願望実現のため、感謝しているのに何も変わらないのはなぜ?

牡丹

 

感謝しているのに、ぜんぜん願望実現しない?

 

今回は「感謝」についてです。

引き寄せのお話の中ではよ~く、

「感謝が大切です」

「感謝をすると、願望実現する!」

というふうに言われますよね。

ありがとうと唱える感謝法に挑戦した方も多くいらっしゃるのではないか?と思います。

しかし、

「感謝法を実践してるのに、なーんも願望実現なんてしない…」

という方もいらっしゃいますので、今回は、

 

①なぜ感謝をすると、願望実現するのか?

②感謝をしているのに、願望実現しないのはなぜなのか?

 

の2つについてお話していきます。

 

 

なぜ感謝をすると、願望実現するのか?

 

まず、

「①なぜ感謝をすると、願望実現するのか?」

についてです。

これはいたるところで言われていることなので、もう説明不要かもしれませんが、

「感謝をすると、潜在意識が『感謝する現実』を作るから」

ですね。

 

 

潜在意識は、その人の内面にあるものを現実化するのがお仕事ですから、

内面が不満で満ちているなら、その内面どおりの「不満に満ちた現実」を作りますし、

内面が感謝で満ちているなら、その内面どおりの「感謝に満ちた現実」を作ろうとします。

で、今より感謝に満ちた現実とはなにかと言えば…もちろん願望実現した現実ですよね(*´ω`*)

 

 

「願望実現すれば感謝する」だと順序が逆

 

よく、

「願望実現すれば感謝する」

と考える方もいますが、これは、

「願望実現していない今現在は感謝していない」

ということで、今の内面には感謝がありませんよね。

潜在意識は内面にないものを現実に作ることはありませんので、これでは願望実現する現実がやってきません。

「願望実現したら感謝するのではなく、感謝するから願望実現する」

ですので、順序を逆に考えてしまわないように気をつけてくださいね。

 

 

感謝をしているのに、願望実現しないのはなぜなのか?

 

では次に、

「②感謝をしているのに、願望実現しないのはなぜなのか?」

についてですが、非常によくある原因が、

「願望実現を目的に感謝しているから」

というものです。

 

 

願望実現を目的にしているということはつまり、現実を変えることを目的としている、ということです。

でも引き寄せって、まず内面が変わらないと現実が変わらないんでしたよね。

順序としては、

 

①感謝法などで感謝するように心がけると

②自分の内面に感謝が増えるので

③内面の影響を受け、願望実現する

 

です。

③願望実現のためには、その前にまず絶対に②自分の内面を変える必要があります。

 

 

「感謝法」に願望実現する力はない

 

感謝法を試したあとに、

「どうだ、これでちょっとは現実が変わるかな?」

と現実を気にする方がいるのですが、感謝法に現実を変える力なんて一切ないですよ~(;´・ω・)

感謝法は、③願望実現をするためのものではなくて②自分の内面を変えるためのものです。

 

 

なので、

「私は、もっと感謝ができる人間に変わるんだ!(②自分の内面を変える、をやるんだ!)」

ということを目的に感謝法をするのであればOKです。

自分の内面が変わった影響を受けて、そのあとに潜在意識が現実も変えてくれます。

 

 

しかし、

「現実を変えるんだ!(②自分の内面を変えることをせずに③願望実現をするんだ!)」

ということを目的に感謝をしても、潜在意識は②内面を変えるをしていない以上、③願望実現へは向かいません。

 

 

内面を変えることなく、願望実現することはない

 

このことは既にこのサイトでも何度かお話したことがありますし、

引き寄せについて語っている他のみなさんもよくお話していることなのですが、

と~~~~~~~~っても大事な大事なことなので、もう一度言います。

絶対に絶対にぜ~~~~~ったいに、

 

①感謝することで

②自分を変えられれば

③願望実現する

 

の順なんです。

②を飛ばすことは決してできないので、まずは自分を変えることを目的にしてください。

感謝法に限らず、その他のどのようなメソッドにも、願望実現をする力などないということは忘れないようになさってくださいね。

メソッドで変えられるのは現実ではなく、自分の内面です。

内面が変わったおまけとして、願望実現するよというだけです。

 

 

なぜ「願望実現のため」感謝をしてしまうのか?

 

内面を変えるためではなく、願望実現のために感謝をしてしまうのがなぜなのか?というと、

「願望実現すれば感謝するのではなく、感謝するから願望実現する」

本当はこのことに納得していないからではないかと思います。

 

 

頻繁にこう言われるので知識としては知っているし、頭では理解しているものの、まだ心(内面)のどこかで、

「いいや、願望実現してからじゃないと感謝できない。

①願望実現してから②感謝するの順番のはずだ、①感謝するから②願望実現するなんておかしい」

と思っているのではないでしょうか。

内面に「①願望実現してから②感謝する」という思いがあるので、どうしてもその順番を守ろうとしてしまい、先に願望実現のほうに目が行き、自分が変わることがあとになってしまうのだと思います。

 

 

感謝しているのに願望実現しないという方はまず、

「私はそもそも、『願望実現すれば感謝するのではなく、感謝するから願望実現する』ということに納得しているのだろうか?」

という、基礎の基礎の部分を確認なさってみてください。

ここに納得がいっていないと、感謝法をはじめあらゆるメソッドを「願望実現のために」使うことをやめられなくなります。

 

 

徹底的に、

「願望実現すれば感謝するのではなく、感謝するから願望実現する」

ということを意識して、腑に落としてください。

そこが腑に落ちれば、「自分を変えるために」感謝法を行うことができるようになるはずですよ(*´ω`*)

 

 

引き寄せの基礎の基礎、

「願望実現すれば感謝するのではなく、感謝するから願望実現する」

を受け入れていますか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ