潜在意識の力で、目標達成するためには?

スタート

 

今年こそ、潜在意識を使って目標達成したい!

 

みなさん、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします(*^人^*)

新年を迎えて、

「今年こそ、ちゃんと潜在意識の力を使って目標達成したいなぁ」

という気持ちが強くなっている方も多いと思いますので、今回は「目標」について詳しくお話していきます。

 

 

まずは、潜在意識に目標が何かを教えてあげる

 

まずはとにもかくにも、

「私はこうなるのだ」

と目標を決めてしまってください。

潜在意識のお話ではよく、

「過程は気にしない、とにかく先に結果だけを決めてしまう」

と言われますが、そのとおり、過程は気にせずに「どんな結果を得たいか?」ということだけにフォーカスします。

 

 

これは、車のナビを想像するとわかりやすいかもしれません。

どこかに出かけるとき、まずはナビに目的地を入力し、そこに行くまでの道筋はナビにお任せしますよね。

「目的地に行くまでの道筋がわかったら、ナビに目的地を入力しよう」

ということはないと思います。

道筋がわかってるなら、そもそもナビは必要ありませんしね(;^ω^)

 

 

潜在意識も、ナビと同じようなものです。

「目標達成するまでの過程がわかったら、目標を決めよう」

「過程がわかっている程度の目標にしておこう」

というのだと、そもそも潜在意識を使う必要がなくなります。

過程については潜在意識にお任せして、先に目標だけを決めてしまってくださいね(*´ω`*)

 

 

目標が具体的なほうが、潜在意識は動きやすい

 

目標は、できるだけ具体的なほうが望ましいです。

「大金持ちになりたい」とかだと、

「大金持ちとは具体的に、どのくらいの収入や資産のある人のことを言うのか?」

ということが曖昧ですので、潜在意識はどの程度の収入を現実化すればいいのかがわかりません。

ナビに「南に行く」と入力しようとしても、範囲が広すぎてうまく動かないのと同じです。

具体的に「南のどこに向かうのか」まで明確にできるといいですね。

 

 

といっても、あまりにも詳細にしようとして真剣に考えこむと、何も思い浮かばなくなってしまうと思いますので、

「ま、ひとまずはこんな感じかな?」

くらいでOKですよ。

気楽な気持ちも忘れないでくださいね(*^^)v

 

 

潜在意識の力を使いたいけど、目標がいまひとつわからない?

 

中には、

「目標を決めると言われても、自分が何をしたいのかよくわからない…」

という方もいらっしゃるかもしれません。

このような方も、本当は何かやりたいことがあるはずです。

目標がないというわけではなくて、

「目標はあるんだけれど、でもそれを目指したところでどうせ実現は難しいよな…」

という気持ちが強いために…つまりは過程を気にする気持ちが強いために、目標が出にくくなってしまっているだけです。

 

 

こういうときはぜひ、

「目の前にもしもボックスがあったら、なんと言うだろう?」

と想像してみてください。

もしもボックスは、ドラえもんの道具の一つ。

見た目は公衆電話に似ていて、受話器に向かって、

「もしも〇〇だったなら」

と話すと、過程はすっとばしてすぐさまその「もしも」の世界を体験できる道具です。

今は、

「特に目標なんて…まぁ、強いて言えばもう少し営業成績が上がれば嬉しいかなぁ…」

くらいにしか思っていなくても、

「もしもボックスがあるんなら、『もしも海外の実業家になったら』って言う!」

とか、飛びぬけた発想が出てくるかもしれません。

ひとまずはそれを目標としてみてください。

 

 

仮の目標を作ることで、潜在意識を動きやすくする

 

このときに勘違いしてほしくないのは、

「海外の実業家を目標としたからといって、海外の実業家にならなければいけないというわけではない」

ということです。

そうではなく、

「自分は、海外の実業家になれるほどのすごい人間なんだ」

ということを潜在意識に教えてあげれば、今の仕事でもう少し営業成績を上げることなど簡単にできるようになる、ということが言いたいです。

それができれば、他にも何かやりたいことが出てくるようになると思います。

「実業家になるため」に実業家を目標にするというよりは、

「これまでになかった発想などを、潜在意識下から引き出しやすくするため」

「他に何かやりたいことが出てきたとき、それを楽に達成できるようにしておくため」

に、とりあえずは実業家を目標としておく、という感じです。

(もちろん、潜在意識の力を使えば実際に実業家になることも可能ですから、本当にそれを目指しても構いませんよ)

 

 

目標を決めたら、あとは潜在意識にお任せ

 

こうして目標を決めれば、あとは潜在意識が勝手にそこに向かってくれます。

ポイントは「ちゃんと決めること」です。

目標を紙に書きだして、

「はい、書いたよ。これで目標を決めたことになるでしょ?

どうせできないだろうけど、でも書いたし…」

とかでは、ありません。

これだとナビに目的地を入力したはいいものの、「開始」のボタンを押しておらず、案内が始まらないような感じです。

「ここに書いてあることは、必ず実現できる。私はその能力を持っている」

と決意すること、確信することが大切です。

その決意や確信をもってはじめて、開始ボタンを押したのと同じような状態になり、潜在意識はあなたを案内しはじめます。

 

 

小さな目標の場合は、潜在意識の抵抗を受けにくいようにする

 

中には、実業家になるとか転職する、結婚するなどの大きな目標ではなくて、

「毎日日記をつけられるようになりたい」

「ジョニングを習慣化させたい」

などの、もっと小さな目標もあると思います。

これは潜在意識に過程を探してもらうまでもなく、顕在意識上でどうすればいいのかがわかっている目標ですね。

 

 

こういった小さな目標を達成する際のコツは、

「最初に張り切りすぎないこと」

です。

人は目標を決めるとつい…特に、顕在意識上でやり方がわかっている場合にはついつい、

「ようし、今日から毎日欠かさずやってやる!完璧にこなしてやる!」

と意気込みがちです。

新年を迎えて気持ちも新たになっている今、そうして意気込む気持ちは普段よりもますます大きくなっていると思います。

 

 

しかし、潜在意識は最初のうちは変化を嫌います。

突如大きなことをしようとすると、

「今までやってなかったやんけー、急にそんなことしたくないよー」

と、潜在意識の抵抗が激しくなり、続けづらくなります。

なので、

「毎日きっちりと、今日あったことを日記に書くぞ!」

というよりも、

「最初だし、書くのは1行だけでいいや」

くらいにハードルを下げ、そこから徐々に、

「1行書くのにも慣れてきたし、3行に増やしてみるかな」

というふうにしていくとよいと思います。

 

 

こちらは、フルマラソンに例えるとわかりやすいかもしれません。

「必ず完走するぞ!やってやる!」

という意気込みを持つのはとっても良いことではありますが、

だからといってその意気込みのままに、スタートから猛然と全力ダッシュするのが良いとは限りません。

これだと途中で疲れてしまいますよね。

「50メートル走ではなく、フルマラソンなのだ」

と意識してみてください。

「できる・やってやる」という強い意気込みは持ちつつも、最初はしずしずと動き出すほうがうまくいくと思います。

 

 

みなさん、今年一年を素敵な年になさってくださいね。

応援しております!(*^^)v

 

 

目標を決める際には、

①過程がわからない場合には、結果だけを決めてあとは潜在意識に任せる。

②過程がわかっている場合には、潜在意識の強い抵抗を受けないように徐々に始めていく。

 

 

関連記事です↓

結果だけに集中する、あとは潜在意識がうまくやる

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ