叶った証拠もないのに、叶ってると言われても…

花

 

叶った証拠がないと、信じられない…

 

今回は「叶った証拠」についてです。

先日の記事で、

 

叶うと決めた時点で、潜在意識は叶うまでの筋道を立ててくれる。

そうして筋道が立っている状態を「叶った状態」と言う。

叶った状態になっているかどうかを確認しようとすると、叶っていない状態になる。

 

と書きました。

しかし、

「うーん、でもでもでもなぁ…やっぱりどうしても確認したいよ!

いくら言葉だけで『叶った状態になってるよ』って言われたってさ~…。

叶った状態になっているというちゃんとした証拠もないのに、どうやってそんな言葉を信じろと?」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

そう感じている方へ向けて、証拠について詳しくお話していきます。

 

 

①叶った証拠があるから②叶うと信じる、ではない

 

「ちゃんと、叶った状態になっているという証拠がほしい。

そういう証拠があるなら信じられるけど、証拠がないなら信じられない」

↑当初は私もこう思いましたし、お気持ちはよーーーーーくわかります。

しかし残念ながら、叶った状態になっているという証拠は、叶うと信じたあとにしか出てくることはありません。

「①叶ったという証拠があるから②信じる」

のではなく、

「①信じるから②叶ったという証拠が出てくる」

です。

 

 

しかしこれを聞くと今度は、

「あー…うん、なんかその言葉もよく聞くわ…。

でも正直、なんで①信じるから②叶ったという証拠が出る、の順番なのかがわからないんだよなあ…。

どう考えても証拠が先じゃないの?」

と感じる方もまた、多いのではないかと思います。

ではではなぜ、「①信じたあとに②叶った証拠が出る」の順なのか?について説明していきますね。

 

 

同じものを見ても、Bくんにだけ「叶った証拠」に見える

 

ここに、舞台役者を目指しているAくんとBくんがいます。

Aくんは、

「叶ったという証拠があるなら、叶うと信じよう。

まだ証拠はないから、自分が役者になれるとは信じられないぞ」

と思っています。

Bくんは、

「叶った証拠って、なんか知らんが信じたあとからついてくるらしいべ。

ほんならとりあえず、自分は役者になれる!と信じてみるとするか」

と思っています。

 

 

この状態ですとAくんの潜在意識は、

「自分が役者になれるとは信じてないんだね。

ではちゃんと『役者になれないような発想』をさせてあげないとね。

役者になれるようなこと思いついちゃったら、なれちゃうものね」

と働きます。

Bくんの潜在意識は逆に、

「役者になるならば、ちゃんと『役者になれるような発想』をさせてあげないとね」

と働きます。

 

 

ある日、AくんとBくんは一緒に演劇を見に行きました。

その演劇に出ていたCさんという役者の演技は、とても素晴らしいものでした。

AくんはCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

やっぱり俺なんて、役者になれるはずもない…。

Cさんみたいな人が目の前に立ちはだかっているということが、俺が役者になれない証拠だ…」

と。

 

 

BくんもCさんを見て圧倒され、こう思いました。

「なんて才能だ…こんなすごい人がいたなんて…。

ラッキー!これからはここに通えば、Cさんを見てたっぷり勉強して実力をつけられる!!

Cさんみたいな人が目の前に立ってくれているということが、俺が役者になれる証拠だ!

本当に叶った証拠ってあとから出てくるんだな~!」

と。

 

 

Aくんはそれから、家の中でふさぎ込むようになってしまいました。

Bくんは足しげく劇場に通い、めきめき実力をつけて役者になりましたとさ。

 

 

叶った証拠が出る=叶った証拠だと思い込む

 

さてさて、AくんとBくんの見ているものは同じ、Cさんでしたね。

そして、CさんはただのCさんです。

別にAくんの夢が叶わない証拠でもなければ、Bくんの夢が叶った証拠でもありません。

AくんとBくんのほうが勝手に、証拠でもないものを見て証拠だと思い込んでいるだけですよね。

 

 

このお話のBくんのように、

「①叶うと信じると②証拠でもないものを見て叶った証拠だと思い込むようになる」

ことを、

「①信じたあとに②叶った証拠が出てくる」

と言っています。

 

 

叶わないんだと思っている状態ですと、潜在意識はAくんのような発想しかさせてくれません。

何を見ても「叶わない証拠だ」と思い込むことしかできなくなりますので、

「信じていない状態では、叶った証拠は出てこない(叶った証拠だと思い込むことはできない)」

と言われます。

 

 

決して、「叶ったという物的証拠」がある、というわけではありません。

なにかしらの物体や人物、出来事などを見て、勝手に本人が叶った証拠だと思うようになる、というだけのことですから、

確固たる物的証拠のようなものがあると思って探しても、見つかることはありませんよ~(;´・ω・)

 

 

あるものを見たとき、叶うと信じていない人にとってはそれが「叶っていない証拠」に見えます。

叶うと信じている人にとってはそれが「叶った証拠」に見えます。

 

 

関連記事です↓

叶った状態になっているかどうかを、確認する方法はあるの?

 

 

 

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については以下からどうぞ↓

 

 

タグ: 

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ