自分に許可を与えるって、具体的に何をすればいいの?

OKサイン

 

自分に許可を与えるって、つまり…なに?

 

今回は「自分に許可を与える」ことについてです。

引き寄せではよく、

「自分が自分に許しているものしか、引き寄せることはできない」

「望むものを受け取っていいのだよ、と自分に許可を与えるようにしましょう」

と言われますよね。

しかし、

「自分に許可を与えるって…なんかピンとこない。

具体的には何をどうすればいいんだ…?」

と戸惑う方も多いかと思いますので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

自分に許可を与える方法、3つ

 

自分に許可を与える方法というと、私がパッと思いつくのは、

 

①自愛

②パーミッション

③実際に行動する

 

の3つです。

 

 

自分に許可を与える方法①自愛

 

まずはひとつめの「自愛」ですが、これは引き寄せでは有名なので知っている方も多いかもしれませんね。

具体的にどのような方法かというと、

「とにかくただひたすら、自分を許していく」

というものです。

 

 

たとえば、

「私なんてダメな人間だー」

という考えが頭をよぎったのならば、

「でも、そう考えている自分のことを許すよ」

と自分に許可を与える。

「いやいや、私は自分のことを許すなんてできないもん!」

という考えが新たに出てきたならば、

「そうか、でもそう思ってる自分も許すよ」

とまた新たに自分に許可を与える。

このような感じで、自分の頭からどのような考えがどれほど湧いて出てこようとも、

ただただひたすらに「それでも許すよ」と許可を与えていくという方法です。

 

 

自分に許可を与える方法②パーミッション

 

ふたつめは「パーミッション」です。

これは言葉で、

「私は、〇〇をしてもいい」

「私は、私が□□することを自分に許可します」

などなど、自分に許可を与える言葉をえんえんと繰り返していく方法です。

細かい言い回しなどは決まっていませんので、許可を与える内容であればどんな表現を使っても構いません。

 

 

自分に許可を与えるのは、最初はピンとこないもの

 

中には、

「どっちも知ってるし、やったことある。

でも、やっても全然ピンとこなかったっていうか…『自分を許せた!』って感じがしないんだよなぁ…」

と感じた方もいるかもしれません。

でも、それが普通です。

やってすぐに「私は私を許せた!」とスカッとすることのほうが稀なので、「ピンとこない」というのがごくごく正常な反応です。

 

 

これは以前に別の記事でも書いたことなのですが、基本的に、潜在意識を変えるためには反復作業が必要です。

そうだな、こういうイメージをしてみてください↓

あなたの心のまわりは、「〇〇してはいけない」という固定観念で覆われています。

岩に覆われているような状態なのですが、この状態で、

「〇〇してもいいよ」

「それでも許すよ」

と自分に許可を与える言葉をかけても、最初は岩(固定観念)の表面をコツコツ…とちょっと叩いた程度の影響しか及ぼすことができません。

岩に阻まれて、心にまでその言葉が響いてこないので、

「なんか、全然ピンとこないんですが…」

となります。

 

 

けれど、「許すよ、許すよ」と延々延々、コツコツコツコツ叩き続けていくとどうなるでしょうか?

さすがの岩も段々とひび割れてきて、もろくなってはがれていきますよね。

そうしていくうちに、

「そうだ、私は本当にこれでいいんだ…!」

というふうに実感が伴ってくる…となります。

 

 

自愛もパーミッションも、最初のうちは、

「こんなことして、なんか意味あるのか…?」

と思いたくなるかもしれませんが、そういう気持ちになるのがごくごく普通のことですので、ほんの少しやっただけで「効果がない」と早急に判断せず、継続してみてくださいね。

 

 

自分に許可を与える方法③実際に行動する

 

中には、

「そうか、一気に岩をパッカーンと割る方法はないのか…」

と残念に思った方もいるかもしれませんが、そういう方法がないわけではありません。

早く岩を割りたい(「してはならない」という固定観念を崩したい)のであれば、「やってはいけない」と思っていることを、

「③実際に行動に移す」

といいです。

 

 

これは当然勇気がいりますが、やってみると、

「なんだ、やってはいけないいけないと思ってきたけど、やってもどうってことないじゃん!」

という大きな気づきを得ることができて、一気に「私は、これでいいんだー!」と、自分に許可を与えることができるようになると思います。

やはり言葉よりも行動のほうが強力ですので、手っ取り早いほうがいいという場合には、行動することをおすすめします。

 

 

「いや、そうして行動に移せないから悩んでるんじゃん…」

と思った場合には、コツコツと言葉で固定観念を崩していくしかないと思います。

固定観念が崩れてくるとだんだんと、

「ちょっと勇気を出して、行動にも移してみようかな?」

という気持ちに変わってきます。

そういう気持ちになってから行動しても遅くはありませんので、

まずは言葉で自分に許可を与えるようにしてみてくださいね(*´ω`*)

 

 

自分に許可を与える方法

①自愛

②パーミッション

③実際に行動する

 

 

関連記事です、パーミッションについて書いてあります↓

潜在意識下で、受け取り拒否をしていませんか?

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ