1000回アファメーションの効果が出ない典型的な例について。

アネモネ

 

1000回アファメーションで効果が出ない人はなぜ?

 

昨日の記事にて、1000回アファメーションは効果的なやり方だという話をしました。

ただ中には、

「むぎーー!!私はちゃんと1000回やったのに!

それなのに全然なんの効果もないのはなんでじゃー!」

と思っている方もいるかもしれないので、

今回は1000回アファメーションの効果が出ない理由についてのお話です。

 

 

「数をこなすこと」が目的になってしまっている

 

効果が出ない理由として典型的なもののひとつが、

「手段と目的をはき違えている」

というものです。

1000回アファメーションをする目的って、

「自分の潜在意識を書き換えること」

ですよね。つまり、

 

目的:潜在意識の書き換えをすること

手段:アファメーションを1000回すること

 

です。

「アファメーションを1000回することそのもの」

が達成したい目的なわけではないですよね、

それは潜在意識を書き換えられるようになるために使う手段にすぎない。

でもここで、1000という回数を達成することを目的であるかのように思いはじめる人がいます。

で、よーし頑張って1000回するぞー!と数取器を買ってきてカウントしたりとか。

これだと、

 

目的:アファメーションを1000回すること

手段:数取器を使う

 

ですよね。

 

 

 

 

 

そういうことじゃない(・∀・)

 

 

 

 

 

これだと、肝心の「潜在意識の書き換え」どこいった!?ってなります、

本来の目的がどっかすっとんでる状態です。

でもそれに自分で気づかないと「なんで効果ないの?」となったりします。

 

 

「1000」という数字にとらわれてはいないか?

 

昨日の記事でもお話したのですが、「1000回」という数そのものに意味はないです。

「とにかくそのくらいたくさんやってね、数回で諦めないでね」

「1000回やるくらいの本気度で臨んでね」

ということを言いたいがための例えとして出ているのが1000という数字なだけであって、数自体にはそれほどこだわる必要はありません。

 

 

数取器を使ってはいけない、とかそんな意味ではないですよ。

ただ漫然とやるより、

「一回一回、確実にしっかり唱えよう!」

という気持ちで唱えるごとにカウントし、そしてその数字を見て、

「これだけやったんだ、私は自分の力でしっかりとやったぞ!」

「自分の力で積み重ねたこの1000回、決して無駄にはならない!」

という自信や勇気が湧くなら数取器にも意味はあると思います。

でも、

「えーといま何回?820回か~、あと180回もあるのかぁ…」

「やった~今日はもう1020回いった、今日のノルマ達成できた、ほっ」

みたいに、数を気にしてるようなら趣旨からズレてると思うよって話です。

 

 

自立性のない人に効果は望めない

 

このお話は前にも数回したことがあるので、前から読んでくださっている方だと、

またその話かーって思っちゃうかもしれないのですが…。

 

 

アファメーションで効果を出す人と出さない人の決定的な違いとして、

効果のある人は、

「潜在意識を変えるため、私はアファメーションを1000回します」

というスタンスなのに対し、効果の出ない人は、

「1000回のアファメーションが潜在意識を変えてくれる

というスタンスです。

 

 

私は以前道場に通ってて、その道場ではまず最初に100本の突きの練習をしました。

ここで、

「上手になりたい、強くなりたい、だから100本突きの練習だ!」

と、真剣にやる人は必ず練習の効果があって上達します。

対して、

「100本やるって決められてるんで決められたとおりやります」

という感じでやってる人はまぁ見事なほどにいつまでも上達しないです。

それで、

「100回の突きの練習が私を強くさせてくれるんじゃなかったんですか?

100回の練習に効果なんてなかったです」

とか言われても、そういうことじゃないよ…ってなりますよね。

 

 

似たようなことはどこでもあると思います、

勉強でも、スポーツでも、仕事でも、ダイエットでもなんでもそうだと思いますが結局は、

「私はやるんだ、私は伸びたいんだ、私は変わるんだ!」

という意志がない人は伸びない。

アファメーションも同じで、

「私はやるのだ」という自主性・積極性・自立性があるかないか、

ということが、効果が出るか出ないかを分ける決定的な要因に思えます。

 

 

目的はあくまで「潜在意識の書き換え」である

 

1000回アファメーションに対して、

「頑張って1000回やるぞ!」

というのは本来の目的からズレてしまっています。

目的はあくまでも数をこなすことにより潜在意識を書き換えることであり、

数をこなすことそのものではありません。

額面通りに、

「1000回やれば変われるんだぁ」

と受け止めるのではなく、

「ひたすらに、潜在意識が変わるまで諦めず続けて」

という意味で言われていることなのだ、よし、私は諦めないぞ!と受け止めてください。

そのうえで真剣に、

「さぁ、私は1000回やるぞ!」

と臨むなら、それは必ず効果はあります。

 

 

効果が出ないという方は今一度、

「アファメーションが私を変えてくれる

と思っていたり、

「1000という数をこなすことが目的にすり替わっていなかったか?」

ということを確認してみてください。

 

 

中には、

「いや、私は別に数をこなすことを目的になんて…してなかったと思うんだけど…。

それでも効果がないのは一体なんでなの?」

という方もいるかもしれませんが、そのような方はぜひ私の作った、

「引き寄せRevolution」を参考にしていただければと思います↓

 

アファメーションの作り方からはじまり、

効果が出る方と出ない方は具体的にどこがどのように違っているのか?

いったん効果が出るのにもとに戻ってしまう方の特徴はなにか?

などなど、いろいろ詳しく説明しました。

もちろん、アファメーション以外のことについてもたくさん書いてありますし、

わからないことがあれば無期限でサポートしますから、

なにかわからないことがあればいつでも遠慮なくメールなさってください(*´ω`*)

 

 

1000回アファメーションの目的は「1000回すること」ではない。

手段を目的にしてしまっては効果は得られない。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ