潜在意識は「在り方」と同じものを引き寄せる

道

 

潜在意識を使ううえで、忘れずにいてほしいこと

 

昨日は、

「潜在意識を使って目標を達成していくために」

について記事にしました。

自分では一通り書いたつもりだったのですが、大事な基本点を書き忘れていてあとから「ぬわぁ!」と思ったので、今回はそれについてです。

私は普段、

「基本点ほどおろそかになりがちだから、気をつけてね」

とか人に言っているくせに、自分もおろそかにしてしまいましたね、これは反省点です…気をつけます(;´・ω・)

では私自身も含めて、

「潜在意識を使う上で、おろそかにしないほうがよい基本点とは何か?」

についてお話していきます。

 

 

潜在意識をうまく使うなら、まずは「在り方」

 

前にも一度書いたことがあるのですが、大事な基本点とは、

「物理的なことよりも、『在り方』を大事にすること」

です。

 

 

人は目標や夢をあげるときに、

「お金がほしい」

「立派な家がほしい」

「友達や恋人がほしい」

というふうに言うことが多いです。

これらは「物理的にどうなりたいか」ということですね。

 

 

対して「在り方」というのは、

「それら物理的なことを満たしたときに、自分はどんな感情を抱いていたいのか?」

という、精神的な在り方のことです。

「お金を手にすることで、喜びを感じたい」

というのであれば、物理的には「お金」を求め、在り方としては「喜び」を求めているということになりますね。

この在り方のほうを、忘れないでいてほしいと思います。

 

 

もちろん、お金を求めることも悪いことではありません。

しかし、人がなぜお金を求めるのかというと、

「お金を手にすれば、求める在り方(喜び)を実現できそうだから」

ですよね。

お金は、求めている在り方を実現するための手段にすぎません。

人が真に求めるものは、物質ではなく在り方のほうです。

 

 

潜在意識は、その人の在り方に反応する

 

潜在意識は、その人の在り方に反応します。

お金を求める際に、

「お金を手にしていない私はまだ不幸だ、不幸だ」

と思っているのであれば、そのときその人の在り方は「不幸」です。

 

 

潜在意識はそれほど賢くはありませんので、そうして不幸な在り方でいると、

「ほう、そういう在り方でいたいということか…。

もっとこういう在り方でいるためには、どうすればいいかな?

そうだ!このままお金が入らなければ、不幸でいられるよね!(*´▽`*)」

というふうに解釈して、お金が入ってこなくなります。

 

 

なので、自分はどうありたいのかという在り方を明確にして、先になるべく喜びや幸せを感じるようにしてください。

求める在り方に、今のうちになってしまうんです。

そうすると潜在意識は、

「ほう、それがあなたの在り方ですか…。

そうだ、お金が手に入ればもっとこの在り方でいられるよね!」

ということで、お金が手に入ります。

 

 

人はつい、

「まず物質的なものを手に入れれば→そのあとに求める在り方も手に入る」

の順番に考えます。

しかし実際には、

「まず求める在り方を手に入れれば→そのあとに求める物質が手に入る」

の順です。

 

 

潜在意識は、大雑把にしか在り方を判別していない

 

こう言うと、

「お金を手にしたときの在り方(喜び)を、先に手に入れろ?

いや、お金を手にしたときの喜びは、お金を手にしたあとじゃないと手に入れようがないじゃんか…」

と思う方もいるかもしれません。

 

 

けれど、感じよう・手に入れようとする喜びは、「お金を手にしたとき」に限定する必要はありません。

喜びというのは、お金を手にしたとき以外にもあるはずですよね。

お腹いっぱい食べて満足~♪とか、お風呂に入って気持ちいい~♪とかも喜びです。

そういう喜びを、

「その程度の喜びなどあって当然」

と無下にするのではなく、積極的に「これも喜びだよね」と認めて感じるようにしてください。

それで「先に求める在り方(喜び)を手に入れた」ことになります。

 

 

「在り方が違うじゃん」と思っているのは、潜在意識ではなく顕在意識

 

「お風呂に入ったときの喜びと、お金を手にしたときの喜びは違うじゃん」

というのは、顕在意識上の考えです。

さきほども言いましたが、潜在意識はそこまで賢くはありません。

もっとぼんやりと、

「どっちにしても喜びなことには変わりないじゃん」

くらいの大雑把な判別しかしていません。

 

 

潜在意識がもっと賢ければ、

「む、これはお風呂に入ったときの喜びだ。

お風呂に入ったときの喜びと同じものを引き寄せるには…明日もお風呂に入れるようにしてあげよう」

となるかもしれませんが、もっとおバカさんなので、

「わー、喜びだー。喜びって他になにがあるっけ?

えーと、お金を手にしたときもそうだしー、友達が増えたときもそうだよね~、彼氏ができたときもそうだよね~。

喜びっていろいろあるから、いろいろ引き寄せちゃえ~(*´▽`*)」

みたいになります。

なので、

「日常の小さな喜び(在り方)を大切にしていたら、お金とか人間関係とか、いろいろな面が良くなっていった」

ということが起こります。

 

 

潜在意識が反応するのは、あくまでも今現在の「精神的な在り方」です。

その在り方でいるときの「状況(お風呂に入っているかお金を手にしているかの違い)」のほうは特に気にしませんので、

どのような状況下の喜びでも大切にし、感じるようにしてください。

 

 

目的(在り方)を忘れると、潜在意識はうまく働かない

 

こちらも先ほど言ったことなのですが、お金は、求めている在り方を実現するための手段にすぎません。

人が真に求めるものは、物質ではなく在り方のほうです。

自分がどのようにありたいかということを忘れ、

「お金!お金!」

とお金に集中するのは、自分の本当の目的を見失っている状態、手段にこだわっている状態です。

潜在意識のお話ではよく言われますよね、

「手段にこだわるな、執着するな」

と。

ぜひ、目的(在り方)を忘れて手段(お金)にこだわらないようになさってくださいね(*^^)v

(今回は例として「お金」を出しましたが、家がほしい、車がほしい、友達がほしい、恋人がほしいなどなど、どのような場合でも同じことが言えます)

 

 

潜在意識は「在り方」に反応して動きます。

物質的なもの(手段)よりも、在り方(目的)を大切にしてください。

 

 

関連記事です↓

潜在意識の力で、目標達成するために(昨日の記事)

潜在意識は「どうありたいか」をはっきりさせると動き出す

 

 

引き寄せの力で、あなたの人生に「革命」を起こす。

革命に必要な「3つの鍵」とは?↓

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ