見えることも

 

大事なのは、表面的に似ているかどうかではありません。

表面だけを見ると、

「支配する人」と「支配される人」

「人のことまでちゃんと世話してあげられる人」と「自分のことすら自分で決められない人」

と、むしろ正反対で、全く似た者同士には思えないこともあります。

しかし、その実本質的に持っているものは非常に似ていることも多いです。

 

 

似た者同士という事実を受け入れれば、それは必ず変えられる

 

大切なのは、一度心を落ち着けて、

「私とあの人は何が似ているのだろうか?」

ということをよく考えてみること。

「あんな奴と似ている部分があるなんてことについて、考えるの嫌だな…」

と感じたかもしれないし、私も最初はそう思ったのでお気持ちはわかります。

人は普通、嫌いな人間と自分が似た者同士だなんて認めたくはありませんよね。

ついつい、

「あんな奴と!私の!一体どこが!!!」

「私は○○された側、被害者!加害者と似てなんていない!!」

という怒りが先立ち冷静ではなくなってしまいますが、

本当に現状を変えたいのであれば、何が似ているのかについてじっくり考えてみるとよいと思います。

 

 

自分の心を見つめてみたとき、

「あぁ、私のこの考え方が、私のこの態度が、相手を呼び寄せたのだ」

と気づく点があるはずです。

そんなものはない!と見て見ぬふりをしているときには改善のしようもないけれど、

ここが似ていたのだ…そうだったのだな…ということに気づいたとき、人はおのずとそこから変わり始めます。

「相手に○○させられた」

ではなく、

「私が自らの意思でした」

という自覚が生まれたものは、必ず同じように、自らの意思でやめられます。

 

 

似た者同士が引き寄せあう、それは本当のこと。

似てなどいない!という怒りに支配されず、

「どのあたりが似ているのか?」

「私の何があの人を引き寄せたのか?」

ということ、一度考えてみてください。

相手と似ている部分に気づいたとき、

それに気づくとほぼ同時に、その似た部分を手放せることにも気づくと思います。

そうして互いに似ている部分がなくなれば、もう決して引き寄せあうことはなくなります。

必ず嫌な相手との縁は切れますよ。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ