自分を許すと、潜在意識は良いものを引き寄せる

花

 

潜在意識は、自分を許すことで良い方向に向かう

 

今回は「自分を許す方法」についてです。

引き寄せではよく、

「自分を許すことで、潜在意識が良いものを引き寄せてくれるようになる」

と言われます。

これがなぜかというと、たとえばあなたに、

「○○な自分なんてダメだ」

と自分を許せない気持ちがある場合、潜在意識は、

「では、『○○な自分なんてダメだと思ったままでいられる現実』を作ろう」

というふうに働いてしまうためです。

けれど、自分を許すことができたならば?

それは自分を認めている状態に変わったということですから、そこから潜在意識は、

「お、次は『自分を認めたままでいられる現実』を作るのね?おっけー!」

と働きはじめます。

これで現実が良い方向に変わりますよね(*´ω`*)

 

 

…とはいっても、

「いや、それはもうわかってる…わかってるんだけど…。

私には自分を許すっていうことがどうしてもできないんだよ…」

と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、私のおすすめの自分を許す方法をご紹介いたします。

 

 

自分を許すためにおすすめの「1日メソッド」

 

ご紹介するのは108さんという方が考えた方法で「1日メソッド」という名前がついています。

この1日メソッド、ものすごく簡単です。

具体的に何をするのかというと…、

 

今日1日、何があっても自分を責めない。

 

これだけです。わー、シンプル~!(*´▽`*)

もはやシンプルすぎて逆によくわからない方も多そうな気がしますので、詳しくご説明していきます。

 

 

いま、

「何があっても自分を責めない」

と聞いて、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけてみましょう」

という意味にとらえた方もいるかもしれませんが、そうではなく、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけるのをやめてみましょう」

という意味だととらえてみてほしいです。

「は?自分を許すよう心がけるのをやめたらダメじゃない?

それじゃあ自分を許せないままになっちゃうじゃん」

とちょっと不思議に思うかもしれませんが、むしろこちらのほうが自分を許せるようになりやすく、潜在意識が現実化するものも良いものに変わりやすいと思います。

 

 

自分を許すよう心がけるのをやめると、潜在意識は変わる

 

自分を許すことができないという方って、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでもいいよ』と自分を許すように心がけてみましょう」

↑こちらは既にやったことがあるんじゃないかと思います。

でも、それをやっても「それでもいい」とは思えず、そう思えない自分を許せないんだ…という状態なんじゃないかな?と思うんですね。

 

 

ではどうして、

「自分に対して『それでもいい』と思おうとしているのに思えない自分を許せない」

という状態になっちゃうのか?というと…。

これはまず潜在意識下に、

「『それでもいいよ』と思えるようになることが良いことである、そう思えないのは悪いこと・未熟なことである」

という前提があり、そしてその前提をもとに、

「なので、『それでもいいよ』と思えた場合には自分を許しますが、そう思えないのであれば私は私を許しません」

というようなルールを作りあげてしまっている状態です。

 

 

そのようなルールがあると、自分に対して「それでもいいよ」と思えなかった場合、潜在意識下で瞬時に、

「これはルール上、許すわけにはいかない」

という判断が自分自身に下ります。

そして、

「それでもいいと思えない自分が(ルールを守っていないので)許せない」

となります。

 

 

この状態で「それでもいいと思えるようになろう、なろう」とするということは、

「それでもいいと思えないなら、私は自分を許さない」というルールに従おう、従おうとすることです

従わないかぎり許さないぞ、許せないぞと、自分を許すどころか逆に責め立ててしまっているような状態です。

 

 

潜在意識下のルールを手放すため、自分を許すことをやめてみる

 

「自分に対し『それでもいいよ』と思わない限り、私は私を許しません」

というルールをもとに自分を許そうとすると、許そうとするたびにそのルールを守り、肯定することになってしまうので、潜在意識下でどんどんルールは強固になっていきます。

そして潜在意識下でそのルールが強固になればなるほどに、それでもいいと思えない自分がどんどん許せなくなっていってしまいます。

許そうとすればするほど許せなくなる、うことになっちゃうんですね。

 

 

この場合、

「それでもいいと思えないなら私は自分を許さない、というルールをもったままでいかにうまくやるか?」

と考えるのではなく、

「そのルールを手放すにはどうすればいいのか?」

を考えることが大切なのではないかな?と思うんです。

そして、そのルールを手放すために、

「自分がなにかミスしたりとかしても、『それでいいよ』と自分を許すように心がけるのをやめてみましょう」

なんです。

許そう許そうとするのをやめるということは、そのルールに従おう従おうとするのをやめるということですから、ルールは手放しやすくなります。

 

 

淡々とやるほうが、潜在意識は変わりやすい

 

1日メソッドをやっていて、

「なんで私って○○なのかなぁ…。って、あ、いま自分を責めたな」

と気づいたときには、

「ふぅん、責めたね。ふーん」

という感じで、さら~っと流すようになさってみてください

やってみると自分で思っている以上に、1日の中で自分が自分を責めていたということに気づき驚くかもしれませんが、

「こんなにたくさん自分を責めてるなんてダメなことだ」

なんて自分を責めず、

「あ、責めたんだ。ふうん」

「ほう、ここでも責めたね、へぇ~」

という感じで、ただ責めたという事実だけを淡々と見て、それ以上は何もしないという感じでいるとよいかなと思います。

ただ淡々と…というのは、自愛や自己観察と似ていますね。

 

 

冷静な気持ちで、

「へぇ、私ってたくさん自分を責めているものなんだな~」

という事実を眺めつつ、

「自分を責めずにいるとは、楽なものなんだな~」

という心地よさを1日感じてみれば、そこから自然と自分を責めないということがうまくなってくると思います。

自分を責めない楽さを知ると、わざわざ苦しい思いをして責めようという気がなくなってきますからね。

そうして自然に自分を責めず、許すことができるようになっていけば、潜在意識が引き寄せるものも良いものに変わっていきますよ(*´ω`*)

 

 

「自分に対して『それでもいいよ』と思えないならば、私は私を許さない」

というルールを持っていないでしょうか?

そのルールを手放すことが、自分を許すことです。

 

 

ちなみに、

「ただ責めたという事実だけを淡々と見るというのは、自愛や自己観察と似ている」

と文中に書いたのですが、

「その自愛とか自己観察ってなんのこと?」

と思った方は、以下の記事も参考になさってみてください↓

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

自分を愛せない人は、人を愛せない…?いや、逆じゃないの?

 

アネモネ

 

自分を愛せない人は、人を愛せないというのは本当?

 

今回は、

「自分を愛せない人は、人を愛せない」

ということに関してのお話です。

 

 

この言葉…私は昔、

「は?なんで?どう考えても逆じゃないの?なんで自分が先?」

と思ってたんです。

確かになんか、良いこと言ってるっぽい感じはする…。

でもそれってつまりは、

「人のことより自分のことを優先しなさい」

ってことでしょ?

そんな自分のことを優先するような勝手な人に、

人のことを思いやったり愛するなんてことできるの?

まずは人を思いやること、許せるようになること、愛せるようになることのほうが重要でしょ。

…と思っていました。

なので、頑張って人を好きになろうとか許そうとかしていました。

 

 

先に人を愛そうとするのは、自分を愛したいから

 

でもでも、どんなに相手を愛そうと頑張っても愛せないし、許すこともできない。

なんでやー!!と悩んで考えてみて、あるときふと気づきました。

「あ、私べつに、本当は人のこと愛そうとか許そうとか思ってないんだ」

と。

 

 

本当はなぜ私が、

「先に人を愛するのが大事だ」

と思って人を優先したかというと…。

人のことを「愛します、許します」と言えるとっても寛容で立派な人間になれれば、

人は私のことを素晴らしいと賞賛してくれるだろうし、受け入れてくれるだろうし、

そうして人に受け入れてもらえたならば私は自分のことを、

「私って立派で高尚で素敵な人間!」

と思うことができるようになって、そして、

そこまで立派な自分のことならば許せるし愛せるようになるだろう…と思っていました。

 

 

先に人を愛したい理由は、

「自分を愛せるようになりたいから」

なんですね。

人を思いやって愛そうとしているようでいて、

実は考えていることは自分のこと、愛そうとしているのは自分のこと。

あれ、

「私は自分を愛することを先に考えるような傲慢な人とは違って、人のことを優先して大切に考えますから!」

とか思ってたけど、思いっきり自分のことを優先して考えてるじゃないの、と。

 

 

だけどその当時やってたのは、

「○○さんの良いところをノートに書き出してみよう、そのあとありがとうと唱えてみよう」

とか、人の良い点を見つけて感謝しようとする行為。

そういう行為をやっているので、自分が本当に人を愛そうと頑張ってるかのような錯覚に陥っていました。

 

 

人を愛したいのは優越感を抱きたいから

 

劣等感が強い人は、人よりも優れようとしたがります。

私のほうがすごいんだと優越感を抱くことで安心しようとしますが、

私の場合は「人格的に優れる」という方法で優越感を感じたかったんですね。

 

 

たぶん、それしかないと思ったんだと思います。

たとえば人より高学歴だったりすっごいスポーツができたりとか、

他になんでもいいんだけど、なんかめっちゃ才能あってここが秀でてます!

とかいうものがあるならそこで、

「ふふん、私のほうが素晴らしいわよ」

と優越感を抱くことができるんでしょうが、私の場合は学歴もないし運動音痴だし、

特別他に秀でているところもないし、どこでも秀でられず、優越感なんて感じようにも感じられない。

となるともう、人間性というところに行こうと。

いつも優しくて、穏やかで、慈愛に満ちて、寛容で…という点において人よりも優れよう、

だってもう、優越感を抱けそうな場所ってそこくらいしかないじゃない…みたいな感じ。

 

 

なんだ、私は人を愛そうとしているようでいて全然愛そうなんて思ってないのか。

本当は全然やろうなんて気がなかったから、いつまでもできなかったのかぁ、と気づいたとき、

「もうやめよう…。もう無理して人を愛そうとするのやめよう」

と思いました。

それまでは、人を愛するのは素晴らしい!って躍起になってたんですけど、

もういいよ、辛いし、もう無理しなくていいだろう…と思ったんですね。

これって自分に対して、

「もう無理をしなくていいよ」

と自分を許せたってことなのかなと思います。

 

 

自分を愛せると、本当に人も愛せるようになる

 

で、不思議なもんですが、

「私は劣等感のあまり、必死なのだなあ~」

ということを自覚してからは、それを自覚していないときよりも余裕が生まれて、

自然と自分の人を見る目が変わったのを覚えています。

それまではなにかにつけ相手にすぐ腹を立てたりしてたんですが、

「でも、この人もこの人でなにか必死なのかな?」

とか思うと、腹を立てずに許してあげなくちゃ、なんて思わなくても腹が立たなくて、

「ひええええ、自分を許すと人を許せるって本当なのかあ~」

と思ったのを覚えています。

 

 

いま、

「自分を愛せないと人を愛せないって、逆じゃないの?

まず人を愛することのほうが大事じゃないの?」

「でも、そう思って人を愛そうとか許そうとしてもできない…」

と思っている方は、そうして人を先に愛したい理由が、

「人を愛せるような立派な人間になれれば、自分のことを愛せそうだから」

ではないかな?って考えみてください。

 

 

そしてそうだったときには、

「人を愛せるようになる方法は何かな?」

ってのを考えるのをやめてみてください。

「やめて、それでどうするの?」

と思うかもしれないですけど、ただやめるだけです。

そのあとはどうもしなくってもいいです。

 

 

やめるというのは、もう自分に無理強いをするのをやめること。

それがもう、自分を前より尊重して愛せている証拠です。

そのあとはなにかをどうにかしようとしなくたって、

今より楽に、今より自分を好きに、ひいては今より人のことも好きになれると思います(*´ω`*)

 

 

自分を愛せない人は、人を愛せない。

人を許したり愛したりしたいならば、だからこそ、先に堂々と自分を許して愛して。

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ