自愛ができないのは、なぜ?

愛

 

自愛がいいと言われても、うまくできない…という方は?

 

今回は自愛についてです。

自愛とは、

「ただひたすら、自分を許していく」

というもので、この自愛をすることによって人生がうまくいく、潜在意識が書き換わる、というふうによく言われます。

が、中には自愛をやってみてもどうしてもうまくできないという方もいらっしゃいますので、自愛ができない方は何が原因でできないのか?についてお話していきます。

 

 

自愛とはこのようなものである、という固定観念はないか?

 

自愛(許す)ができない原因のひとつとして、

「愛や許しとはこれこれこのようなものである、という固定観念が強い」

というものがあげられると思います。

 

 

たとえばAさんが、

「自分を許したときには、きっと心から温かさがあふれ出てくるはずだ」

と思っているとします。

なんとなくそういうイメージを抱くのもわからないではないのですが、

「自分を許した場合、心から温かさが出てくるものである」

というふうに定義づけているということは、裏を返すと、

「心から温かさがあふれてこなかった場合には、それを許しだとは認めない」

と定義づけているということです。

 

 

で、そのような定義を持ってして自愛を行うと、

「ぜんぜん心が温かくなんてならない、よってこれは許すということができていないということである」

となり、自愛ができないけどどうしよう…となりますよね。

 

 

自愛は実は、わりと淡々とした作業である

 

ただ、実際のところ自愛って、最初のうちは別に心が温かくなんてならないことのほうが多いと思います。

以前に自愛について一度記事にしたことがあって、その記事にも書いたことなのですが(その記事へはこちらから)

自愛ってわりと淡々とした作業なので、やってるときに温かみやら感動やら喜びやらはな~んにもないこともよ~くあります。

そんなもんですので、

「どうすれば許せる(温かみを感じられる)のだろう?」

と考えるよりも、

「そもそもその、『許し=心から温かさが…』という定義づけ、いるかな?」

と一度考えてみてほしいなと思います。

 

 

心から温かさが…というのはいまパッと思いついた一例にすぎませんが、

自愛ができないという方ってなにかしら、愛や許しというものを特別なものだと定義している場合が多いように感じますので、

その定義づけがなくなれば自愛はずっとやりやすくなると思います。

 

 

許しは誰もが必ずやったことがある、できないはずはない

 

これは私の個人的な解釈なんですが、許すっていうのは特別なものではなく、

かなりありふれた、誰でも日常的にやっている行為だと思うんです。

 

 

ちょっと周りを見渡してみてください。

家の中にいるなら、本棚とか時計とか机とか椅子とかいろいろと目に入ると思います。

それってあなたが「そこにあっていい」と許しているからそこにありますよね。

しかも「さぁ、許すぞ」なんて意識することもなく、当然そこにあるものだ、あっていいに決まっている、とその存在を自然に許しているはず。

家の中だけじゃなくて、外を歩いているとき、友達と会ったとき、映画を見てるとき…などなどなんでもいいですが、どこにいて何をするにしても、あなたは膨大な数の許しをしているはずです。

 

 

生まれてから今までに、一体どれだけの数のもの・こと・人を許してきたことか。

とてもじゃないけど数えきれない、無限と思えるほどの許しをしてきたはずです。

実はあなたは許すことなど、とっくの昔から当たり前にできる人間だったということ。

許すことができないんじゃなくて、許すなんてあんまりにも簡単に無意識にできちゃうことだから、自分が許しを行えていることに気づかなかっただけです。

 

 

こう考えると、許すということへのハードルが下がるのではないかと思います。

「許すなんてしたことがない、でもできるようにならなきゃ、すれば心に温かさがあふれてくるはずだ」

そのような前提でやっていると苦しくなりますが、

「なんだ、許すって今までめっちゃたくさんやってきたことだったわ~、わりと簡単なことなんだ」

というふうに思って、改めて自愛に取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 

愛するということが淡々としたものであってはならない、ということはありません。

許しが壮大で偉大なものでなければならない、ということもありません。

本当は誰にでもできる、息をするほど簡単なこと。

そのような前提を持ってして自愛をやったならば、前ほどの苦しさはなくなると思いますよ(*´ω`*)

 

 

愛や許しをとても偉大だったり、壮大なものとしていませんか?

実は誰にでもできる、当たり前のことかもしれませんよ。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

 

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ