潜在意識の力で痩せるため、まず第一にすることとは?

ブルーベリー

 

潜在意識の力を使えば、痩せることもできる?

 

今回は、ダイエットをしたいと思っている方へのお話です。

潜在意識の力を使えば、痩せることももちろん可能です。

しかも痩せるというのは、個人的にはわりと簡単に叶えることができる類の願いだと思います。

そこで今回は、痩せるために一番大切なことついて、詳しくお話していきます。

 

 

痩せるときに限らず、潜在意識を使うならとにかく「前提」

 

痩せるために一番大切なこととは、

「前提を変えること」

です。

いえ、これって痩せるときだけじゃなくてその他のど~~~~~んなときにでも言えることなんですが、やはりものを言うのは前提です。

潜在意識の力を使いたいというときにはもうとにかく、

「1に前提2に前提、3,4がなくて5に前提!」

くらいに思ってほしいと思います。

 

 

ということで今現在あなたが、

「私は太っている」

「痩せるのは辛く苦しいことだ」

といった前提を持っているのであれば、

「私は痩せている」

とか、

「痩せるなんて簡単、できて当然のこと」

というような前提に変えてください。

 

 

前提を変えるための方法としてはアファメーションが代表的ですが、

「私は体重50キロになります」

「頑張って痩せます!」

といった唱え方ではなく、

「私の体重は50キロです」

「楽々痩せていって楽しい」

というふうに、すでに痩せおわったor楽に痩せている最中という唱え方をなさってください。

 

 

「太っている」という前提だと、潜在意識は痩せる現実を作らない

 

潜在意識は前提を叶えるのがお仕事なのですから、

「私は太っている」

という前提のままですと、

「じゃ、太っている現実を作らないとね」

というふうにしか働くことがありません。

そして、太るような行動を潜在意識によって取らされてしまいます。

 

 

たとえばですけど、食事の内容をきちんと低カロリーなものにしていても、

そのぶん飲み物は非常に高カロリーなものを潜在意識に選ばされてしまい、

食事を節制している意味がなくなってしまう…とか。

せっかく食事量を少なくしても、そのぶん無自覚に太りやすい食べ物ばかりを潜在意識に選ばされてしまい…などなど…。

本人はちゃんと痩せるように努力しているのですが、潜在意識はうまいこと、その痩せる努力が無駄になるように仕向けてくるんですね。

 

 

確かフィンランドで行われた調査の結果だったと思うのですが、

人間って、太りそう・体に悪そうなものを食べたとき、実際に食べた量よりも少ししか食べていないというふうに、記憶が改ざんされてしまうことがわかっています。

このような記憶の改ざんや抜け落ちは、太っている方ほど顕著になります。

私は太っている…痩せたい…と強く思っていればいるほどに、

「都合の悪いこと(たくさん食べてしまったこと)を忘れてしまいたい」

という潜在意識下の思いも強くなるため、食べたことを忘れてしまうんですね。

「食べていないのに太ってしまう」

という方は、食べていないわけではなくて、潜在意識によって食べた記憶が消されてしまっている状態です。

このようなことも起きてしまうのですから、ちょっと驚いてしまいますよね。

(ただ、特殊な病気にかかっている場合などは本当に食べていなくても太る場合があります。

あなたが本当に本当に食べていないのに太っていくという場合、深刻な病気の可能性もありますので、お医者様に診ていただいてください)

 

 

日常生活で何かを選択する際、常に潜在意識に「痩せることができないほう」を選択させられてしまったり、選択したことそのものを忘れさせられてしまったり…。

しかし、こういうことをやっているのはあくまでも潜在意識ですから、顕在意識ではまったく自覚がないことも多いです。

そうすると、

「こんなにも痩せるために(顕在意識上で)努力しているのに、なぜか(潜在意識に痩せるのを阻止されて)痩せることができない…」

となったりもします。

 

 

痩せているのが本来の姿、という前提に変えると痩せる

 

こうなってしまわないように、

「太っているのが本来の私だけど、努力で痩せるんだ!違う私になるんだ!」

という感覚ではなく、

「痩せているのが本来の私だ」

「いまは本来の状態に戻っている最中だ」

という感覚でいてください。

本来の私は痩せているのだ、という前提を持てば潜在意識は、

「ではその前提どおり、痩せている現実を」

ということで、あなたに痩せるような行動を取らせてくれるようになります。

 

 

顕在意識上で「痩せるぞ頑張るぞーーー!」と思って取る行動とは違いますので、苦痛は伴いません。

なぜか、あんなに苦痛だったウォーキングが楽しくなって続けられるようになったとか、

自然と、あんなにあったはずの食欲が減って食べる量が減ってきたとか、

不思議と、自分が何を食べたのかを以前よりしっかり把握できるようになったとか、

無自覚に、低カロリーのものを選ぶようになったとか、

気づかないうちに、代謝が良くなるような行動を取るようになったとか、そういった変化が起きます。

 

 

こうなると今度は、

「自分では特に努力した覚えもないのに、なぜか痩せることができた」

となりますよ(*^^)v

 

 

痩せるのが簡単な部類に入るのは、なぜ?

 

ちなみに最初に、

「痩せるというのは、わりと簡単に叶えることができる類の願い」

と言いましたが、これがなぜかというと、自分ひとりのことだからです。

 

 

たとえば「恋愛成就」ですと、叶えるために相手の同意が必要で、自分ひとりではできません。

仮に相手が頑として「あなたが嫌い」という意志を曲げないなら、こちらはどうすることもできなくなります。

(ただ、どうすることもできないのは「現時点で」なので、今後の望みがないという意味ではないですが)

 

 

しかし痩せるというのは、誰の同意も必要のないことですね。

自分ひとりでできることなので、叶いやすいです。

難題に挑むような感覚は捨ててください。

痩せるのは簡単だと思えば思うほど、簡単になりますよ(*´ω`*)

 

 

「私は既に痩せている」

「私は簡単に痩せていっている最中だ」

などの前提を持つと、潜在意識がその前提を現実にしてくれます。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ