自分を許すと、潜在意識は良いものを引き寄せる

花

 

潜在意識は、自分を許すことで良い方向に向かう

 

今回は「自分を許す方法」についてです。

引き寄せではよく、

「自分を許すことで、潜在意識が良いものを引き寄せてくれるようになる」

と言われます。

これがなぜかというと、たとえばあなたに、

「○○な自分なんてダメだ」

と自分を許せない気持ちがある場合、潜在意識は、

「では、『○○な自分なんてダメだと思ったままでいられる現実』を作ろう」

というふうに働いてしまうためです。

けれど、自分を許すことができたならば?

それは自分を認めている状態に変わったということですから、そこから潜在意識は、

「お、次は『自分を認めたままでいられる現実』を作るのね?おっけー!」

と働きはじめます。

これで現実が良い方向に変わりますよね(*´ω`*)

 

 

…とはいっても、

「いや、それはもうわかってる…わかってるんだけど…。

私には自分を許すっていうことがどうしてもできないんだよ…」

と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、私のおすすめの自分を許す方法をご紹介いたします。

 

 

自分を許すためにおすすめの「1日メソッド」

 

ご紹介するのは108さんという方が考えた方法で「1日メソッド」という名前がついています。

この1日メソッド、ものすごく簡単です。

具体的に何をするのかというと…、

 

今日1日、何があっても自分を責めない。

 

これだけです。わー、シンプル~!(*´▽`*)

もはやシンプルすぎて逆によくわからない方も多そうな気がしますので、詳しくご説明していきます。

 

 

いま、

「何があっても自分を責めない」

と聞いて、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけてみましょう」

という意味にとらえた方もいるかもしれませんが、そうではなく、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけるのをやめてみましょう」

という意味だととらえてみてほしいです。

「は?自分を許すよう心がけるのをやめたらダメじゃない?

それじゃあ自分を許せないままになっちゃうじゃん」

とちょっと不思議に思うかもしれませんが、むしろこちらのほうが自分を許せるようになりやすく、潜在意識が現実化するものも良いものに変わりやすいと思います。

 

 

自分を許すよう心がけるのをやめると、潜在意識は変わる

 

自分を許すことができないという方って、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけてみましょう」

↑こちらは既にやったことがあるんじゃないかと思います。

でも、それをやっても「それでもいい」とは思えず、そう思えない自分を許せないんだ…という状態なんじゃないかな?と思うんですね。

 

 

ではどうして、

「自分に対して『それでもいい』と思おうとしているのに思えない自分を許せない」

という状態になっちゃうのか?というと…。

これはまず潜在意識下に、

「『それでもいいよ』と思えるようになることが良いことである、そう思えないのは悪いこと・未熟なことである」

という前提があり、そしてその前提をもとに、

「なので、『それでもいいよ』と思えた場合には自分を許しますが、そう思えないのであれば私は私を許しません」

というようなルールを作りあげてしまっている状態です。

 

 

そのようなルールがあると、自分に対して「それでもいいよ」と思えなかった場合、潜在意識下で瞬時に、

「これはルール上、許すわけにはいかない」

という判断が自分自身に下ります。

そして、

「それでもいいと思えない自分が(ルールを守っていないので)許せない」

となります。

 

 

この状態で「それでもいいと思えるようになろう、なろう」とするということは、

「それでもいいと思えないなら、私は自分を許さない」というルールに従おう、従おうとすることです

従わないかぎり許さないぞ、許せないぞと、自分を許すどころか逆に責め立ててしまっているような状態です。

 

 

潜在意識下のルールを手放すため、自分を許すことをやめてみる

 

「自分に対し『それでもいいよ』と思わない限り、私は私を許しません」

というルールをもとに自分を許そうとすると、許そうとするたびにそのルールを守り、肯定することになってしまうので、潜在意識下でどんどんルールは強固になっていきます。

そして潜在意識下でそのルールが強固になればなるほどに、それでもいいと思えない自分がどんどん許せなくなっていってしまいます。

許そうとすればするほど許せなくなる、うことになっちゃうんですね。

 

 

この場合、

「それでもいいと思えないなら私は自分を許さない、というルールをもったままでいかにうまくやるか?」

と考えるのではなく、

「そのルールを手放すにはどうすればいいのか?」

を考えることが大切なのではないかな?と思うんです。

そして、そのルールを手放すために、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでいいよ』と自分を許すように心がけるのをやめてみましょう」

なんです。

許そう許そうとするのをやめるということは、そのルールに従おう従おうとするのをやめるということですから、ルールは手放しやすくなります。

 

 

淡々とやるほうが、潜在意識は変わりやすい

 

1日メソッドをやっていて、

「なんで私って○○なのかなぁ…。って、あ、いま自分を責めたな」

と気づいたときには、

「ふぅん、責めたね。ふーん」

という感じで、さら~っと流すようになさってみてください

やってみると自分で思っている以上に、1日の中で自分が自分を責めていたということに気づき驚くかもしれませんが、

「こんなにたくさん自分を責めてるなんてダメなことだ」

なんて自分を責めず、

「あ、責めたんだ。ふうん」

「ほう、ここでも責めたね、へぇ~」

という感じで、ただ責めたという事実だけを淡々と見て、それ以上は何もしないという感じでいるとよいかなと思います。

ただ淡々と…というのは、自愛や自己観察と似ていますね。

 

 

冷静な気持ちで、

「へぇ、私ってたくさん自分を責めているものなんだな~」

という事実を眺めつつ、

「自分を責めずにいるとは、楽なものなんだな~」

という心地よさを1日感じてみれば、そこから自然と自分を責めないということがうまくなってくると思います。

自分を責めない楽さを知ると、わざわざ苦しい思いをして責めようという気がなくなってきますからね。

そうして自然に自分を責めず、許すことができるようになっていけば、潜在意識が引き寄せるものも良いものに変わっていきますよ(*´ω`*)

 

 

「自分に対して『それでもいいよ』と思えないならば、私は私を許さない」

というルールを持っていないでしょうか?

そのルールを手放すことが、自分を許すことです。

 

 

ちなみに、

「ただ責めたという事実だけを淡々と見るというのは、自愛や自己観察と似ている」

と文中に書いたのですが、

「その自愛とか自己観察ってなんのこと?」

と思った方は、以下の記事も参考になさってみてください↓

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ