潜在意識の力で、理想の相手を引き寄せるために大切なこと

薔薇

 

理想の相手を見つけるためのポイント2点

 

今回は、

「潜在意識の力で、理想の相手を引き寄せたい」

と思っている方へ向けてのお話です。

なるべく早く上手に理想の相手と出会えるようになるため、

心がけておいてほしい基本点2つについて、詳しくお話していきます。

 

 

理想の相手がわからないと、潜在意識は動けない

 

理想の相手を引き寄せたいというとき、まず最初に何をしてほしいか?というと、

「自分にとって『理想の相手』とはどのような相手なのかを、明確にすること」

です、これが基本点の1つめです。

 

 

以前にTwitterで、婚活パーティーのスタッフをやっている方の呟きを拝見したのですが、その内容が、

 

自分の理想がはっきりしておらず、世間一般で言われている理想の相手が自分の理想の相手なんだ…とぼんやりと思っている方は、なかなか相手が決まらない。

青い鳥の姿がどのようなものかもわかっていない状態で、やみくもに探している感じがする。

 

というもので、

「こ、これは確かに…。青い鳥の姿を知らずに探しているって、なんと的を射た表現だろう…」

と、とても納得したのを覚えています。

 

 

このように、

「理想の相手と付き合いたいが、しかし理想の相手がどんな人か自分でもわかりません」

という状態ですと、さすがの潜在意識も、

「いや、いくらなんでもそれだと…俺はどんな人を連れてくればええねん(´・ω・`)」

となってしまい、動きようがなくなってしまいます。

 

 

「そういえば、世間じゃなくて『私にとって』理想の相手はどんな人かって、考えたことなかったなぁ」

という方は、もう少し理想の相手について具体的にしたほうが、潜在意識が動きやすくなっていいですね(*´ω`*)

「私は映画が大好きだから、映画に理解がある人がいいな~」

「仕事をだらだらやる人より打ち込んでる人とのほうが、楽しく一緒にいられそうだよね」

などなど、いろいろと考えてみてください。

 

 

ただ、「具体的にしろ」とは言っても、別に相手の目鼻立ちや身長体重、足のサイズとかまでをはっきりとさせる必要はありません。

理想の相手の「姿形を」具体的にしなさいという意味ではないです。

 

 

潜在意識さん、理想の相手は具体的にしました!

 

ではでは、そうして理想の相手がどんな人なのかが具体的になったとします。

ここからその理想の相手を思い描き、

「こういう素敵な人が、私を幸せにしてくれますように!」

というふうに考える方も多いのですが、これは引き寄せですでによく言われているとおり、あんまりうまくいかないことが多いです。

なので、

「私は、こういう素敵な人に釣り合うような素敵な人間です」

というふうに考えてみてください。

これが基本点の2つめです。

 

 

潜在意識は「理想の相手のイメージ」に反応しているわけではない

 

潜在意識って、あなたが理想の相手を思い描いたからといって、

「おっしゃ、そういう相手を連れてくればええんやね?探すでー!」

というふうに働いているわけではありません。

理想の相手のイメージに反応するわけではないんです。

そうではなく、

「あなたが理想の相手をイメージしているときの、あなたのセルフイメージ」

に反応し、

「あぁ、そのセルフイメージと同等の人を探せばいいのね?オッケー!」

と働きます。

 

 

たとえばあなたが理想の相手をイメージして、そのときに、

「こういう自分よりずっと素敵な人がいてくれれば、ダメな私でも幸せになれる…」

と思ったとすると、このときあなたは自分自身に対して、

「いま思い描いている人より、私のほうがずっと劣っている」

というイメージを抱いているということです。

潜在意識はそのセルフイメージと同等の人を引き寄せようとしますので、この場合、

「そっか、いま思い描いている人よりもあなたは劣ってるんだね、OK。

じゃああなたと同等の人…つまり、いま思い描いている人より劣った人を連れてこよう」

となります。

 

 

逆に、あなたが理想の相手を思い描き、

「私もこの人と同等に素敵なのよ、この人と同じだけの素晴らしい人間だわ」

と思っているのであれば、潜在意識は、

「ほう、いまイメージしている人と同じくらいあなたは素晴らしいのか…。

ではではあなたと同等の、いまイメージしている人を連れてきましょう」

となります。

 

 

理想の相手をイメージするのは、セルフイメージを高めるため

 

誤解しがちな点なのですが、理想の相手をイメージしたりアファメーションするのは、

「潜在意識にその理想の相手を連れてきてもらうため」

ではありません。

「この人と同じだけ私は価値のある人間だ、と自分のセルフイメージを上げ、そのセルフイメージを潜在意識に刷り込むため」

です。

そうしてセルフイメージが上がった結果、潜在意識がそのセルフイメージと同等の相手(理想の相手)を引き寄せるよ、ということです。

 

 

引き寄せでよく、

「理想の相手が○○してくれますようにと言わないようにしましょう」

と言われるのは、これですと、

「理想の相手に、今の自分のレベルに合わせてほしい」

という発想になってしまっていて、自分のセルフイメージが今よりも上がらないためです。

なので、

「私は、こういう素敵な人に釣り合うような素敵な人間です」

というふうに、相手と同じレベルまで自分のセルフイメージを上げようとする言い方をすすめられています。

以上、基本点2つでした(*^^)v

 

 

潜在意識の力で理想の相手を引き寄せたい場合、

①理想の相手とはどんな人かをはっきりさせて、

②私はこの相手と同じくらいに素晴らしいのだ、とセルフイメージを上げる。

潜在意識は「理想の相手のイメージと同じ人」を引き寄せるのではなく、

「理想の相手をイメージしているときのセルフイメージと同じ人」を引き寄せます。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ