妥協しない、それが潜在意識をうまく使うコツ

花

 

妥協しないほうが潜在意識が働くのは、なぜ?

 

今回は「妥協しない」ことの大切さについてです。

「私はこれからこんな目標を叶えるぞ」

という目標を設定するとき、ついつい妥協しちゃう方が多いのですが、

妥協しないほうが潜在意識の力が働きやすくなる理由ついて、詳しくお話していきます。

 

 

妥協した場合、潜在意識はどうなるのか?

 

たとえば「月収100万になりたいな」と思ったとき、ここで、

「でもなぁ、私なんかに月収100万はきついよなあ…。

でも、まぁ50万くらいなら私でもなんとか…なるかも…」

と考え、目標を100万から50万に引き下げる(妥協する)方が多いです。

たしかに一見、

「100万よりも50万のほうが叶いやすそう」

と感じますよね。

でも実際には妥協しないほうが叶いやすいのがなぜかというと、

「潜在意識が叶えるのは前提だから」

です。

 

 

前提が「私はダメ」なので、潜在意識がそれを叶えてしまう

 

これは昨日の記事に乗せた図なのですが、

 

 

三角の下の部分が潜在意識下にある前提で、

三角の上の部分が表面的な思考(顕在意識上の考え)です。

いくら顕在意識上で「ポジティブ思考だ!」と努めても、

潜在意識が現実化するのは「私なんてダメだ」という前提のほうなので、

この場合はポジティブな現実が作られるわけではなく、

「私なんてダメだと思える現実」のほうが作られてしまいます、というのが昨日のお話でした。

 

 

「能力がない」という前提だと、潜在意識が50万を叶える必要がない

 

ではではそれを踏まえた上で…。

「私なんてたいした能力はないから→100万から50万に目標を下げよう」

というとき、その人は「私に能力はない」という前提を持ってして物事を考えていますよね。

図にすると、

 

妥協しないことの説明図

 

このようになります。

この場合潜在意識は、

「ようし、『私などに能力はないと思える現実』を作るぞー!」

というふうに働いてしまいます。

 

 

では、そのような現実を作るためには…月収50万が叶う必要はありませんよね。

叶ってしまうとその人は、

「私にもできた!能力があったんだ!」

と、今よりも自分に自信を持ってしまいます。

しかし潜在意識が作りたいのは、

「自信がないままでいられる現実」

なのですから、自信がつくようなこと、前提と食い違うようなことは(月収50万になれるようなことは)しようとしません。

 

 

顕在意識上では「妥協することで叶いやすくなった」と感じますが、

潜在意識のほうは真逆に「叶える必要はない、叶えないでおこう」という方向に動き出してしまうため、目標は叶いやすくなるどころか、むしろ叶いづらくなってしまいます。

そのため、目標設定の際には妥協しないほうが良いです。

 

 

妥協しないと、潜在意識はどう働く?

 

100万になりたいと思った場合には、

「私にはそれができる能力があるのだから、そうしよう」

と、そのまま100万を目標に設定してください。

このように妥協しない場合を図にすると、

 

妥協しないことの説明図2

 

こんな感じです。

この場合潜在意識は、

「ようし、『私は能力があると思っていられる現実』を作るぞ!」

と働きます。

 

 

では、そのような現実を作るためには…月収100万を叶える必要がありますね。

叶わなかったら、

「私、思っていたより能力がなかったんだ…」

と自信を失ってしまいますが、潜在意識が作りたいのは、

「自信のあるままでいられる現実」

ですので、自信を失ってしまうようなこと、前提と食い違うようなこと(月収100万になれないようなこと)はしません。

 

 

潜在意識下で「自分は能力があるぞ」と思い、

顕在意識上で「だからこのくらいできて当然だぞ」と思っている状態というのはつまり、潜在意識と顕在意識の乖離がない状態です。

この状態が俗にいう「意図だけで叶う」状態、もっとも現実化がされやすい状態です。

 

 

妥協しないとは、潜在意識下の前提を変えるということ

 

「顕在意識上の思考・100万になるぞVS潜在意識下の前提・そんな能力はない」

↑このように対立したとき、潜在意識下の「そんな能力はない」という前提に合わせて、顕在意識上の目標レベルを下げようとするのではなく、

顕在意識上の目標レベルに合わせて、潜在意識の前提を「それができて当然だよね」に上げようとしてください。

妥協をするということは、前提を変えないということです。

潜在意識は前提を現実化する意識なのですから、あなたが妥協をした時点で(前提を変えないと決めた時点で)現実化するものはこれまでと変わらなくなってしまいます。

 

 

あなたがいま抱いている目標がどんなものにせよ、どんなに無理だと思えても、妥協しないでください。

妥協しないということは、前提を変えるということです。

「できるに決まっている」という信念を持つよう、心がけてください。

そうして妥協しないでいるうちに、潜在意識下の前提が「できるに決まっている」に書き変わります。

前提が変わればあとは、潜在意識が勝手に目標を叶えてくれますよ(*´ω`*)

 

 

妥協した時点で(前提を変えない時点で)潜在意識は現実化するものを変えなくなります。

潜在意識の力を使うためには、まずは妥協しないこと(前提を変えること)が大切です。

 

 

「妥協しないで大きなものを望んだほうがいい」ということについての関連記事はこちらです↓

潜在意識は、理想と現実のギャップが大きいほうが働きやすい

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ