潜在意識を、日記を書くことで活性化させる

日記帳

 

日記を書くことで、潜在意識が願いを叶えてくれる

 

今回は、日記についてです。

引き寄せに興味のある方でしたら、

「引き寄せ日記を書くと、潜在意識が望みを叶えてくれる!」

といったお話を聞いたことがあるかもしれませんね。

提唱している方によって日記の書き方はそれぞれ違いますが、

「未来にこうなる」

「○月○日に私の願いは叶う」

というふうに、先に未来の予定を書き込んでおくというやり方が多いと思います。

先に「これからこうなる」と決定してしまうと、そこから潜在意識は、

「ではその未来を迎えるため、現在で取るべき行動は何か?」

ということを考え、その願いを叶えるにふさわしい行動を現在のあなたに取らせてくれます。

なので願いが叶う、というのが引き寄せ日記の趣旨なのですが、

「それはもうやったけどうまくいかなかった…」

という方に向けて、今回は私オリジナルの引き寄せ日記の書き方をご紹介いたします。

(ただ、私が知らないだけで既に同じ書き方を提唱なさっている方がいらっしゃるかもしれません。

「それはもう○○さんが言ってる書き方だ」とお気づきになった方は、お問い合わせフォームよりご一報ください)

 

潜在意識を活性化する日記の書き方、STEP1

 

ではではまず、当たり前ですが日記帳を用意します。

この際、自分のお気に入りの日記帳を選んでください。

中には、

「日記帳のデザインが気に入らなくても値段が安ければそれでいい」

「チラシの裏でもよくない?それなら日記帳を買うのにお金かけなくてすむし」

と考える方もいらっしゃるかなと思いますが、そうして妥協したものを使うより、

本当に気に入ったものを選んだほうがやはり気分がいいですし、毎日書こうという意欲も生まれると思います(*´ω`*)

 

 

決して「バカ高い日記帳を買ってこい」という意味ではないのですが、たとえば、

「この日記帳素敵だな~!1300円か。

あ、でもあっちのは1000円か…あっちはあんまり好きじゃないけど…でも300円安いしあっちで我慢しようかな…」

とかいう場合は、思い切って1300円のほうを選ぶことをおすすめします。

妥協で1000円のほうを買うと、今後その日記帳を目にするたび、使うたびに潜在意識下に、

「本当はこれが欲しいんじゃなかったのに…」

という不満がひっそり募っていったり、

「私は300円をケチらないといけないほど貧乏なんだ…」

と、貧乏なセルフイメージが強まっていったりする可能性もあります。

そうなると、潜在意識が実現しようとするのは「さらなる不満・さらなる貧乏」です。

肝心の「願望実現」のほうは引き寄せてくれなくなってしまう…ということのないよう、あまりケチケチはしないほうがいいかなと思います。

 

 

ただ、

「本当に素敵だと感じた日記帳がたまたま200円だった!安くてラッキー!」

というふうに、心惹かれたものの値段が偶然に安い場合だってありますよね。

そういうときに無理をして、

「もっと高級な日記帳を選ばなければいけないのでは…?」

というふうに考える必要はありませんので、それを使用してくださいね。

心から満足できているのであれば、それでOKです(*^^)v

同様の理由で、日記を書く際に使うペンもお気に入りのものを選ぶとよいです。

 

 

潜在意識を活性化する日記の書き方、STEP2

 

では日記帳を買ったら次に、

「自分が既に願望を叶えているとしたら、今日どのようなことが起こっただろうか?」

と想像し、その内容を毎日日記に書いていきます。

たとえばあなたの夢が、

「小説家になりたい。素敵な一戸建ての家に住み、犬を1匹飼いたい」

というものだとしたならば、もう既にその生活をしている前提で、

 

今日はA出版社から新しいオファーが来た、嬉しい。

そのあとB社での連載小説を執筆しようとしたけど、なかなか筆がすすまなくてちょっと焦った。

気分転換にポチの散歩に行ったら道で○○さんと会って、立ち話をしてるうちに気が晴れた。

おかげでそのあとは筆が一気にすすんで原稿を仕上げられた、よかったー!

 

…というふうに、どんどん想像したことを書いていきます。

「え。それってつまり…実際には起きてもいない空想の出来事を毎日日記に書きつづけろってこと?」

というと、はい、まさにその通りです。これを続けてみてください。

 

この日記を書く目的は、大きく分けて2つ

 

このように日記を書く目的はなにかというと、まず1つ目は、願望が叶ったあとのイメージを細部まで鮮明にするためです。

潜在意識は強くイメージしたものを現実化するという特性を持っているので、

よく「夢が叶ったあとのイメージをしましょう」と言われますが、

「どうせ私なんかが夢を叶えられるわけないと思うと、夢が叶ったあとのイメージなんて何も出てこない…」

と、イメージができない方も多いです。

しかし、「どうせできない」という前提で、頭の中で漠然とイメージしようとしている状態ではイメージが難しくても、

「すでになった」という前提で、今から細かく紙に書くぞという目的意識を持ってペンを持つと、

頭の中でなんとなくイメージしようとしていたときよりも自然と詳細なイメージが出てきたりします。

書くたびに既に叶っているという前提が強まり、理想の自分のイメージが細かく鮮明になりますので、

1度や2度「私はこうなります」と書いたときや、漠然としたイメージをしているよりも潜在意識が夢を叶えてくれやすくなります。

 

 

潜在意識に理想と現実のギャップを埋めてもらう

 

こう聞いて、

「いや~…でも、起きてもいないことを毎日書くなんてなんか空しいなぁ…。

そんなふうに理想のイメージを鮮明にすればするほど、実際にはそうじゃないっていう現実とのギャップが激しくなってしまって、なんだか打ちのめされそう…」

というふうに感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、

その「理想と現実のギャップを激しくすること」こそが2つ目の目的です。

潜在意識は、理想と現実の間のギャップが大きい・強いほうが理想を叶えてくれやすいためです。

 

 

毎日夢を叶えたつもりで日記を書くことで、どんどん理想のイメージが鮮明になる。

どんどん理想のイメージが鮮明になればなるほど、理想と現実のギャップをどんどん強く感じるようになる。

どんどん強くギャップを感じるようになればなるほど、潜在意識は、

「早くこのギャップを埋めなきゃ!!」

と強く働き始めるので、夢は叶いやすくなる、ということです。

ぜひ試してみてくださいね(*´ω`*)

 

 

すでに理想の自分になったつもりで日記を書きます。これは、

①理想のイメージを細部まで鮮明にする。

②細部まで鮮明にすることで現実とのギャップを明確にする。

③そのギャップを潜在意識に埋めてもらう(願望を叶えてもらう)ためです。

 

 

ちなみに、

「ちょっと待て、理想と現実とのギャップが大きいほうが、潜在意識が理想を叶えてくれやすいってどういうこと?

ギャップは小さいほうが叶いやすいに決まってるでしょ?」

と感じた方は、以下の記事も参考になさってみてください↓

★理想と現実のギャップが大きいほうが良い理由について★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ