潜在意識の達人になろうとすると、かえってなれなくなる

蘭

 

「私も潜在意識の達人になりたい」だと、なれない?

 

今回は「潜在意識の達人」についてのお話です。

サイトや動画を見てくださっている方から、日々潜在意識についての質問をいただくのですが、その中には、

「潜在意識の達人になった人って、こういうときはどうするんですか?」

「こういうことをすると、達人にはなれないのでしょうか?」

「〇〇さんという達人はこう言っているのですが、どう思いますか?」

といったものもあります。

「自分も潜在意識の達人になって、たくさんの願望を実現したい!」

と思うのは自然な心理かとは思うのですが、ただ私、こうして達人になろうとするとかえって達人になれなくなるんじゃないかな?と思うので、この点について詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識の達人になりたいと思うときの、前提とは?

 

「潜在意識の達人になろうとすると、かえって達人になれなくなる」

↑これがなぜかというと、こうして達人になりたいと思っているとき、そう思っている人の前提は、

「私は潜在意識の達人ではない」

だからです。

 

 

引き寄せって、その人の持っている前提が現実化する法則でしたよね。

「私は潜在意識の達人ではない」

という前提を持っているのでしたら、潜在意識は、

「そうか、自分のことを達人じゃないと思ってるならそのとおり『達人じゃない現実』を作ってあげなきゃ

と働きますので、達人になれなくなります。

 

 

なので、あまり明確に達人と呼ばれる方たちと自分のことを区別しないほうがよいのではないかと思います。

達人と自分は違う存在なのだと線引きしてしまうのではなくて、

「達人と同等の能力は、すでに持っている」

「私もすでに、潜在意識の達人である」

くらいの気持ち(前提)でいてほしいんですね、そのような前提を持てば、潜在意識がそうしてくれるのですから。

 

 

実際、達人と呼ばれている方たちとあなたで、なにがそんなに違うのかな?と思います。

達人さんたちの中で、

「私は達人だけどあなたは違う、私はあなたと違って特別なのよ」

とか言っている方っていますっけ…?

むしろ、

「私が特別すごいわけじゃない、本当は誰にでもできることだよ」

というふうに言っている方のほうが多いと思います。

持っている潜在意識の力って、達人もあなたもそんなに変わらないはずですよ。

 

 

私は達人ではないという前提だと、達人の話がわからなくなる

 

「相手は潜在意識の達人だが、自分は達人ではない」

そのような前提を持ったうえで達人の話を聞くと、話を理解することが難しくなります。

さきほども言ったのですが、

「自分は達人ではない」

という前提を持っているということは、潜在意識が、

「そうか、では『自分は達人ではない現実』を作らなきゃな」

と働いているということです。

 

 

では、自分は達人ではないという現実を作るためには、なにが必要でしょうか?

「達人の話を理解しない必要」

がありますよね。

話を理解できてしまったら、達人になれてしまうのですから。

そのため潜在意識は、

「達人の話を理解させるわけにはいかないぞ」

と働きます。

そうすると人って、達人のお話の中で注目すべき点を見落とし、どうでもいいところを深読みしたりしだすんです。

 

 

潜在意識の達人になりたいと意気込むほど、達人から遠のく

 

先ほど、

 

「私が特別すごいわけじゃない、本当は誰にでもできることだよ」

というふうに言っている達人のほうが多い

 

と書きました。

ここは達人さんたちのお話の中でも、注目すべき重大な点だと思います。

しかし、みなさんここをサラ~っと流してしまいます。

ふぅん…そうかなぁ…?と思う程度ですぐに忘れてしまったり、

誰にでもできるはずがないじゃないか!と否定したりで、

「そうか、私にもできるんだ!

達人と私に違いはないということが、重要なポイントなのだな!」

と思う方が少ないです。

そこを重要ポイントだと見抜いてしまうと達人に近づいてしまうから、潜在意識が読み流すように仕向けているんですね、なので読み流してしまう。

逆に、「そこは特に深い意味はないのでは…」というところにこだわるように仕向けてきます。

そうして特に意味のない点にこだわっていれば、達人にならずにすむからです。

 

 

このようにして潜在意識が話の要点を分からなくさせてくるので、なかなか理解できなくなるのですが、なかなか理解ができないと、

「うーん、達人の言うことは難しい…私はまだまだ達人の域ではないのだなぁ」

と思いますよね。

ますます、私は達人ではないという前提が深まってしまう。

そしてその前提が深まれば、潜在意識はますます達人の話の要点をわからなくさせてくる。

こうして、達人になりたいと意気込む方ほど(達人ではないという前提が強い方ほど)達人から遠のいていってしまいます。

 

 

「潜在意識の達人になろう」ではなく「既に達人だ」

 

大切なのは、達人ではないという前提のままで彼らの話を理解しようとすることではなく、まずは前提を変えることではないでしょうか。

「達人が言っていることを理解できれば、私も達人になれる」

ではなく、

「私も達人なのだと思えば、達人の言っていることが理解できるようになる」

と考えてみてください。

私もすでに達人と同等の力を持っているのだ、と意識してください。

彼らは確かに素晴らしいが、私だって同じくらい素晴らしい、と信じてください。

そのような前提で彼らの話を聞いたとき、今まで理解できなかったことが理解できるようになるはずですよ(*´ω`*)

 

 

多くの潜在意識の達人は、前提を変えることの重要性を説いています。

「私は達人ではない」という前提のまま引き寄せに取り組むよりも、

その前提を変えることに取り組んでみてください。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ