潜在意識の「現実無視」と「現実を受け入れる」って矛盾してない?

薔薇

 

現実無視をするVS現実を受け入れる?

 

今回は「現実無視」についてのお話です。

潜在意識の力を使って願望を叶えるコツとして、

「現実(現状)を受け入れなさい」

と言われることがあります。

しかしその反面、

「現実は関係ない、現実無視をしなさい」

と言われることもあります。

え?

現実を受け入れるということと、現実無視をするってことは正反対じゃない?

どっちをやったほうが潜在意識にとって良いことなの?

と戸惑っている方もいるんじゃないかなと思いますので、ここについての解説です。

 

 

「現実無視=現実を受け入れる」である

 

これは、

「矛盾してるんだから片方しかできない」

と思うかもしれませんが、2つは同じものだと思うとわかりやすいと思います。

 

 

現実無視とはこういう意味ではない

 

仮にあなたの目標が、

「月収100万だぜ!」

とします。

このとき、「現実無視をしろ」というのをやろうとして、

「私はいま現在、月収100万だ!

実際にはもっと収入が低い現実なんて、無視無視!!」

と無理やりにすでに月収100万だと思い込もうとする方もいますが、そういう必要はありません。

もし仮に本当にそう思い込んじゃったら、

それって妄想にとりつかれていることになりますし、

本気でいま現実の収入が100万だと思っているなら、

今後100万を目指す必要はなくなってしまうからです。

 

 

まずは、

「どうあがいても、どれほど悲しくても、今は100万もない」

という事実とは向き合ってください。

 

 

現実にまつわる感情を無視しろという意味

 

すると、さまざまな嫌な考えが湧きおこってきますよね。

悲しいとか悔しいとか、これからどうやって100万になるんだ?とか、

もしなれなかったらどうしよう、などなど…。

こういったネガティブ思考にとらわれてしまうと、その思考が潜在意識の力で実現してしまいますので、こういうものは無視したほうがいいですね。

つまり現実無視というのは、

「現実に対するマイナスな思考や解釈を無視」

という意味であって、「現実そのもの」を無視しろという意味ではありません。

 

 

現実を見たとき、普通は人は心が騒ぎます。

「ここがこうだ、足りない、もう最悪どうしよう」

とか。

けれどその心のざわざわ(もう最悪どうしようの部分)を無視したとき、

ただただ純粋に、

「ここがこうだ。足りない」

という純然たる事実だけを見たとき、人は、

「そうだな、ここがこうで足りないな。ではどうする?」

と考え始めます。

これが現実を(余計な思考を加えず無視し)受け入れられたということ。

 

 

現実を受け入れた人は現実無視をした人だし、

現実無視をした人は現実を受け入れた人です。

「現実を受け入れなさい」も、「現実無視をしなさい」も要は、

「純然たる事実と向き合いなさい」

という意味で、表現としては真逆ですが伝えたいことは同じです。

 

 

現実無視(現実の受け入れ)によって潜在意識は働きだす

 

こうして、

「足りないから嫌だよー、足りないのは最悪だよー」

というのではなく、

「そうだな、足りないな。だったら、どうするんだ?」

というところにきたとき、そこから潜在意識は、どうすればいいかを全力で考えてくれ始めます。

 

 

そして、

「どうするんだ?」

というところまで来たらそれと同時に、どうするかは考えないようにもしてみてください。

ここから先は顕在意識上でどうしよう?ああしようか?と考えるよりも、

潜在意識に任せたほうが手っ取り早いですからね(*´ω`*)

潜在意識に任せたほうが手っ取り早い理由について。

 

 

潜在意識を使うコツ、「現実無視」と「現実の受け入れ」はどちらも同じ。

ともに「純然たる事実を見なさい」という意味。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ