潜在意識は、イメージをリアルにできなくても働いてくれる?

マーガレット

 

リアルなイメージを、潜在意識が実現する?

 

今回は、「リアルなイメージをする」ということについてです。

夢が叶ったときのイメージをリアルにすると、潜在意識がそれを叶えてくれる、とよく言いますよね。

これを聞いて、ようしイメージするぞう!と実践する方は多いと思います。

しかし中には、

「り、り、リアルにイメージするって難しくてできない…。こんなんじゃ潜在意識が叶えてくれないかも…」

とか、

「私、けっこうリアルにイメージしてるつもりなのに全然変化ないよ?なんで潜在意識は働いてくれないの?」

というふうに困ってしまう方もいるのではないかな?と思いますので、そのような方へ向けて詳しくお話してゆきます。

 

 

イメージは確かに、漠然としているよりリアルなほうがいい

 

まず、「イメージをリアルにしたほうがいい」ということ自体は確かにそのとおりだと思います。

たとえば「お金持ちになりたい」というとき、

「では、お金持ちというのはどういう状態のことですか?

年収にしていくらくらいのことを指していますか?

日々、どのような生活をしている状態のことを言っているのですか?」

と聞くと「えっ…?」と言葉に詰まってしまう方も多くいます。

 

 

これはただ漠然とお金があればいいなと思っているだけで、具体的なイメージがない状態…、

「夢は叶えたいが、しかし自分の夢が具体的になんなのか自分でもわかっていない」

という状態ですから、これでは叶いづらいですよね。

 

 

夢を叶えるのであればまず、自分の夢がなにかを自分でわかっている必要があります。

このような状態の方は、もうちょっとイメージをリアルにしたほうがよい(夢を具体的にしたほうがいい)と思います。

夢や目標は、はっきりと鮮明であるに越したことはありませんよ~(*´ω`*)

 

 

リアルにイメージできないから、潜在意識は働かない?

 

ただ、そうしてリアルにイメージをしようと思っても、

「ぐぐぐ…そうは言われたって、夢が叶ったときのことなんてまだ経験してもないのに、そんなにリアルにイメージなんてできないよ…。

でもちゃんとリアルにイメージしなきゃ、潜在意識が叶えてくれなくなっちゃうかも…どどどどうしよう」

というふうに、リアルなイメージができないことに焦ってしまう方もいます。

 

 

そのような方は、

「ある程度のところまでいくと、それ以上リアルにイメージできなくなるのは当たり前のことなので問題ない。

イメージがリアルであるかどうかよりももっと大切なのは、

『イメージしていることを達成できるのだというセルフイメージがリアルかどうか』だ」

と、ぜひ覚えておいてください。

 

 

経験していないのだから、リアルにイメージできなくても仕方がない

 

「夢が叶ったときのことなんてまだ経験してもないのに、そんなにリアルにイメージなんてできない」

↑これは至極もっともなことです。

普通に考えて、まだ見たことも聞いたことも触れたこともないようなものをリアルにイメージしろ!と言われたって、限界がありますよね。

ある程度までは「きっとこんな感じだろうな」とイメージすることはできると思いますし、できるところまでは具体的にしてほしいとは思うのですが、

どこかで「これ以上リアルにと言われても無理だ」と頭打ちになるのが自然なことです。

そのように頭打ちになったときに、

「も、もっとリアルにイメージしないと潜在意識が叶えてくれなくなっちゃう…」

というふうに考えて、無理やり苦しい思いをしてまでリアルさを追い求める必要はありません。

 

 

ある程度までリアルにイメージできるようになったなら、そこからは、

「いまこうしてイメージしていることを、私は達成できるのだ」

というふうに、セルフイメージを上げることに意識を向けてください。

潜在意識はそのセルフイメージのほうに反応して、夢のイメージを実現するか否かを決めているからです。

 

 

潜在意識が見ているのは、セルフイメージの高さである

 

たとえばあなたが、

「隣町にできたお店にお買い物に行こう!」

と思ったとします。

まだ行ったことがないのですから、行った際のイメージをリアルにしろと言われても限界がありますよね、どうしてもどこかが漠然とするはずです。

 

 

でも、イメージに漠然とした箇所があるからそのお店に行けないのか?というと、行けますよね。

なぜ行けるのかというと、お店に行ったときのことをイメージしている際、

「お店の内装などのイメージ」

は漠然としていても、

「私はそのお店に行けるのだというセルフイメージ」

のほうは確固としていてリアルだからです。

潜在意識はお店のイメージに反応しているわけではなくて、

「お店のイメージをしている際のセルフイメージの高さ」

に反応して、お店に行くことを実現するかどうか決めているんです。

 

 

それと同様に潜在意識は、

「夢が叶った際のイメージ」

に反応しているというよりは、

「イメージの内容を叶えることができるのだというセルフイメージ」

が高いか低いかに反応し、夢を叶えるか否かを決定しています。

なのでセルフイメージのほうさえ高ければ、夢が叶った際のイメージのほうに多少漠然としている箇所があっても問題はありません。

 

 

リアルなイメージをするのは、高いセルフイメージをリアルにするため

 

夢が叶った際のイメージをリアルにしましょうと言われるのは、そうしてリアルなイメージをすることで、

「私はこのイメージの内容を実現したい、してやるんだ、絶対にできるんだ!という思いをリアルにしやすくなるから」

です。

目的は、

「高いセルフイメージをリアルにすること」

であり、

「夢が叶った際のイメージをリアルにすることそのもの」

ではありません。

「リアルにイメージしているのに、なぜ叶わないの?」

という方は、セルフイメージが低いことが原因で潜在意識が働くなっていると思いますので、

「夢が叶った際のイメージをリアルにするのは、セルフイメージを高めるためだ」

ということを意識してイメージなさってみてくださいね(*´ω`*)

 

 

潜在意識は「夢が叶った際のイメージ」に反応するのではなく、

「夢が叶った際のイメージをしているときのセルフイメージ」

に反応しています。

 

 

今回の記事と関連していますので、よければ以下の記事も参考になさってみてください↓

★妄想とイメージングの違いって、なんなの?★

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

セルフイメージは、アファメーションで本当に上がる。

車

 

本日は、いただいた質問への回答です。

 

セルフイメージを上げるためにはどうすればいいですか?

2つ方法があります。

「とにかくやる」か「アファメーション」です。

 

 

セルフイメージを上げるにはアファメーションがおすすめ

 

セルフイメージとは、文字通りセルフ(自分)へのイメージのことですね。

このセルフイメージ、当然高いほうがいいですよね(*´ω`*)

セルフイメージを上げる一つ目の方法は、

「とにかくど根性で物事に挑戦する」

というもの。

無理やりにでも物事に取り組んでやってのければ、「俺はやったぞ!」とセルフイメージはあがります。

 

 

…でも、そんなど根性方式は嫌だと思う方がほとんどですよね(;^ω^)

もうひとつの方法のほうがおすすめです、それはアファメーション。

「私はできる、できる」

と繰り返すことで、潜在意識に「できるのだ」と学習をさせ、セルフイメージをあげていくやり方です。

 

 

アファメーションを1回しただけではセルフイメージは上がらない

 

これを聞いて、

「うむ、アファメーションかぁ…。

でもアファメーションって繰り返さないといけないし、面倒だな~…」

と思った方もいるかもしれませんね。

そう、アファメーションって何回もやらなきゃいけないのがちょっと面倒なところで、ついつい、

「私はできる!!ってこと、潜在意識に一発で学習させられたらいいのに…」

なんて思っちゃうかもしれません。

 

 

だけどこればっかりは残念だけど、無理なんです。

なぜかというと、そうやって1発で潜在意識が書き換わると危険だからです。

たとえばですが、

「火の中に飛び込んでも熱くない!!」

と1回言ったからって潜在意識が変わっちゃったら…、

それ以降、あなたは火を見ても怖いと感じることができなくなります。

これってすごく危険ですよね。

 

 

潜在意識はあまり賢くないので、言われたことが良いか悪いかという判断はできません。

そのため、

「もし危ないことだったら命にかかわるし、とりあえず物事は1発では覚えないでおこう」

という仕組みになっています。

それで少なくとも、有害な情報を一発で覚えちゃうことで起きる危険は回避できるし、

それでも何度も同じ情報が入ってくるなら、そこから徐々に潜在意識は、

「うーん、こんだけ繰り返されるんだから、きっと大事なことなんだろうな~。

大事なことなら覚えるかあ」

と変わっていく。

そういう仕組みになっているので、繰り返すしかないんです。

 

 

人は繰り返しによって新たな神経回路ができる

 

これを見ているあなたは、車の免許を持っているでしょうか?

持っているとしたら、最初に教習所で教わったときには上手に運転できなかったですよね。

最初の時点では潜在意識は、

「くるまのうんてんっていうのをすんの?

え?でも、良いか悪いかわかんない。危険かもしんない」

と警戒してます。

潜在意識が警戒している証拠として、はじめての運転の時には不安や緊張を感じたはずです。

 

 

けれど繰り返すことで徐々に、

「どうもコレ、安全っぽい。よし覚えるべか」

となる。

すると脳内に、徐々に「自動車の運転」に関する神経回路が出来上がってきます。

最初は細い神経回路なので、脳から「手をこういうふうに動かして」といった命令が下っても、

回路が細いためうまく伝達されない、なのでたどたどしい。

でも何度も繰り返しているうちにその神経回路は太くなり、脳からの指令がスムーズに伝わるようになる。

いまは完全にぶっとい回路ができてるので、指令もめっちゃスムーズ、考え事しながらでも運転できますよね。

 

 

セルフイメージを上げるのも運転と同じ要領

 

アファメーションでセルフイメージを上げるのも、これと全く同じ要領です。

まず、脳(潜在意識)に「私はできる」という新しい情報を入れはじめます。

この時点では潜在意識は、

「わたしはできる??

え?でも、できるようになるのが良いか悪いかわかんない。危険かもしんない」

と警戒してます。

潜在意識が警戒している証拠として、アファメーションをはじめてしばらくは、不安や緊張を感じます。

 

 

この不安や緊張を感じたときには、

「あぁ、警戒してんのね。

危険じゃないのに、危険かもしれないってビビってんだ、バカだな(笑)」

と思っておけばOKです。

よく、

「アファメーションをすると不安でたまらなくなります…」

というご相談をいただくこともありますが、

アファメーションの際の不安にはあまり本気になって構わないほうが良いです。

「潜在意識がちょっとアホなもんで、アファメーションが危険かもと勘違いしてオタオタしている」

以上の意味は全くもってない不安です。

真剣に「不安だ、どうしよう…」とか悩んで、潜在意識の勘違いに付き合ってあげてると効果が出るのが遅くなるので、

「アホだな~」と思っておけばOK(*^^)v

 

 

そのまま繰り返すことで徐々に、

「ほっ、どうもコレ、安全っぽい。よしほんなら覚えるべか」

となります。

そこから徐々に「私はできる」ということに関しての神経回路が太くなりはじめ、本当に自分にならできる気がしてくる。

つまり、セルフイメージが上がってきます。

そうすると、「どうせできないんじゃ…」とセルフイメージが低かったときよりもずっと物事に挑戦しやすくなります。

そして挑戦することできれば「私は挑戦できたぞ!」とさらにセルフイメージが上がりますよね。

ちょっと繰り返すのが面倒だとは思いますが、ど根性でセルフイメージを上げようとするよりも自然な感じで上がっていくと思います。

 

 

セルフイメージも運転も潜在意識にとっては同じ

 

ここで、

「…さっきからこの人、車の運転と同じ要領とか言ってんだけど、そんな単純か?

そこまで同じ要領で本当にセルフイメージって上がるのかな……」

と思ったかもしれませんが、

はい、そんな単純です。

そこまで同じ要領でうまくいきます。

「車の運転を覚えることとセルフイメージを上げることは違う」

と感じるのはあくまで顕在意識でのこと。

潜在意識はそこまで賢くありませんから、大きなことでも小さなことでも同じ。

良いことだろうが悪いことだろうが同じです。

すべて同じ要領でしか働かないのが潜在意識の特徴です。

なので、あなたが車の運転を覚えられたのなら、

同じ要領でセルフイメージも上げられますよ(*´ω`*)

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ