引き寄せ実践中に、辛いことがあったときは?

ひまわり

 

引き寄せをやっているのに、なぜ辛いことが…?

 

今回は、

「引き寄せをやっていて、辛いことがあったとき」

についてです。

頂くご質問の中で、

「引き寄せをやっていると、良いことが起きるようになるはずですよね?

それなのにこんな辛いことが起きたのですが、なぜでしょうか?」

というものが多いので、この記事では、

 

①引き寄せ実践中に起きた辛いことが「偶発的なもの」だった場合

②引き寄せ実践中に起きた辛いことが「継続的なもの」だった場合

 

の二点について、詳しくお話していきます。

 

 

引き寄せ中に「偶発的に」辛いことが起きたとき

 

ではまず、

「①引き寄せ実践中に起きた辛いことが『偶発的なもの』だった場合」

についてです。

偶発的なものとはつまり、

「自分の思考の力とは関係なく、そのときたまたま偶然に起きたこと」

ですね。

ズバリ言いますが、

 

 

 

 

 

こりゃさすがにどうしようもない、諦めてください。

 

 

 

 

 

「えっ、そ、そ、そんな…!?」

と思うかもしれませんが、ううーむ、しかしさすがにこればっかりは…残念ながらどうしようもないです~…(;´・ω・)

 

 

引き寄せでは「偶然の辛いこと」は防げない

 

引き寄せに「万能」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、実際にはそうでもありません。

「自分の思考の力で、望む現実に変えられる」

というのが引き寄せの法則ですけれども、これって裏を返せば、

「自分の思考の力が及ばない場合には、望む現実に変えられない」

という法則だとも言えます。

 

 

「他人」に関しては自分の思考の力が及ばないため、よく引き寄せでは、

「他人のコントロールはできない」

と言われていますよね。

そして他人のコントロールはできないのと同様、

「確率のコントロールもできない」

です。

そのため、

「他人が偶然に、〇〇してきて辛い目に遭った」

といった場合には、引き寄せの力ではどうすることもできなくなります。

 

 

どれほど引き寄せが上手な人であろうとも、

「たまたま、嫌な人に会って絡まれて辛い目に遭った」

「偶然、運転を誤った車がこっちにやってきて事故に遭ってしまった」

というように、偶発的に辛い目に遭ってしまうことまでは避けられません。

がっかりしてしまうかもしれないけれど、一切合切に引き寄せの力(自分の思考の力)が働くわけではない以上、

「一切合切の辛いことがなくなる」

ということは、残念ながらないと思ってください。

 

 

いただいたご質問を拝見していると、「辛い目に遭った」というその内容が、上に書いたように偶発的なものの場合も多いです。

このような場合には、

「なぜ、引き寄せを実践してるのにこんな辛い目に遭うのかな?」

「どうすれば、これからはこんな辛い目に遭わずにすむのだろうか?」

と考えるよりは、そもそもの、

「引き寄せを実践していれば、『偶発的な辛い目』にさえも遭わなくなるはずである」

という観念のほうを、思い切って捨ててしまったほうがよいのではないかな、と思います。

 

 

引き寄せ中「継続的に」辛いことが起きているとき

 

次に

「②引き寄せ実践中に起きた辛いことが『継続的なもの』だった場合」

です。

たまたま起こった一回こっきりの出来事ではなく、たとえば、

「なぜか引き寄せを実践しはじめたら、前々から付き合いがあったAさんとの仲が悪くなってしまって辛い」

とか、

「なぜか引き寄せを実践しはじめたら、お金が入ってくるどころか出ていくようになって辛い」

など、辛いと感じることが継続する場合です。

 

 

これは一見悪いことが起きているかのように思えますが、潜在意識が事態の好転のために必要とみなし、そうなっている可能性が高いです。

もうしばらくすると、

「あのときは辛いなと思ったけど、結果的にこんなふうに良いことにつながるなんて!」

となると思います(*´ω`*)

 

 

この場合、

「辛いんですが…でも辛いなんて思うと、その思考がもっと辛いことを引き寄せてしまい、良いことにはつながらなくなってしまうんですよね?

でも、どうしても辛いと思ってしまって…どうしましょう…」

というふうに不安になる方が多いようなのですが、いえいえ、辛いなら辛いと思っていいですよ~。

「辛いと思っちゃいけない」って、辛いと思うよりももっと辛くないですか?(;´・ω・)

 

 

この点は誤解なさっている方も多いのですが、

『辛いと思う気持ち』が、より辛いことを引き寄せる」

わけではなくて、

『辛いと思う気持ちが、より辛いことを引き寄せるはずであるという観念』が、より辛いことを引き寄せる」

です。

なので、

「私がどれほどまでに辛いと感じようが、より辛いことなど引き寄せられてくるはずがない」

という観念を持っていれば、より辛いことが引き寄せられてくるということはありません。

どうせ結局はうまくいくと決まっているのですから、安心して辛いと感じてほしいと思います。

 

 

安心と期待とともに、辛いと感じる

 

「え、ちょっと…『安心して辛いと感じろ』ってなんやねん!」

って思われそうなのですが、えーと…たとえるなら、

「ハッピーエンドだとわかっている映画の途中で、泣くときのような感じ」

です。

途中で辛いシーンがあったとき「辛いと思っちゃいけない」なんてことはなくて、泣いていいですよね。

けれど、辛いよーと泣いているときでも心の底では、

「まぁ、どうせハッピーに終わるって知ってるけど」

という安心感や、

「はて、ここからどう幸せな結末につながるのかしら?」

という期待感がありますよね。

 

 

そんな感じで、

「引き寄せの実践中に辛いと思っちゃいけない」

なんてことはないので、泣いたり落ち込んだりしてももちろんOKなのですが、

「ま、でもどうせうまくいくんだけどね~。

はてさて、ここからどう良い方向につながるのかしら?」

という、安心感と期待感を持っていてほしいなと思います(*´ω`*)

 

 

昨日の記事についてのお知らせ

 

最後にお知らせです。

昨日の記事で木多さんという方のPDFをご紹介し、

「私の作ったPDFもつけます」

と書いたのですが、

「岡野さんのPDFはどういう手続きをすればもらえるのですか?」

というお問い合わせを何件かいただきました。

手続きは必要ありません、木多さんのPDFとセットでダウンロードできるようにしてあります。

最初にこの説明を入れればよかったですね、わかりにくくて申し訳ありませんでした(;´・ω・)

昨日の記事↓

潜在意識を書き換えるワークで、自信を手に入れて

 

 

引き寄せ実践中に辛いことが起きたとき、

①それが偶発的なものである場合には避けられない

②継続的なものである場合、のちに望む現実へとつながる最中である

 

 

中には、

「いや、辛いのに安心しろとか…無理そう…。辛いもんは辛いやん…」

と感じた方もいるかと思います。

このような場合には、

「実は、そもそも辛いことや悪いことは起きていない」

というふうに考えることもできます。

詳しくは以下の記事をどうぞ↓

辛いことや悪いことは、本当は起きていない?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ