潜在意識の浄化をしてるのに、願いが叶わないのはなぜ?

水滴

 

潜在意識の中を浄化するとうまくいくはずが…?

 

今回は「浄化」についてのお話です。

叶えたい願いがあるとき、潜在意識の浄化をするといいと言われることがあります。

潜在意識の中に、

「どうせ私なんてダメだ、うまくいかない」

というようなマイナスの観念があったり、人への恨みや怒りなどがあると潜在意識はそれを現実化してしまう。

だからそのマイナスの観念や感情を浄化すればうまくいく…ということですね。

 

 

潜在意識の浄化の方法として有名なのは、ホ・オポノポノやセドナメソッドかな?と思いますが、中には、

「私はそういう潜在意識の浄化方法に頑張って取り組んでるのに、全然願いが叶ったりしない」

という方もいらっしゃるのではないかな?と思います。

ではこのように、浄化に取り組んでいるにもかかわらず叶わないという方はなにが原因なのか?について、詳しくお話していきます。

 

 

潜在意識を浄化しようと力みすぎると、逆効果になる

 

潜在意識の浄化をしても願いが叶わないもっとも大きな原因のひとつは、

「潜在意識の浄化をしようと意気込みすぎているから」

ではないかな?と思います。

 

 

いま、

「え?浄化をすると良いんでしょ?熱心にやろうとして何がいけないの…」

と思ったかもしれませんね。

確かに上に書いたとおり、人間は潜在意識の中に「どうせダメだ」などのマイナスの固定観念が入っている場合がありますし、そうしてどうせダメだと思っていれば潜在意識は、

「よっしゃ、じゃあそのどうせダメだという観念どおり『どうせダメな現実』を作るよ~」

と働いてしまいますから、そういう観念はあるのとないのとどっちが良いの?と言われれば、そりゃあないほうが良いです。

 

 

浄化を試みることでかえって潜在意識下の「私はダメ」が強くなる

 

ただ、あまり浄化するということに過敏になったり、躍起になったりしないでほしいなとも思うんです。

中には熱心に浄化に取り組んでいるうちに、

「あ、私いま『どうせダメだ』って考えちゃった。

こんなことを考えるのはまだ浄化ができていない証拠だし、まだ今の状態じゃ叶わないんだ…」

「あ、私いま人に腹を立てちゃった、まだ浄化できてないんだ!

まだうまくいかないんだ、もっともっと浄化しなきゃ!!」

みたいに、ちょっとでもなにか嫌なことを考えてしまうたびに、

「まだ浄化できてない、まだ私はダメだ…」

と思うようになる方もいます。

 

 

でもでも、よーく考えてみてください。

そもそも浄化をする目的ってなんだったのでしょう?

「私はダメだ」という観念を潜在意識から消すため、でしたよね。

「私はダメだ」と思わなくなるために浄化をはじめたというのに、

浄化をはじめたことでしょっちゅう「私はダメだ」と思うようになっちゃったのなら、これって本末転倒ですよ~(;´・ω・)

こういう感じで、浄化をしようと意気込みすぎて、かえって潜在意識の中の「私はダメ」という固定観念が強くなってしまい、

潜在意識が前にも増して「じゃあダメにしてやるぜ」と働きはじめてしまってうまくいかない、願いが叶わない…となる方もいます。

 

 

「う、う、うぉおお!私がそれだ、まさにそうなってた!!」

と思った方は、今日からはもうちょっと肩の力を抜いて浄化をしてみてください。

 

 

潜在意識を浄化することを、部屋の掃除にたとえると…

 

私は、潜在意識の浄化をしなきゃ、浄化をしなきゃ…!と浄化にすごく懸命になっている方を見ると、

「まるで、部屋を無菌室にしようとしているみたいだな~」

と思うことがあります。

 

 

誰かを部屋に呼びたいとして、このとき部屋がゴミだらけなのとキレイなのではどっちが良いか?といえば、そりゃキレイなほうが良いですよね。

でもだからといって、

「もっとキレイにしないと、完璧にキレイにしないと!!」

と力んで無菌室みたいにまでしようとする必要はあるのかな?と思います。

無菌室にできない限り人を呼べない、というのでは、ずーっと人は呼べなくなってしまいますよね。

 

 

同様に、願いを叶える際に不必要な観念があるのとないのとではどっちが良いか?といえば、そりゃないほうが良いです。

でもだからといって、

「潜在意識の中を完璧に浄化しないと!もっと浄化しないと!!」

と、一切のいらない観念を浄化しようと…つまり、悟りを開こうとする必要まであるのかな?と思います。

悟りを開かない限り願いは叶わない、というのでは、なかなか願いを叶えられなくなっちゃいます。

(しかも仮に悟ったとして、悟ったということは「願いを叶えたい」という煩悩も消えたということですし、叶えたいと思わなくなったのならば叶わないです)

浄化をしているうちに目的が「願いを叶えること」から「解脱」へとシフトしてしまう方がいるのですが、解脱するよりも願いを叶えましょう~(*´ω`*)

 

 

浄化をするのはあくまでも「私はダメ」という観念のほう

 

「あ、怒っちゃった、いけない。」

「あ、不安になっちゃった、いけない」

と思うことがあるかもしれませんが、そうした怒りや不安が潜在意識の力で現実化することはありませんので、特に浄化して消そうとする必要はありません。

消そうとする必要のないものを消そうとし、消せないからといって「私はダメだ」という観念…本来消そうとしていたはずの観念を強めている…というのではなんだか話がおかしくなっちゃってますので、本来は何がしたかったか?を思い出してくださいね。

 

 

解脱をしたいのでなければ別に怒っても不安になっても構わないのですから、

「怒りや不安を浄化しよう」

ではなくて、

「怒りや不安を持っているのはいけないことだという観念のほうを浄化しよう」

としてください。

その観念が消えれば、怒っても不安になっても「私はダメだ」と思わなくなりますよね。

私はダメだと思わなくなれば、潜在意識はダメな現実を作ろうとしなくなりますから、現実が良い方向へと動き始めますよ(*^^)v

 

 

あと、よければ以下の記事も参考になさってみてください。

 

 

 

潜在意識の中の「私はダメだ」という観念を浄化するはずが、

浄化しようとすることで逆にその観念が強まってしまっていませんか?

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

タグ:

カテゴリ:引き寄せの法則 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ