結果だけに集中、あとは潜在意識がうまくやる。

ダーツ

 

結果だけ見ていれば…それで潜在意識が働くの?

 

今回は「結果だけ」についてです。

よく潜在意識のお話では、

「望む結果だけにフォーカスしなさい」

というふうに言われますよね。

この記事では、

 

①なぜ、結果だけにフォーカスするといいのか?

②結果だけにフォーカスすれば、あとは潜在意識がやってくれる

③「結果だけにフォーカスする」は、誰でもやったことがある

 

この3点について、詳しくお話していきます。

 

 

結果だけを見たほうが、潜在意識は働きやすくなる

 

ではまず、

「①なぜ、結果だけにフォーカスするといいのか?」

についてです。

 

 

これは、

「結果だけにフォーカスしたほうが、潜在意識が働きやすいから」

です。

こう聞くと「本当かなぁ…」と思うかもしれませんが、これは別に難しいお話ではありません。

たとえば、テストの点数が50点のAくんとBくんがいたとします。

Aくんは、

「次のテストでは、できれば今よりも良い点が取れたらと思います…」

と言い、Bくんは、

「次のテストでは、絶対に80点以上を取ります!!」

と言ったとします。

どっちのほうが結果を出せそうか?というと、Bくんだと感じませんか?

Bくんのほうが目標がはっきりしている…つまり、自分の望む結果にフォーカスしているので、そういう子のほうが意欲的に勉強して、良い点を取りそうですよね。

 

 

①結果だけにフォーカスするから②強い意欲が潜在意識から湧く

 

このときの「意欲」というのは、潜在意識から湧いて出てきているものです。

目標がしっかりしていると、その目標を達成するために必要な意欲というものは、自然と潜在意識から湧くようにできています。

Bくんが、

「いや、80点じゃなくて60点でいいかも…」

と、望む結果へのフォーカスをぶれさせると、潜在意識もそれに合わせて、

「60点でいいのか。それなら、それほど強い意欲がなくても達成できそうだ」

と意欲を失わせます。

「①意欲があるから②結果にフォーカスできる」

と考える方もいますが、実際には逆。

「①結果にフォーカスするから②意欲が湧く」

です。

結果へのフォーカスが強ければ強いほど、その結果へつなげるための意欲も潜在意識から強く湧くようになるので、

結果「だけ」にフォーカスし、その他のことに気を散らせていないのであれば、相当の意欲が湧いてきますね(*´ω`*)

 

 

これは勉強に限らず仕事でもスポーツでも、願いを叶えるときでもそうです。

「とりあえず、今よりもいい生活がしたい。どうせ無理だろうけど、できれば…」

という人よりも、

「私は絶対にこれこれこういう生活をするんだ!」

というふうに、望む結果だけに強くフォーカスしている人ほど、潜在意識から自然と意欲が湧いてきて、その結果につなげていけます。

 

 

うーん、でも「結果だけにフォーカスする」という表現よりは、

「目標をしっかりと持つ」

という表現のほうが、一般的でわかりやすいかもしれませんね。

 

 

結果だけにフォーカスしたなら、あとは潜在意識にお任せ

 

では次に、

「②結果だけにフォーカスすれば、あとは潜在意識がやってくれる」

についてです。

 

 

いま、

「テストの点を上げたきゃ勉強すりゃいいだけだろうけど、

『億万長者になりたい』とかだったら、具体的に何をすればいいかわからないじゃん…」

と思った方もいるかもしれませんが、大丈夫。

よく言われることですが、潜在意識は顕在意識よりもずっと視野が広く、発想も豊かです。

自分で気づいていなくても、自分の潜在意識のほうはちゃんと何をすればいいのかわかっているので、必要な行動は取らせてくれます。

 

 

みなさんこの、

「潜在意識が必要な行動を取らせてくれる」

という点がなかなか信じがたいようで、

「必要な行動を取らせてくれるということが本当なら、結果だけにフォーカスしてみよう」

というふうに考える方もいらっしゃるのですが、これだと順序が逆になってしまっています。

潜在意識が必要な行動を取らせてくれるのは、結果だけにフォーカスした後のお話です。

「本当だとわかったあとに、フォーカスする」

と言っても、

「フォーカスしたあとにしか、本当だとわかることはない」

ので、ここで止まってしまいます。

まず、結果にフォーカスすることのほうが先ですよ~(*´ω`*)

 

 

「結果だけにフォーカスなんて、やったことがない」?

 

それでは最後に、

「③『結果だけにフォーカスする』は、誰でもやったことがある」

についてです。

 

 

中には、

「うう…でも私は結果だけにフォーカスするだなんて、そんなことやったことがないし…」

と不安になる方もいるかと思うのですが、いえいえ、絶対に誰でもやったことがあるはずです。

たとえば、

「明日どこに遊びに行く?」

「お昼、何食べる?」

と聞かれて、

「そうだなー、遊園地がいい!」

「うどんがいいな~」

というふうに答えることはありませんか?

これは、自分が得たい結果だけにまずフォーカスした、ということです。

そしてそのあとに、その結果につなげるための過程(着替えて出かけるetc.)を取りますよね。

なんの苦もなく「着替える」などの過程が取れるのは、潜在意識が「これが結果につながるために必要な行動だぞ」と判断し、自然とあなたに取らせているからです。

 

 

「①まず結果だけにフォーカスし②その結果に至るまでの過程を、潜在意識の力で自然と取る」

というのは、誰もがごくごく当たり前に、日常的にやっていることです。

やったことがないのではなく、息をするかのように自然にやっているので、やっていることに気づいていないだけ。

できない人はいません。

すでに自分にはできていたということに気づき、いつもどおりにやってくださいね(*´ω`*)

 

 

「まず結果だけにフォーカスする。

すると、その結果に至るまでの過程を、潜在意識が自然と取らせてくれる」

これをやったことのない人はいません、あなたにも必ずできます。

 

 

「本当に、過程については考えなくていいの?」という方は、以下の記事もどうぞ↓

潜在意識は、考えるのをやめると働きだす

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ