潜在意識は、立ち位置を変えると目覚めだす

足

 

立ち位置を変えるって、どういう意味なの?

 

今回は「立ち位置」についてです。

潜在意識のお話の中でときおり、

「立ち位置を変えればうまくいく」

と言われることもありますが、

「立ち位置を変えるってどういうこと?」

と不思議に思っている方もいるかもしれませんので、

立ち位置を変えるとはなんなのか?立ち位置を変えることでなぜうまくいくのか?

についてお話していきます。

 

 

引き寄せは、潜在意識の力で立ち位置が叶う法則

 

立ち位置とは、私が記事でよく話している「前提」のことを指しています。

記事を見るのが初めての方もいると思いますので、前提についてお話すると…。

 

 

まず引き寄せの法則とは、あなたの思考が潜在意識の力によって現実になるという法則です。

そして、矛盾する2つの思考があったとき、より強いほうの思考に従って動くのが潜在意識です。

たとえばあなたがお金持ちになりたいとして、

「私はお金持ちになる、なれるんだ!」

という思考と、

「そんなのどうせ無理、なれるわけない」

という相反する2つの思考があり、「どうせ無理」という思考のほうが強いとします。

すると潜在意識は、

「よっしゃ、ほんじゃ『お金持ちになるのはどうせ無理』ということを前提にして動くぞ」

と働きます。

 

 

無理だということを前提にして動く。

つまり、最初から無理だという結論ありきで、その結論を無事に迎えられるように動いている、ということ。

これではお金持ちになることはできませんので、前提を変える必要がありますね。

「私はお金持ちになる、なれるんだ!」

という思考を強く持ち、そちらを前提とする。

これは最初からお金持ちになれるという結論ありきで、その結論を無事に迎えるためにしか潜在意識は動かないということですので、お金持ちになれます。

 

 

「立ち位置」も「前提」も同じ意味で使われている

 

このように「前提を変える」ことを、「立ち位置を変える」と表現することがあります。

前提も立ち位置も、同じ意味だと思ってください。

前提を変える・立ち位置を変える、という表現だけではなく、

「認識の変更をする」

「信念を書き換える」

といった表現が使われることもよくありますが、どれも言いたいことは同じ、

「自分は望むことができるのだ、望むものになれるのだという思考を強く持て」

ということです。

それぞれの言葉が別個のものだと思うと混乱しやすくなりますので、今後このような言葉が出てきたときには、

「言い方が違うだけで、意味はどれも同じ」

と思っておくとわかりやすいかと思います(*´ω`*)

 

 

今の立ち位置にいると、潜在意識は望むものを見せてくれない

 

ネットで引き寄せを実践している方の書き込みを見ていたり、

私のもとに寄せられるメッセージの内容を拝見していると、

「この先の人生に希望が見えません」

「潜在意識の力で夢は叶えたいけれど、叶える方法が見えません」

というふうに書かれていることがよくあります。

ただ、それはあくまでも今の立ち位置(今の前提・今の認識・今の信念)から現実を見ているから見えないだけ。

立ち位置さえ変えてしまえば、必ず見えてくるようになります。

 

 

たとえばですが…あなたが友達と遊んでいて、

「見て見て、きれいな夕日!」

と友達に言われたとします。

けれどあなたの立っている場所からは、夕日が高いビルに隠れてしまっていて見えません。

このとき、夕日が見たいならば自分の立っている場所を変える…つまり、立ち位置を変えますよね。

そのままその立ち位置から動かず、自分ではなく夕日を動かそうとする方はいないと思います。

自分が立ち位置を変えれば、「夕日が見えない」という現実は変えることができる。

自分の望むもの(夕日)を見たいならば、自分が動けばいいのだ、ということをみなさんわかっていらっしゃいますよね。

 

 

潜在意識の力でうまくいくのは、立ち位置を変えた場合だけ

 

ただ、これが夕日ではなく「願望を叶える」という話になるととたんに、

自分の立ち位置は変えず、現実のほうを変えようとする方が増えるように思います。

「私には自信がない、できない、無理だ」

という前提に立ったうえで、できないという立ち位置に立ったままで、

「でも、こんな私でも潜在意識の力を使えば現実を変えられるのかしら?

夢を叶えるためのチャンスが、希望が見えるようになるのかしら?」

というふうにお考えになる方が多いように感じるんです。

(私自身も最初はそのように考えましたので、お気持ちはわかりますが…)

 

 

けれど残念ながら引き寄せの法則というのは、

「立ち位置を変えなくても大丈夫です。

潜在意識の力ってすごいですから、現実は変わりますよ」

いう法則ではなくて、

「立ち位置を変えさえすれば大丈夫です。

潜在意識の力ってすごいですから、現実は変わりますよ」

という法則です。

裏を返すと、

「立ち位置を変えないならダメですよ。

潜在意識の力ってすごいですから、現実は変わりませんよ」

という法則だ、とも言えるんです。

 

 

あなたが「私にはできない」という立ち位置に立っていると、潜在意識は強大な力でその立ち位置を守ろうとします。

日々の生活の中で、

「できないままでいられそうなもの」

には気づかせてくれるけれど、

「できるようになるためのもの」

は見せてくれないし、気づかせてくれません。

「できないという立ち位置にいるなら、ずっとそこに立っていられるように、

ずっとできないままでいられるように、ちゃんとチャンスは隠して見えないようにしてあげるね」

というふうに潜在意識は働いてしまうんですね。

なので立ち位置を変えないでいると、

「この先の人生に希望が見えません」

「潜在意識の力で夢は叶えたいけれど、叶える方法が見えません」

という状態から、変われなくなってしまいます。

 

 

立ち位置さえ変えれば、潜在意識が見せてくれるものは必ず変わる

 

けれど、立ち位置さえ「できる」に変えれば、潜在意識が隠して見えなくするものは変わってきます。

「できるという立ち位置にいるなら、ずっとそこに立っていられるように、

ずっとできるままでいられるように、ちゃんと『できないようなもの』は隠して見えないようにしてあげるね」

と働き始めます。

なので、できないという立ち位置にいるときには潜在意識が隠してしまい見えなかった夢へのチャンスも、問題解決の糸口も見えてきます。

 

 

立ち位置が変わったのに見えるものが変わらず、現実が変わらないということはありません。

夕日を見ようと立っている場所を変えているのに、見える風景が変わらないなんてことはありえないですよね。

立っている場所が変われば見えるものが変わるのが当然、変わらないほうがおかしいです。

立ち位置を変えさえすれば大丈夫。

潜在意識の力ってすごいですから、ちゃんと現実は変わりますよ(*^^)v

 

 

潜在意識の力で現実を変えるため、何よりも大切なのは自分の立ち位置を変えること。

「前提を変えること・認識を変更すること・信念を書き換えること」

という表現が用いられることもありますが、意味は「立ち位置を変える」と同じです。

 

 

今回の記事を読んで、

「うーん…立ち位置を『できる』に変えれば見えるものが変わるのはわかったけど…。

でも、どうやれば『自分はできる』なんて思えるようになるの?

そんなふうに自信持てないよ…」

と思った方もいるかもしれませんので、その場合は以下の記事を参考になさっていただければ嬉しいです↓

★自信を持てと言われても、できないという方へ★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ