変な人を引き寄せないためには、どうすればいい?

薔薇

 

あの変な人…引き寄せないようにしたい!

 

今回は「引き寄せるために」ではなく「引き寄せないために」についてです。

中には、

「なんか変な人が引き寄せられてくるんですけど…。

私はこんな人を引き寄せたいなんて微塵も思ってないのに、なぜ…」

と思っている方もいるかもしれませんので、それについて詳しくお話していきます。

 

 

「引き寄せないために」の前にまず「変な人2種類」について

 

まず「変な人」についてなのですが、これは大きく分けて2種類あると思います。

 

①赤の他人の変な人

②赤の他人ではなく、家族・友人・知人・同僚などの変な人

 

「①赤の他人の変な人」についてですが、これはたとえば、

「たまたま入った飲食店で、わけのわからない理由で店員にいちゃもんをつけて騒いでいる人を見かけた。

見ているこちらの気分まで悪くなった」

など、その変な人のことをこちらが知らない場合が①に当てはまります。

 

 

が、こういった変な人はそもそも、あなたが引き寄せたわけではありません。

単なる偶然で出会っているだけなので、引き寄せを実践していようとしていなかろうと、こういう人に出会ってしまうことはあります。

こういった人を引き寄せないためには、「偶然」をコントロールする必要が出てきます。

つまり「確率」を操作する必要がある、ということですが、引き寄せでは確率の操作までは不可能です。

なので、残念ながらこういう変な人を完全に引き寄せないようにすることはできません。

 

 

ただし、確率を操作することはできなくても、「自分の観念を変える」ことならばできます。

店でいちゃもんをつけている人を嫌だと感じるのは、

「そのようなことをすべきではない」

という観念が自分にあるからですね。

その観念が強いほどに「なんだこの変な人はーーー!!」と強く思います。

この自分の観念を、

「そういうことをしないほうがいいと思うけど…。

けれどもしかして、さっきものすごくものすごく辛いことがあって、悲しみのやり場がなくてそうせずにはいられないのかな…?

この人も、後からなんてことをしてしまったんだろうと後悔するかもしれない。そういう可能性だってあるよね」

という観念に変えてみる。

そうすると、そこまで「変な人」と感じなくなります。

 

 

あなたが「変な人に会うんだよな~」と思っているのが①のパターンの場合には、

「偶然に会っちゃうものはしょうがないんだから、こちらが会っちゃった人に対する観念を変えるしかない」

と受け入れ、確率ではなく自分の観念を変えようと心がけてみてください。

 

 

知人などの「変な人」は、引き寄せないようにできる

 

では次に「②知っている変な人」についてです。

以前、別の記事で私の体験談として、

「なぜかいつも、要求が多くて支配的な人と仲良くなってしまう」

と書いたことがありますが、こういったものが②に当たります。

こちらは偶発的に出会っているわけではなく、自分が引き寄せてしまっていますので、自分で引き寄せないようにすることももちろん可能です。

 

 

では、

「どうやればそんな変な人を引き寄せないようにできるのか?」

の前にまず、

「そもそもなぜ、そんな変な人を引き寄せてしまっているのか?」

を考えてみましょう。

なぜかというと、

「自分と相手が心の奥底に抱えている観念が同じだから」

です。

 

 

もう一度私の話を例に出すと…。

私は当初、

「なんでこんな変な人ばかり私に寄ってくるの…」

と思っていましたが、なぜかというとそもそもは、

「自分がへこへこと人に媚びる態度を取っているから」

でした。

こういう態度を取ってしまう私の根本にあった観念とは、「私は自分に自信がない」です。

そして、私のように媚びる人のことを好きになるのもまた、「自分に自信がない人」です。

自分に自信がないから、自分より弱そうな人を支配して「自分はすごいんだ!」と思いたい人。

人に媚びるタイプ、人を支配するタイプ、一見正反対に見えても心の奥底の「私はダメ」という思いは共通しています。

根本が同じだから、引き寄せあってしまう(仲良くなってしまう)んですね。

その事に気づいてからは、こういった人は引き寄せないようになりました。

 

 

引き寄せないために、変な人との共通点を探す必要はない

 

これを聞くと、

「うぐぐぎぎ、あんな変な人と私が同じですって…認めたくない…。

で、でももう引き寄せないようにするために、根本にある共通の観念を探してみよう…!」

と思った方もいるかもしれませんが、探すまでもなく、根本にある共通の観念とは「自信がない」だと思います。

その「自信がない」をもとにして別の観念が出てきて、その別の観念のほうが違うと言動や行動も違ってくるため、

「私とあの人は、言ってることもやってることも全然似てないよ!」

と思えたりしますが、根本は「自信がない」です。

(私は「自信がない」をもとにして「だから人に媚びよう」という別の観念を持ち、ヘコヘコした態度を取るようになる。

私と仲良くなるほうは「自信がない」をもとに「だから人を支配しよう」という別の観念を持ち、高圧的な態度を取るようになる…というふうに言動・行動に違いが出てきますが、根本は同じですね)

 

 

なので、

「引き寄せないために、あの変な人との共通点を探そう」

というよりは、

「私は、自信をつけるためにはどうすればいいだろう?」

と考えてみてください。

自信がつくということは、変な人だと思っている相手との間に根本的・決定的なズレが生じるということ。

これで引き寄せないようになりますよ(*´ω`*)

 

 

ということで、①の場合にも②の場合にも、変な人に悩まされないですむ対処法としては、

「自分の観念を変える」

になります。

変な人ではなく、自分を変えようとしてくださいね(*´ω`*)

 

 

変な人を引き寄せるのは、相手と共通の観念を持っているから。

自分の観念を変えれば共通点が失われるため、引き寄せないようになります。

 

 

あと、

「自信を持つにはどうすればいいのか考えろと言われても、どうすればいいかわからない…」

という場合は、

「とにかく私はもう絶対に、こういう変な人を引き寄せない!こんなことは繰り返さないぞ!と決意する」

という方法でも構いません。

この「決意する」については以下の記事をどうぞ。

途中で出てきた「なぜか支配的な人と仲良くなる」という体験談についても、より詳しく書いてあります↓

潜在意識が、同じことを繰り返すのはなぜ?

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ