引き寄せの法則のやり方を調べ、試しつづけても変われない人の特徴

辞書

 

引き寄せの法則のやり方について、2つの留意点

 

今回は、引き寄せの法則を実践するときに知っておいてほしいこと2つについてです。

「引き寄せの法則 やり方」

で検索すればたくさん出てくる引き寄せのやり方。

だけどやり方を調べていくうちに、

「こっちのサイトには『○○してください、■■はだめ!』って書いてあるのに、

別のサイトには『■■がいい、○○はダメ!』って書いてある…。

一体どっちのやり方が正しいの?」

と戸惑うことがあったり、

「書かれたやり方どおり実践してるのに、全然望むものが引き寄せられない…」

ということもあると思います。

なので引き寄せの法則を実践するときには、

 

①なんで人によって言ってるやり方が違うときがあるの?

②なんで書かれているやり方どおりにしてるのに引き寄せられないの?

 

についても心に留めておきながら引き寄せをやってみてほしいなと思います(*´ω`*)

 

 

引き寄せの法則で重要なのは「やり方」ではない

 

ではまず、引き寄せの法則のやり方について調べてると出てくる疑問、

 

①なんで人によって言ってるやり方が違うときがあるの?

 

についてです。

たとえばAさんが、

「引き寄せの効果的なやり方は満月にお祈りすること、新月はNG」

と言い、かたやBさんは、

「引き寄せの効果的なやり方は新月にお祈りすること、満月はNG」

と言ってたりすると、どっちが正しいやり方やねん!と思いますよね(;^ω^)

ただこれ、どっちも引き寄せの正しいやり方なんです。

どっちでもOKなんです。

 

 

引き寄せで重要なのは「できると思考しているか否か」

 

どういうことかというと…Aさんは、

 

①満月にお祈りした

②これで私の夢は叶う!と思考した

③潜在意識は思考したことを現実にするので夢が叶う

 

Bさんは、

 

①新月にお祈りした

②これで私の夢は叶う!と思考した

③潜在意識は思考したことを現実にするので夢が叶う

 

です。

大事なのは①でどのようなやり方をするか?のほうではなく、

①のやり方をしているとき、したあとに、

「私の夢は叶う」と思考できているかどうか?というところ。

そう思考することさえできれば、祈るのが満月でも新月でも流れ星でも石ころでも、

「夢は叶う」というその思考は引き寄せの法則によって現実になります。

 

 

性格が違う以上、引き寄せにやり方の違いは出てくる

 

人の性格はさまざまですので、人によって信じるものは違います。

Aさんの場合は、私はうまくいくと信じられるやり方が満月に祈るという方法だった。

なのでAさんは「満月に祈ると本当に夢が叶った!」と思い、他の人にもそう言う。

 

 

Bさんが自分はうまくいくと思えたやり方は新月に祈ることのほうだった。

なのでBさんは、「新月に祈るのは良いやり方だ!」と思うので、他の人にもそう言う。

どちらもその本人にとっては本当のことです。

 

 

引き寄せの法則はあくまでも「自分の思考が現実になる」という法則ですので、

どれほどAさんが「絶対に効果ある!」と太鼓判を押したところで、

それをやっているあなたが「こんなやり方で変われるの?」と疑っているなら、

その疑う思考が現実になるので効果は出ません。

あなたにとっては満月に祈るやり方は効果がない、というのが正しいこと、となります。

 

 

人によって引き寄せの法則のやり方がバラバラなのは、

「人によって信じているものが違うから」

です。

どれが正しいの?ではなく、どれも正しいですし、

信じる気持ちなしに引き寄せに取り組んでいるのであれば、どのやり方も間違いとも言えます。

 

 

人の言っていることが食い違っているとつい、

「どっちが正しいの?」

と考えてしまいがちですが、

「どっちが正しいか?」

ではなく、

「どっちのやり方のほうが私は好きだろうか?」

「どっちのやり方のほうが私は納得できるだろうか?」

で判断してください。

人は、好きじゃないもの・納得できないものに対しては真剣になれないものです。

嫌々やっても「これで私の夢は叶う!」という前向きな思考は抱けないですから、

正しいかどうかではなく、楽しそうかどうか、納得できるかどうかで選んでください。

そうして自分の好きなほうを選んで楽しんでやって、

それによって「私はできるんだ!」と思えたならば、その思考が必ず現実になります。

それがあなたにとって効果のある、正しい引き寄せの法則のやり方ということです。

 

 

正しいやり方を探してさまよう引き寄せジプシー

 

では次に、

 

②なんで書かれているやり方どおりにしてるのに引き寄せられないの?

 

についてです。

 

 

引き寄せのやり方が正しければうまくいくわけではない

 

さきほど、

「引き寄せの法則で大事なのはやり方そのものではなく、

そのやり方に取り組むことによって『私はできる』と思考できるか否かのほう」

「どれほど効果があると人が言っているやり方でも、

あなた本人が効果を疑っているならあなたにとってはそのやり方は効果がない」

とお話しました。

これは、引き寄せの法則の大原則でありながら多くの方が忘れがちになってしまうことです。

 

 

引き寄せというものは、あくまでもあくまでも「思考が現実になる」という法則です。

自分の思考によって現実が作られるのであって、

作られた現実の影響を自分が受ける、というわけではありません。

つまり、

「事前に作られた『夢が叶う効果的なやり方』というものがあり、それをやると夢が叶う」

わけではなく、

「私は夢を叶える!と思考し取り組んだやり方が、現実に『夢が叶う効果的なやり方』へと変化する」

です。

効果的なやり方をやればうまくいくというわけではなく、

うまくいくと信じたやり方が効果を発揮するんです。

 

 

逆にとらえていると引き寄せの負のループにはまる

 

ここを逆にとらえていると引き寄せの法則に取り組む際、

「どれが引き寄せの法則の正しいやり方なの?」

「効果のあるやり方はAとBどっち?」

「次はCをやってみたけどこのやり方は効果あるの?」

ということばかりが気になりますよね。

つまり、私はできる!という思考ではなく、

「正しいものがわからない」という強い迷いや疑念を抱きながら引き寄せを実践しているということ。

 

 

大概の方はその迷いや疑いのあまり、

「もっと詳しく調べて、信ぴょう性のあるやり方を見つけよう」

というふうに、ますますいろいろ調べ始めて、ますます迷ったり疑念を深めていきます。

なにが本当かわからず、何を試しても(自分はうまくいくと思考しないので)うまくいかず、

ずっとさまざまなやり方を試してはダメ、試してはダメ…を繰り返してしまう。

これが俗に「引き寄せジプシー」と言われる、ずっと引き寄せの法則の効果が出ない方たちです。

 

 

引き寄せジプシーにならないため・あるいはもうなっているならサイクルから抜け出すため、

効果的なやり方をやればうまくいくというわけではなく、うまくいくと信じたやり方が効果を発揮する。

ということは忘れずにいてほしいと思います。

「効果が出たら、このやり方は本物だったと信じよう」

では、断じてないんです。

「このやり方は本物だと信じたものに、効果が出る」

ですよ。

あなたが「私は夢を叶えるんだ、できるんだ!」という思いを持って取り組んだやり方が、あなたにとっての正しい引き寄せの法則のやり方です。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ