潜在意識は、条件付けのとおりに働く

クロッカス

 

潜在意識は、あなたの条件付けのとおりにする

 

今回は「条件付け」に関してのお話です。

たとえば、

「苦労しなければお金は手に入らない」

というのは、

「お金を手に入れるためには『苦労する』という条件を満たす必要がある」

という条件付けですね。

潜在意識はその人の条件付けに従った形でしか働いてくれませんので、

お金を手に入れるためには苦労する必要があるという条件付けがあった場合、

「では、お金を手に入れる前にまず苦労をしよう」

ということで、あなたをお金持ちにさせるより先に苦労をさせようとしてきます。

だけど、本当は苦労なんてしたくないものですよね。

条件付けはしないほうが辛い思いをしなくてすむし、夢も叶いやすいです。

ということで、今日は潜在意識に興味のある方がよくやっちゃう条件付けと、

その条件付けを解除する方法についてお話していきます。

 

 

潜在意識の話を聞いて、うっかりしちゃう条件付けとは?

 

潜在意識に興味のある方がよく思っちゃうことのひとつに、

「ネガティブでいると夢は叶わない」

というものがあります。

これは、

「夢を叶えるためには『ポジティブでいる』という条件を満たす必要がある」

という条件付けですね。

 

 

これを聞くと、

「え?だって潜在意識の話になるとしょっちゅう、

ネガティブでいるとネガティブを引き寄せます!って言うじゃん…。

どうせ私はダメだ~とか思ってるより、いつも笑顔で前向きでいたほうが叶いやすいんじゃないの?」

と思ったかもしれませんが、そう思った方の中には、

「ポジティブとは『いつも笑顔でいること』である」

「『いつも前向きなことを考えている』という条件を満たさない限り、ポジティブになったことにはならない」

という条件付けがあります。

 

 

このような条件付けがあるとうっかり後ろ向きなことが頭をよぎるたびに、

「あぁ、私ってば前向きに考えられなかった…条件をクリアしていない、私はダメだ」

と考えてしまいますよね。

あれ?私はダメだと考えるのは良くないからポジティブでいようと条件付けしたはずなのに、

かえってその条件付けのせいで私はダメだと考えるはめになってませんか?

こうなると、条件付けを行う前よりかえってネガティブ(私はダメだ)を感じてしまい、

「がんばって前向きでいようとしたら逆に(私はダメだと感じる機会が増えて)悪いことが起きた」

となったりしますので、これならばいっそその条件付けはなくしたほうが良いですね。

 

 

「何もしてはいけない」という条件付けもよくある

 

あと、潜在意識の話になると、

「何もしなくてもうまくいく」

と言われることが多いですので、この言葉を聞いて、

「何もしてはいけないのだ」

と誤解する方もいらっしゃいます。

「夢を叶えるためには『何もしない』という条件を満たす必要がある」

という条件付けです。

でも、これは何もしてはいけないという意味ではありません、

何もしなくて「も」いい、ですから、何かして「も」いいんですよー。

 

 

何もしなくてもいいというのは、

「もともとあなたは夢を叶えられる、その能力を持っている。

それなのに、できない、能力がないという前提で、できるようになるために必死に行動する必要はない。

行動すればするほど、

『こんなに頑張らなければならないほど、私はできない人間なのだ』

という認識を強めることになるし、できないという認識が強まれば、

その認識を潜在意識が現実化するから本当にできなくなってしまうよ。

だから、できないという認識を深めるような行動は何もしなくてもいいよ」

ということを伝えたいがための言葉であり、一切の行動をするなというような意味はありません。

 

 

楽しいこと、やりたいことはもちろんやってもいいですし、

家の中に閉じこもっていると不安になるなら、外に散歩に出るなりなんなり、

気持ちが晴れる行動をしたっていいんですよ。

「何もしなくてもいい」という言葉を聞いて、

「何もしてはならない」という条件付けを行わないようにしてみてくださいね。

何もしなくてもいいということに関しては以下の記事にもっと詳しく書いてありますので、こちらも参考になさってみてください↓

★何もしなくても潜在意識は本当に夢を叶えてくれるのか?★

 

 

条件付けを解除するにはどうすればいいのか?

 

人間って、他にもさまざまな条件付けを行っているのですが、

では、自分のしている条件付けを解除したいときにはどうすればいいのでしょうか?

1つや2つくらいなら自分で探っていくことで気づけるかもしれませんが、

人間の持っている条件ってたくさんありますし、

ひとつひとつどういう条件付けがあるかを探していって解除…なんてすっごく時間がかかっちゃいます。

なので、自分がどんな条件付けを持っていてもそれらを丸ごと解除できちゃえば便利ですよね。

私のおすすめの方法は、アファメーション、完璧の採用、自愛…あたりです。

ひとつひとつご説明していきます。

 

 

アファメーションによって上書きし、条件付けを消す

 

アファメーションは引き寄せの話になると必ずと言ってもいいほど出てくる有名なやり方ですね。

とにかく問答無用で、

「できる、夢を叶えられる」

という認識を持つことにしましょう、不要な条件付けなど新しい認識で上書きしちゃいましょうというものです。

どんな条件付けがあろうが関係あるか!全部上から「できる」に書き換えてやるわー!みたいな感じですね。

非常に単純です、上書き上書き上書き…とやっているうちに、勝手にもともと持ってた条件付けは消えちゃいます。

一番シンプルで王道のやり方、という印象を受けますし、個人的にはこれが一番おすすめです。

アファメーションを飛ばして別の方法からやってみます!というよりは、

最初にまずアファメーションを試してみてほしいなーと思います。

★アファメーションについての詳細はこちらから★

 

 

完璧に必要のない条件付けを排除していく

 

完璧を採用する、というのは、

「もうとにかくあらゆることが完璧だという認識を持とうぜ、問答無用で完璧だと決めちゃおうぜ」

という感じのやり方です。

潜在意識は認識を現実にしますので、「私は完璧」と最初に決定してしまうことにより、

「では、完璧だと思えるような現実に変化させよう」

と潜在意識は動きだします。

自分が苦しむような条件付けは、完璧であるためには不要なものですよね、なので不要なものは潜在意識が消してくれます。

「新しい認識を持つことで不要な条件付けを消す」

という点においてはアファメーションと同じかと思います。

★完璧の採用についての詳細はこちらから★

 

 

自分を許すことで、ひいては条件付けを無効にできる

 

自愛は、

「とにかく、自分のすべてを許しましょう」

というやり方です。

自分がどのようなネガティブなことを考えていても、それでいいよと繰り返し許し続けます。

ネガティブというのは、なにかしらの条件通りに自分ができていないときに感じるものですので、

「別にネガティブでもいいよ、そんな自分でもいいよ」

と認めるということは、ひいては、

「私は条件どおりにしなくてもいいよ」

と認めたということですから、その条件は意味のないものになります。

自分を許す過程で勝手にいろいろな条件が無効化されていきますし、

徐々に自分に対する認識が肯定的なものに変わっていきますので、

潜在意識が現実化するものも、その認識に沿った肯定的なものに変わっていきます。

アファメーションと完璧の採用が、

「新しい認識を持つことで不要な条件付けを消す」

というものであるのに対し、自愛のほうは、

「不要な条件付けを消すことで新しい認識を持つ」

という感じがします。

★自愛についての詳細はこちらから★

 

 

どれをやるにしても、最初は意志の力(顕在意識の力)が必要になると思います。

気を抜くとすぐにこれまでの条件付けが頭をもたげ、

「やっぱりだめだ…」

「そうは言っても○○しなきゃ□□になれないよね?」

という思いに取り込まれてしまいそうになると思いますので、

最初のうちは取り込まれないように意識なさってみてください。

そのように意志の力が必要なのは最初のほうだけですから、どの方法もやっているうちに慣れてきますよ、大丈夫です(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ