時間を守る大切さについて。遅刻をしない人が成功し、自信にもつながる。

時計

 

成功する人は、時間を守ることの大切さを知っている

 

昨日は「自分との小さな約束を守ることが自信につながる」というお話でした。

読んだ方の中には、

「でも自分との小さな約束って…どんな約束をすればいいんだろ…」

と思っている方もいるかもしれませんので、そういう方はぜひ、

「人との約束の時間に遅れないこと」

から始めてみてはいかがでしょうか?というのが今回のお話です。

 

 

これは100%必ずそうで絶対例外はない!ってわけじゃないとは思うけど、

成功する人はキッチリ時間を守る人が多いです。

私よく成功哲学の本とか読みますけど、

「時間にルーズでいい」

とか書かれた本なんぞ1冊も見たことがないですし(当たり前か)むしろ、

「私は約束の時間に遅れてきた相手とは、今後一切一緒に仕事はしない」

すっごい厳しい人のほうが多い。

どうしても遅れてしまう事情があって、ちゃんと事前に遅れる連絡をしていたとかいう場合は別なのですが、サラリと遅れてきて、

「あー、いやすみませんね、遅れて~」

で済ます人とは絶対やってられない、という人が多いんですね。

 

 

私は最初のうちは、

「まぁ遅れないほうがいいとは思うけど、5分10分遅れたくらいで今後一切お前とは仕事せん!!とか、さすがにちょっと厳しいんじゃ…」

みたいに思ってました。

時間守るのは常識とはいえ…そこまでピリピリするか?みたいな感覚もあったんです。

でも、あるとき読んだ本にこう書いてありました。

 

時間は有限、人生には限りがある、人は必ず死ぬ。

時間だけはどうやったって取り戻すすべはない。

時間に遅れるということは、相手の人生の一部を奪うこと。

どうあがいても返すことのできない、相手のかけがえのない人生の一部を、

平気な顔をして奪えるような感覚の持ち主と、一緒にいることはできない

 

これ読んで、

「あー、そう考えると…そう言われればそうだな…」

と思ったのを覚えています。

その後もいろいろ本を読んでいるうちにちらほら出てくる。

 

時間だけは守れ。人様の貴重な人生の一片を、奪ってはならない

 

あなたが安易に10分遅れれば、相手の人生はあなたのせいで10分短くなったということだ。

 

かけがえない時間を無為に使ってはいけない、自分と相手の人生を大切にしなさい。

遅れちゃったで済ませないこと、相手の人生を削ってしまったことに心からの謝罪を。

 

などなど…。

 

 

人生の大切さを知っている人は、時間を大切にする

 

別に成功する人っていうのは、

「時間厳守!それが常識!常識でしょッ!」

とか、常識にとらわれてピリピリしてそう言っているっていうよりは、

「人生には限りがあるんだ。

あとからああすればよかった、こうすればよかったといっても無駄なんだ。

だから一瞬一瞬を、後悔しないように全力で生きたいんだ」

という感覚が強くて、その

「1日1日をできる限り心を尽くして生きたい」

という気持ちが強い結果として、「時間を守る」というのをしっかりやっちゃうんでしょうね。

時間を守ることそのものが目的っていうか、

人生を心を尽くして生きたいと思うと、結果として時間を守るという行動につながるんじゃないかと。

 

 

人が何かを先延ばしするときって、「まぁ今度でいいか、まぁ明日でいいか」ってわりと楽に考えますよね。

でも、今度はないかもしれない、明日はないかもしれないんですよね。

今日死ぬかもしれない。

その「今日死ぬ可能性もある」というのは理屈でわかってても、実感は伴ってない人が多い。

ともするとなんか、自分が永遠に生きられるような気でいる人も多くて、

そんでどんどん先延ばしにしていくと、余裕で数カ月とか数年とか延びることもありませんか?

「もう何年も前からやろうと思ってやってない…」

みたいなことが出てくる。

そうして数年が十数年、十数年が数十年になっていって、ついに人生が終わりを迎えるときになってはじめて、

「もっとああすればよかった…」

と後悔して死んでいくことになる。

 

 

そうはなるまい、私は笑って死にたい、やりたいことをやったのだと胸を張って死にたい。

だから貴重な人生を、生きているこの時間を、できる限り全力で使いたい。

そのように、時間の大切さをはっきり自覚している人が時間厳守するのかなと思います。

で、

「そりゃあ、それなら成功もしていくわな~」

と思うんです。

しっかり人生を大切にして、日々を全力で生きている人なら、そりゃそうじゃない人より成功するよね?と。

成功者は時間を守るっていうより、時間を大切にできた人が成功するんだろうなって。

 

 

時間を守ることは、自分と相手の人生を尊重すること

 

遅刻したときに、

「相手の貴重な人生の一部を奪った」

とまで思う人ってあんまりいないですよね。

遅刻されたときにも、

「私の貴重な人生の一部が奪われた」

とまで考える人は少ない。

人生に対して「まぁいいか」と思っているのが「遅刻する・遅刻を許す」という行動となって現れるんだと思います。

(でも「許すものかー!!」ってその場で怒りまくれとかいう意味じゃないですよ)

「平気で遅刻するような人とは一緒にいたくない」

って、

「人生を軽んじている人とは一緒にいたくない」

ってことなんじゃないかなと。

 

 

急に『人生を心を尽くして生きろ』とか言われてもどうすればいいかよくわからないかもしれないけど、

「とにかく少なくとも、時間だけは守ってみよう」

ということはそんなに難しくはない。

「きちんと遅れずにその場に現れよう、どうしても遅れそうならちゃんと連絡しよう、どうしても遅れたらしっかりと謝ろう」

これだけで、今までよりは人生を大事にすることになる。

で、そうして「時間を守る」ということをしているうちに、

徐々に「人生は貴重だ」とか「自分と相手をもっと尊重しよう」という気持ちがあとから自然についてくると思います。

 

 

なので、

「自分との小さな約束を守るって言われても、何をすればいいのかわからない」

という方は「時間を守る」ということをやってみてはいかがでしょうか?

待ち合わせに遅れないようにしましょう、なんて言うとありきたりなことに思えるかもしれませんが、

やってることは「自分と相手の人生を大切にする」という大きなことです。

そういう大きなことをできるようになるってことだから、

自信につながるし、人間関係もより良くなるし、成功につながると思います。

人間関係がより良くなって成功につながればそこからまた、

「うまくやれたぞ!」

と自信にもつながりますしね、良い循環を生んでください。

ということで、まとめ。

 

 

「時間を守る」をやってみて。自分と相手の貴重な人生の一部を、大切に扱う行為です。

 

 

どんなに願っても現実にならないあなたのもとへ、

潜在意識の上手な使い方についてのメールをお届けいたします。

メルマガの詳細については画像クリックでどうぞ↓

 

 

管理人:岡野 真

サイト内検索
Twitter
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
スポンサーリンク

ページの先頭へ