バカばっかりで疲れる…そうして周りがバカに見える心理とは?

空

 

周りがバカばっかりに見える心理とは?

 

今回は人間関係について。

特に、

「周りの人たちがバカばっかりで疲れる…」

と思っている方にむけてのお話です。

 

 

まず確認してほしいことは、

「自分の劣等感は強くないかな?」

ということです。

自分に自信がなくて、誰かがうまくいっていたり、自分より上手にできることがあると、

「それに比べてどうせ私なんて…」

とつい思ってしまう。

そんなことはないでしょうか?

 

 

あるとしたら、こんなこともあるはずです。

誰かが失敗しているのを見るとホッとしたり、自分のほうが優れていると思える部分があると、

なんだか安心できたり、いい気分になれたり…。

そう、優越感に浸ることがある。

劣等感が強い、自信がない…。

そういう方はその劣等感を紛らわすための優越感も強いです。

つまり、

「人をバカにしたい」

「人に自分よりも劣っていてほしい」

という願望(思考)が強い、ということ。

 

 

バカばっかりで疲れるうちは優越感を抱ける

 

これは潜在意識下で、

「人の嫌な部分・未熟な部分を見たい。

そうすれば『こいつバカだな~』って、相手をバカにして優越感を感じられる」

と思考している状態です。

(潜在意識下で自分がそのように思考していることに気づかない人も多いです)

 

 

なのであなたの目には、相手の劣っている部分が目に留まる。

誰かがAはできてBはできない、というとき、あなたは「Bができない」というところに無意識に注目し、そこしか見ることができなくなったりする。

そうして「バカだなー」と思う。

バカだなー、と思うことができたので、ひっそりと優越感を感じることができる。

相手がバカであることに腹を立てながらも、

「こうして腹を立てられるということは、私が相手よりもバカじゃないからだ」

という安心感、優越感、心の底にありませんか?

こうなると、腹を立てるのをやめられなくなります。

 

まわりに腹を立てるのをやめる

まわりをバカにするのをやめるということ

バカにするのをやめたら、自分のほうがマシだという優越感を感じられなくなる

優越感を感じることでごまかしていた劣等感と直接向き合うはめになる

 

↑こういう感じ。

劣等感と向き合いたくない以上は、周りに腹を立て続けるしかなくなってしまうんです。

 

 

潜在意識下でこういうことが起きているのだな、ということに自分で気づいていないと、

「なぜ私のまわりにはバカが多いのかしら?」

「私はぜんぜんそんなこと望んでないのに…」

と思えてしまいます。

まるで現実に、周りの人間に、問題があるかのように思えてしまう。

けれど実は自分の、

「まわりにバカであってほしい(そして私を安心させて)という思考」

が、

「まわりがバカにしか見えないという現実」

を作り上げている。

自分の思考が引き寄せたこと、なんです。

まわりがバカであってくれないと、自分に価値を感じられない…。

バカなまわりを、結局は自分が必要としている…ということ。

 

 

「バカを変えるには?」ではなく「劣等感をどうするか?」

 

こういった状況を変えたいのであれば、

「現実を変えよう、周りからバカを減らすにはどうすればいい?」

と考えるよりも、

「自分の劣等感をなんとかしよう」

と自分の内側に目を向けることのほうが大切になってくると思います。

引き寄せでは思考が現実になりますから、

「私はしっかりと、自分の自信のなさを克服したいのだ!」

「優越感を感じることで劣等感をごまかす、この生き方を変えるのだ!」

と思えばそれは現実になります。

大事なのは、いかに周りを変えるか?ではなく、この決断ができるかどうか?ではないでしょうか。

できるなら必ず、まわりからバカが減っていくはずですよ。

 

 

そして、もしあなたが誰かにバカにされることに苦しんでいるのなら。

真に受けて、

「私はだめなんだろうか…」

なんて思う必要はない、ということも覚えておいてほしいです。

誰かにバカにされたときには、

「この人は、劣等感が強いからそうしているのだな~」

と思ってみてください。

相手の劣等感が強いことは、相手の問題だし、責任です。

あなたには問題も責任もないのですから、自分を責める必要はないです。

 

 

周りがバカばっかりで疲れるのは、

バカばっかりに囲まれて疲れているうちは安心できるから。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ