引き寄せで、悪いイメージを現実化させないためには?

あじさい

 

悪いイメージが、悪いことを引き寄せてしまう…

 

今回は、

「悪いイメージをしてしまう」

という方へ向けてのお話です。

よく引き寄せでは、

「願いが叶ったときのことをイメージしましょう」

と言われますよね。

しかし、

「叶ったときのことをイメージしようとしても、つい叶わなかったときの悪いイメージをしてしまいます。

でも、悪いイメージをするとそれが潜在意識に伝わってしまって、本当に悪いことを引き寄せてしまうんですよね?

こういう場合にはどうすればいいのでしょうか?」

というご質問をよくいただきますので、どうすればいいのか?について詳しくお話していきます。

 

 

悪いことを引き寄せているのは「悪いイメージ」ではない

 

まず、

「悪いイメージをすると、悪いことを引き寄せてしまう」

こう思っている方はよくいらっしゃるのですが、これは誤解ですよ~。

引き寄せでは、悪いイメージが現実化することはありません。

同様に、良いイメージが現実化するということもありません。

 

 

こう言うと、

「ウォォォォそんなあほなーーー!

そんならなんでここまで盛んに『良いイメージをしましょう!』って言われてんねん!!」

と思うかもしれませんが、引き寄せって、

「良いイメージ(または悪いイメージ)を、潜在意識が叶える」

わけではなくて、

「良いイメージ(または悪いイメージ)に対しての観念を、潜在意識が叶える」

です。

 

 

悪いことを引き寄せるのは、イメージではなく「観念」

 

たとえばAさんが、叶ったときのすごく良いイメージをしたとします。

しかしそのイメージをしながら、

「こんなこと、どうせ実現するわけないよなあ…」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「ほう、いま思い描いているこのイメージ、実現するわけないと思ってるのかぁ。

ほんならその観念どおり、ちゃんとこのイメージが実現しないようにしてあげなきゃ

と働きますので、良いイメージをしているにも関わらず、良いことが引き寄せられてくることはなくなります。

 

 

ではBさんが、叶わなかったときのめちゃくちゃ悪いイメージをしたとします。

そしてそのイメージをしながら、

「この私にこんなことなんて起きるはずない、こんなの絶対ありえな~い」

という観念を抱いていたとします。

すると潜在意識は、

「そうか、今しているイメージは起こらないと思っているのか。

それならちゃんとその観念どおり、このイメージは実現しないでおこう

となりますので、悪いイメージをしていても、悪いことが引き寄せられてくることはありません。

 

 

ではでは、あなたが何かしらの悪いイメージをし、そしてそのイメージをしながら、

「このイメージが現実化しちゃう…。潜在意識が悪いことを引き寄せてくるんだ…」

という観念を抱いたとしたらば、潜在意識は、

「ほう、俺がこのイメージを現実化すると思っているのか…。

じゃあその観念どおりにしてあげなきゃね、実現してあげよう!

と働きますので、悪いことが引き寄せられてきて、

「ほら!私の思ったとおり、悪いイメージをしたら悪いことが引き寄せられてきた!」

となります。

 

 

これは望まない形とはいえ、ちゃんと思考(観念)が現実になっています。

「私が悪いイメージをすれば、そのイメージは現実化するはずであるという観念」

が、潜在意識によって現実化されていますね。

 

 

「悪いイメージが悪い引き寄せをする」という観念が原因

 

このような感じで潜在意識は、

「悪いイメージそのもの」

を叶えようとしているわけではなくて、悪いイメージをした際の、

「このイメージが実現してしまうのだという観念」

を、叶えようとしています。

 

 

引き寄せの話って、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

くらいにしか説明していないことも多いのですが、この言葉は厳密に言うならば、

「良いイメージを(して、そのイメージに対し『このイメージは叶って当然だ』という観念を持ち、潜在意識がその観念を実現しようと)すると良い引き寄せが起きます」

ですね。

 

 

しかし、カッコ内の文章を抜かして単に、

「良いイメージをすると良い引き寄せが起きます」

とだけ聞けば、

「そうか、潜在意識はイメージそのものを実現しようとしているのか」

「つまり悪いことをイメージすると、悪いことが実現しちゃうということだ…。

あわわ…それなのに悪いイメージをしちゃうよ、この場合はどうすればいいんだろう…」

と思ってしまうのも無理はないかな、と思います。

 

 

悪いイメージをしても、悪い引き寄せは起きない

 

「悪い引き寄せが起きちゃうから、悪いイメージはしちゃいけない…。

しちゃいけないのに、それでもしてしまう私はダメなんだ…」

と自分を責めてしまう方は多いです。

もしあなたがいまその状態ならば、次回は自分を責めるのではなく、以下のことを試してみてください。

 

 

悪いイメージをしてしまったら、無理をしてそのイメージを打ち消そうとせずそのままイメージします。

そして、ひととおりイメージし終わったらこのように言ってください。

 

 

 

 

「はい、いまのイメージは実現しません」

 

 

 

と。

力強くそう断言してください。

悪いイメージが浮かぶたびに、何度でも繰り返しはっきりと断言してください。

そうすると潜在意識は、

「そうか、このイメージが実現しないと思ってるなら、そのとおり実現しないようにしようっと

となりますので、悪い引き寄せが起きることはありませんよ(*^^)v

 

 

潜在意識は「悪いイメージそのもの」を実現しようとしているのではなく、

「悪いイメージをしている際のあなたの観念」

を実現しようとしています。

悪いイメージをしようともそれに対し、

「これは実現しない」

という観念を持っているのであれば、問題ありません。

 

 

関連記事です、よければこちらも読んでみてください↓

引き寄せでは、イメージをリアルにできなくても願いは叶うの?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ