いい気分を選択すると、うまくいくんじゃなかったの?

選択

 

いい気分を選択する、それでもうまくいかないのはなぜ?

 

今回は「いい気分を選択する」ことについてです。

引き寄せでは、

「いい気分でいればうまくいく」

「いい気分でいられそうなほうを選択するだけでいい」

とよく言われますが、

「いい気分のほうを選択したのに、うまくいかなったんですけど…」

という方もいらっしゃるかと思いますので、その理由について詳しくお話していきます。

 

 

いい気分を選択すると、確かにいいことが起きる

 

まず、いい気分を選択するとうまくいく、ということ自体は本当です。

先日の記事でも書いたのですが、潜在意識は「在り方」に反応します。

在り方、という表現がしっくりこなければ、「気分」とか「感情」でもOKです。

いい在り方(つまりいい気分)でいることで、潜在意識は、

「ほう、こういう気分をお望みかー。

では同じようにいい気分でいられそうなことを、いろいろ引き寄せるね!」

という感じで働いてくれ、のちにいいことが起きてきます。

 

 

いろいろなサイトで既に言われているとおり、

「いいことがあればいい気分になる」

ではなく、

「いい気分でいるといいことがある」

ですので、日常生活の中で物事を選択する際に、

「私がいい気分でいられそうなほうって、どっちかな?」

と考えてみることは、とっても大切なことだと思います(*´ω`)

 

 

「一時だけの」いい気分を選択するわけではない

 

「私、ちゃんといい気分でいられるほうを選択していたつもりなんだけど、何も変化がなかったのはなんで…?」

という場合には、

「行動をしている『最中だけ』いい気分になれることを選択していた」

のかもしれません。

 

 

たとえば、あなたがダイエット中なのにお菓子が食べたくなったとします。

選択肢としては、

①我慢する

②食べちゃう

のどちらかですね。

前者を選択するなら我慢することになりますが、後者を選択するなら「甘くておいし~♪」といい気分になれます。

では後者を選択することが、いい気分を選択するということなのか?というと、そうでもありません。

 

 

確かにお菓子を食べている「最中だけ」は、いい気分だと思います。

しかし食べた「あと」には、

「食べちゃった…なんて私はダメな奴なのだ…」

と嫌な気分になるかもしれません。

 

 

対して我慢するのであれば、我慢している最中は「うぐぐ」となるかもしれませんが、そのあとに、

「私、ちゃんと我慢できた!また一歩理想の体形に近づいた!」

といい気分になれますね。

それならば我慢するほうを選択するのが、いい気分を選択するということです。

 

 

「その先の」いい気分を選択する

 

ほんの一時だけいい気分になれても、

「うう、私ってこうやって、一時だけのいい気分に飛びついちゃうような人間なんだぁ…」

というふうに後悔や罪悪感が膨らむならば、引き寄せはうまくいきません。

これは「その場のいい気分」と「そのあとの嫌な気分」を比較して、後者が勝ってしまっている状態です。

潜在意識は「より強いほうの感情」に従いますから

「なんかさっき一瞬いい気分になったけど、それよりも罪悪感が強いんだから、罪悪感こそが求めるものなんだね!

よっしゃ、同じように『罪悪感を抱けそうなもの』を引き寄せてこよう!」

となってしまいます。

 

 

今日からはぜひ、「目の前のこと」ではなく「目の前のその先」を見てみてください。

「いままさにやろうとしているこれは、いい気分になれることか?」

ではなくて、

「いままさにやろうとしているこれをすると、そのあとはいい気分になれるか?」

と考えてみるんです。

これで本当の意味で、いい気分を選択することができるようになると思います(*^^)v

 

 

「目の前のことをすると、いい気分になれるかどうか?」

ではなく、

「目の前のことをしたあとは、いい気分になれるかどうか?」

で選択する。

 

 

関連記事です↓

潜在意識は「在り方(気分)」と同じものを引き寄せる

 

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

迷った時でも、潜在意識はすでに答えを知っている

看板

 

潜在意識さん、迷った時にはどうすれば…?

 

今回は、

「物事の選択に迷った時には、どうすればいい?」

についてです。

よく、

「迷った時でも、あなたの潜在意識はすでに答えを知っている」

なんて言われますが、

「潜在意識が知っていても、それに顕在意識で気づけなかったら、

結局は迷った時にどうすればいいかわからないままじゃん…」

と感じている方もいるかもしれませんので、ここについて詳しくお話していきます。

 

 

迷ったとき、どうすると潜在意識下の答えは出てくる?

 

ではでは、あなたがAかBか?で迷っているとして…。

こういう時にはまず、

「理想の自分って、どんな自分だろうか?」

と想像してみてください。

こんなふうになりたい、と思っている理想像を思い浮かべてみます。

あるいは、自分が憧れている人を思い浮かべてみても構いません。

芸能人や偉人、会社の先輩…などなど、誰でも構いませんので、

その人のことを思い浮かべてみてください。

 

 

そして次に、

「この理想の自分ならば、今の私に向かってどう言うだろうか?」

「この憧れの人ならば、今の自分と同じ状況に置かれた時に、一体どちらを選ぶだろうか?」

と考えてみてください。

その時に、

「きっと、理想の自分なら(憧れの人なら)Aを選べと言うだろうな」

「迷ったときには、思い切ってやってみなさいと言うだろう」

と思ったとします。

ならば、あなたは潜在意識下ではAを選びたいと思っている、

思い切ってやってみたいと思っている、ということですので、そのとおりにしてみてください。

 

 

迷った時、人はついつい、

「今の私は、これからどうすればいいのだろう?」

と考えます。

これは「今」に立ち、今よりも先の「未来」のことについて考えていますよね。

しかしそれよりは、すでに理想を達成した未来の視点から今の自分を見たり、

他人の視点から今の自分を見たりすると、潜在意識下で「こうしたい」と望んでいることが浮かんできやすいです。

「今から未来を見るより、未来から今を見る」

「自分の視点で見るより、他人の視点で見る」

迷った時には、ぜひこれを試してみてくださいね。

 

 

潜在意識下で望んでいることがわかっても、迷った時は?

 

ときに、

「うーむ…でも、Aをやる方法が何かわからないんだよな」

「方法ならわかってるんだけど…わかっててもやる勇気がない…どうしよ…」

と思うこともあるかもしれません。

そうしてまたまた迷った時には、ひとまず「Aをしている自分」のことだけ想像しておいてください。

想像することで潜在意識は、ますますAに向かい始めます。

そのうちに、

「あ、こうすればいいのか」

「思い切ってやってみようかな?」

と方法を思いついたり、Aをするのに必要なだけの勇気が出てきたりしますので、大丈夫ですよ(*^^)v

 

 

迷った時に何も出てこない…潜在意識はどうなってる?

 

中には、

「理想の自分ならどうするか…とか想像しても、な~~~~んにも思い浮かばないんですが…。

私の潜在意識ってどうなってんの…」

と焦ってしまった方もいるかもしれませんね。

 

 

迷った時になにも思い浮かばないのならば、

潜在意識下では「まだこのままでいたい」と望む気持ちが強いのかもしれません。

この場合、「このままでいたい」という望みを無視して無理にどちらかを選んでも、

無意識のうちに今の状態に戻ってくるような行動(望みを叶える行動)を取ってしまい、今のままになります。

ならば無理をせず、

「私、今はまだ変わりたくないようだな」

と認めて、いったん保留にしてみるのも良いと思います。

そうして、

「そうだよね、変わりたくないと思うことだってあるよね」

と自分の本心を認めると、かえって迷いが晴れるのは早くなります。

 

 

あるいは、潜在意識下では「AもBもベストな選択ではない」ということを知っているのかもしれません。

顕在意識上で「AかBだな」と思っていても、実際のところはCを選ぶのが良い、ということもありますが、強く「AかBしかないはずだ!」と思い込んでいると、

Cが出てきづらくなって「何も出てこないけど…」となったりします。

「別に、AかBかの二択とも限らないよね?」

という疑いを持つと、別のことも思いつきやすくなります。

 

 

それとも、AかBを選ぶのが良いにしても、選ぶ時期が悪いのかもしれません。

潜在意識下で、

「今はまだ行動に移すときではない、タイミングがベストではない」

とわかっているから、顕在意識上に出てこないという可能性もあります。

 

 

いずれにせよ、

「何も思い浮かばないということは、何も思い浮かべる必要がないということなのだな」

「焦って物事を決める時期ではないということだな」

と思い、しばらくそのままにしておいてみてください。

迷った時にはつい「早く決断しないと、行動しないと」と焦りがちになります。

けれど決断や行動は、いついかなるときにも早ければ良いというものでもありません。

「いまはまだ選ばない」

というのも、選択肢のひとつですよ(*´ω`*)

 

 

迷った時には、「未来から・他人の視点から」今の自分を見てみると、

潜在意識下で望んでいることが出てきやすくなります。

何も出てこない場合には、焦らず「保留」という選択をすることも大切です。

 

☆メールマガジン配信中です☆

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

☆個人セッション受付中です☆

「潜在意識の力で達成したいことがあるのに、なかなか現実にならない…」

そう思っている方へ向けてのセッションです。

セッションの詳細については、以下からご覧になれます↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ