ホ・オポノポノの効果を感じたクリーニング体験談について。

リラックス

 

ホ・オポノポノの効果で体験したこと

 

今回はホ・オポノポノについてです。

ホ・オポノポノとは、ハワイに伝わる潜在意識をクリーニング(浄化)する方法。

 

○ありがとう

○ごめんなさい

○許してください

○愛しています

 

この4つの言葉を繰り返して唱えることによって、潜在意識を内部からクリーニングできるというものです。

 

ホ・オポノポノはアファメーションの一種であるというお話を前にしたのですが、

「これって本当に効果あるの?」

「効果が出るとどんな変化があるの?」

と思っている方へ向けて、私のした体験談をひとつお話しようかなーと思います。

 

 

ケンカ別れした友人の記憶

 

ある日、瞑想中にホ・オポノポノの言葉を唱えていたときのことです。

頭の中に突然パッとある人の顔が浮かびました。

ずっと前にケンカ別れした友人の顔です。

別れてからずいぶん経っていますし、普段その人のことについて考えることはありません。

ときおり何かの拍子にふっと思い出すことはありましたが、思い出すたびに、

「ふん、あんな身勝手な人とは別れてよかったわ。あぁ考えたくもない…」

と感じて、また記憶の底に押しやるような感じです。

そうしてもうほとんど忘れかけていた友人の顔が、いきなりパッと出てきました。

 

 

それまでどおり、

「ふん、あんな人とは別れてよかった…」

と感じたか?というと、なぜかこのときはそういう思いは湧いてこず、

顔を思い浮かべたまま数秒ほど固まっていました。

そしてそのあと頭に出てきたのは、

「あのときの私は、わがままだった」

という言葉でした。

 

 

なぜかこのときには、全部を認める気になりました。

本当は身勝手なのは私のほうだったこと、

いろいろなわがままで相手を振り回したこと、

相手がそれにうんざりしても無理はないのに、

当時の私は自分がわがままだと認めることもできないほどにわがままで、

ごめんなさいを言うどころか、

「この程度のことで怒るなんて、あなたの心が狭いんだ」

と、相手が狭量だということにして自分のわがままを正当化したこと。

相手を思い出すたびに「ふん」と相手をバカにして記憶の隅に追いやり、

悪いのは私じゃないということにしたままやり過ごそうと逃げていたこと。

 

 

それらを唐突に認める気になって、

「あぁ、ごめんなさい…(わがままに付き合ってくれて)ありがとう…」

と思いました。

意地を張って、絶対に言ってやるものかと思っていた言葉を言えました。

本人に言えたわけではないけれど、それまで感じていたモヤモヤとかムカムカみたいなもの、

そういうものがすーーーーーっと晴れてすがすがしい気持ちになったのを覚えています。

「悪いのは私じゃない」

という意固地さ・執着が離れていき、なんというか、

憑き物が落ちる…という表現がありますがまさにそんな感覚になり、

「あぁ、明らかにいま、不必要なものが私の中からひとつ消えた」

と感じました。

これが私の体験談。

 

 

潜在意識は常に脳内でリサーチをかけている

 

この、

「いきなり忘れかけていた人の顔が浮かぶ」

ということに対して、

「そんな都合のいいことがあるかいな」

と感じた方もいるかなーと思うのですが、これはあれですね、

忘れちゃって思い出せないことが急に思い出せる、というのと同じ理屈ですね。

 

 

人と話していて、

「えーと、あの、いま人気のあの芸能人…名前なんだったっけ、ほら、えーっと…」

みたいに思い出せないことってありますよね。

あれって散々うんうん唸って思い出そうとしても思い出せないのに、

まぁいいやーって諦めてしばらく経つと全然関係ないときにいきなり、

「ハッ、思いだした!!」

となりますよね。

なぜにトイレに入ってる最中に急に思い出す!?みたいな(笑)

これって、自分ではもうそのことについて考えていないつもりでも、

潜在意識下ではその芸能人に関しての記憶が整理されたり検索されたりしているため、

あるときにふと「あっ!」となります。

 

 

急にアイディアがふってきた!とかいうのも同じで、

自分ではそんなつもりはなくても潜在意識のほうが働いていて、

物事をうまくするためにはどうすればいいのか?ということについて、

過去の記憶などをもとにリサーチしてくれているため、リサーチ結果がふっと思い浮かびます。

 

 

ホ・オポノポノで唱えるのは、

「ありがとう・ごめんなさい・許してください・愛しています」

の4つですよね。

この4つを繰り返し唱えることで潜在意識は、

その4つの事柄に関連することについてのリサーチを脳内で行います。

すると、

「まだこの人にありがとうもごめんなさいも言ってないよね?」

という出来事がヒットして出てくる、ということですね。

 

 

リラックスしているときに効果が出やすい

 

こういう「ひらめき」は、さぁ出すぞと力んで出るものでもないので、

「さぁ、唱えたぞ!ホ・オポノポノの効果はいつ出るんだ!?」

と意気込んで待っていてもなかなか出てこないです。

アイディア・ひらめきは右脳から出るので、左脳が強く働いているときには右脳の働きが抑えられてアイディアが出にくいです、

なので「左脳があまり働いていないとき」がこういう体験をしやすいときです。

 

 

では、左脳があまり働いていないときってどういうときか?というと、

起き抜けや眠る前でボーッとしているとか、

頭を使わなくてもできるような習慣化されたことをしているとき(歯を磨く・トイレに行く・お風呂に入るetc.)とか。

私がその友人のことをふと思い出したのは瞑想中でしたが、瞑想も左脳の働きが抑えられるときですね。

 

 

ホ・オポノポノをやり始めると効果が出るかどうかが気になってしまうかもしれませんが、

効果はむしろボケーっとしているようなときに感じやすいものですから、

「まぁそのうち効果出るさ~」

とリラックスして日々を過ごしていたほうが、

「いつ出るの?いつ出るの?」

と考え続けているよりも良いですよ(*^^)v

 

 

ホ・オポノポノの効果は、いつ出る!?と待ち構えていないほうが出やすい。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

ホ・オポノポノを実践しても効果がない方、こうなっていませんか?

 

花

 

ホ・オポノポノの効果が出ることを自分に許可しているか?

 

前回のホ・オポノポノについての記事で、

「効果がない人は他人に向けてではなく自分に向けて4つの言葉を」

とお話しました(前回の記事

でもでも今度は、

「それももうやってるけど、それでも効果ない…」

という人もいるかもしれませんので、今回ももう少しホ・オポノポノについてです。

 

 

なかなか効果が出ない人の中には、

「潜在意識のクリーニングが完璧にできるまでは、事態が好転しない」

「まだ好転に値するほど潜在意識のクリーニングはできていないはずだ」

というふうに思っている人もいるみたいです。

これは完璧主義の方に多いと思います。

「やるならキッチリやらなければいけないんだ」

とか、

「中途半端は悪だ」

「汚れが残っているとその汚れが悪さをするから一掃しないと…」

みたいな思いが強い。

自罰的というか、自責の念も強いのかもしれませんね。

「完璧になれるまでは幸せになってはいけない」

というふうに、自分が幸せになることになかなか許可を出せない。

 

 

完璧じゃなくても効果は出はじめていいのだ、という許可を自分に与える

 

「心の中(潜在意識)をきっちりクリーニングしないといけない」

そう思っている人はなんだか、

「自分の部屋を完璧に掃除しないと人を呼べない」

って思っている人みたいだなって思います。

まぁ、キレイに越したことはないかもしれないけれど…、別にちょっとだけキレイにして、

「よっしゃ頑張った、キレイになったし友達呼ぼー」

と思って来てもらって、楽しい思いをしてもいいわけで。

それを、

「まだキレイにしきれてないから呼ぶわけにはいかない」

と考えるので楽しい人やことが訪れない。

楽しいこと、良いことが起こらないのは部屋がキレイじゃないから(潜在意識のクリーニングを終えていないから)っていうより、

「私は、楽しいことを招き入れてもいいのだ」

「ホ・オポノポノの効果は出てもいいのだ」

という許可を、自分に出していないからではないでしょうか。

 

 

こういうときこそ自分へ「許してください」ですよー。

「私なりにやってますんで、完璧じゃなくても許してください」

と、そう自分に言ってみてください。

そうして、

今の自分を許すことが潜在意識をクリーニングして幸せになるということであり、

潜在意識をクリーニングすれば許されて幸せになれるのだ、ではないです。

キレイにならないと自分を許せない、キレイになるまでは自分を愛せない、

そう思っている自分を許して愛することが、大切なのではないでしょうか。

 

 

改めて、言ってあげてくださいね、自分に「許してください」と。

そう言って今日すぐに自分を許せなくても、少なくとも許そうとはしたのですから、

今の時点でやれるだけのことはやった自分に「ありがとう」も言ってあげてください。

 

 

自分に「ホ・オポノポノの効果は出ていい」という許可を与えていますか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

ホ・オポノポノの効果が実感できない人は、こうなっていないか?

 

花

 

周囲への恨みが強いと、ホ・オポノポノの言葉に抵抗を感じる

 

前回の記事ではホ・オポノポノについてのお話をしました。

今回は、

「ホ・オポノポノ…。それもう知ってるし唱えてるけど、効果ないよ」

と思っている方へ向けてのお話です。

 

 

私がはじめてホ・オポノポノを唱えたとき、こんな感じでした。

「ありがとう(…とか、は?誰に何を感謝しろと?私は誰にも何もしてもらえてないのにありがとう?)

とか、

「ごめんなさい(いやなんで私が謝らなきゃいかんのや。私を傷つけた周りが私にごめんを言えや)

「許してください(許してくださいは私を傷つけた周りが私に対して言う台詞じゃないの?)

「愛しています(はー!?なにを?こんな現実のどっこに愛すべきもんがあんねん!)

みたいな感じ(;^ω^)

潜在意識がクリーニングされて良い効果が出るどころか、めっちゃくちゃ気分が悪くなりました。

自分以外の人や、今の状況を恨む気持ちが強い人ほど4つの言葉を言ったときに、

「なんで私がありがとうとかごめんなさいとか言わなきゃいけないのよ…」

みたいに言うのに抵抗を感じるんじゃないかなと思います。

 

 

しかし心の中には、

「人やものにありがとうとかごめんなさいとか、そう思えるようにならなければいけないんだ」

「そう思えるような人間にならないと事態は良くならないんだ」

みたいに思う気持ちもあり、

「そう思えない私はダメだ…」

みたいな自己嫌悪も生まれちゃったりとか。

そんでますます、そう思えない自分のことが嫌になって良い効果が出るどころか気分が悪くなり…。

みたいになっちゃう人もいるんじゃないでしょうか。

 

 

もっとも身近な人にホ・オポノポノの言葉を言ってみる

 

でもでも、よく言うではありませんか。

「自分を愛せない人は他人も愛せない。自分を許せない人は他人も愛せない」

って。

これは本当のことで、この4つの言葉、

「他人に対してそう思えるようになろう」

なんてことより、

「自分に対してそう思えるようになる」

ほうが先なんじゃないかと私は思います。

どの言葉も通常は自分以外の人に言う言葉ですから、

言うときにはなんとなく、無意識に自分ではない誰かが頭に出てくるかもしれませんが、

ホ・オポノポノは自分の潜在意識をクリーニングするもの、自分の内側に向けて言うものです。

まずは自分、それから人のこと。

 

 

人は今まで生きてきて、たくさん自己否定をしてきています。

ちゃんと頑張ったときにも、

「でもこの程度じゃダメだ」

と自分を否定したり、よくしますよね。

その自分に「よくやったね、ありがとう」と言うのが、人にありがとうと思えるようになるより先なんじゃないかなって。

そうして自分の中に溜まった、自分はダメ、自分が許せない、自分は感謝されるに値しないという気持ちのほうを先にクリーニングする。

ホ・オポノポノの言葉を唱えるとき、他人のことは考えず自分自身に言ってあげるほうが効果が出やすいと思います。

(他人のことなどどうでもいいって意味ではないですよー)

 

 

忘れがちになりますが、自分ほど自分に近しい人はいないわけで…。

「まず遠い他人より、一番近い人にありがとうと言う」

というのはごく自然なことじゃないかなと思います。

ありがとう!ってすれ違いの他人に言わなくていいと思うけど、いつもお世話になっている友人には言ったほうがいい。

同じように、友人に言うよりもっと先に、友人よりももーっとお世話になっている自分に言ったほうがいい。

もっとも身近にいる人、自分自身を忘れ去ってないがしろにして、

遠い人たちにありがとうと思えるようにならねばならない、と思う必要まではない。

心のどこかに、

「ホ・オポノポノの4つの言葉は、自分自身に向けてではなく他人にそう思えるようになるものだ」

という観念があって、なんとなく言うときに人のことを意識していた、というならば、

それに気づき意識をもっと自分自身に向けることによって効果が出てくるようになると思います。

 

 

ホ・オポノポノの言葉を、こんな感じで唱えてみては?

 

なので、今日からはこんな感じで自分に言うのはどうでしょう?

「いやー、嫌なことだらけだっていうのに今日も頑張ったわ…。頑張った自分ってすげー!ありがとう!」

「そういやこうやってありがとうを言ったことなかったよねー、ごめんなさいね、私」

「いままでごめんもありがとうも言わなかったけど、許してね、私」

「まぁ自分のこと大好きってわけでもないけど、愛せるようになりたいとは思ってるよ?だから愛していますって言ってみるよ」

とか。

 

 

嫌いな人の顔を頭の中に思い描いて「ありがとうと思わなきゃ…」なんてのより、

「こんな嫌いな人にまで感謝しようとしてる自分すげー。頑張ってんじゃん、ありがとう」

こっちのやり方のほうが言いやすくないでしょうか(*^-^*)

そうしてまず、自分自身を癒す。

癒されれば心が前向きになってきて、きっと効果が出てきますよ。

 

 

ホ・オポノポノの言葉は全部自分に言ってみる。誰よりもお世話になっている自分自身のことを忘れないで。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

ホ・オポノポノの言葉を唱えてみて。この4つの言葉には、引き寄せの効果あり。

 

マリーゴールド

 

潜在意識の浄化ができるホ・オポノポノとは?

 

今回は、ホ・オポノポノに関してのお話です。

ホ・オポノポノとは…。

簡単に言うと、昔からハワイに伝わっている伝統的な潜在意識の浄化作業です。

「ありがとう」

「ごめんなさい」

「許してください」

「愛しています」

この4つの言葉を繰り返し唱えていると、それで潜在意識を浄化できる。

そして潜在意識が浄化されてキレイになれば物事はうまくいきますよ、という趣旨のものです。

難しい理論とかはあんまりなくて、ただ4つを唱えればそれでOKという感じ。

非常にシンプルなやり方ですね。

 

 

ホ・オポノポノでは、

「自分の身に起こることはすべて、100%自分の責任である」

という考え方をしています。

うむ、引き寄せでもそうですね。

全ては自分の思考…潜在意識が呼び寄せて起こしていることですから、

一見「あの人のせいでこうなった」と思えるようなことでも、

本当は自分自身の思考、潜在意識によって現実化されていますので、

それは自分でやったことなんだし、自分の責任ですよ、と。

 

 

ただ、多くの人はどうしても「私のせいじゃない」と思いがちです。

やっぱり、「自分の責任」なんて言われるとねぇ…、

「あなたが悪いんですよ」と言われているみたいでなんだか嫌だし…(;´・ω・)

でもこの、私悪くないもん、という思い、その思考が悪いことを呼び寄せているわけですから、

それを改善するのはとっても大事なことだと思います。

 

 

ホ・オポノポノの浄化作業は、一種のアファメーションである

 

引き寄せではアファメーションとよく言われますが、

私はこのホ・オポノポノはアファメーションの一種みたいなものかなーと思います。

 

 

人間の潜在意識は言葉からの影響を受けます。

特定の言葉を繰り返すと、それが徐々に潜在意識に刷り込まれていくんですね。

なので「ありがとう」と唱えることでその人の潜在意識は、

「ありがとうと思えそうなこと」

に注目し始めるし、過去に感謝せずにすませておいた記憶なんかも出してきて、

「これもありがとうって言うことじゃない?まだありがとう言ってないよね?」

なんてお知らせしてくれたりします。

ちゃんと必要な記憶がよみがえってきたり、はっきりと顕在意識で自覚できるレベルでよみがえってはこなくとも、

潜在意識下ではちゃんと記憶の整理や調整、わだかまりの解消などが行われますので、

「なんだかよくわからないけど、唱えるようになったら気分がすっきり、前向きに」

なんてこともあります。

自覚できなくても、4つの言葉を受けて潜在意識の中の不要な記憶は整理され(浄化され)消えていくんです。

 

 

これはアファメーションも同じです。

アファメーションだと通常自分で唱える言葉を作るものですが、

ホ・オポノポノではすでに4つ用意されていて、その4つは特に人の潜在意識に強く影響を及ぼしているもの。

引き寄せでうまくいかない人は、

 

  • ありがとうと素直に認められない
  • ごめんなさいと素直に認められない
  • 許してくださいと素直に認められない
  • 愛していますと素直に認められない

 

この4つのどれかのパターンにはまっていることが多いですし、

この4つを解消するために、ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛していますを唱える。

そして4つの言葉の影響を受け、過去や現在の思考のわだかまりが浄化されていくと、わだかまりがあったときよりも思考の質が良くなります。

そして思考が良くなれば、その思考の影響を受けて現実も良くなりますね。

 

 

浄化しよう、浄化しよう!と意識しなくてもOK。まずはとにかく唱えてみて

 

ホ・オポノポノでは「心を込めて…」とか考えなくていいから、とりあえずただ言うだけでもいい、とされています。

私もそう思います。

 

  • ありがとうと素直に認められない
  • ごめんなさいと素直に認められない
  • 許してくださいと素直に認められない
  • 愛していますと素直に認められない

 

この4つのブロックが強ければ強いほど、心を込めて言う、というのは抵抗が強くて辛いものですので、

いきなり心を込めて!さぁ、浄化だぁ!なんて挑みかかるよりは、

「じゃ、とりあえず心込めなくていいからその言葉に慣れてみようか」

という意味で心を込めなくていいんじゃないかなと。

言っているうちに人は必ず言うのに慣れてきます(ブロックが弱くなります)から、そうして慣れていくと徐々に勝手に心はこもってきます。

あなたも4つの言葉、言ってみてはいかがでしょうか?(*´ω`*)

 

 

潜在意識の大きな4つのブロックを浄化する言葉。ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ