潜在意識を味方につけるには、どうすればいい?

ラナンキュラス

 

願いが叶わないのは、潜在意識に味方をしてもらえてないから?

 

今回は、潜在意識を味方につけるにはどうすればいいのか?についてです。

引き寄せの法則で願いを叶えたいと思っているのに、

潜在意識がそれに反発してくるせいで願いが叶えられないまま…。

なんとか潜在意識を味方にする方法ってないのだろうか?と思っている方はきっと多いと思いますので、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識が味方をしているからこそ、叶わない

 

えーと、冒頭で、

「潜在意識を味方につけるにはどうすればいいのかについてです!(`・ω・´)キリッ!!」

とか言っておきながらなんなのですが、実は味方につけようとする必要はありません。

なぜなら、潜在意識はもう既にあなたの味方だからです。

「味方につけるにはどうすれば?」

というのは、まるで今はまだ味方ではないかのような言い方なんですが、潜在意識はあなたが生まれた瞬間からあなたの味方しかしていません。

あなたに背いたことなんて、一度もないはずです。

 

 

こう言うと、

「嘘だ!潜在意識が本当に私の味方なら、私の願いはもう叶えられているはずだ!」

と感じるかもしれません。

確かに、顕在意識上ではついついそう感じてしまいますよね。

ただ、顕在意識と潜在意識って物事の解釈の仕方が大きく違うんです。

 

 

潜在意識はこのように解釈をし、味方をしているつもり

 

潜在意識って、力はとても強いのですがその反面、頭はあまり良くはありません。

「俺、難しいことはよくわかんね!

よくわかんねーし、とりあえずこの人の『一番強い思考』を叶えてあげよっと!

強~く思考してるってことは、それが願いだからだよね?

願ってもないのにそんなに強く思考しないはずだもん!(`・ω・´)」

…という感じで、とりあえずその人が「強く思考していること」を実現しようとしています。

 

 

なので、仮にあなたの頭の中に「お金持ちになりたい」という思考と、

「お金持ちになんてなれない」という思考が同時に存在していた場合、

潜在意識はより強いほうの思考をあなたの願いとみなし、叶えようとします。

「お金持ちになれない」という思考のほうが強いのであれば、

「そっか、お金持ちになれないっていうのがこの人の願いなのか~。

そんじゃ任せろ、全力で『お金持ちになんてなれない現実』を作ったる!

これで喜んでくれるよね?むふふ(*´艸`*)」

というふうに、張り切ってお金持ちになれない現実を作ってしまいます。

 

 

顕在意識上では、

「バカか!『お金持ちになれない』なんてことは願いでもなんでもない!

『お金持ちになりたい』のほうが願いに決まっとろーが!!!」

と思いますが、潜在意識にはそのような判断ができません。

ただただ、

「きっと、より強い思考のほうが願いなんだろうから叶えてあげなくちゃ!」

というだけなんですね。

なので、

「潜在意識があなたの味方をしていないから、あなたはお金持ちになれない」

というわけではなくて、

「あなたの味方だからこそ(あなたの一番強い思考を現実にしてくれるので)お金持ちになれない」

んです。

潜在意識はいつだってこうしてあなたの味方をしていたはずだし、今も味方をしてくれているはずです。

 

 

あなたが潜在意識に合わせるほうが、早くうまくいく

 

ここで、

「そんなバカな解釈をされてお金持ちになれなくさせられて、それで味方ですなんて言われても困るよ…。

なんとか、潜在意識がそんなヘンな解釈をするのをやめさせられないだろうか…?」

と考える方もいるかもしれませんが、残念ながらそのような方法はありません。

もともと潜在意識はそのような意識ですし、それを変えることはできません。

なのでここは、あなたが潜在意識に合わせたほうがうまくいきます。

 

 

幼児に自分の味方をさせるのではなく、自分が幼児の味方をする

 

これって、

「大人が幼児に合わせたほうがうまくいく」

というのと似ているのではないかな、と思います。

幼い子供って、大人が思いもよらないような突飛な解釈や行動をすることがありますよね。

ここで、

「なぜそんな、大人ならしないようなバカなことをするのかしら!

あぁ、この子がこんなヘンな解釈をするのを、一体どうやってやめさせればいいのかしら?」

と考えたところで、無理がありますよね。

子供が大人に比べ知能が未発達の状態であるというのは仕方のないことなのですから、

それを認めずに「大人と同じ考えや行動を取りなさい!」と、子供を自分の思いどおりにしてやろうと思っても、子供にはそのとおりにすることはできません。

 

 

それよりは、大人が子供に合わせるほうが早いです。

「そうか、この子はこういうとき、そう考えて行動するものなのかぁ~。

ではそれを踏まえたうえで、私はどう対応しようかしら?」

というふうに、自分が子供の考えを理解し、その子に合わせた対応をする。

こちらのほうが物事はずっとうまくいきやすくなりますよね。

 

 

同じように、潜在意識が顕在意識に比べて知能が低い、というのは仕方のないことです。

いかに潜在意識を自分に都合の良いように変えてやろうか?と考えても、潜在意識にはそのとおりに変わることはできません。

それよりは自分が潜在意識に合わせた対処をしたほうが、うまくいきやすいです。

 

 

これが潜在意識なりの味方の仕方、と受け入れて

 

私自身、引き寄せを実践しはじめてからしばらくは何もうまくいかない時期があったのですが、そのときのことを思い返すと、

「潜在意識が私の味方をしないからうまくいかなかったんじゃない。

私が潜在意識の味方をしないから、うまくいかなかったんだ」

と、そのように思います。

 

 

その当時を思い返してみると、引き寄せを実践しつつも、

「本当は潜在意識の力なんてないんじゃないのか?」

と何度も何度も疑ったり、

「叶わないってことは、味方してもらえてないってことだ!どうやって私の味方につければいいのだ?」

とイライラしたりを繰り返していました。

実際には潜在意識はとても素直に、

「そんなに強く思っているのなら、ちゃんと現実にしてあげよう」

と、まっすぐにひたすらに動いてくれているのに。

そうして24時間365日、休むことなく働きつづけてくれているのに。

それに対し、

「ちょっと変わっているけれど、それが潜在意識なりの味方の仕方なのだな。

せっかくそうして味方をしてくれているのだから、潜在意識のやり方に合わせて私が変わろう」

とすればよかっただけなのですが、それができずに何度も潜在意識を疑い、苛立ち、批判的な目で見ていました。

潜在意識が私のやることに反抗しているわけではなくて、私が潜在意識のやることに反抗していたんですね。

 

 

けれどそれをやめ、

「私が潜在意識と向き合い、潜在意識に合わせて変わればいいのだ。

『どうせできない』と思うのではなく『絶対にできる』と強く思考すればいいだけ。

そうすれば、潜在意識と手を取り合ったことになるのだ」

と、自分の対応の仕方(考え方)を変えれば変えるほど、うまくいくようになりました。

 

 

味方につけるもなにも、潜在意識は最初から味方である

 

なので、

「潜在意識を味方につけるにはどうすればいいのか?」

と考えるのではなく、ここはぜひ、

「味方につけるもなにも、潜在意識はとっくの昔からずっと私の味方じゃないか。

私はただ、願いは叶えられると強く思考すればいいだけなのだ」

と考えてみてほしいと思います。

そうすれば潜在意識は必ず、その思考どおりの「できる現実」を作ってくれますよ(*´ω`*)

 

 

潜在意識は、もともとあなたの味方です。

潜在意識を自分に合わせようとするのではなく、あなたが潜在意識に合わせようとしてみてください。

 

 

潜在意識に対してはこのように、

「味方してくれているのだから、手を取り合おう!」

というふうに考えることもできますし、もっともーっと強気に、

「潜在意識は私の忠実なしもべ!この私がご主人様だから言うこと聞けや!」

くらいに考えるのもアリです。

強気に出てもいいよ、ということに関しては以下の記事に書いてありますので、よければこちらも参考になさってみてください↓

★潜在意識には、上から目線で接しておけばいい★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ