自分を受け入れられない原因ってなんだろう?ダメな自分を受け入れるとうまくいくと言われてもできない…というとき。

 

蝶

 

できない自分を受け入れるのが大事、弱いことは悪いことではないと言うけれど…。

 

今回は、弱い自分・ダメな自分を受け入れるということについて。

よく、

「弱い自分を受け入れると楽になる」

なんて言いますよね。

でも、受け入れようと思ってもできない…というときもある。

 

 

じゃあ、できないのってなんでだろう?というと、

「弱いのは悪いことである」

と思っている人ほど、弱いことや自分のダメな部分を受け入れられなくなると思います。

だから、

「弱いのは悪いことだなんて思わないで。それは悪いことじゃありません」

ともよく言われますよね。

でも、そう言われて弱いのはダメなことじゃないんだ!と思おうとしてみても、

そうは思えないしやっぱり受け入れられない…。

なんで、そう思おうとしても思えないんだろう?

となったりします。

 

 

では、なんで弱いのはダメなんかじゃないと思おうとしてるのに、

どうしても受け入れられないのかなぁ?というと…。

弱いことはダメなんかじゃないって思おうとしているとき、心の底に、

「弱いことをダメだと思っている人よりも、弱いことをダメなことじゃないと思っている人のほうが強くて優れている」

と思う気持ちがないでしょうか?

今の状態は劣っている状態だから、優れた状態へと変わりたいという気持ちがある。

なんだか、

「弱さを受け入れようとする行為」が「優れようとする行為」になってしまっている。

…ということはないでしょうか?

 

 

表面的には、

「優れようなんて思って必死になってると辛いし、もうそういうことをやめたい」

「やめるためには、弱いのはダメなんかじゃないと思おう」

と感じます。

でも心の底では、

「そうして弱いのはダメなんかじゃないと思えれば、ダメだと思っている今の自分より(あるいは他人より)優れられるぞ」

と、結局は優れようと考えたままでいたりする。

優れようとするのをやめれれば、優れられるぞ…。

という、なんだかややこしいことを考えている。

やっている行為は優れるための行為なんだけど、その行為を自分では、

「優れるのをやめようとする行為(弱さを受け入れようとする行為)」

だと感じるので、自分が弱さを悪だと思って受け入れようとしていないままなことに気づかない。

こうなると、

「こんなに弱さを受け入れようと思っているはずなのに(実は受け入れようとしていないという自覚がないために)できない」

となります。

 

 

自分を受け入れるコツは、フラットに見ること。

 

心の中に、

「弱いのは悪いことなんかじゃないと穏やかに言える人間って、人間ができててスゴイ感じがする。

自分がそう言えるような器の広いスゴイ人間になれれば、

そう言うことができない人間よりも自分のほうが素晴らしいんだ!

と優越感を感じられて、この劣等感から解放されるだろう…」

みたいな気持ちがないでしょうか?

 

 

弱さを受け入れるというのは、

「弱さを受け入れられるようなデキた人間になることで、

弱さを受け入れられない今の状態より優れた!強くなった!

と安心できるので楽になりますよ」

という意味ではないのですが、なんとなくそういう意味にとらえて優れようとしていたな…という感じはないでしょうか?

 

 

あるとしたら、あって良いです、OK、OK♪

「へぇぇ、私って、そのように思って優れようとしているのかぁ~」

と、フラットに受け入れてみてください。

優れようとしていたなんて悪いことなんじゃないか、未熟なことなんじゃないか、と思わず、

「ふーん、そうして優れようとしていたのだな~」

と受け止めてみてください、それが自分を受け入れるということだと思います。

 

 

で、ここで、

「そんな…そんなフラットに受け入れられません!

私はどうしても、自分が優れようとしていたなんてこと、

悪いことだとか恥だと思ってしまって受け入れられないです…」

という方もいますが、それでも良いです、それもまたOKです。

なんだか、フラットに受け入れられないということがまるでダメなことであるかのように悩む方も出るのですが、それって、

「フラットに受け入れられないのは、受け入れることができるよりも劣っている」

という気持ちがあるから、自分は劣っていると思えて悩んでしまうんだと思うんですね。

ここで、どうやればフラットに受け入れられるだろう?というのは、

どうやれば優れられるだろう?とすることだと思うんです。

なので、別に無理をしてそこをフラットに受け止めよう(優れよう)とする必要はなくて、

「ほう~、私はいまフラットに受け入れられない自分を、

受け入れられる場合よりも劣っていてダメだと思っているのだな~」

というところをフラットに見てほしいです。

 

 

ええと、なんていうか…物事をまっすぐに見て受け入れるって大切なことだとは思うし、

これは悪だ!恥だ!とか思ったりしないでほしいなとは思うのですが、それって、

「何かに対して悪だと感じるなよ、受け入れられないと思うなよ」

とかいう意味ではなくって、

「何かに対して悪だとか受け入れられないと感じたときには、そう感じたことを悪だと思わず受けいれたほうがいいよ」

ということです。

なので、なんだかへんな言い方になりますが、フラットに見られないということをフラットに見る、という感じでやってみてくださいね。

 

 

「ダメさを受け入れられれば、私は今よりも優れた人間になれる」

という気持ちがありませんか?

受け入れる目的は受け入れることそのもので、優れることではありません。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

自己嫌悪から立ち直る方法。

本

 

自己嫌悪に陥りなかなか立ち直れない方へ

 

本日はおすすめの本のご紹介です。

確か数年前にたまたまブックオフで見つけた本。

私はすごい好きなんだけど、でも人によってはこの本は、すっごい嫌なんじゃないかなーとも思う。

なのですすめるかちょっと迷った本なんだけど、好きだしすすめよう。

 

 

 

本のタイトルはずばり「自己嫌悪」

そのまんまですな。

Disk Potato House著。

本はすごく薄い、63ページしかない。

しかも、

 

 

中もこんな感じで文章が少ない。

可愛い絵が入ってます。

 

 

自己嫌悪で苦しい人を励ます気のない前半

 

で、これね、表紙と挿絵から、

「自己嫌悪で苦しんでいる人を、優しく励ます温かな本なのだろうな~」

とか思った方、

 

 

 

 

甘い(^ω^)

 

 

 

 

いや、私も正直そうかと思ってパラパラッと本をめくったんですよ、きっとね、

 

「あなたはダメな人間?そんなことない!

さぁ、鏡を見てみてほしい。

そこには今まで懸命に生きてきた人の姿が映るはず…、

あなたには価値がある!優しいところがある!

そう、あなたはダメなんかじゃない!いいところがたくさんある!

 

みたいな、そんなん書いてある系かと思いきや実際はこっち↓

 

あなたはダメな人間?ほんとうにそのとおりだね。

さぁ、鏡を見てみてほしい。

そこにはいじけてて、弱虫で、嫉妬深いし、そのくせプライドは高いし、臆病な怠け者が映るよね?

あぁ、あなたは嫌われ者だ!あなたがいまみじめな敗者であるのは間違いない!

 

 

 

 

 

 

 

うあ゙ぁああ゙ぁぁ゙ああぁぁ!!!!・゚・。゚(゚´Д`゚)゚。

 

 

 

 

 

 

と、人によっては打ちのめされて倒れたくなったり逆上して暴れ狂いたくなるんじゃないかみたいなことが書いてある。

なので上の文章読んで、

「ひゃー、辛辣だね~!」

くらいにしか思わなかったんならいいんだけど、

本っ気で頭に血がのぼったとか、もうこれで今日一日気分は最悪で立ち直れませんとか、

そこまでの人はおそらく読んでもただ気分悪くなるだけだろうから、やめたほうがいいかも。

 

 

心をすりがねでおろされる感覚

 

この本は何気なく立ち読みして、思わずその場で全部読んでしまったんですけど、その間、

「心の表面をすりがねでおろされるような妙な感覚になるなあ」

とか思いながら読みました。

 

 

あなたは弱虫ですね、臆病ですね。

怠けものでなにもしないくせに、プライドだけは高いですよね。

私はだめな人間だって最初から諦めて何もしなければ、挑戦して傷つかずにすむからそうしてるんですよね。

こうなったのは○○のせいだって自分を被害者にしていれば、責任をとらなくてすんで楽ですよね。

 

 

そういう言葉を目にするたび、

「あぁ、本当のことをはっきり言ってもらえてる……」

「薄々心の中で気づいていながらも、怖くてはっきり認めたくはないことを、全部言葉にしてしっかりと伝えてもらった」

みたいな、安心感?解放感?納得感?みたいなものを心の真ん中に感じました。

でもやっぱ、「あたたた、痛いこと言われた」みたいな感覚もあり、心の表面には微細な傷がついていくような感覚。

「あちゃー、いてててて、そうなんだよー、そこまで言われるといっそ気分イイ!

でもイタタ、でもそれがいい、なにこれ、痛いのにキモチイイ!」

みたいなヘンなマゾヒスティックさが大爆発した本(;^ω^)

 

 

後半は知性と愛にあふれる内容

 

で、前半はそうして、こっちが言われたくないようなことばっかり淡々と書いてあります。

ただ、これって別に読んでいる側を傷つけたいなんて悪意からそうしてるとかではなく(そんな本マジやだ)

「本当にその自己嫌悪から抜け出したいのなら、見て見ぬふりしているものをまず見つめてほしい」

という意味で書かれていると思うんです。

なので、前半で厳しいことを言いはするものの、じょじょに、

「じゃ、そこからどう変わるか考えようか」

「これが原因でうまくいかないんじゃない?」

「ここはこう考えてみたら?」

「こういうときはこうしてみるといいと思うよ」

「頑張ったときにはちゃんと自分を褒めなよ」

「できるよ、大丈夫だよ」

という内容に変わっていき、最後には読者の心に「きっと変われる!」と光を灯らせて終わるような流れになっています。

痛みの前半、希望の後半って感じ。

 

 

アイターとは思うだろうけど、しかしきっと、読み終わるころにはあなたの中で何かが変わるのではと思います。

画像クリックで本の詳細ページに飛びます。

 

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:管理人のおすすめ本 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ